スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰の理由は.....。

「毎度!五年ぶり!」
08103101.jpg



・・・と、ご無沙汰していました(^^;
コメントへの返信もままならず、皆さまのblogへもお邪魔せず、
この一週間弱、いったい何をしていたかと言うと・・・。

もちろんボクらの読売巨人軍、CS突破を祝して飲んだくれ!







・・・というのはもちろん半分くらいウソで、

実は先週の木曜日なんですが、ハッチアウトしてたんです。
ハッチアウトと言っても、スカンクとかじゃなくて・・・










嫁が(^^

おかげさまで、家族に2人目の女の子が加わりました(^^
そして今週半ば、我が家へと帰ってきたのですが・・・。

退院と時を同じくして、次女以外全員で風邪をひきました。
そして長女は予想通りプチ赤ちゃん返り。
次女はもちろん夜中もオギャアオギャア。

まだ数日しか経ってませんが、
まるで暮れと正月がいっぺんに来たくらいの賑やかさです。
・・・・・何だか、やけに普通な感じがしますが、
それはきっと、疲れているからだと思います。

と、そんなこんなで、寝不足でヘロヘロになりながら出勤し、
元々希薄な業務意欲がもれなく90%OFFな毎日で、
PCの起動さえままならぬ日々を過ごしています。
アクアの方は、水槽の管理だけで手一杯で、
blogの更新にまで労力が至っていないのが現状です。

コメント頂いた皆さま、ご訪問いただいた皆さま、
本当に、本当に申し訳ありませんでした(T_T)


下の子に生活リズムが出来るのが3ヶ月頃でしょうか?
そしたら、再度PC弄くる時間も出来ると思います。
それまでの間は超不定期更新でグダグダ進行になると思いますが、
web上から完全に消え去る事は無いと思いますので、
何卒、変わらぬゴアイコノホドヨロシークオネガイシヤス。
・・・すいません、ついつい日本語がカタコトになってしまいました。
やっぱり疲れているみたいです。




一方、水槽ですが・・・。





絶不調(ノεT)
08103102.jpg
エルバージュ&高頻度換水での治療中です。
(ちなみに、今日現在、エルバ投与は終えました(^^)
治療中って、何を治療しているかと言うと・・・。






ビブリオ。

有史以来の大ピンチ、ビブリオ流行中(T_T)
外観から、罹患してると思われる魚は、症状の重い順に

タテジマさん
クイーン
スミレ
マクロスス
アズファー
ソメワケ
アケボノ
コラリス
オニハタ
トゲチョウ


です。
残念な事に長く居た方のスミレを落としてしまいました(T_T)
もう一匹も危なそうな雰囲気が漂っています(T_T)

しかし、これだけ多いと個別に隔離して治療する訳にもいきません。
「いきません」って言うか「出来ません」が正解です。

この状況で一番怖いのは内臓ビブリオです。
なので、常に突つかれてるマクロススだけは隔離しています。
(タンク内のカゴですけど。)

症状が重かったのはタテジマさん&クイーンで、
タテジマさんは鰓蓋後ろっかわの黒い部分が赤く腫れてただれ、
クイーンは体中のいたる場所が赤く腫れていました。
ビブリオ中のビブリオ、堂々たるビブリオっぷりで泣けてきたので、
2~3日おきにアクアセイフ練りしたエルバージュを直接塗布し、
ドキドキしながら様子を見ていました。

他魚も症状が顕在化していないだけで、
罹患してる可能性は十分過ぎるくらい考えられます。
ビブリオには、清浄な飼育水の維持と薬浴しか打つ手が有りません。
なので、この状況下で一番合理的な治療として、
メインタンクの薬浴&高頻度換水という手段を取りました。

そしてあとはアクアの神に祈るばかり・・・。

原因はひとえに「過密飼育&給餌過多」これに尽きると思います。

う~ん。

我が家の飼育スタイルの根幹を揺るがす由々しき事態です。
次女出産をひかえて換水頻度が鈍っていたのも、
理由の1つかもしれませんが、どっちにしても人災です(-_-;)

ただ、重症だった2匹は集中治療(?)の甲斐有ってか、
クイーンはほとんど完治、タテジマさんは傷の赤見が消え、
黒い鱗が傷を覆いつつ有るまで回復しています。
恐らく、このまま回復基調に乗ってくれると思います。

タテジマさんを落としては、死んでも死にきれません(^^;
あ、いや、タテジマさん落としても、死ぬ気はありませんけど(-ω-:)


・・・と、山越え感は有りますが、未だ余談は許しません。
ここまで来て(どこまで?)崩壊させる訳にも行きませんし、
投薬&高頻度換水を継続し、この危機を乗り越えたいと思います。

しかし、よりによってこのタイミングとは・・・(´ヘ`;)

長女をだっこし、次女のおむつを替え、海水魚の世話をする。
ベビーシッターアクアリストとして頑張ります。




あ、そうそう!
ちなみに、今日10月31日は、

10→と

 3→み

 1→い


そう、つまりは「トミーの日」ですからね~♪
いえいえ、そんな!お祝い(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ



今日のベニゴンベ
08103103.jpg
「ボクは元気です(^^」




おしまい。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

傘が無い・・・・・。

記事タイトルと内容は全く関係有りません。
ただ、今日の帰り道、傘が無かった・・・・・ただ、それだけの事です。

さて、魚をきちんとトリートメントしてから販売するショップで、
「こいつホント調子良さそうですねぇ」なんて言うと、
「こいつは手間かけて仕上げたからねぇ」なんて聞く事があります。

以前は、特に何も考えずにスルーしていたフレーズなのですが、
魚水槽に突っ走ってからは、「魚を仕上げる」って何よ!?と、
非常に気になり始めました。

そして、「仕上げる」というフレーズを用いる時、
たいてい枕に付いて回るのが「淡水浴」という言葉なんです(^^

「こいつ、20回は淡水浴やって仕上げたよ」とか、
「こいつ、あと2回くらい淡水浴やって仕上げるから」とか。

淡水浴で仕上げる??┐(`Д´)┌ハァ??

聞けば聞くほど意味不明なフレーズでした。
いえ、厳密に言うと、未だに理論立てて説明は出来ません(-ω-:)

ハダムシを落とすためにやるのが淡水浴ですが、
どうも、ショップで話を伺ってると、それだけじゃないみたいです。
「どんなタイミングでやればいいんですか?」と問うても、
第一声はたいてい「う~ん、難しいなぁ~」です。

よくよく聞いてみると、出し惜しみしている訳ではなくて、
魚の状態を見て「少しでもおかしい」と思った時がタイミングだそうで、
それこそ、感覚的な物でしかないそうです。
だからシステマチックな回答などあり得ないという訳なんですが・・・。

私は、偏屈な人間です。
なので、ソースの怪しい情報は信用しないんですね(^^;
だから、以前は淡水浴に対しては懐疑的でした。
「何で魚真水に漬けたら元気になんの?」

でもある時、信用してるショップの店長さんに、
どうしても状態が良くない魚の事を相談した所、
「1回淡水浴してごらん」と、ご指南いただきました。
そして、「ホントかよ?」と、たいして期待せずに(失礼な・・・)
5分間の淡水浴を実施し、水槽に放ってみたところ・・・。

翌日、すっかり症状が改善されてしまいました(^^

その時改善されたのは「拒食」で、被験者はタテジマさんでした。
そして、店長さんに教わった通り、数日後に再度の淡水浴を実施した所、
・・・明らかに絶好調になったタテジマさん(*´∀`*)

淡水浴前のタテジマさんなんですが、
水槽内を縦横無尽に泳ぎ回って、そりゃもう元気いっぱいだったんです。
でも、何故か餌を食べない(-ω-:)ナゼニ・・・。

う~む・・・何故?と頭をかしげていたのですが、
淡水浴実施後は、餌も良く食べるようになって、縦横無尽な泳ぎは収まり、
非常にゆっ~くりと泳ぐようになりました(^^

それを見た私は、確信しました。淡水浴は有りだと。

淡水浴実施後のタテキンですが、
そりゃあもうゆったりと、貫禄たっぷりに泳ぐんですよ(^^
思えば、「元気いっぱい」だと思ってたのは、
泳ぎが落ち着かず、イライラしてただけだったんじゃなかろうか・・・。
(白点で落ち着きが無いのとはまた別の泳ぎ方なんです)

この一連の経験で、「淡水浴で魚を仕上げる」とはこういう事か!
と、感覚的につかめた気がしました。

ネットで拾ってきた話ですが、
浅場の魚などは、虫が付いたりすると、
自ら河口へ行って、淡水浴をして虫落としする習性が有るんだとか?

勝手な推論ですが、海水由来の細菌などが原因で、
調子を崩してしまった魚は、淡水浴をやる事によって、
これらの細菌などが落ちて、元気になったりするのかな・・・と。

以来、私も水槽を見て「ん?」と思った魚は、
ことごとく淡水へと放り込んできました。
そして、水槽入海前にもことごとく淡水へと放り込んでいます。

そして、淡水浴をするか否かの判断を行う際に、
一番分かりやすいのが給餌時です。

餌を食べる時、どこかが悪い個体は、どこか動きが悪いです。
・・・悪い・・・・気がします(^^;
・・・・・悪い・・・・様な気がします(^^;
・・・・・・・悪い・・・・様な気がするだk(略)

そして、私の場合は「疑わしきは真水」を金科玉条として、
とっつかまえては真水に沈め、とっつかまえては真水に沈め・・・。
タテジマさんなどは、それこそ通算10回以上は沈めてたり・・・。

今日はたいした画像も無いので、
タテジマさんの淡水浴ギャラリーでお楽しみ下さい!
08070301.jpg
余裕です。

08070302.jpg
まだ、余裕です。

08070305.jpg
気もち、しんどいです。

08070304.jpg
※生きてます。

08070303.jpg
※たぶん、生きています。
(過去の淡水浴時の写真です)

「疑わしきは真水」はまずくない?
と思われるかもしれませんが、仮に容疑魚が「シロ」だった場合、
3~5分程度の淡水浴だったら、問題なく耐えちゃいます。
逆に言うと、目に見えて「もうダメ・・・」となってる個体は、
淡水浴によってトドメを刺す事に成りかねません。

だからこそ、「早めのケアが必要」な訳で、
「少しでもおかしい」と思った時がタイミングな訳です。

ただ、淡水浴に関しては賛否諸説有りますし、
魚にダメージを与える事は間違いありません。
だからこそ、実際に自分が飼育してる魚で実践される時は、
魚の状態を見つつ、十分に注意してやる必要が有ると思いますし、
その結果、症状が改善されるとは限りませんし、
☆にする可能性も往々にしてありますしね。


今日のベニゴンベ
08070306.jpg
「今日、しんどいでもう寝るわ。」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

妄想アクアリスト

マリンアクアリスト共通の習性だと思うのですが、
帰宅して、まず最初に目が行くのはやっぱり水槽ですよね。

一通り水槽内を見回して、質、数共に異常なし!
水温計の履歴を確認して、今日も1日異常なし!
キャビ内部を確認して、濾過槽の水位も異常なし!

そして、安心してから餌を打ち、
その食いっぷりを観察しながら、一人、悦に入るのが日課です(^^

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(*´∀`*)゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

今日もお疲れみんな!
アミメとアケボノはいつも仲良しだねぇ(^^
マー君はもっと表に出ておいでよ!
あ!タテジマさん?キャメルはビーチボールじゃないんだよ!?
アズファー、最近惚れ惚れする発・・・・

08052802.jpg
なんじゃこりゃぁああああ!!!

いけません、これは激しくいけません!
一瞬ビブリオかと思って、オシッコちびりそうになりましたが、
餌は普通に食べますし、泳ぎ方に不自然な様子は全くありません。

そして、まじまじ傷の様子を観察してみると・・・。
・・・・恐らくデスロックにぶつけて出来た外傷だと思われます(T_T)

ジェントルタテジマ辺りに追っ払われたんでしょうか?
何はともあれ、今の所大事に至って無さそうで一安心なのですが、
とりあえず掬い出して、患部にイソジンを塗布し、
そして久しぶりに・・・・
08052806.jpg
水を黄色くしました(^^
このまま、何事もなく治ってくれると良いのですが・・・。

ε=(´ε`;A フゥ

・・・・と、ひとまずアズファーの治療を終え、
再び妄想モードへとスイッチを切り替える事に。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(*´∀`*)゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

今日もお疲れみんな!
ソメワケっち、アズファーにやられた尻尾治ったね!
アデ坊、ホンソメにエラん中掃除されて気持ちよさそうだねぇ(^^
フレームは未亡人で寂しくないかい?
クイーンも水槽に随分慣・・・・

08052803.jpg
なに付けとんじゃぁああああ!!!

と、大げさに驚いてみましたが、単にリムフォですヾ(´▽`;)ゝウヘヘ
・・・・後から気付いたのですが、GFG入れる前に写真撮れば良かった(T_T)

ε=(´ε`;A フゥ

と、ひとまずこの程度のリムフォなら、
予防接種の一環として、放置する事にして、
再び妄想モードへとスイッチを切り替える事に。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(*´∀`*)゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*

今日もお疲れみんな!
トゲチョウは相変わらず今日もスレッドが優雅だね。
ヤエヤマギンポはさぁ、もっとコケ食ってよ!
ベニやん、そんな所で何黄昏れてんのさ?
コラリスは・・・・・

08052805.jpg
ヤタ━ヽ(*´∀`)人(´∀`*)ノ━━!!!!
コラ坊・・・・・この子・・・この子ね?
やっぱり、やれば出来る子なんです(ノДT)←感涙

人工飼料が食える物なんだって認識してからは早かったです。
タテキンとかアズファーが居ても、全くお構いなし!
「我関せず」って感じで、物怖じしないんですね(^^
ちょっとアホ(*ε(#)☆○=(`∀´:)コラ

食べる速度は相変わらずゆっくりですが、希望が持てそうな兆しです♪

おまけ

08052807.jpg
「何か今日、黄色いなぁ」




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

フレームエンゼルスその後

春の陽気に誘われて我が家にやってきたフレームエンゼルスですが、
その後、如何お過ごしかと申しますと・・・・。
ブレーム(T_T)

・・・・まずは、こんなの写真しか撮れない歯がゆさで一句。


ケントロ2(に) ブレずに撮るの 難しい


結論から言いうと、全くペア化の兆候はありませんヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
そんな簡単に行くとは思ってませんでしたが、
淡くほのかな期待を抱いていた事実は否めません。

「お見合いさせる」とか「メスを先に放す」とか、
そういったセオリーは完全無視。成り行き任せの恋は成就しなかったようで・・・。

最近の若者にしては、珍しく奥ゆかしい二匹ですが、でも、
「恋の始まりなんてさ・・・そう、理屈じゃねぇんだよ!」
そう、ある日いきなりペア化するかもしれません。
とりあえず、超希望的観測で2匹の恋路を見守る事にしましょう!



・・・・・・と思ってた矢先。



2匹とも若干泳ぎが拙い気がしたりしなかったり.....。
ヒレの端部が若干白濁してるような気がしたりしなかったり.....。

これはベネデニア(ハダムシ)かと思います。

水槽に放り込む際、淡水浴はやりましたが、
恐らく卵状態で付いてたベネデニアが落ちずにいたんでしょう(^^;

そんな訳で・・・・。

仲良く淡水浴。
仲良く淡水浴


すると、やっぱり居ました!
ハラハラと這い出てきましたよ(^^



これなんですが・・・。
080424soko.jpg

分かります?分かりませんよね?分かったら神です。
(ムシの剥離が解りやすいように容器を換えました。)



もう少し寄ってみようかと思います。
080424soko2.jpg

見えませんか?コンタクトレンズみたいな丸いヤツが。
茶色いのは違いますよ。あれは単なる汚れです。
・・・・見えません・・・・ね(-ω-:)


う~む、仕方ない。
それでは、リサイズ前のデータを貼ります。
ただ、そのまま画像載せると、blogの枠を遙かに凌駕してしまいますので、
アドレス載っけます。ご覧になって下さい!ココ→「ベネデニア」

















・・・・・。









如何でした・・・・・か?










いや、違うんです!違うんですよ!
本当はね、ちゃんと目視出来るサイズの虫が落ちたんですよ?
ただ・・・・ただね・・・・。
我が家のカメラ(と撮影者の)性能では、
次の写真程度のクオリティで精一杯だったんです・・・・・・。
そりゃ、おしりかじり虫とか貼りたくもなりますよ(ノДT;)エグエグ


これがその精一杯写真ですが・・・。

080424hadamusi.jpg

今度はホントです。実物は5mm程度の大きさなんですけど、
○の中心にコンタクトレンズみたいな透明なの見えませんか?
え?見えない?いや、そんなはずはありません。
今度のはホントにホントですから・・・・(ノε;)

う~む、歯がゆい、何度も何度も接写モードでチャレンジして、
やっと撮れた「まともな写真」ですらこんなだったんですよ・・・・。

そんな悔しさを胸に秘めつつここで一句


デジイチが 有ればハダムシ 撮れるかな?


ってか今思ったんですが、このサイズのムシが付いてるって事は、
最初の淡水浴で落とし切れてなかったって事でしょうか?
たかだか10日ほどで、卵からここまで大きくなるとは思えませんし(-ω-:)
(なるんでしょうか?)

う~む、おしりかじり虫、侮れません。


そろそろホンソメ入れようかな・・・・。


おまけ

080424ondoawase.jpg
(淡水の温度あわせ・・・。)


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。