スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴さん・・・・

昨日から8月ですね。
暑い季節ですが、冷たい物の摂り過ぎには注意しましょうね~。
(毎年お腹を壊すのは私です。)
そして、また台風が来てますが、台風進路にお住いの皆さん、大丈夫ですか?

さて。

我が家の水槽ですが、ずっと「ヤッコの混泳」を目指してやってきました。
、ウデが悪いのか?運が悪いのか?はたまたチェルブタンクメイトが悪いのか?
今まで我が家では、10日とヤッコが混泳した事がありません。
これが、約一年半海水魚を飼ってきた人間の水槽ですよ・・・・・。

反省の意味も込め、今までチェルブに葬り去られたヤッコと、
飼い主に葬り去られたヤッコ達をご紹介します。
( )内は目測によるチェルブとの寸法差です。

その1~チェルブに葬り去られた編~

・ヘラルド(+1~2cm) → ★
ヘラルドのくせにしっかり餌付いて、丸々した子でした。
チェルブの先住者かつ、我が家で始めて飼ったヤッコでした。
今でも思い入れのある子です。

・フレーム(+1cm) → 里子
半日でボロ雑巾に・・・・。隔離→再投入を繰り返すもダメ。

・エイブリー(+2cm) → ★
ショップでは餌バカ食いでしたが、チェルブに虐められ拒食。

・カリビアン(+1cm) → 里子
色的にカブってますね。
こいつは唯一チェルブと激しいバトルを繰り広げました。
共倒れになりそうだったので、泣く泣く里子に。
「マジで?良いの?」って凄く喜ばれました。

・サザナミヤッコ(±0cm) → ★
大型ヤッコの変態ぶりを味わいたくて、飼いました。
某ショップの店長が「大丈夫、ポマカンとケントロは違うから大丈夫。」
と言うので、真に受けました。
・・・・属の違いは関係有りませんでした。


その2~飼い主に葬り去られた編~

・シテンヤッコ(+4cm) → ★
水槽に入れて二日で全身に白点・・・・。
隔離、バケツ薬浴も間に合わず。

・初代ウズマキ(±0cm) → ★
チェルブもキイロハギも一切無視でした。
一週間ほどで、ハタゴの餌食になりました。

・二代目ウズマキ(+5cm) → ★
ご存じのウズキンです。

・レモンピール(+0.5cm) → ★
ご存じのレモンピールです。

と、こんな有様です。
今生きてるチェルブを含めると、ヤッコ通算1勝9敗とは・・・・。
これがプロ野球選手なら、シーズン終了後に自由契約ですよ。

う~ん、負けを二桁に乗せたくないなぁ・・・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。