スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07マリンアクアが熱かったのは、皆様のおかげです!

さて、いよいよ2007年も本日を残すのみとなりました。

今年は淡水時代から通算しても、
最もアクアテンションが高い一年でした。


淡水の頃からの目標だった90OF水槽を導入し、
クソガキの頃から憧れていたタテキンが飼えました。


でも、今年アクアが熱かった理由。


それはやはり、blogを通じて北海道から宮崎まで、
色んな方々と交流させていただく事が出来て、
本当に得る物が多かったから、これに他なりません。

皆さんが日々アップする記事、戴いたコメントや返信コメント。
そこから得られる色んな情報は本当に有意義でした。


そして何より・・・・。


あっちでインドニシキが湧いたと思ったら、
こっちではシマやスミレを湧かせてみたり。
そっちでSPS水槽まっしぐらな方が居たと思ったら、
向こうっぺたではチョウ水槽。
はたまた餌付けに腐心してみえる方がいたり、
大型ヤッコを乱舞させてみえる方がいたりと。

日々、こんな情報を受け、疼かないはずがありません!
「切磋琢磨」とは言い得て妙、
今年の私のアクア事情を表現するのにぴったりな熟語です。


そして、本来なら年の瀬の挨拶を兼ねて、
菓子折と、高級ヤッコないしは高級サンゴなどを持って、
お世話になった皆様方一人一人のお宅に伺うつもりで、
既に菓子折りやサンゴやヤッコも手配済だったんですけどね。


ただ・・・・・・


普段お付き合いさせていただいて思うのですが、
皆様、控えめで奥ゆかしい方ばかりですし、
そんな事をやったらきっと迷惑だろうと思って・・・・・。


断腸の思いで自重させていただきました!


そんな塩梅ですので、blog上での挨拶に代えさせて頂きたいと思います。
(以下、リンクを貼らせて頂いた順&コメントを頂いた順です)

●ヒロ「香川」さん
思えば、私のblogに始めてコメントいただいたのがヒロさんでした。
あの時の感動は一生忘れません(大げさ(笑))
今年はサンゴ&魚水槽をスペックアップされて、羨ましい限りです!
また、色々とご配慮もいただいて、本当に有難うございました。
こちらに来られる機会が有れば、是非声を掛けて下さい!

●ブ~ビィさん
ブさんのblog、実はコメントいただく前から読み逃げしていました(笑)
時にエロネタを交えたアクアな記事は読んでて楽しかったです。
「チヂミンコ」命名の親としてもその実力を遺憾なく発揮されましたよね!
いよいよミドリイシが入って、リアクターも導入し、濾材も撤去して、
来年はいよいよベルリンSPS水槽まっしぐらですね!

●kuitanさん
海水魚どころか、観賞魚を始めて飼育されると聞いてビックリしました。
初めての立ち上げと言えば大抵小型水槽からがセオリーですが、
最初からメガタンクで完璧な飼育器具、圧巻&羨望でした。
夏以降、kuitanさんの水槽がどう進化したのかすごく気になってます!
来年はblogの復活を期待していますね!

●ぴー父さん
今年私が大型に突っ走ったのは、ぴー父さんのせいです(笑)
今までの私に「大型ヤッコの乱舞」という概念はありませんでした。
それがぴー父さんの水槽を見て「これは有りだー!!」ってすごい衝撃でしたよ!
そして、実はぴー父さんのblogにコメントしているメンツにびびってました(笑)
来年も的確なコメントでご指導ご鞭撻宜しくお願いします!

●umeoct1さん
umeタン!秋口にはblogの更新が無くて、それはもう心配しましたが、
一回りも二周りもbigな人間になって復活してくれて安心しました!
私の中で滋賀県と言えば、ひこにゃん<うぉーたん<umeタンです(笑)
三重、名古屋はギリギリ圏内との事ですし、いつでも足に使って下さいね。
来年はblogへの本格復帰を期待しています!!

●はつきさん
ご自身のblogで「海水オタク」をカミングアウトされてましたよね(笑)
カメラの方もかなりの腕をお持ちのようで、写真がとっても綺麗!
当初はクイーンやイナズマを筆頭に、ヤッコが乱舞してましたが、
今はサンゴ水槽を目指されてるとの事でしたが、今どんな感じですか?
来年も愛知県民同盟(そんなの有ったのか!?)同士、宜しくお願いしますね。

●nonboyさん
のんぼいさぁ~ん!今年はエロEDやら水槽やら、
色んな物を頂いて、本当に申し訳ありません&有難うございました!
来年はいったい何をいただけ(*ε(#)☆(`、´ )バキ
思えば「メインタンクに魚が居ない」とネタにされてたのが、
今やシマにスミレに○○○が泳いでるなんて素晴らし過ぎです!
来年は念願の名古屋オフ、是非やったりましょう!

●たらふくさん
海水魚飼育歴二年を過ぎてなお進化し続けるたらふく水族館、圧巻の一言です!
私が目標にしている120×60×60がサブタンクになるなんて・・・・。
ハナゴイの良さ、たらふくさんの水槽を見て凄くよく分りました!
レスポンス良く更新されるblog、御見それします・・・・見習いたいです(^^
来年の180cm水槽ネタ、楽しみにしていますね!

●シロチェさん
blogを拝読させていただいて、同じ愛知県民と知り飛びつきました(笑)
クールな文面とアクアに対する造詣の深さは感服です!
何度かオフのお誘いをいただいたのに、未だ実現出来ていないのが残念です。
秋口の事件依頼、水槽の調子はいかがですか?
来年は是非、お会いしたいですね!

●YAMATOさん
やまさん毎度です!リーフリングからお邪魔して、blog読んだら愛知県民!
同じヤッコ馬鹿として切磋琢磨させていただきました(笑)
今年の終盤は熊野遠征など、アクアリストとしては正念場を乗り切られて、
年末にも突っ走ってみえましたけど、今後の更なる飛躍に期待してます!
来年は一度お会いしてみたいですね!

●j17aqzさん
j17aqzさんのblogを拝読させていただくと、埼玉に引っ越したくなります(笑)
週末に更新されるショップ巡りの記事、
「そんなに安くて良いのか!?」って、本当に羨ましかったです。
たくさんの水槽と魚を維持してみえて、これまた本当に羨ましいです!
来年もショップ巡りネタ、楽しみにしています。

●まーつさん
自作王まーつさん!水槽蓋から始まり、
アクリル配管やスキマー、はたまたウェット&ドライ濾過に
間歇水流システムなどなど、どんどんレベルアップしていく自作が楽しみでした!
最近は暫くお休みしてみえるみたいですが、復帰、期待してます!
来年は自作王まーつの復活を期待していますね。

●うみうさぎさん
素晴らしいSPS水槽を維持してみえて、
うみうさぎさんのblogを拝読させていただくと、SPS飼育願望が頭をもたげてきます。
綺麗なミドリイシの中を泳ぐ飴玉・・・・ため息物ですよ!
その他、アクアに関して非常にお詳しい!感服いたします。
来年もうみうさぎさんのSPS水槽で癒されます(笑)

●ぐりこっさん
マリンアクアリスト以外の方からコメントをいただけるなんて、
夢にも思っていませんでした!・・・・ビックリ&嬉しかったです!
ぐりこっさんの軽妙な関西弁で綴られるblogは拝読してて楽しいです(^^
そして、こんなマニアックなblogに来ていただいて、有難うございます!
来年も手芸に料理に、楽しみにしていますね。

●monmonさん
雑誌にも載った綺麗なSPS水槽!本当に綺麗なミドリイシです(^^
しかももっとすごいのは、ミドリイシ水槽の中にブラバンやデブ、
もといロブスト、デカレモンピールなどなど、羨まし過ぎです!
カクレクマノミの繁殖にも造詣が深くて、素晴らしいです。
来年は、ぜひともデカレモピとブラバン見せて下さいね!

●lypapaさん
下らない&失礼なコメントの数々、失礼いたしました<(_ _)>
それに対して気さくな返信コメント、ありがとうございました。
しかしlypapaさんちの義元のアクロバティックな動きは、
今まで見てきたシテンヤッコの中でも群を抜いています(笑)
来年はクイーンの成長っぷりが楽しみですね!

●f348s16さん
アデにアズファーと明らかに向いている方向が同じでしたよね(笑)
そのアデもアズファーも、残念な事になっちゃいましたけど、
今は白顔に金色蝶々だなんて、羨ましい、羨まし過ぎますよ!
名古屋方面にも出張で来られる機会も有るようですし、また声かけて下さいね。
来年は、アデor(and?)アズにリトライして下さい!

●ワッキーさん
ワッキーさんのblogに度々登場する、レンテン仕入れちゃうホムセン、
来年こそは一回顔出してみたいとおもいます!
ドンにリミにと、広く顔が利いちゃうワッキーさん、羨ましいです。
自作嫌気装置が物凄く気になっている昨今です(笑)
来年はドン辺りで一度お会いしてみたいです!

●ヤマチュウさん
ヤマチュウさんの小牧&東海市辺のショップレビュー、
私が行った事無くて、行きたいショップをピンポイントで紹介して頂いて、
本っ当に助かりました(笑)
愛知県民マリンアクアリスト同士、知らない間にどこかで会ってそうですね!
来年、名古屋オフ企画したら来て下さいね!

●アイビーさん
一度は手放したハタゴイソギンチャクですが、
アイビーさんの水槽を見ていると飼育願望が湧いてきちゃいます(^^
そして水槽台の自作とか、素晴らしいクオリティです!
淡水も平行して維持してみえて、その甲斐性を見習いたいです。
来年最初の大仕事は水槽台の着色ですね!

●カスポン?さん
北海道って、かなりアクアが盛んですよね?
もしくは、たまたまblogやって見える方のアクア熱が暑いだけですか?(笑)
カスポン?さんも現在小型が6匹混泳と素晴らしいです!
千歳水族館も、いずれたらふく水族館級になりますか?
来年の千歳水族館の動向が気になります!

●かずみさん
超ベテランアクアリストのご意見や情報、いつも有難うございます!
昔飼育して見えた魚の写真をずっと持ってみえたり、
アクア雑誌のバックナンバーの情報をお持ちだったり、
魚への愛情やアクアへの姿勢は、是非見習いたいです!
来年も大型ヤッコ道にまい進するので、遊びに来て下さいね(^^

●ゆっきっきさん
ゆっきっきさんの、ウズマキのうーちゃんに対する愛情は、
blogに頂くコメントから多分に汲んで取れるほどです!
私もゆっきっきさんを見習って、魚に愛情注いで育てます。
そして、同じ愛知県民マリンアクアリスト!どこかで会ってそうですね!
来年はうーちゃん、タテジマさんに変体し始めますね!

●ご訪問いただいたみなさま
こんなくだらないblogですが、日々読んでくださる皆様が居て、
「1カウント」という形で足跡を残していただけるだけで、
すごく励みになっています、有難うございますっ!
来年もこんなこんな具合で、のらりくらりとやって行こうと思っていますので、
是非是非、遊びに来てやって下さいね!


・・・・・・と、皆様、長々とお付き合いいただき有難うございましたく(_ _)>
6月からblogを始め、ここまで続けてこられたのも皆様のおかげです!
本当に有難うございました。
皆さんの事はこの先一生忘れませんから!!

それでは、短い間でしたけど・・・・・って違うわー!!

何となく今年じゃなくて、blogが終わりますみたいな展開になってますが、
ごめんなさい、来年もこんな感じでのらりくらりやって行きますので、
変わらぬご愛顧、宜しくお願いします!!







・・・・さて。


今年も今日一日を残すのみですね。


今年を振り返れば、


世知辛かったり、暖かかったり。


アクアでも、それ以外でも、


人の数だけ悲喜こもごも、色んな事が有りましたよね。


でも。


泣いてても笑ってても、皆一様に日は暮れて、


新しい年はやってきます。


だったら、振り返るのは少しだけにして、


前だけ向いて生きて行きましょうよ!




それでは皆さん、良いお年を!
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

総括と展望・・・・・

早いもので、気付けばもう今年も終わろうとしていますね。
明日から三重の実家に帰省して、
名古屋に帰るのは新年になってからです。

なので、ちいとばかし「今年」を残した今のタイミング。
反省と悔恨と自戒と啓発の意味を込め、
過ぎゆく猪年についての総括してみようと思います。
そして、鬼が笑いそうですが幾ばくか来年の展望なんかを・・・・。


~今年の総括~


私の2007年、それは「大型ヤッコ開眼」の年でした。

かねてからの目標だった、90cmOF水槽へとスペックアップし、
禁断の「大型ヤッコの混泳」へと手を染める事になりました。

その前には小型ヤッコの混泳にはまり、
暴君チェルブの前に葬り去られた数々のヤッコたち・・・。
いつもながら罪なキーパーです・・・。

その抑止として連れて来たはずのアデヤッコ。

・・・・が、いつのまにか大型の魅力にメロメロ。

「庇を貸して母屋を取られる」とでも言いましょうか?
ん、ちょっと違うな?ん~っと、

「災い転じて福となす」
・・・・・いや、遠くなったぞ。

「風が吹けば桶屋が儲かる」
・・・・・諺で例えるのは止めます(T_T)


え~っと、例えば、喧嘩ばかりしている男女が居て、
その二人の仲を取り持ってもらうために友人を連れてきたら、
その友人に惚れちゃった、みたいな?









・・・・うん、何か近くなった!





もとい。





ウズマキに始まりアズファーで〆た大型の混泳。
そして我が家のヤッコたち

アデヤッコ
レモンピール
ニシキヤッコ
タテキン
まくろちゅちゅ
アズファー

来年の今頃、このメンツが軒並み年飼育達成出来てるよう、
日々精進していきたいと思います!


~来年の展望(野望)~

そりゃあもう、水槽のサイズアップ!!
と言いたい所ですが、それは無理です。
90cmですら「邪魔」「大きい」「どけて」と、それなりの逆風の中で何とか存続出来ている現状ですから・・・・。
「長い目で見た将来的な展望」という意味では視野に入れています(^^

魚に関しては、今のメンツで大満足しています。
なので、増やすんじゃなくて、
「健康に維持する事」を目標に設備や飼育スタイルを見直して行くつもりです。


「やる事が年単位で逆だろ!?」


というツッコミは方々から聞こえてきそうですが、







甘んじて受けましょう!
(偉そうに言う事ではありませんね・・・)


でも、先に魚入れちゃったという事実は事実な訳で、
「現状をどう改善するか?」これを建設的に考える!
だって皆さんも、スタートは小型水槽だったでしょ!?

・・・・と、周りを巻添えにして開き直ってみる(笑)


※一応念のため、無策で魚増やした訳ではありません!




・・・・・と、今年の総括&来年の展望でした。


DSCF7907.jpg
(汚い水槽の上・・・・。)
2007年12月29日現在、我が家の水槽の様子。







・・・・・あ、




ところで我が家のまくろちゅちゅなんですが・・・
DSCF7955.jpg


「もしかしたらホワイトマクロススだったりして!」
と淡い期待を抱いて新年へ!
(もちろん、並マクロススという事で購入しました。)



多分違うけどさっ!


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

白点撲滅計画~顛末~

先月の頭頃から「白点撲滅計画」と銘打って実施してきた、
水槽の低比重治療ですが、その顛末をお伝えします。

治療初期は、タテキンとまくろちゅちゅが白点に罹患しており、
白点の抜け跡の治療のため、GFGを投与していました。
DSCF7253.jpg
(当時の水槽)

その後、2週間経過時点では、既に目視(虫&仕草)で
白点に罹患している魚は確認出来ませんでしたし、
途中、トゲチョウ&チョウハン追加時も白点は出ませんでした。

そして大凡6週間の低比重治療の後、比重を元に戻しました。
(と言っても魚オンリー水槽なので1.020)



果たして、これで白点FREEとなったのでしょうか!?



答えはNOだと思います( /_ _)/ドテッ


その理由としては・・・・

・シスト根絶の為には比重が高すぎた。
 (ナンヨウハギの動きを見つつ、期間の大半が1.011)
・途中、トゲチョウとチョウハンを追加している。
・先日、検疫せずにアズファーを投入している。


つまり「外部から白点虫を持ち込んでいる可能性が有る」という事です。
なので、いずれ何かの拍子で発症してしまうだろうとは思っています。

ただ、それは今回の治療過程において、
私が様々な誘惑や欲望に負けてしまったからであって、
理論としての「白点FREE」は実践可能だと思っています。


~低比重法で白点治療を行ってみて思った事~

まず、現在のタンクメイト達の様子ですが、
視認できる白点虫や、罹患しているような仕草は見られません。
こと、白点の治療に関しては大成功だったと言えるでしょう。

様々な不手際が有り、恐らくは白点を根絶し切れてはいませんが、
少なくとも数を激減させる事には成功したと思っています。
それは、まくろちゅちゅとアズファー追加から、
白点が一度も付着していない事からも言えるのではないでしょうか?

また、銅治療等と比較して、魚への負担は遙かに軽いでしょうし、
その上、白点治療効果については遜色ないと思います。
水槽全体の白点根絶を目指す訳じゃなければ、罹患した魚だけを隔離し、
1~2週間も低比重治療すれば白点なんてすぐ治っちゃうでしょう。
換水法と併用すれば、もっと早く治療出来ると思います。


ひとつネックなのは、低比重治療を繰り返すと、
それに順応したスーパー白点が出現するらしく、
こうなると、銅治療でしか治す術が無くなってしまうそうです。

なので、低比重法で白点治療を実施する場合、
やるなら徹底的にやった方が良いと思います。


そして何より、6週間もの間1.011の比重をキープした事による一番の恩恵、


それは・・・・・









「塩代が安く付く」



という事です。
だって、大凡、規定量の半分の塩で良いんですもん!



「白点なんて出ても消えるから放っておけばいい」
と仰る方もみえますが、そのとおりだと思います。

少なくとも、無脊椎の入っている水槽では根絶は不可能ですし、
濾過が落ち着いた水槽なら、
よほどの事が無い限り大事には至らないと思います。

ただ、何というか・・・・、

例えば、徹底的にミドリイシの色を揚げる方がみえたり、
魚の体色維持のために餌や水質にすごく拘る方がみえたり、
それも人によっては
「う~ん、素晴らしい!」って思ったり、
「そこまでしなくていいじゃん?」って思ったり。

それと同じ・・・・と言いますか、
白点なんて、出なけりゃそれにこした事有りませんよね?
そこへもって「白点が撲滅できるかも」という方法を知ったため、
是非ともそれを実践したくなった、という訳です。

「ミドリイシの色が簡単に揚がる方法がある」
って言われれば、やってみたくなりませんか?


・・・・・と、某ショップの店長に言われた「万年白点水槽」ですが、
何とか2007年中に卒業する事が出来ました。
DSCF7907.jpg
(チョウハンとアズファーにちょっかい出して再度仕切られ中のキイロハギ・・・・)


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

今日はクリスマス♪

メリークリスマス!
(これって、イブに言うのが正解なんでしょうか?)

我が家は耶蘇ではございませんが、
昨夜はささやかながら家族でイブに興じておりました。

焼いた鶏や牛の肉で胃袋に負担をかけたり、
生クリームでデコレーションされたスポンジケーキで虫歯菌を培養したり、
アルコールを含有する、葡萄由来のシュワシュワする液体で肝臓を鍛えたり、
様々な厳しい修行に耐え忍ぶ夜でした。


さて、そんな今年のクリスマスイブですが・・・・。


久しぶりに動画をアップしてみました。










先日まくろちゅちゅを購入した際こんな事書いてました。



「アズファーが大安売りしていました。」



たいていセールで目玉商品として安売りしてる個体って、
ゴニョゴニョでカクカクシカジカな個体が多いと思うのですが、
このアズファー、先週まくろちゅちゅを購入した際に、
水槽の前で小一時間ほど穴が空くほど見ていたのですが、
一匹だけ、やたらと絶好調な個体が居たんです。
しかもサイズ的にアデ<ニシキ<アズ<タテキン
と、ジャストサイズです。

でも当時は、懐事情であったりだとか、先立つ物が無かったりとか、
そんな諸事情により、泣く泣く購入を見送った個体だったんです。

「でもまああんな個体、すぐに調子崩すさ・・・・。」

と、シニカルな笑みを浮かべつつショップを後にしたのを覚えています。




・・・そして月日は流れ、(と言っても一週間)




こんな私にもささやかですがボーナスなるものが支給されました。



そして、貯めたり払ったりした上で残った僅かな諭吉達。


まずはホームベーカリーを買いました。


そして残った、更に僅かな諭吉達。


その諭吉達について、我が家の財務省からの使途説明


「スニーカーとか服とか買えば良いんじゃない?」


「え!?マジで??」


これって・・・・、


「スニーカーとか服」
    ↓
「自分の欲しい物」
    ↓
「海水魚」
    ↓
「アズファー」
    
    
嫁が
「アズファー買えば良いんじゃない?」
って言ってるじゃないですか!

え?そうは言ってない?
いやいやいやいやぁ~、
こういう時は、自分に都合良く行間を読むんです!



でも、あのアズファーもう売れてるだろうなぁ~
残ってたとしたら、どうせ調子落としてるんだろうなぁ~

などとブツブツ言いながらショップに向かうと、
・・・・普通に居るじゃないの!?

そして再びにらめっこする事小一時間・・・・どう見ても調子良い。
餌食うし、人前平気で出てくるし、肥えてるし、動き良いし、
自分よりデカイフレンチ全然気にしないし。

そして店員さん捕まえてあれこれ聞くうち、
「アズファーの謎」が氷解しました。

どうやらこの個体、セール用として仕入れた物じゃなくて、
ひと月ほど前に入荷した個体の売れ残りなんだそうです。

で、そのまま時は流れ、年末セールの時期になりました。
そして、セールの目玉としてアズファーの安売りを企画したのですが、
一匹だけセール対象外というのもおかしな話だし安くしちまえ!

・・・・と、こんな政治的判断が有って、
長期ストックの良個体までもが安売り対象になってたんだそうです。

でも、こんな個体が何故売れなかったんでしょうか??
その辺りの事情を店員さんに聞いてみると、









店「黒くて見付けにくかったんじゃないですか?」

私「うん、きっとそうだね!」






DSCF7872.jpg
・・・・と、こんな経緯で紅海から我が家にやってきたアズファーですが、
混泳に関してはあっさり何事もなく成功してしまいました。
(訳あって、淡水浴のみで検疫&トリートメント出来ず・・・(T_T))

これでいよいよメンツは揃いました。
来年は設備投資の一年にしたいなぁと思っています。
(そっちが先だろ!)


ではでは。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

アデヤッコ頑張る!

昨日、まくろちゅちゅを追っかけ回していたアデヤッコですが、
我が家に来て4ヶ月が過ぎていました。

我が家に来て一週間ほどは、そりゃあもうビビリまくって、
石組みの中で引き籠もってて、ニシキなんて比じゃ無いくらいの屁タレっぷりでした。
当時は大型ヤッコアデのみ、しかも水槽内では自分が一番大きかったのにです。


そして、これが我が家に来て2ヶ月目位の画像で、
DSCF6885.jpg


これが本日の画像です。
DSCF7706.jpg


判りづらいですが、全体的に青みが薄れ、ヒレは黄色く色付き始め、
背びれの黒点も視認できるようになってきました。
ここ2~3週間で、急に変態っぷりが加速し始めた気がします。
サイズはあまり変わりないような?

水槽内でのポジションはNo3。
つまり、まくろちゅちゅを除いて、大型ヤッコ界のビリっケツ。


タテキンには派手にボコボコ威嚇され・・・・。
ade002.jpg



ニシキからは地味にネチネチ虐められ・・・・。
DSCF7696.jpg



まくろちゅちゅには軽くいなされ・・・・・。
DSCF7604.jpg







最近は・・・・。






トゲチョウ相手に頑張っています( /_ _)/ドテッ
DSCF7647.jpg




そのトゲチョウですが、
これが導入直後の写真で
DSCF7283.jpg






うちに着てから一月弱が過ぎて・・・・




スレッドが少し伸びました。
DSCF7672.jpg




このまま、食いちぎられずに綺麗に伸びてねー!



閑話休題。


しかしアデ、非常にタフ&貪欲な魚です。


うちに来た当時、あれ程ビビリまくってたのがウソのようにしたたかです。
給餌時には、真っ先に水面まで上がって来て何でも食います。
おかげさまでガッツリ肥えて、大型ヤッコとしての貫禄タップリです。


そして、チェルブが去った今、
実は我が家のヤッコでは最古参となりました!
こういう、虐められてもめげないヤツって応援したくなりますよね。

このまま順調に育ってくれれば、
来年の今頃には「青い顔の艶姿」にお目にかかれるでしょうか?


今後が楽しみです!

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

まくろちゅちゅ、メインタンクへ

先日来、別水槽で検疫&トリートメント中のまくろちゅちゅでしたが、
5日ほど経過し、順調そうなのでメインタンクに放ちました。

先代まくろちゅちゅの時は、サイズ差有りすぎて大型勢は興味なし。
チェルブとルリが常にネチネチとやっていましたが、今は居ません。
こらもう、全く問題無しでしょ?










って思ったら・・・・。










こいつが本気になりました。
DSCF7639.jpg
小型ヤッコ混泳の抑止力としてスカウトしてきたアデヤッコ。
それが、今や自分が

こいつと
DSCF7714.jpg


こいつに
DSCF7721.jpg
すっかり抑止されてます。

その鬱憤を晴らすかのように、まくろちゅちゅを見つけるや否や、
恐ろしい勢いで追いかけ回し始めました。









こいつ、殺る気だ・・・・。







っておいおいおいおい!
お前さん、体長差じゃ倍半分だけど、体重差にしたらまくろちゅちゅの何倍有んの!?
そんなちっちゃな相手、本気で追い回して・・・・。

これ、ファン感謝祭とかで、打席に入った小学生相手に、
ダルビッシュが150km/hオーバーのストレートを、
本気で投げ込むようなもんですよ!
しかも、内角をえぐるような鋭いヤツを・・・・。


(先日の男女の機微と言い、例えが分かり辛くてすいません)


まあ要するに、大人気無いという事です!




「アデも幼魚模様だからまだ子供だろ?」
というツッコミは無しの方向で・・・。


とにもかくにも、これはどげんかせなあかんとです。
(nさん、lさん、使い方あってますか?)


さて、ここで考え得る対策ですが・・・・

①アデヤッコを隔離する。
②まくろちゅちゅを隔離する。
③石組みを変更する
④放置。
⑤アデヤッコを三枚におろして酒の肴にする。


まず、②と④は却下、論外です。

次に①ですが、既にタテキン&ニシキのパシリになっている現状を考慮すると、
隔離して帰って来た時、更に劣勢になったアデがどうなる事やら!?
で、次にタテキンとニシキを隔離する事になって、
そしたらニシキが拒食して・・・・・。
と、現状で安定している3匹のバランスは、出来るなら崩したくありません。

という事は、③or⑤という事ですが・・・・。

ここはセオリー通りに③でしょう!
ここまでサイズ差有ったらトンネル作戦はかなり有効なはずです。


・・・・・という訳で、まずは石組み全撤去して縄張りリセット。
そして、ベランダに転がってるデスロックを足してレイアウト変えました。
DSCF7693.jpg
タテキン邪魔・・・。


アデがちょいちょいまくろちゅちゅを追っかけますが、
トムとジェリー状態です。

「まぁ~てぇ~!」と追いかけるアデ、
上手い事巣穴に逃げ込むまくろちゅちゅ。
そして、鼻先ぶつけて意気消沈のアデ・・・・。


まくろちゅちゅ、ここの穴に落ち着いたみたいです。
DSCF7723.jpg



そして怯えた様子もなく、石組みの回りを盛んに散歩しています。
DSCF7728.jpg





う~ん、トレビア~ン(人´∀`)




ヤッコはハギと違ってネチネチしませんから、大丈夫でしょう!
これでダメなら⑤でしょうか!?


そんな訳で、本当の意味でおかえりまくろちゅちゅ!


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ナチュラルシーウィード

先日、餌に海苔を与えていると紹介させていただきましたが、
今まで喰わしてたのは近所のファミマで買った焼き海苔でした。

これでも特に問題無いとは思うのですが、
以前から気になっていた「ナチュラルシーウィード」を購入してみました。
私の拙い経験から、海水魚用として販売されている海苔って、
これ以外無かったように記憶しています。
(ちなみに、オーシャンニュートリションから発売されています。)

この海苔、Green、Red、Brownと3種類有りますが、
それぞれネットの説明書きによると、

green: 大型ヤッコ、モンガラに最適な硬さ
Red : 小型チョウ、スズメダイ、小型ヤッコなど口が小さい魚
Brown: モンガラ、ハギ、ヤッコなどのゆっくり餌を食べる魚


と有ります。
う~ん・・・・何を基準に対象魚を指定しているのかさっぱり分らん┐(´ー`)┌

物はどれも、一枚の大きな海苔を折り畳んで有り、
3×5cm程度に切り分けられるミシン目がついていて、
それを水槽内に固定する、クリップ状のアイテムも売っています。

という事はこの海苔、ミシン目で切り取って、
水槽内に固定する事を前提に対象魚を選定しているって事でしょうか?
という事は対象魚の選定基準は・・・・・海苔の硬さ?でしょうか?

何せ、売ってたサイトの説明書き、対象魚以外は全く同じ事しか書いてません。
ビタミンC配合がどうたらこうたらって。
そして、ググっても詳しい情報は出てきません(T_T)

興味のある方はオーシャンニュートリションのHPで情報を探してみて下さい。





・・・・・で、和訳して私に教えて下さい(T_T)
(日本語サイトが有りませんので・・・・。)


うちの場合、どのみち一口サイズに細切れにして与えているので、
特に深く考えず今回は、「大型ヤッコ、モンガラ用」のGreenを購入してみました。

Image484.jpg
これが「ナチュラルシーウィード green marine algae」です。

Image486.jpg
容器から取り出してみると、海苔そのものですね。


これ、今まで使っていたファミマ海苔と比較すると硬いです。

そして向かって左がファミマ海苔で、右がナチュラルシーウィードです。
Image487.jpg
(一口サイズに気ってあります)
若干赤っぽいですね。

臭い、触感、味はファミマ海苔とそう変わりませんでした。










え?・・・・・味?




・・・・いや、だってね、これ見た目普通の海苔なんですよ。臭いも海苔だし。
なので、一口サイズに切り分けてる最中、何気なく端切れをパクって・・・・。
そしたら意外と、全然普通の海苔の味がするんです。


ただ、味わっている最中に


「でもこれって、魚の餌なんだよね・・・」


と我に返りました。





でも「海苔だし、別に良いや」って思ってたのですが・・・・


「俺は、魚の餌を食っている・・・」


と思ったら、少し切なくなって来ましたよ。
だって、「海老だし、別に良いや!」ってクリル食う人居ます?
それと一緒な気がしてきました。










・・・・・・。










・・・・・・。













ああ、食ったさ!魚の餌食ったさ!
何か問題有るかなぁ!?








・・・・と、とりあえず逆ギレしてごまかす事にしました。


でも、カイメンとか入ってたらちょっと嫌だなぁ・・・・・。


・・・・気を取り直して、魚に食わせてみましたが、

これ、予想外に食いつきが良いような気がします。
何せ、普段海苔には見向きもしないチョウハンが、
水面まで来て突っついていましたから。

という事はやっぱりこの海苔は、魚にしか分らない、
美味しそうな香りを醸しているのでしょうか?

そんなの食っちゃった・・・・。





えー・・・・っと、出張、遊び、その他用事で、
名古屋にお越しの際は、是非、我が家に遊びに下さい!
熱々のご飯をぐるっと海苔で覆った特性オニギリを用意します!




魚の餌を食う私ですが、今後とも宜しくお願いいたします。


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

年末商戦!

早いもので、今年も残すところあと半月ばかりとなりました。
水槽の比重も、2週間ほどかけて1.020まで戻しましたが、みんな調子良さそうです。
Image478.jpg


そしてこの季節、近所のショップは一斉に年末セールを展開しています。
待ちに待ったこのチャンス!乗り遅れる訳にはいきません!

そんな訳で昨日、今年最後になるであろう買い物へと繰り出しました。




そして、購入したのはこれだ!




MAの最新号です。
Image489.jpg

チョウネタらしいので、ついつい立ち読みせずに買っちゃいました。
・・・・が、まだ中読んでません( /_ _)/ドテッ

そして、こんな付録が付いていました。
Image490.jpg

その名も「ピグミーエンゼルポスター」です。
トイレとかに貼りましょう!



そしてもちろん、これだけではありません!
しっかり生体も購入してきましたよ!



それは・・・・・。







アズファーが大安売りしていました。







クイーンも安かったです。







ランキング1位のブルーもいました。







フレンチ、グレーも実物見ると欲しくなります。







でも・・・・・。








やっぱり忘れられません。











おかえり!まくろちゅちゅ!ヽ(´∀`*)Image483.jpg




あの忌まわしい事故以来、ずっと記憶の片隅を掠めるのは、元気に水槽を泳ぎ回っていたまくろちゅちゅ。
思い出すたびに悔やまれます。



もう二度と同じ轍は踏むまい!!(`・ω・´)シャキーン



今度は立派なマクロスス兄さんに育てあげたるでなっ!
現在、チビ水槽にて検疫&トリートメント中です。
一週間ほど様子見てみる事にします。




それと・・・・・。




有る意味、こちらの方がビッグニュースなのかもしれませんが・・・・。




まずは、飼育日数プラグインをご覧下さい。















・・・・・見ていただけましたか?そして、何か気付かれました?

え?ヤエヤマギンポですか?いや、そこじゃないんです。



実は・・・・・。

続きを読む »

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

あぁタテキン

先日、私がマリンアクアに転向した理由の一つとして、
「タテキンが飼いたかったから」と紹介させていただきました。
今日は、ネタも枯れつつ有るのでその辺りの事情を書き綴ってみようと思います。

あれは、今を遡る事十数年前、私が小学生だった頃・・・・。

・・・・

ん?いや、待てよ、中学生だったかな?

いやいや、小学生の年長さんくらいじゃなかったっけ?

いやいやいやいや~、やっぱり中学生だったでしょ~?

んいやぁ~違うなぁ、やっぱり小学(*ε(#)☆(`、´ )バキ



・・・・とにかく、クソガキだった頃!


遠足で行った鳥羽水族館の思い出です。
その頃の記憶、必死で思い出そうとしても他には何も思い出せないのですが、
唯一はっきりと覚えているのが、水槽で悠然と泳いでいた大きな魚。
「かっこいいなぁ~」と、憧憬を覚えました。

帰宅後、どうしてもその魚の名前が知りたくなり、
魚図鑑で調べた所、和名を「タテジマキンチャクダイ」
そして英名「エンペラー・エンゼル」と、
皇帝(天皇?)の名を冠する魚で有る事を知りました。

「カ・・・カァ~ッコイ~~!!!(*´∀`*)」

当時から、近所の池や川で雑魚を捕っては飼っていた自分です。
魚への興味は人一倍強かった事も有り、
頭の中では「海水魚=タテキン」の構図が出来上がりました。
まあ、当時は「自宅で飼う」なんて事は夢にも思ってませんでした(笑)
そして、どこの水族館でもタテキンって居たんですよね。

そしてクソガキは歳をとり、三十路前になって海水魚を飼い始めました。

友人に触発されて顔を出すようになった海水魚コーナー。
そこで目にしたタテキン。

「こいつ飼えるんだ・・・・」

とビックリしたのを覚えています。
そして程なく、その幼魚をウズマキと呼び、変体する魚で有る事も知りました。

当時、我が家のメインタンクは60×30×45(h)の背高60cm水槽でした。
ウズマキで有れば飼えるでしょう。
ただし、ゆくゆくそれが成長してタテキンになった頃、この水槽じゃ小さ過ぎますよね?
そんな理由もあり、タテキンなんてずっと「憧れのまま」だと諦めていました。


・・・・が、人って念ずれば通ずと言うか、成せば成ると言うか。


自分ってダメなんです。
物欲の種火が灯っちゃうと、無理に押さえ込んだとしても、
その瞬間から金策やら、家族のご機嫌とか、
「どうやったら実現できるか?」って事しか考えませんから・・・・。

そして、念願叶って(半ば強引に)導入した90cmOF水槽!

もはやタテキン飼育に向け、後顧の憂いは有りません。


そしてまず、ウズマキからの変体っぷりを味わいたくて購入したのが、
6cm程度のウズマキでした。





・・・・ハタゴの餌食になりました(T_T)





そして、今度は少しズルして購入したウズキン。






白点で☆に成りました(T_T)






でもって、今度は成魚サイズのタテキン購入!







何とか3ヶ月迎えられそうですヽ(´∀`*)DSCF7416.jpg




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

アクアリストに歴史有り

むか~しむかし、まだ私が三重の片田舎でクソガキやってた頃、
野山を駆け回っては、日淡や両生類なんかをとっ捕まえて飼っていました。
そして中坊の時、友人に触発されて飼い始めたのがネオンテトラ。
今を遡ること約10数年前、初めて温かい水に住む魚を飼いました。
その後古代魚や水草を経て、マリンアクアリストへの道を歩むのですが・・・。

まずは、コレ。
淡水遺影

約1年4ヶ月くらい前の遺影です。
この頃はまだ、どっちかって言うと淡水メインでやってました。

当時はblogもやってなかったので、「水槽の写真を撮る」という習慣が無く、
こんなお粗末な写真しか残っていませんが、
私、ADA信者で、ネイチャーアクアリウムの真似事をやっていました。
30×30×40cmの小型水槽にメタハラ付けて、Co2添加して、オーバースペックオラオラ水槽でしたね・・・・。

~言い訳~
(この写真いわゆる「旬」の時期では無く、グロッソもグリーンロタラもラージパールグラスも、今後迎える最盛期の40%程度のボリュームしか無いんです!全盛期はもっと綺麗やったもん!)

そして、この写真から1~2ヵ月後、ADAのレイアウトコンテストに出そうと、いざ写真撮影!

・・・・・・・・・と思った矢先に有茎草が一斉に白化し始め、精魂尽き果てました_| ̄|○
元々、淡水はクソガキの頃からやってた事も有り、ちょっと飽きてきてた
ある種の達成感じみた物も有ったのですが、
この有茎草白化事件を契機に私の淡水テンションは一気に下降して行ったのです


今思うと、海水・淡水通じて数多有るの飼育スタイルの中で、
ネイチャーアクアリウムがトップクラスに面倒臭い水槽だったと思います。

有茎草はガンガン伸びるわ、グロッソのランナーは重なるわ、
ヘアグラスは訳わからんとこから生えるわ、リシアはバッコンするわ、
水草のカスがすぐにフィルターに詰まるわ、etc・・・・。
毎週、トリミングやら巻き直しやらやってた記憶があります(T-T)



もう、二度とやりたくありません(T-T)


(他意はないんですよ!水草水槽、凄く綺麗ですしね!ただ、私にはもう無理・・・という意味です。)

と、そんな折、マリンアクアリストである友人がそそのかすのです。

「おみずに塩、入れちゃえばいいじゃん?」

そしてスタートした私のマリンアクアライフ。
まずは定番のカクレ&デバコンビから飼い始め、
日々何か湧き出るライブロックに海の神秘を感じ、
毎晩1時間でも2時間でも水槽を眺めていましたっけ・・・・。

するとどうでしょう?

予定調和的に魚以外の生体が飼いたくなり、インドケヤリを飼いました。

「何だこの面白い生き物は?」

すっかり無脊椎の虜です。

程なくスタポ、ウミキノコ、チヂミトサカ、ツツウミヅタ、ハナヅタ、ウミアザミetc・・・
定番のソフトコーラル達に手を出し始めました。
そして、それが少し上手く飼えると今度はハナガサ、ナガレハナ、キクメイシ、
等々、これまた定番のハードコーラルに手を出しつつ、
海水始めて約1年でそこそこ珊瑚が詰まった水槽が出来上がっていました。

60H.jpg


~言い訳その2~
(この写真いわゆる「旬」の時期では無く、水槽統合に向けてサンゴを里子に出し始めた頃の写真で、ソフトコーラルもハードコーラルも、最盛期の60%程度のボリュームしか無いんです!全盛期はもっとギュウギュウ詰めやったもん!)

しかし、足繁くショップに通う打ちにもたげる物は、
それは「魚って綺麗だなぁ~」という熱い思いでした。

元々私が海水魚を飼い始めた動機、

それを辿ると行き着くのは、遠い日の記憶の中、
三重でクソガキやってた頃に鳥羽水で見た「タテキン」に他ならないのです。
(これについてはそのうちネタが尽きた頃にでも)

そして「サブタンクたたむから」と苦渋の決断を交渉の切り札に、嫁から勝ち得た90cmOF水槽。
立ち上げ当時はまだ、魚だけに突っ走るか否か、決めかねていました。
90
(今のOF水槽、立ち上げ数日後の様子)


ただ、この頃から大型ヤッコやチョウへの飼育願望がいよいよ臨界点を突破してしまい、色んなHPや文献を読み漁るうち、概念として知った「白点撲滅」


その結果、水槽も黄色くなりましたっけ?
DSCF7161.jpg
(今は亡きまくろちゅちゅが・・・・・(T-T))


紆余曲折を経て、やっと魚オンリー水槽に突っ走る事が出来ましたとさ!
Image464.jpg



・・・・と、私も淡水からの転向組です。
こういう飼育遍歴をお持ちの方、結構多いんじゃないでしょうか?

(今日のblogの写真、全部過去記事の使い回しでしたヽ(´∀`*))



おしまい。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ご無沙汰しておりました!

久方ぶりでございます!
最近、私事でバタバタしてて、ネット上から姿を消しておりました。
なので、せっかく戴いたコメントへの返信も非常に遅くなり、
また、皆様のblogへも顔も出さずに・・・・・ごめんなさい<(_ _)>

今週からまたボチボチネット上に復帰するつもりですので、よろしくお願いします!

さてさて、先日からお伝えしていた「還元濾過の怪」ですが、
無事、収束へと向かっております。
収束とはつまり、

ケイ藻も爆殖し始め・・・・
Image464.jpg


試薬も赤く染まるようになったという事です!
Image466.jpg

(今週いっぱいデジカメが使えないので、携帯カメラのショボ画像・・・・(T-T))

事の真相は相変わらず不明なのですが、私なりに仮設を立ててみようと思います。
そこでまずは状況証拠の洗い出しです。

約3週間ほど前、水槽メンテのために小一時間メインポンプを停止していたので
すが、この時、誤って濾過槽のエアレーションまで止めてしまいました。

そしてこの後、しばらくの間飼育水がうっすらと白濁しました。
これは好気バクテリアがダメージを負って、有機栄養バクテリアが優位になった証拠ですよね?

低比重の影響で、元々少なからずダメージを負っていた好気バクテリアですが、
更に酸欠と、踏んだり蹴ったりの好気バクテリア達・・・・・。

そして、その対処として(アンモニアを吸着させるため)活性炭を大量にウール
ボックスへ放り込みました。(GFGの色抜きの意味も兼ねて。)

硝化ストップ状態を懸念して即日大量換水を実施し、アンモニアの生成を少しで
も抑えるため、3日間絶食の後、一週間後までは通常の1/3程度の給餌量に抑えていました。
この段階でアンモニア&亜硝酸は着色せず。(アンモニア試薬無くなる。)

以上が「還元濾過の怪」勃発の原因になったであろうと思われる所作です。

そしてここからが自分でも自信の無い仮説なのですが・・・。

まずはこの仮説ですが、
「水槽がマクロ的には好気的で有ったとしても、ミクロ的な嫌気域は濾過槽(水
槽)の至る所で存在し、そこで僅かながらも還元濾過が行われている。」

という大前提を事を踏まえている必要が有ります。
(私、本来そうは考えていないのですが・・・。)

・一週間ほど給餌量を激減させていたため、アンモニアの生成が少なかった。

・よって、大量投入された活性炭によってアンモニアは吸着され、魚へのダメー
ジが無かった。

・小一時間酸素の供給が途絶えたため、好気バクテリアは大ダメージを負ったが、
嫌気バクテリアはむしろ活性化した。



そして上記を都合よく租借して解釈すると・・・・

吸着濾過によって濾過が完結していたために硝化がおこらず、結果、硝酸塩が蓄
積されなかった。また、魚への影響も無かった。
そして、元々蓄積されていた硝酸塩は、まず換水によって取り除かれ、後はほん
の僅かながらの嫌気細菌によって還元され、徐々に濃度が下がっていった。


と、こんなん如何でしょう?

そして・・・・・


活性炭撤去と時期を併せて好気バクテリア復活!


それに併せて嫌気バクテリア減退!


ケイ藻爆殖!試薬紙真っ赤!





うん、若干強引ながら合点が行く!



・・・ような


・・・・・気も


・・・・・・・・・しま


・・・・・・・・・・せん?!

数々の偶然が重なって生まれた奇蹟だったんです、きっと!


強制濾過の硝酸塩でお悩みのあなた!
好気バクテリア死滅させて活性炭放り込めばあら不思議!
硝酸塩0水槽の出来上がりです!

どなたか、この仮説を再現してみてください・・・・。

(責任は一切負いませんので悪しからず!)

おしまい

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

還元濾過?

我が家の水槽なのですが、異変が起きています。
まずはこれをご覧下さい。
DSCF7370.jpg


・・・・そうなんです。

最近、尿にタンパクが下り始め、試薬紙がこう、陽性に。
腎臓にガタが・・・・。


って違うわーーー!


写真は、テトラの硝酸塩試薬紙です。
そして、写真では分かりづらいかもしれませんが、
同封の色見本と比色してみると、大凡10ppm程度でしょうか?
(25ppmっぽく見えますが、実物は10ppmぽい色してます。)

これ、我が家の水槽の水質なんです。


で?


シビアな値が出る事で有名なテトラの硝酸塩試薬紙。
ちなみに、レッドシーの試薬では全く色が出ません。


そしてこれ、なんと換水一週間後の数値なんです!


それこそ、SPS飼ってるようなナチュラルシステムなら

「ふ~ん、あっそ、で?」

って数値だと思いますが、我が家の水槽、
やや過密気味の魚水槽で、当然の事ながら強制濾過です。

そして、濾過槽にはエアレーションしていますし、
そもそもOFの落下で酸素はふんだんに巻き込んでいると思います。
申し訳程度ですがスキマーも付いてますし、底砂はほぼ有りません。
(早く全撤去しろ!)
そして、ライブロックは煮沸&カルキで完全デス化してあります。

という事は、当然の事ながら「嫌気層=還元濾過を行う術」は無いはずなんです。
その他、ケミカルグッズは一切使ってませんし。
しかも、更に恐ろしいのは、先週の換水後、硝酸塩20ppm程度有ったんです。

???何故か硝酸塩が消え去っている???

理由は・・・・さっぱりピーマンです。

無い頭を捻り、エロエロ、もとい、色々考えてみたのですが・・・

①還元濾過ボックスのおかげ
②好気バクテリア死滅
③試薬がおかしい
④キーパーがおかしい


と、この程度しか思い浮かびません。

①なんですが
これは恐らく無いと思われます。
何故なら、まだ入れていないからです( /_ _)/ドテッ
入れていないどころか、買ってすらいません(*ε(#)☆(`、´ )バキ
「買おう」と言う意志が、バクテリアに伝わったのでしょうか?
そして、私の意を汲んだ好気バクテリアが
「俺達だって、やれば出来るさ!」
と、必死に還元濾過を・・・・何てかいがいしいバクテリアなんでしょう(T_T)

②に関して
亜硝酸は全く着色しません。
ただ、アンモニアは試薬すらありませんので、計ってないんです。
という事は・・・
実はアンモニアが硝化されず、すんごい高濃度になってるとか!?
そして、そんな劣悪な環境下で鍛え上げられた我が家の魚たちは、
「アンモニア?あぁ~、アンモニアって、アンモニアね。で?」
って感じで意に介さず、ヒョウヒョウと泳ぎ回ってるのでしょうか?
・・・そうか!「水清ければ魚住まず」って言いますもんね!

③については
一番可能性があるとしたらこれですが、
今の試薬、買ってからまだ一ヶ月位しか経ってないんですけど・・・。
レッドシーの試薬でも硝酸塩出ませんし、これも半年経ってません。
それとも、二つとも元々おかしかったのかな?
まさか・・・ねぇ?
ケイ藻すら生えてこない所を見ると、本当に硝酸塩無いっぽいです。

④ですが
これが最も堅いかもしれません。
寝ぼけor酔って、硝酸塩の試薬で尿検査した可能性も無きにしもあらずです。
しかし、尿に硝酸塩って混じっているのでしょうか?
オシッコの事なんて分かりませんよ!

ちなみに、職場の健康診断では就職以来ずっとオールグリーンです。
あ、オールグリーンって言っても、「緑一色(リューイーソー)」の事じゃありませんよ?
ちなみに私、過去に一度、3打ちで上がった事あります!
しかも四暗刻単騎待ちという、奇跡のような手でした。

・・・って、話がスローカーブのように大きく逸れました・・・。

そんな訳で、理由は全く分かりません。
このまま硝酸塩が消え続ければ、この環境でミドリイシが飼えるのでしょうか!?

ただ、はっきり言って、気味悪いです。
まだ「換水一週間後で硝酸塩100ppm」の方が、精神衛生上好ましいです。
なので、換水のペースは変えるつもりは無いのですが、
こういう意味不明な状態って、危険と隣り合わせっぽくて怖いです。
何なんでしょうか?

誰か、教えて!!


おしまい。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ニシキヤッコ3ヶ月経過

我が家のニシキも、おかげさまで飼育3ヶ月を越えました。
DSCF7412.jpg


飼育当初はそのネームバリューに、ビビリ続ける日々でしたが、
今となってはそれも杞憂に終わり、何とかかんとか飼えてます(^^;

水面の餌、浮遊する餌、底の餌
冷色、海苔、フレーク、粒状、何でも食うようになりました。
DSCF7407.jpg

おかげで、「ニシキのために」と、多めに餌を打つ必要も無くなりました(*´∀`*)


そして、いつもアデヤッコを地味に虐めており、ホンソメが大嫌いです。
DSCF7418.jpg
(こんな感じでガンつけてます。)

インド洋&紅海産ではないので、腹回りの黄色さは有りません。
それに、太平洋産ですし、値段、ショップ(←失礼)から判断するに、
きっと非ハンドコート個体だと思います。

それでも3ヶ月経って、胸ひれが黄色く揚がってきましたし、
ブルーが濃くなった気がします。

非ハンドコート採取のダメージが、どの程度影響有るのかは分りませんが、
今の状態なら大丈夫なんじゃないかな?とも思います。

餌食いに関しては、いまだに良くなっています。
これには正直驚いています。
最近はタテキンを押し退けてまで、水面の餌を食らいに来るようになりました。
餌を食い終わった後、腹回りがポッコリ膨れる程です。

餌も食うし痩せても来ないので、このガタイなら、
そうそう簡単には落ちないんじゃないかな?と思います。

そしてニシキをたかだか3ヶ月ですが、飼育してみて思ったこと。

我が家では、成魚サイズで人工飼料に餌付いていた個体を購入しました。
当然ですが、自宅に連れて来て暫くは餌食いも細く、
一月経過する頃まではジリ貧気味に、気持ち痩せてもきました。
そこからは、タテキンに吊られたのか?餌もよく食べるようになり、
痩せず太らずの時期を経て、最近はやや背肉も付いてきた


・・・・・のですが、


これがなっかなか太りません(T-T)


餌は、タテキン&アデには及びませんが、かなりの量食べてるんですが・・・。
タテキン&アデは貫禄たっぷりに肥えてるんですが・・・。
ニシキって、燃費悪いんでしょうか?


「ニシキをパツパツに太らせる」


これが当面の目標です!

とりあえず3ヶ月目を無事迎えられた要因は、
中型ヤッコ成魚サイズ故の体力で、
最初の一ヶ月を乗り切ってくれた事だと思っています。

これが、幼魚サイズだったとしたら?と考えると、
まず、混泳なんてムリでしょう。
(混泳させたかったから成魚サイズ選びました。)
ニシキにみたいに食が細く、かつ餌切れに弱い種類を、
幼魚サイズからきっちり育て上げられる方って、凄いなぁと思います。

そして、いつもネチネチいじめているアデヤッコと、
唯一結託する時が有ります。
DSCF7424.jpg
ニ「おい、見ろよ・・・」
ア「うわっ!ホンマや!」



その視線の先に有るのは・・・・。









タテジマさん。
DSCF7432.jpg



やっぱり怖いのか!?



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

お蔵入りアイテム

今日から12月ですね。
早いもんで、今年もあと一月を残すのみとなりました。

さて、各地で雪の便りも届き始めたそんな昨今ですが、
今日は、せっかく買ったのに一度も使うことなくジャンクボックスに眠っている
「お蔵入りアイテム」をご紹介させていただきます。
(冒頭の「冬ですねぇ」っぽいくだりと本文は全く関係ありません( ´,_ゝ`)プッ)

それはこれ!
DSCF7434.jpg

SCWDです。

某有名オークションで購入したのですが、
新品・即決・送料込みで6,000円でお釣りが来ました。
コレ、安くないですか?

まだイソギンやサンゴを飼っていた頃、底面吹出口用に購入したのですが、
完全魚水槽となった今では、無用の長物と化してしまいました。
魚水槽とは言え、水流は複雑な方が良いのかもしれませんが、
SCWDって、結構流量損失が有るらしいんですよね・・・。

水流と流量・・・・・天秤に掛け、選択したのは流量でした。

これがサンゴ水槽なら水流だったんですけど。
「流量=濾過能力」ですもんね。

しかし、SCWDを手にとってみて思った事、それは・・・・。




意外に安っぽい。



そして・・・・。


マニュアルが全部英語。
DSCF7437.jpg


いやぁ~、私、英語が堪能で良かったですよ~。

新婚旅行で行ったハワイでの出来事です。
ディナー時、外人のウェイターに英語で話しかけられ、
訳のわからないまま「うんうん」言ってたら、
やたら高価なワインを頼んでしまってて、泣きそうになった事があります。
(その後、日本語出来るウェイターにキャンセルしてもらった。)




・・・というくらい英語力には長けてまいす。



そんな訳で、このマニュアルには「英語が書いてある」
という事くらいは分かりますよ!

でもまあ、ホースとポンプ繋げば良いだけでしょ?

しかし、こんな単純な機構のアイテムに、何故数ページにも渡るマニュアルが?
って所だけは若干気にはなってました。

はたしてこのSCWD、陽の目を見る日は来るのでしょうか?


おしまい。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。