スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節はずれの怪談シリーズ「欲しかったんだね」

昨夜に引き続き、これも母の実家(愛媛)に帰省した時の出来事です。
(ちなみに先日の件とは違う年の出来事です。)
母の実家に帰省する際は、飛行機で松山空港まで飛び、
そこからはおじさん(母の兄)に、車で迎えに来てもらっていました。

ただ、母の実家までは空港から更に数時間車で走った所に有り、
車窓から覗く景色は、松山市内の街並みから、
どんどん淋しげな街並みへと移ろい、山を抜けやがて海に変わります。
田舎育ちの私ですが、海を見る機会はそう有りませんし、
車窓を流れる景色の変わりようが面白く、ずっと外を眺めていました。

ただ、母や兄はその道程が退屈らしく、
小一時間も走るとすぐにイビキをかき始めていました。
(父は三重で留守番してた。)

そんな長距離を往復するため、道中のGSで一度給油する事になりました。
GSに入り給油し終えると、丁度何かのキャンペーン中だったのか、
私と兄に風船をひとつづつくれました。

給油を終えてGSを出ても、兄と母は未だ夢の中。

そしてそこから暫く走った頃、信号待ちで止まった交差点での出来事です。

私達が信号待ちをしている車のすぐ横の歩道で、
ガードレールに花をたむけ、手を合わせている女性が居ました。
年はまだ若く、花の他におもちゃやお菓子などを供え、何かはなしかけています。
それを見ていた私を察したおじさんは、
「きっとあの人、ここでお子さんを亡くされたんだね」と言いました。
「きっとそうなんだろうな、可哀想だな」と、子供心に思った記憶が有ります。

そして、その信号待ちでの出来事です。

急に「コツコツ」と車をノックするような音が聞こえるのです。
最初は特に気にしなかったのですが、それが段々激しくなり、
「コツコツ」だったのが、「ドンドン」に変わり、その間隔も短くなっていきました。
運転していたおじさんもそれに気付き、いぶかしそうな顔をしていました。

そして、信号が青に変わり、車が動き出した瞬間


パンッ!


さっきGSで貰った風船が、一つ急に破裂したのです。
何の事やら、さっぱり解らなかった私でした。
ヘリウムで満たされた風船は、車の天井に浮いており、
およそ風船を破裂させるような突起物などは見当たりません。
そして風船が割れてから、車をノックする音もピタっと止みました。

するとおじさんが一言こう言いました。

「きっとあの子、風船が欲しかったんだよ。」

「あの子」とは、さっきの交差点で花を手向けられていた子の事でしょう。
そう理解した私は。

「うん、そうやな、風船持って行ったんやな、良かったわ。」

とおじさんに答えました。

そんな中、兄と母はずっと寝息を立てたまま。

遠い夏の日の記憶、愛媛での出来事でした。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

季節はずれの怪談シリーズ「こっちに来ては駄目」

私の母の実家は、四国は愛媛県の片田舎です。
ここ最近は全然帰っていないのですが、
中学生くらいまでは毎年のように、御盆の頃に帰省していました。

母の実家は、真珠の養殖を生業としており、
自宅を出てほんの数十秒走れば、そこは海です。
そしてそこには、作業用の筏小屋が浮かべられており、
小さな漁船も係留されていました。
(こんなイメージの筏小屋です。)
真珠筏


周囲を見渡せば景色の中には、そんな筏小屋や漁船がいくつも存在しており、
「漁師町」「漁港」などといった形容がそぐう、趣のある町だったと記憶しています。

幼い頃から水生生物を飼育していた私です。
「目の前が海」という環境が好きで、四六時中筏小屋に入り浸り、
太公望になったり、蟹を捕まえたり、海中の魚を観察したり
日が暮れるまで海遊びに耽っていました。

私が一番好きだったのが、魚捕獲用の仕掛けを引き上げる瞬間でした。
筏小屋の接岸用ロープなど、至る所にカラス貝が付着しているのですが、
その貝を砕いて、アミで作った「びんどう」のような仕掛けに放り込んで海に沈めます。
そして、一晩置いて引き上げると、蟹や魚がうじゃうじゃ捕まっているんです。

ただ、愛媛に帰省していた時、不思議と「海で泳いだ」という記憶が無いんです。
何故だったか?記憶を辿ってみると、祖母がこんな事を言っていたのを思い出しました。

「御盆は海で亡くなった人が帰ってきて、泳いでいると連れて行かれる。」

まあこれ、海でも川でも方々で言われてる事で、
子供ながらいささか懐疑的に聞いてはいたのですが、
堤防沿いにたむけられた花や線香なんかを見ると、
妙に説得力が有ったのも事実です。

そして、とある日の出来事です。

夜中、トイレに目が覚めた私は、用をたして布団に戻ったのですが、
夕方沈めた仕掛けの事が気になり出して、なかなか寝付けませんでした。
でも、大人連中は酔いつぶれて寝ていますし、兄や従兄弟も熟睡しています。
「明日の朝まで待とう」一度はそう言い聞かせ、眠りにつこうとしたのですが、
一度もたげ出した好奇心は、私からすっかり眠気を奪い去り、
気付けば靴を履き、懐中電灯を手に取って、玄関を飛び出していました。

街灯一つ無い海沿いの町でした。

ただ、月は眩しいほどに道程を照らし出しています。

目的の筏小屋まではほんの数十秒。

その距離を歩くだけで汗が噴き出す蒸し暑さ。

聞こえるのは、寄せては返す潮騒のみ。

時折、遠くで聞こえる海鳥の鳴き声。

三重の自宅とは違う夜の雰囲気に、若干とまどいを憶えましたが、
そんな事よりもただ、仕掛けの中身が気になって、筏小屋へと急ぎました。

筏小屋の入り口は施錠されていますが、鍵の在処は知っています。
錠を開け筏小屋の中へと入り、仕掛けが沈められている、
筏の先端部分に向かおうとした時の事です。


「誰かいる」


丁度私が今入ってきた扉から対角線上、
小屋から筏へと辿る出入り口の扉付近に誰か立っているのです。

それは、タオルの頬被りにゴムエプロン、長靴とゴム手袋を身につけた、
「仕事着姿」の老婆でした。

それは祖母ではありませんし、よく知っている近所のおばあさんでもありません。
ただ、不思議と恐怖感は有りませんでした。
私はその老婆に「魚の仕掛けを見たい」と告げました。

するとその老婆はこう言うのです。

「こっちに来ては駄目」

私はすこしムッとし、「どうしても仕掛けを見たい」と再度告げました。
しかし、その老婆はこう言うのです。

「まだ早すぎる、こっちに来ては駄目」

夜中に抜け出してきたと言う引け目と、老婆の頑なさを察した私は、
シブシブ寝床へと引き返し、眠りにつきました。

翌朝、大人連中が起き始めた頃、祖父に「仕掛けが見たい」と言いました。
すると、筏は昨日の夕方船で別の場所へ動かしたため、
今、小屋には筏が係留されていない事を知らされました。

それは単に「ガッカリした出来事」として記憶していたのですが、
後になってから色々整理してみたんですが・・・・。

状況整理その1~筏は無かった~
小屋から筏への出入り口にはドアが設けられおり、
そのドアが閉じていれば、小屋から外の様子をうかがい知る術は有りません。
そして、筏が無ければドアを開けると、そこはいきなり「海」です。
もし「そこに筏が有るもんだ」と思いこんでドアを開けたとしたら?
子供のやる事ですし、夜陰に紛れ足元など確認しなかったでしょう。

状況整理その2~施錠されてた~
当時、ガキだったんで深く考えなかったんですけど、
よく考えたら私、確実に筏小屋へは「鍵を探して解錠」して入ってるんです。
これ、鍵の隠し場所がちょっと面白い場所だったので、よく覚えてるんですよ。
でも、外から鍵がかかってた筈なのに、どうして中に人が居たんでしょう?

状況整理その3~御盆だった~
帰ってきてたのかな・・・。

上記を踏まえ色々考えてみると・・・・。
あの老婆が言った「こっちへ来ては駄目」というセリフ、
「こっち」って一体「どっち」だったんでしょうか!?

そして更に「まだ早すぎる・・・」って、単に「仕掛けを上げるのはまだ早い」
という意味だと理解してたんですが、もしや「こっちの世界」へ来るのは
「まだ早すぎる」という意味だったのでしょうか?


・・・う~~ん。


後から色々考えると、少し寒気のする出来事でしたが、
まあ、悪いおばあさんでは無かったようで・・・・。


ではまた明日・・・。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

季節外れの怪談シリーズ「濡れた床」

季節外れの怪談シリーズ「濡れた床」

さて、怪談シリーズの〆は私の経験談をご紹介させていただきます。
先日の「ダム湖肝試しシリーズ」では、「これっきり経験していない」
と綴っていますが、実は洒落にならない経験を隠していました。

その傷も癒え、やっと口を開く勇気ももたげて来たので、
今回は敢えて記事にしました・・・では、どうぞ・・・・


昨年4月に、自宅のある愛知県名古屋市から、
隣の岐阜県へ転勤になり、今までより通勤時間が一時間増えました。
そして同時期に子供も産まれたため、
毎日寝不足の重い体を引きずって通勤していました。

馴れない職場で、今まで担当していた内容とは違った仕事に携わり、
知らず知らずのうちにストレスや疲れが溜まって行っていました。
家路へと向かう電車の中、物憂げに月を見上げたり、
今思うと、少し精神的にも追い込まれていたのかも知れません。

そしてある日、家路を辿る電車の中、ふと昔、C君(ダム湖肝試し事件の方)
がこんな事を言ってたのを思い出しました。


「体が疲れていたり、精神的に病んでいると変な体験をし易い」

と。

でもまあ、今まで二十数年間生きてきてどんだけ疲れてた時にも、
およそ心霊現象であろう経験などした事はありませんでした。

そして電車を降りて帰宅する頃には、
日付が変わって小一時間ほど経っていたでしょうか?

玄関を開け靴を脱ぎ、二階へと登る階段はやけに体が重く感じました。
そしてリビングのドアを開けると、酷く蒸し暑い空気が・・・。

続きを読む »

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

季節外れの怪談シリーズ「効かないよ」

季節外れの怪談シリーズ「効かないよ」

先日の怪談「ダム湖肝試しシリーズ」で、
バイクに乗っていたC君の事を憶えてらっしゃいますか?

非常に第六感に富んだ方で、数々の恐怖体験を乗り越えてきたようです。
今日の怪談は、そんなC君から聞いた恐怖体験をご紹介致します。
ちなみに「C君」とは便宜上そう呼ぶだけで、昨夜のC君とは別人物です。

C君は、幼少の頃から「見えちゃうタイプ」の方だったらしく、
~(m´ρ`)m←に対して有効な呪文を伝授してもらったほどだそうです。
経験上、ヤバイのと大丈夫なのが解るそうで、
ヤバイのが来た時はその呪文を唱えたりして追っ払うんだとか。

ある日C君は、友人A君の社員寮に遊びに行っていたそうです。
夜も遅くなったため、そのまま泊まっていく事になったのですが、
大人数で押しかけていたため、A君の社員寮にある和室に布団を敷き、
2~3人、そこで雑魚寝をしていたそうです。

どうやらその和室、ず~っと嫌な感じがして寝付けなかったらしいのですが、
案の定深夜、そのまま金縛りに有ってしまったそうです。

C君が言うには、金縛りとは霊的なものとそうじゃない物とが有るらしく、
霊感の無い人が経験するのは大抵後者の方なんだとか。

ただ、この日は完全に~(m´ρ`)m絡みの金縛りだったそうで、
遠く、天井の方からうめき声が聞こえだしたと思ったら、
それが徐々にC君の方に近付いて来たらしいです。

ただならぬ雰囲気にC君は、心の中でいつもの呪文を唱え始めたそうです。
ただ、いくら心の中で呪文を唱えても、その声は近付いてくる一方で、
全く効いている様子は無かったらしいです。

そして、声はどんどん近付いて来て、とうとうC君の真上まで来たそうです。
それでもC君は、ひたすらその呪文を唱え続けていたらしいのですが・・・・。

おもむろに「それ」は耳元でこうつぶやいたそうです。



「そんなの効かないよ」


と。


そしてその時、耳に唇の感触まで伝わってきたそうです。

その直後金縛りは解け、声も消え去ったのですが、
回りには酔いつぶれて熟睡する友人が数人居るだけ・・・。
さすがに怖くなったC君は、近所のコンビニで一晩中立ち読みしていたそうです。


ちなみにこの社員寮に住んでいた「A君」ですが、実は私です・・・。
そしてこの社員寮、確かに「出る」というウワサは有りましたが、
私は一切そんな経験ありませんでした。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

季節外れの怪談シリーズ

昨夜から三重の実家にチビを連れて帰省中です。
そんな訳で、週末はアクアネタが有りません。
さて、そんな時はどうしましょう?

  
そんな時は怪談ネタです!


と、言うわけで今日、明日、明後日、3日分の記事を
「季節外れの怪談シリーズ」という事で仕込んでおきました。

今回の怪談ネタ、今日、明日、は友人の体験談ですが、
最終夜の怪談ネタは、またしても私の体験談です・・・・。
はっきり言って最終夜のネタは、
思い出すのもはばかられるほど恐ろしいネタです・・・。


信じるも、信じないも、それは貴方次第、


空きの夜長、少しだけお時間拝借いたします・・・・。



季節外れの怪談シリーズ「後ろに乗っているのは?」

これは私が中学生だった頃の出来事です。
当時私は、自宅の近所にある個人経営の塾に通っていました。
この塾には、数人の同級生も通っており、
塾が終わってからは、近くにある商店で雑談をしたり、
自販機の前で喋ったりしつつ、各々帰路に着いていました。

この塾、辿れば昔お寺だったそうで、塾の講師は住職なんだとか。
(そんな雰囲気では有りませんでしたが)

そしてある日の事。
小一時間の勉強を終え、背伸びしながら教室から出てくると、
知らない間に空は小雨模様。
確か、晩秋の夕暮れだったと記憶しています。

私、A君、B君、C君の4人は、急に降り出した雨にうんざり顔でした。
私を含めた3人は自転車だったため、仕方なく濡れながら帰宅する事に。
ただしこの日、C君だけは学校から歩いて塾に来ていたため、
自宅に電話し親が車で迎えに来てくれる事になりました。

C君の親が来るまでの間も秋雨はのべつ降り続いていました。

そして10分程度して、C君のお母さんが車で迎えに来たため、
私達3人は軽く挨拶をし、雨の中、傘もささず自転車をこぎ始めました。

強さを増した雨脚にいくばくかの恨めしさを憶えながら・・・。

続きを読む »

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

怪談シリーズ第3夜 「顛末」

怪談シリーズですが、少しは涼んで頂けたでしょうか?
ウソみたいなホントの話です。
私自身、後にも先にもあんな怖い思いしたのはあの時っきりですし、もう勘弁です。

そして今夜は怪談シリーズ最終話です。
では、顛末をどうぞ・・・

第3夜 「顛末」

その後、陽が昇るのを待って町へ下りました。
陽の光をこれほど待ちわびた事が有ったでしょうか?

しかし、車内では誰1人として口を開こうとはしません。
何故か、音楽で気を紛らわせる事さえ気が引け、ただただ無言のまま・・・。

そして、私の寮で雑魚寝して、夕方解散しました。

数日後、A君から連絡がありました。

例の焼却炉ですが、その昔・・・・と言ってもほんの数年前の事らしいのですが、
病気を苦にした女性が灯油を被り、自らに火を放って・・・・
という悲しい出来事が有ったそうです。
焼却炉が不自然に焼け焦げていたのはそのせいでは無いか?との事でした。

A君は地元の人間で、D君はその友達なのですが、
どうやらそのD君、「よく見ちゃうタイプの人間」なんだそうで・・・・。
実はダムサイトに着いてからずっと嫌~な感じがしてたんだそうです。

D君曰く、「もっと怖い経験した事も有る」そうで・・・・。

それにしても・・・・・


焼け焦げた焼却炉


黒鯉の群れ


D君が見たずぶ濡れの女性


こじ開けられたサンルーフ


ずぶ濡れの助手席



過去の事件と、あの晩起きた出来事が符合していると言うつもりはありませんが、
そう、思うと変に話が繋がる・・・・ような・・・・・、おーこわっ・・・
鯉の群れ見たのは自分だけだし・・・・。

あ、ちなみにサンルーフこじ開けられーの、助手席ずぶ濡れーの、のA君ですが、
「サンルーフは閉まったし、助手席は乾いた」とか言って、
その後も普通に車に乗ってましたよ。

その後、私が転勤して寮を出た事もあって、このメンツとは疎遠になってしまいましたが、
未だに思い出すと背筋が寒くなる一晩でした。

あ、そうそう!
このブログは本来「マリンアクアリウム関連のブログ」
だったという事をお忘れにならないようにお願いしますね(^^;

あ~ほら、ヤッコがどうのこうのとか、サンゴがどうのこうのって言ってましたよね?
来週からまた、アクアネタやりますので・・・・。

「こっちの方が面白い」なんて言わないで。

では、皆さん。

サンルーフの付いた車に乗る時は、
くれぐれも気を付けて下さいね。




                   -完-

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

怪談シリーズ第2夜 「濡れた助手席」

第2夜 「濡れた助手席」

ダム湖での肝試しを終え、私達は帰路に着きました。
A君が運転するSUVに、B君、C君、私が乗り、D君はバイクで後から着いてきます。
車内では、あえてそうしているのでしょうか?
いつになく皆饒舌で、会話に空きを作らないように務めていたようにも思えます。

そして、山道を下ること十数分、やっと車内の雰囲気も和みはじめた頃でした。
車は少しRのきついカーブに差しかかりました。
すると、後ろからバイクで着いてきているD君が急にヘッドライトを消しました。
・・・・・と思った直後、今度は凄いスピードで私達の乗った車を追い抜いて行くのです。

車内の皆がいぶかしむ中、車はD君のバイクに追いつき、追い越しました。
するとD君、今度はもの凄いパッシングで私達を煽り始めるのです。

車内の皆は、完全にD君が遊んで煽っているのだと思い、
A君は遊び半分にアクセルをベタ踏みにし、D君を振り切ろうと必死です。
D君は、その後もパッシングを繰り返しながら必死に着いてきます。

そんな追い駆けっこがどの程度続いたでしょうか?

山道を下って最初の信号が、黄色点滅から赤に変わる寸前でした。
私達の乗った車はそのまま通過し、D君はタッチの差で信号に捕まりました。

そして私達は、自販機のある少し広めの停車帯に車を停め、D君を待ちました。

少し待つとD君が追いついてきて、ヘルメットを脱いで開口一番


「お前ら、大丈夫だったか!?」

・・・・車に乗っていた全員、その言葉の意味が飲み込めません。


D君はその言葉の意味を説明し始めました・・・・。


続きを読む »

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

怪談シリーズ第1夜 「焼け焦げた焼却炉」

どうも今晩は、三重に帰省中のトミーです。
当然、実家には水槽も無ければアクアネタもありません。
そんな訳で、今日のうちに今夜から3日分の記事を仕込みました。
指定の時刻になったらアップされているはずです。
(その間にネタが有ればモブログります)
3daysの続き物です。

え?ネタですか?

・・・・・フフフフ。

今、夏真っ盛りですよね?

そして、夏と言えば?

~(m´ρ`)m

お化け。

そう!今日から3日間は「怪談シリーズ」をお届けさせていただきます。
少しでも皆様に涼んで頂く事が出来ればな、そう思います。

一応、私の実体験に基づいております・・・・・。

ちなみに「水槽崩壊してギャー!」とか、そんなんではありませんよ・・・・。

ちなみに私、第六感的な物に全く縁がなくて、
後にも先にもこれっきりなんですが、
今まで唯一体験した超怖いお話しをご紹介させていただきたいと思います。
長文になりますが、お付き合い下さい・・・・。

第1夜 「焼け焦げた焼却炉」

あれは、今を遡る事10年ほど前、ある蒸し暑い夜の事でした。
野郎5人で集まり、ひとしきり会話も弾んだ後、肝試しに行く事になりました。
目的地は、当時私が住んでいた寮から、車で一時間ほど走った所にあるダムです。

車1台に4人が乗り、1人はバイクで、それぞれ目的地へと向かいました。

幸いダムサイトまでは舗装路が続いてはいましたが、
車窓から覗く景色は、市街地のそれから次第に森々とした山道へ。
努めて他愛のない話で盛り上がろうとしていましたが、内心は焦りにも似た、
言いようのない不安感に駆られていたのを憶えています。

目的地に到着し、ダムサイトの空き地に車を停めると、
地元出身のA君が肝試しのコースを考えました。

車を停めた空き地から、道路を挟んだ対面には木立があり、
A君が照らす懐中電灯で、そこに間口を開けた細い獣道が確認出来ました。

その道を辿って木立を抜けると、ダム湖畔に出るそうで、
そこには流木を焼くための焼却炉が有るそうです。
肝試しのルールはスタンダード。
まず、A君が最初に焼却炉まで行って煙草を4本置いてきます。
それを残りのメンツが一本づつ回収してくるというルールです。

順番決めのジャンケンで、自分が一番最後になりました。

そして肝試しが始まりました。

まずはA君が煙草を置いて戻って来ました。

その後、B君、C君、D君がそれぞれ、一本づつ煙草を持って帰ってきます。
そして、D君から懐中電灯を受け取ると、次はいよいよ自分の番です。


続きを読む »

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。