我が家の飼育スタイル

今週末は三重の実家に帰省中です。
いやいや、ここ数日でめっきり冷え込んできましたね。
ちょっと急過ぎ!おかげで若干風邪ひきました。

さて!

今日は、我が家の飼育スタイルをご紹介させていただきます。
「それ、違わない?」とか、「こんなの有るよ」とか有りましたら、
是非とも参考にさせて頂きたいと思っておりますのでご教示頂けると幸いです。

●照明
AM6:30に家を出るため、昼夜逆転点灯を実施しております。
我が家では、淡水時代から数年来この方法です。
だって、帰宅して魚見えないんじゃ切ないじゃないですか・・・・。
・メタハラ 18:00~22:30
・蛍光灯  17:00~24:00

・常夜灯 照明が消灯後点灯、出勤時消灯


●給餌
私のモットーは「魚は丸々体格良く」なので、餌の量は多いです。
出勤時、魚達はまだ就寝中なので、帰宅後に2度与えてます。
20時頃にたっぷり、22時頃に少し。

土・日・祝は朝昼晩に夜食と、一回の量は少なめに計4食。

給餌方法は→こんな感じです。


●換水
基本的に60㍑/週(総水量約200㍑)のペースです。
餌&魚の量が多いので、ウールマットは結構汚れます。
なので、ウールマットは3日に一回、水道水でもみ洗いして熱湯で殺菌。
大凡、2週間程度でボロボロになるので新品に交換してます。
どうも、ここのメンテを怠ると魚の調子が思わしくないようです。
塩はインスタントオーシャンで、比重は1.019です。
この程度の比重の方が、魚は楽なんだとか。
この比重にして半年ほど経ちますが、じょじょに慣らしていったからか、
今のところ無脊椎も大丈夫(っぽい)です。
なので、ショップで新魚購入した際は、水合わせを気持ち慎重にしてます。

それと、新魚追加前日は硝酸塩濃度をみつつ適宜換水します。
(衝動買いした時は、温度合わせしながら換水・・・。ってほとんどコレ)


●添加剤
ショップの店長に勧められて、ヨウ素を消灯後に規定量(と思われる量)
添加していま・・・・・したが、イマイチ効果有るのか無いのか??
今は添加してません。(^^;

以前はアラガミルクも添加してましたが、サンゴもうほぼ居ないしこれもやめました。
これは偶然なのかもしれませんが、アラガミルクを添加している時、
明らかに石灰藻の勢いが良かったような気がします。
イマイチ効果が解りづらい添加剤群の中で、唯一(と言っちゃ失礼ですが)
「あ、これ良いのかも」と思えた添加剤でした。

そんな訳で、なんも入れてません( /_ _)/ドテッ

サンゴやってれば、また違うのかもしれませんが、
元々、添加剤に頼るのは好きじゃないので、微量元素は換水で補ってます。



と、我が家の日常管理はこんな感じでした。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット