スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニシキヤッコ一ヶ月♪

キミとボクが暮らし始めて早1ヶ月
最近じゃ・・・



・・・と、どうしてもニシキネタではおかしな出だしにしたくなりがちですが、自制します(^^;
当初、ビビリまくりでやってしまった感に苛まれていたニシキヤッコ飼育ですが、
なんとかかんとか、今日で1ヶ月経ちましたヽ(´∀`*)

20071002003717.jpg


そんなニシキの近況ですが、水槽内のNo1.5の地位を確保しています。
「1.5って何よ?」とお思いですよね?
それは、基本的にタテキンがNo.1で、次いでニシキがNo.2なんですが、
虫の居所が悪いとタテキンを追っ払うんですよ。
だから「1.5」。気の荒いニシキだ・・・。
ちなみに、No.3のアデヤッコは完全にイジメられキャラに落ち着きました(笑)

タテキン投入後の「出てこなくなるんじゃ・・・」という心配も杞憂に終わり、
平気で石組みの外を闊歩切って泳いでます。

そして、1ヶ月経ってみて思う事。

それはやっぱり、噂に違わず「神経質な魚」だという事です。
私の場合、「魚の乱舞する水槽」を目指してやって居るわけですが、
その中の一匹に、是非ともニシキを混ぜてみたいという無謀な欲求が有りました。

ただ、ネットや友人ずてに見聞きする情報は「ニシキは難しい」という物ばかり。
ロリサイズでは、よっぽど混泳は難しいでしょうし、無理かな・・・・と思っていた所、
出会ったのが今回の個体です。
「Lサイズで餌も食べる。」最低条件でした。

投入2~3日後の状態なら、ニシキよりアデヤッコの方がビビってました。
でも、アデの場合はすぐに馴染んで、今じゃタテキンとニシキにイジメられながらも、
ヒョウヒョウとやってますし、餌はバカ食いです。

が、ニシキはやはり少し違います。

餌食いはヘタクソ・・・と言うか、一回の食は細いです。
餌の取り合いになった時、タンクメイトに遠慮して譲るというか、
相手がデバであっても、積極的に奪い合い、ぶんどって食べる事はしません。
この辺りの奥ゆかしさは、きっとキーパーのそれに似たのでしょう(*´∀`*)ノハーイ

給餌は、如何にニシキに餌を回すか?を考えてやっています。
水中を浮遊する餌が一番食いやすいようなので、
まずは水面に餌を浮かせてバカ食い集団を寄せておいてから、
水中に沈めるように餌を打ちます。
そして、ある程度食べると積極的に食べなくなるので、(これが他より早い)
「30分おきに2~3回の給餌」を一日2セットやって、ニシキに食わせてます。

と、それなりに気を遣わないと、きっと満足に餌を食べられないでしょう。
それでも、ガタイの割に食ってる量は少ない気がします。
20071002003732.jpg


タテキンのバカ食いに触発されたのか、時間の経過がそうさせたのか、
餌食いは次第に良くはなって来ていますが、ひっじょうに時間がかかってます。
この先、どこまでアグレッシブになってくれるのかは不明ですが、
「バカ食い」には至らないとは思います。
それはひとえに、キーパー由来の一線引いた控えめな性格に・・・ヾ(- -;)モウエエ

恐らくこの個体、単独飼いなら簡単に長期維持出来るのでは無いかと思います。
が、敢えて無謀な混泳に挑戦したくなるのがヤッコ馬鹿の性というヤツで・・・。

何とか年単位で生かせたい個体です。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。