スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の対応

先日、近所のショッピングモールに出かけた時の事です。
次女を抱っこして、エスカレータに乗っていた所、
背中越しにただならぬ気配を感じました。
何事かと思って、ふと視線だけで背後を探ってみたところ、
私の肩越しに見える次女に向かって、
100%、全力の笑顔で微笑みかける知らないおばちゃん。


・・・・正直、気持ち悪かったです。


おばちゃんはきっと悪い人じゃ無いと思うんです。
むしろ、子供好きでいい人なんじゃないかな?と思うんです。
でも背後には、満面の笑みを湛えた知らないおばちゃん。
・・・気にならない訳がありません。
「恐い物見たさ」とは言い得て妙。
でも、見たら負けです。
リアクションの取り方が解りません。

・・・だから私は、努めて「気付かないふり」を演じました。
今、自分の背後には誰も居ない、いや、居るはずが無いと。
するとどうでしょう?私の思考は無我の境地へと達し、
見知らぬおばちゃんの存在など、空気と化したのです。

自分にも、おばちゃんにも、強いてはみんなに優しかった。

我ながら、「大人の対応」が出来たなと。
そう思いました。


さて、「美しい物ほどトゲが有る」なんてよく言いますよね?
例えば薔薇とか?
他には、えっと・・・・・。
薔薇とか・・・薔薇とか・・・ん~っと・・・・。
あっ!そうそう、サボテン!・・・・サボテン・・・ねぇ。

えっと、あ、あの、その・・・・・
みっ、みんなが幸せでありますように!!

・・・っと、そんな訳で、ハギなんですけどね?
そう!マリンアクア界でトゲ有って美しいと言えばハギですよ!
私、黙って・・・はいませんが、実はハギが好きなんです。
過去をふり返ると、キイロハギ、ナンヨウハギ、コーレタン、
そしてパウダーブルーと、4種のハギを飼ってきました。

各々の末路と言えば・・・

◆キイロハギ
何も知らずに手を出した、私のデビューハギ。
1年を過ぎ、丸々と肥えた暁に暴徒化し、
破壊と殺戮の限りを尽くして、ショップに引き取られる。
・・・が、風の便りで次のキーパー宅で☆ったと知る。

◆ナンヨウハギ
ニモで、室井滋に騙されたクチ。
500円玉サイズで購入、愛らしい仕草に癒される。
・・・も、成長するにつれ、段々長細く、可愛くなく成長。
成長に伴い狂気に目覚め、敢えなく里子へ。

◆コーレタン
60cm→90cm引っ越し時に購入、
キイロいのとドリいやつのユニゾンでコテンパンにやられる。
当時は、ハギがこんなに凶暴だなんて知りませんでした。
ちなみに、1週間で☆・・・。
「申し訳なかった」としか言いようがありません。

と、若干の誇張を含んではいますが、こんな塩梅で過去、
キイロいのとドリィのと、ハギにはやられっぱなしでした。
そして現在は入海約6ヶ月のパウダーが居ます。

09031001.jpg
ハギが好っきーーー!!

成長速度は前出2匹(除:コーレタン(T_T))の比では無く、
入海時が5cm→約6ヶ月経過→現在10cmと、
既に我が家のハギ歴では最大サイズですし、
成長が早いと言われるマクロススと比べても、明らかに早いです(^^;

性格は、穏やかではないものの、凶暴すぎもしません。
他魚に悪させず、されず、独自のポジションを確立していますが、
これは、他魚とのパワーバランスに由来するんだと思います。

09031002.jpg
この、青、黄、白、黒のカラーリングは芸術的ですらあります(^^
パウダーブルーというと、青の発色に目が行きがちですが、
実は、喉の辺りから尻尾にかけた白の発色がめちゃくちゃ綺麗なんです。
粉をまぶしたような白、と言いましょうか?
まるでキーパーのイメージカラーみたいな純白(*´∀`*)
あ、ココ、笑う所じゃありませんからね。

09031003.jpg
そして、ブルーに染め上げられた肌はきめ細かくて、
見てると何かこう・・・・・萌えます。
「ハギの体表萌え」新境地を開拓してしまいました。
ちょっとした変態とか思われるかもしれませんが、
いつの時代もパイオニアは、後ろ指を指されるものですから。
09031004.jpg
そんな萌え萌えパウダー氏ですが、
最近、何故か突然コケ掃除に目覚めたみたいで、
熱心にデスロックやフローパイプに付着する珪藻を啄んでいます(^^

09031005.jpg
他魚に悪させず、独自のスタンスを築きあげ、
黙々と自分の仕事(コケ掃除)に打ち込む姿は、
「大人の対応」と言えるのでは無いでしょうか?


今日のベニゴンベ
09031006.jpg
「上手い事締めたと思っているらしいよ。」


おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

夏の終わりと秋の気配

お盆が過ぎたと思ったら、朝晩が急に秋めいてきました(^^
出勤で駅までの道すがら、掠める空気は少し涼しく、
ささやかですが確実に、秋の訪れを感じます。

夏から秋への移ろい・・・・。
秋は、過ぎゆく夏の火照りを、日々癒し、拭って行きます。
それと同時に、胸の内に息づくのは、
終わる夏への名残のような、遠い夏への郷愁のような・・・。
8月の終わり、特有の空気が去来させるもの。

草いきれの堤防道路

蝉時雨に茹だる昼下がり

夜空に咲いた幾重もの花火

よく冷えたビール

くったく無く笑う子供達

突然の雨・かみなり

アフリカンフレームバック

ヤエヤマギンポ


去りゆく夏の風物達、思い出達。

少しの間だけど、ひとまずバイバイ。

一年経ったら、また会おうよ。







ん?








(ノД`;)シクシク




そう、そんな訳で、夏の終わりと共に、
アフリカンとヤエヤマギンポが逝きました(T_T)
実は、かれこれ一週間ほど前の出来事でしょうか?

あぁ、悲しい・・・。

ミカドミカドが☆になったのは予定調和だったとして、(オイ)
この2匹が逝くとは、全くもって想定外でした・・・。
ヤエヤマギンポなんて、デスロックの上でじ~っとしてて、
生きてるもんだと思ってたら・・・二度と動きませんでした(T_T)

アフリカンも、死因は良く分かりません(T_T)
まあ、これも過密飼育の宿命というヤツでしょうか・・・ごめんね。


しかし、これはいけません!


何故なら、ヤエヤマギンポが居ない事には、第1話を記事化して以来、
既に風化しそうな感の有る「ネタ枯れ劇場ベニゴンベ編」が、
成り立たなくなってしまいます(-ω-:)
ギンポっちは準主役旧のキャラですから・・・。

・・・ではなくて。

ヤエヤマギンポはバイプレイヤーとして必須です!
でないと、水槽内が茶ゴケまみれになってしまいます。

・・・ってほど働きもしませんが(-ω-:)

とにかく「魚として好き」なんです、そう、理屈なんて要りません!
「人間として尊敬出来る」みたいなもんでしょうか?
違うような気がしますが、この際細かい事を気にしてはいけません。


そんな訳で先週末、ショップに走りました。


え~っと、ヤエヤマギンポ、ギンポ・・・っと、居た居た!

既に人工飼料もパクパク食べてますし、
チビっこい個体で、動きも機敏とくりゃ一目惚れ♪
検疫中に白点が出て、少し登場が遅れました(^^;







ご紹介します。

我が家では通算3代目となるヤエヤマギンポです。
08082201.jpg
5cmちょいの、可愛らしい個体です(^^
しかし、ヤエヤマギンポって、本当に綺麗な魚ですね。


トリートメントが済み、水槽に放ってみましたが、
早速、デスロックに付着したコケをついばんでいます。
08082202.jpg
今度のヤエヤマギンポも、非常に勤勉な個体みたいです(^^

大型ヤッコに混じって、餌も上手に食べていますし、
混泳に関しては、最初、若干クイーンとやりあっていましたが、
それも、程なくして収まって一安心です(^^
08082203.jpg









・・・・・・。









ん?









あれっ!?










って言うか・・・。









ヤエヤマギンポって言うか・・・。









パウダーブルーやんか!!



いやぁ~、すっかり間違えちゃいましたぁ~ヾ(´▽`;)ゝ
下手こいたーー。
って、おっぱぴーはもう若干古いですか、そうですか。

いやね、おかしいとは思ったんですよ?
ギンポのくせに、やたらと跳ねるように泳ぎ回るわ、
青やら黄やら黒やら、やけに派手なカラーリングとか、

何だか、派手なヤエヤマギンポだなぁ~って思ってたんです(^^
そしたら、こいつ、ハギやんか。
08082204.jpg

ありませんか?こういう事。
ヤエヤマギンポだと思って飼ってたら、
blogネタにした位のタイミングで、実はハギだったて気付くって。








(*`Д´)ゞアリマセン!!



でも、丁度良かったんです(^^
前からパウダーブルーは飼いたかった個体だったんですね。
ただ、ハギには・・・、黄色いのとか青いのとか、
過去二度ほど痛い目に遭わされている手前、
なかなか踏ん切りが付きませんでした。
08082205.jpg

しかも、過去何度かショップの販売水槽の前で、
黄色いのとか、青いののチビ個体を見つけては、
ショーウィンドウ越しに憧れのおもちゃをのぞき込む子供のごとく、
羨望の眼差しで見つめていたんです。

ただ、ここでまた黄色いのや青いのを飼って帰ったとして、

「またですか?」とか、
「性懲りが無いですね?」とか、
「節操が無いですね?」とか、
「猿でも反省とかするそうですよ?」とか、
「記憶力がゼロなんですか?」とか、
「海馬が死んでるんですか?」とか、
「基本的にアホなんですか?」とか、

なんて言われたら、この先、前向きに生きていく自信が有りません。
でもやっぱり・・・

「ハギが好っきーーー!!」

そう、あの呆けた表情とか。
器用な口の動きとか。
跳ねるような泳ぎ方とか。


ただ、トゲは嫌い・・・。


いよいよ、4ヶ月の(自主的な)謹慎期間を経て、
念願のパウダーブルー・サージョンフィーーーッシュ!
を迎え入れてしまいました(^^

ただし、ハギを入れたという事は。
新魚導入が難しくなる可能性をはらんでいる訳ですが。

もちろん承知の上です!!

「二度あることは三度ある」か、「三度目の正直」となるか。










不退転のます・・・・・・たぶん、きっと、おそらく・・・・。


野放図な拡大路線への自主規制でもあったり・・・(^^;




今日のベニゴンベ
08082206.jpg
「ご利用は計画的に・・・・。」




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。