スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点についておさらいしてみる

少し前まで私、水槽内から白点中を駆逐する事など不可能だと思っていました。
が、色々勉強した結果、上手い事やればそれも可能なのかな・・・と。

そこでまず、白点虫のライフサイクルをおさらいしてみたいと思います。

○セロント:薬物有効
~魚求めて自由にスイスイ~
標的を求めて水中を自由に泳ぎまわる白点仔虫。
この時期、魚に寄生出来なかった白点仔虫は、2日以内に死亡するそうです。儚い・・・。
魚への寄生能力を有するのは最大でも18時間程度だそうですが、
遊出(後述「シスト」から孵って)6時間を超えると、急速に感染能力を失うそうです。
 
○ホロント:薬物無効
~魚の体表食っちゃうぞ!~
魚の体表に取り付いた直後の白点仔虫。
粘膜を食い荒らしながら体表の奥へと進入します。
文字通り、食って荒らす訳で、白点見えないけど魚が痒がる仕草を見せるのはこの頃。
解りやすい所で、タテキンなどがスポット状に肌荒れしてるのはこの状態。

○トロホント:薬物無効
~ボク白点!知ってるでしょ?~
魚に取り付いてある程度育ち、目視できる状態になった白点成虫。
魚の粘膜奥深くに居るため白点虫の退治は困難・・・というか無理。
目視出来る状態は4~5時間から半日程度。
私達が水槽見て「うわ~・・・」って言ってるのはこの状態です。
  
○プロトモント:薬物有効
~お魚さん、しばしのお別れです~
魚体から離脱した直後(シストになる前)の白点成虫。
多くは夕刻から深夜にかけて体表から離脱するそうです。          
ちなみに、白点虫は体内時計(?)を持っているらしく、
そのライフサイクルに照明点灯の有無はあまり関係ないそうです。                             
○トモント(シスト):薬物無効
~お腹いっぱい、チトおやすみ~
粘性のある殻に包まれた状態の白点成虫。
トモント(シスト)の状態で細胞分裂を起こし100~200白点に分裂するそうです。
分裂したベビーを「トーマイト」と呼び、これが後にセロントとして放出されます。
ちなみに、トモント→セロントの過程には○日とか○時間といった法則は無く、
この状態で泳ぎ回るタイミングを待っているそうです。

○バーモント:薬物無効
~リンゴとハチミツのまろやかなおいしさ~
アメリカはバーモント州に伝わるリンゴとハチミツによる健康法を応用したカレー。
100%国産りんごと風味豊かなはちみつ、乳製品、ブイヨン、玉ねぎなどを加え、
まろやかでコクのあるカレーが楽しめます。
甘口、中辛、辛口の他、香辛料を抑えた「キッズ」が有るそうです。

・・・と、こんな感じだと思います。
硫酸銅等を用いた治療では「セロント」「プロモント」状態の白点虫を叩くわけですね。

ただ、ご存知のとおり「硫酸銅」は曲者で、一定の濃度に保つのが難しく、
薄くてもダメ、濃くてもダメ。下手すれば魚まで薬殺してしまう恐れも有ります。
そして銅治療を行った水槽では、濾材や底砂等が吸着した銅イオンが徐々に溶出するため、
治療完了後も無脊椎が飼えなくなるのもデメリットのひとつです。
(エビ、貝くらいならOKらしいですが、サンゴやイソギンの長期維持は厳しいそうです。)

そこで、銅イオンを使わない白点治療として何度かチャレンジして効果を上げているのが、
海水館さん等で紹介されている「低比重+GFG」による薬浴です。

低比重=低浸透圧によって白点虫を死滅させつつ、
ホロントの寄生によって傷ついた体表を、GFGで保護するという方法です。

この治療法の最大のメリットとの一つとして、
低浸透圧で白点虫を破裂させる=魚に取り付いている時以外、
つまり「シスト状態」の白点虫をも駆逐出来る点が有ります。
そして、生体への負担(リスク)は少なく、白点の根絶を計れる訳です。

低比重状態は魚にとってはストレスの緩和になり、
(魚の体液の濃さ=浸透圧は海水の3分の1程度だそうです。
よって、海水中では常に水分が奪われており、 それを補給するため、
のべつ海水を摂取しつつ塩類をエラから排出し、水分を保っているそうです。)
淡水に近付く事でGFGの効き目もより増すそうです。

これ、海水館さんやその他アクア諸先輩方の受け売りですし、

「んな事知ってるわ、このボケ!」

と言われそうですが、その辺りは鷹揚に受け流して頂ければ幸いです(^^;

ただ、白点に患っている魚だけを隔離して治療した所で、
本水槽にシストとして眠っている白点虫が存在する以上、
何らかのきっかけで、常に白点祭りになる可能性を秘めているわけです。

なので、一度水槽全体を低比重治療を施し、白点中の根絶を目指してみます!

「白点なんて、出ても直るからほっときゃいい」
という意見も有ろうかと思いますし、
「新魚を入れたら白点出たけど、しばらくしたら治った」
というのは良くあるパターンです。
でもこれ、悪い言い方をすれば運任せ的な要素をはらんでいる訳で・・・・。

「魚乱舞水槽」を目指している手前、「白点をコントロールする」というのは
非常に重要な要素であると考えています。
自己満足と言われればそうかもしれませんが、
少なくとも魚達にとっては悪い事では無いと思います(^^

当然、ライブロックを含めた無脊椎は低比重治療には耐えられませんから、
この治療を実施するに当たって隔離したり里子に出したり・・・色々考えてます。

年内を目途に「白点撲滅計画」を実行に移したいなぁと考えてます。


ではでは。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。