スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OF水槽がOF

26日、朝の出来事です。
嫁がおもむろに「一階の和室に水が漏れてる!」と騒いでいました。

驚いて見に行くと、天井から柱に伝って下方へと、
和室の土壁に水が染みていました。

一瞬、状況が飲み込めませんでした。
排水管に損傷が有ったのか?とも思ったのですが、
よくよく考えてみると・・・・、
和室の直上は私達のリビング。
でもって、このシミの辺りに有るのは・・・・。




水槽??




急いで2階へ駆け上がり、キャビを開くと・・・。
濾過槽の水が半分になってるじゃありませんか!?




おぉう・・・・。




原因は一目瞭然でした。


ウールボックス内のマットが目詰まって、
ウールボックスから飼育水がOFしてる・・・・。






これぞまさしくOF水槽!!






・・・などと上手い事(上手くない!?)言ってる場合ではありません。

本当なら25日に換水がてら、
ウールマットもメンテする予定だったのですが、
友人が遅くまで遊びに来ていたため、
「26日にやろう」と先延ばした矢先の大惨事・・・・。

金曜日の夜、非アクアリストの友人が
「魚が海苔食べるの??すげー!!」
と、いたく感動してくれたので、
調子に乗ってたくさん給え過ぎたのがマズかったようです。
食いきれなかった大量の海苔がウールボックスに流れ込み、
その海苔が・・・

水流に撒かれて徐々に分離

マット目詰まり

ウールボックス越水

と、元々メンテ直前で普段より目詰まっていたマットに、
海苔でとどめを刺してしまったようでした・・・・(T_T)

先日はカクレクマノミの命を救った目詰まりでしたが、
今回はキーパーの寿命を縮める運命に・・・・・。




「そんなもん
 ウールボックスにOF機構設けとけ!」



というご意見も有ろうかと思いますが、



全くもってそのとおりです!!
いやぁ~、皆さんの鋭い指摘にはかなわないなぁ~ヽ( ^∀^)


・・・・と、核心部分はおちゃらけて受け流してみる(T_T)


とりあえず、壁や床の水分は拭き取って、
魂を込めてドライヤーで乾燥させました。
DSCF8482.jpg
けど、この有様・・・・。

でもって、夕方工務店に来てもらい状況確認&復旧方法の打合せ。

一通り話を聞いたら安心しました。
壁の内部は空洞になっており、常に空気が動いているんだとか。
なので、壁の内部に水分が流入しても、
すぐに乾燥してしまうんだそうです、良かったぁ(T_T)

でも、土壁のシミは取れず、塗り直す事にしました。
費用は当然私の小遣い天引き・・・・。

未だしっかりした見積もらってませんが、
概算でユウゼン一匹分程度か?





痛い、痛すぎる・・・・(T_T)





でも仕方有りません。

漏電して火事になった可能性だって有るんです。
財布が傷んで住む程度なら、
それだけで不幸中の幸いです。

今回はガキの頃からアクアやってきて、
一番やらかした事件で、かなり凹みました(´ヘ`;)

大事に至らずに(至ってるって?)良かった・・・。


と、週末はこれのリカバーに費やされたとさ。



おまけ



それと昨夜(29日)なんですが、
某関東は神奈川県在住のニュータイプが、
出張でこちらに来られてたので、
ついでに名古屋に寄って、私達と遊んでくれました(^^


その名も、アムロ・リイ!!


そう、先日愛車が大破してしまう所を、
すんでの所でかわして大事を免れたあの男!
またの名をlypapaさん。

そして、迎え撃つのはわたくしトミーと、
名古屋のエースYAMATOさん!
でもって、写真と声でのゲスト出演はnonboyさん!

俗に言うプチオフというやつをやっていました。

お二人とも、本当に気さくな方で、時間経つの早すぎ!
初対面とは思えないほどアクアな話やblogの話で盛り上がりました(^^

(手羽先しか食べられなくてごめんなさい!)

・・・しかし、オフって良いですねヽ( ^∀^)
私、オフ会の味を占めてしまいました!
年度開けにでも一度名古屋オフとかやりたいなぁって思ってます。


でもって、詳細はココだ!!!→名古屋オフ詳細







・・・・・。



でも、本当にやる気はありますから!
興味のある方は遊びに来てやって下さいね♪

おしまい。


スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

アズファー治療

・・・と、どこかのblogでも同じタイトルの記事が有ったような?(笑)

週末は色々ネタになりそうな出来事が有り、
その関係で更新も滞りがちになっていました(^^;
そこらの事情はまた後日のネタと言うことで・・・・。

さて、先日「ネタ枯れ劇場」などと銘打ち、記事にしていましたが、
アクアの神様はよく見ておられるみたいで、
色々blogネタを提供して下さいます。


先日来、タテキンとアズファーが多少小競り合っていました。
ただ、双方共にしつこくはありませんし、
傷つくほどの喧嘩はしていませんでした。

昨日の事です。

アズファーの顔に傷が付いておりました。
タテキンとの喧嘩に由来するのか?
石組みで擦ったのか?
ただ、たいした傷じゃ無かったので、
特段気にもかけていませんでした。



・・・・が。



今日、帰宅してアズファーを確認してみると、
傷の部分が若干盛り上がり、鱗が浮いています。


んーーーー・・・・・。


疑ったのはビブリオです。

ただ、いつも通り元気ですし、餌食いも通常モードです。
それに、赤みも全く無いんですが・・・・。
スレ傷も深いと鱗が浮いて抜け落ちますよね?

いずれにせよ、病気、もしくは病気になりそうな個体を、
そのまま放置するのは如何なものかと思います。



・・・ので。














バスクリン投入!!
basukurin.jpg
(解りづらいですが、水が黄色いです。)


先日「今回はGFGは投与しません」とか言ってましたが、
舌の根も乾かぬうちに結局投与してたりして(^^;
(ちなみに、白点の方は3日位で見た目には消え去っています。)

そして、アズファーをとっ捕まえて、
傷口には稀釈したイソジン(ヨウ素)を塗布しておきました。

もしタテキンと激しく喧嘩するようなら、
水槽内でいずれかをセパレートせねば・・・・。
タテキンが内臓ビブリオになったら最悪ですし(´ヘ`;)

週一の換水と、ウールマットに濾材の洗浄など、
海水魚を飼育し始めてからサボった事無かったのですが・・・・。


ビブリオなのか否か!?
とりあえずGFG+イソジンで様子見ようと思います。




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

逆襲の・・・・。

最近はカクレクマノミがOFした事位しかネタが有りませんでしたが、
実は先週辺りから、「やはり・・・」と言いましょうか?




そう、あれですよ、あれ!






懸念されていたあいつがやってきました!








「White spot disease」





ホワイト スポット ディ・・・・。








┐(´ー`)┌ヨメマセン





・・・・多分こんな訳じゃないと思います。
某和英サイトでの直訳ですが、平たく言うと「白点病」です。

年末の「白点撲滅作戦」では、
ナンヨウハギが屁タレなばかりに、
中途半端(1.012)にしか比重を下げられませんでした。

なので、それの生き残りも居ると思いますが、
一番の原因は、検疫せずにアズファーを放り込んだ事だと思います。



症状は・・・・。



アズファーの鰭に数粒。
まくろちゅちゅの鰭に数粒。

と、二匹合わせても両手でおつりが来る程度の数です。
ここ一週間ほど、この状況が続いています。
そして、他魚は痒がるそぶりもなく、白点も視認出来ません。

看過しても良さそうな気もするのですが・・・。

以前白点について調べていた時に、

「状態の良い水槽で出たり消えたりする白点と、
 新たに外部から持ち込んだ白点では致死率が全く違う」


といった内容の記事を読んだ事があります。

それの理由については触れられていなかったのですが、

恐らく、白点虫でもいくつか(も?)種類が有って、
自宅で代を重ねた白点虫に対しては魚が耐性を持つけど、
新たに持ち込まれた白点には耐性が無くて祭りと化す。

インフルエンザみたいに型が違うとダメ・・・という事でしょうか?

「鉄は熱いうちに打て!」
って言いますよね?



・・・ん、あれ?今回も微妙にニュアンスが違うなぁ(-_-;)



えーーと・・・・。



そうそう!「転ばぬ先の杖」ですよ!
病気への対応に尚早という概念は無いと思っています。

一昨日辺りから飼育水の比重を下げていますが、
今回は、紅海産のアズファーが居るので慎重に比重を下げみました。

一昨日、3時間ほどかけて1.020→1.015まで、
そして昨日、3時間ほどかけて1.015→1.010まで、
そして今日、これまた3時間ほどかけて1.008まで下げました。

前回、この比重に耐えられなかったナンヨウハギでしたが、
今回は慣れたのか?時間をかけたのが良かったのか?
元気に泳ぎ回って餌も食べていますヽ( ^∀^)
nan0124.jpg


そして、一番心配していたアズファーですが、
苦しそうな仕草も有りませんし、鱗の逆立ちも見られません。
as0124.jpg





でもってGFG!!!!















・・・は入れません。



今回は純粋に、低比重だけで治療する事にします。
ごく初期症状ですしね(^^

今日で比重を下げ始めて3日目ですが、
既に白点は視認出来なくはなっています。
でも、念には念をおして6週間続けます。
中途半端な期間で辞めて、スーパー白点出たら困りますしね(^^;



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ネタ枯れ劇場第2話「ファインディングクマ子?」

ネタ枯れ劇場第2話「ファインディングクマ子?」


クマ子の思いを知ったクマ雄は、必死でクマ子を探しました。
でも、どこを探してもクマ子はいません。

クマ子は一体どこへ行ってしまったのでしょうか?


♂「ねえ、トゲ兄さん!クマ子知らない??」
ト「クマ子ちゃんかい?あ~~、そう言えば今日は見てないねぇ~」
ng2-1.jpg



♂「ニシキ君、クマ子来てないかな?」
二「いや・・・え~っと、う~んと・・・・ごめん、来てないよ。」
ng2-2.jpg



♂「タテジマさん!クマ子見なかった?」
タ「いや?あっちにも、こっちにも、何処にもいないよ?」
ng2-3.jpg



クマ雄は後悔していました。


何であんな事聞いたんだろう?


どうしてクマ子の事、少しでも疑ったんだろう?


・・・・・・いや、疑ったのはクマ子じゃない。


煮え切らない自分を棚に上げて・・・・

ペアか、ペアじゃないかなんて悩んで・・・・

疑ってたのは自分自身の思いだろ?

クマ子にそれを押しつけてただけじゃないか!


途方に暮れるクマ雄。


それを見ていたまくろちゅちゅがクマ雄に話しかけました。

ま「兄ちゃん僕ね、昨日クマ子ねえちゃんに怒られたんだよ。」
♂「え!?どうしてだい?」
ま「ほら、あそこで遊んでて、「危ないからやめなさい」って」

まくろちゅちゅが指した先には・・・・・。
ng2-6.jpg
「フローパイプ」が有りました。


遠い昔、まだこの水槽にヤドカリ君やシッタカ君がいた頃、
フローパイプには転落防止用の安全ネットが設置されていました。

でも、ヤドカリ君もシッタカ君も居なくなってからは、
そのネットも撤去されていました。

・・・・そして更に悪い事に・・・・

キーパーが三重管のリターンパイプを抜いてしまったために、
フローパイプの保護管には、
小さな魚なら吸い込まれてしまいそうな開口部が空いていました。
ng2-5.jpg


一度吸い込まれたら二度と帰って来る事は出来ない・・・・。
タンクメイトからは「死の筒」と恐れられていました。


そこへ通りかかったのはデバ母さん。

デ「うちのデバ之介も、あそこに吸い込まれたの・・・・。」

そう、丁度2ヶ月くらい前の事でした。
フローパイプに吸い込まれたデバ之介は、
ウールボックスの中で、変わり果てた姿で発見されたのです・・・。



♂「・・・まさか?クマ子も!?」



水槽は、どこを探してもクマ子は居ません。
考えられる事はひとつ・・・・。


♂「待ってろよクマ子!!」


一直線に、フローパイプへと泳ぎ出すクマ雄。



!!!



それを遮るように、大きな黒い影がクマ雄の前に立ち塞がったのです。

♂「アズさん!?」

それはアズファーのアズさんでした。
ng2-8.jpg


♂「何すんだよアズさん!クマ子が、クマ子が落ちたんだよ!」
ア「クマ雄よく考えろ!お前までフローパイプに落ちてどうなる?」
♂「どいてくれよ!クマ子を連れて来るんだ!」
ア「クマ雄!無鉄砲と勇敢さをはき違えるんじゃない!」
♂「鮭や鮎だって激流をさかのぼってくるじゃないか!」
ア「馬鹿野郎!お前は鮭でも鮎でもない、スズメダイじゃないか!」
♂「だとしてもぉーー!!」




ア「キーパーにアピールするんだよ!!」




♂「キーパーに・・・アピール?」

ア「そう!いつも二匹で泳いでいるお前達が、一匹しかいなかったら、
  きっとキーパーも不自然に思って探してくれるさ!」

♂「そんな都合良く行く訳ないじゃないか!」  
  
  
ア「お前等ペアなんだろ!!」
  
  
♂「!!!・・・・・・解った・・・解った!やってみるよ!」


丁度、仕事を終えて帰宅したキーパーは、
夕飯を食べながら水槽内を物色しているところでした。


ア「今がチャンスだ!」
♂「よし!!」

クマ雄は、水槽内を精一杯泳ぎました。
水槽の隅から隅、上から下まで、精一杯アピールして泳ぎました。
ng222.jpg


ほら!僕は一匹しかいないよ!


僕の相棒、どっか行っちゃったんだよ!


気づいて、気づいてよ!




・・・・



キーパーは相変わらず、水槽を見たままぴくりとも動きません。





♂「ダメ・・・か・・・・。」





そう、諦めかけた時の事でした。





キーパーがおもむろにキャビネットの蓋を開けたのです。




そして、なにやらガサゴソやり始めたと思ったら、
水槽に向かって何かを投げ入れました。





ポチャン





♀「ちょっとぉ~、超激流だったんですけど~」ng2-10.jpg




♂「クマ子!!」



幸いな事に、ウールマットが多少目詰まりを起こしかけていたため、
ウールボックス内には、クマ子が泳げるだけの水位が保たれていたのでした。
ずぼらなキーパーのおかげで、クマ子は助かったのです!
(ずぼらなキーパーのせいで、落下したとも言えるけど・・・。)


水槽内のみんなは大喜び。
ng2-12.jpg



クマ雄は大泣きです。
ng2-11.jpg


事情を知らないクマ子は、そんな皆にキョトン顔でしたが、
泣きじゃくるクマ雄を見て、全てを察した様でした。

♂「クマ子・・・ごめん!俺、もう、どうでも良い事気にしないから!」
♀「ふぅ~ん、でも、どうせ私らペアじゃないんでしょ~?」
♂「まあ「昔は」ね。」
♀「ふぅ~ん。」
♂「過去なんてどうだって良いだろ?大事なのは今、そしてこれから、だろ?」










♀「・・・・だねっ!」





おしまい。
ng2-14.jpg




エンディングテーマ:ELLEGARDEN「スターフィッシュ」

出演

クマ雄 : カクレクマノミ♂
クマ子 : カクレクマノミ♀
ヤエヤマ爺さん : ヤエヤマギンポ
ナンヨウ姉さん : ナンヨウハギ
トゲ兄さん : トゲチョウ
ニシキ君 : ニシキヤッコ
タテジマさん : タテジマキンチャクダイ
アデ : アデヤッコ
レモ : レモンピール
まくろちゅちゅ : まくろちゅちゅ
デバ母さん : デバスズメ
アズさん : アズファー


※この物語は、ネタ枯れ中のキーパーが、
 事実に基づき若干(?)の誇張を加えて作成致しました。














ちなみに・・・・





↓この辺りがノンフィックション
ng2-15.jpg
(自作ウールボックスです。)
本当にフローパイプから落っこちてたりして・・・・。




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ネタ枯れ劇場第1話「クマ雄とクマ子の事情」

ネタ枯れ劇場 第1話「クマ雄とクマ子の事情」



カクレ♀「あの黄色いカワハギ超あっけなかったよね~。」
カクレ♂「だね~。」
g-1.jpg


3代目カクレクマノミペアの2匹。
キイロハギの脅威が去って、
今日も悠々と水槽内を散歩していました。

2匹は何処へ行くのも一緒。
餌の時も二人でパクパク。
眠る時も二人でゆらゆら。
その仲睦まじさは、皆が羨むほどでした。


でも、そんなある日の事・・・・


♂「ねぇ?クマ子」
♀「なぁに?」
♂「俺たちって、ペア・・・・なんだよね?」
♀「はぁ~?今更何言ってんのよおバカ!」
♂「いや・・・別にどうでも良いんだけどさ・・・・・。
  俺等って、別に「ペア」って銘打って売られてたわけじゃないじゃん?」

♀「そうだね。」
♂「単にキーパーが「大きいのと小さいの入れときゃペアになるっしょ」って
  安直に考えて連れて来ただけじゃない?」

♀「そうだね。」
♂「だから、クマ子が実際俺の事どう思ってるのかって・・・・さ。」
♀「ふぅ~ん、そんな事気にしてたの?」
♂「「そんな事」は無いでしょ!?」
♀「で?」
♂「何だよその言い方!」
♀「何よ!大きい声出して!もう知らないんだから!」
♂「おい!待てよ!待てったら!」

仏頂面でクマ雄の側から泳ぎ去っていくクマ子。
それを呆れ顔で見送るクマ雄。



♀「もう・・・・・知らないんだから・・・・。」



・・・・・次の日



朝から一匹、しかめっ面で泳ぐクマ雄。
水槽内の皆がいぶかしそうにその姿を見つめていました。

そんなクマ雄にヤエヤマ爺さんが話かけました。

ヤ「クマ雄や、クマ子はどうしたんだい?」
♂「知らないよ・・・・。」
ヤ「おやおや?ぬしが知らない訳はなかろうて。」
♂「だから知らないって!俺が一匹で居たら悪いのかい!?」
ヤ「カクレクマノミのペアは、いつも寄り添っておるのが相場じゃろう?」
♂「ペア、ペア、ペア、ペアって!そんな事誰が決めたんだよ!」
ヤ「ほほぉ~、その様子じゃとクマ子と喧嘩でもしたようじゃのぅ。」
♂「だ~か~ら!知らねーって!俺、忙しいから。じゃあな!じいさん!」



ヤ「フォフォフォ、若い頃を思い出すのぅ・・・・(遠い目)」



しかし、餌の時間になっても、昼寝の時間になっても、
クマ子は一向に姿を見せませんでした。


♂「ふんっ、訳わかんねぇ!」


そう吐き捨てながらも、内心クマ子の事が心配なクマ雄でした。

g-3.jpg
落ち着かない様子でソワソワ、水槽内を忙しなく泳ぐクマ雄。
おやおや?タンクメイト達がヒソヒソ話を始めましたよ?

アデ「なぁ、あいつ見てみ?」
レモ「うわ、何かみっともなぁ~」
アデ「だよな?何だか必死っぽくねぇ?」
レモ「ねぇ、多分クマ子と喧嘩したんだよ(笑)」
アデ「だよね~、きっとそうだよね~?寂しげ~(笑)」



ナ「あんた達!やめなさい!」


そんなクマ雄を見かねたナンヨウ姉さんがクマ雄に声をかけました。

g-2.jpg
ナ「ねえクマ雄?クマ子、どうしたの?」
♂「知らないよ・・・・・。」
ナ「知らない訳ないでしょ?」
♂「何で皆、クマ子の事俺に聞くんだよ!知らないって!」
ナ「何でって?クマ子はあんたの彼女でしょ!」
♂「だから本当に知らないんだって!」
ナ「何をグジグジ言ってんのさ!あんた♂でしょ!?」
♂「だから俺も探してるんだってば!!・・・・あっ・・・。」
ナ「やっぱり・・・・何が有ったの?話してごらん?」
♂「・・・・実は」

クマ雄はナンヨウ姉さんに、
昨日、クマ子が泳ぎ去った時の事を話しました。

♂「・・・・って訳で、何がいけないのかさっぱり解らないんだ」
ナ「あのね、クマ雄、それは貴方が悪いよ。」
♂「はぁ?何で?」
ナ「貴方は女心ってもんが解っちゃいないねぇ!」
♂「何だよ姉さんまでクマ子の味方すんのかよ!」
ナ「考えてごらん?あんたらいっつも一緒に居るじゃない?
  それはあんた、クマ子の事好きだからなんでしょ?」

♂「あの、その・・・・そりゃ、まあ・・・・。」
ナ「だったらさ?ペアで売ってたとかそうじゃないとか、
  それって関係有ったのかな?」

♂「・・・・・・。」
ナ「でしょ?」
♂「・・・・・・。」
ナ「「ずっとそんな事思われてたんだ」って思ったら、私なら嫌だよ?」
♂「・・・・・・クマ子もそうだった・・・って事・・・・だよね?」
ナ「やっと解った?で、どうすんの?」
♂「俺・・・・・・・俺、ごめん!クマ子探して謝ってくるよ!!」
ナ「よ~し、良い子だ!さっさと探してクマ子抱きしめておいで!」
♂「ありがと姉さん!」

自分の小ささに気付いたクマ雄は、
クマ子に謝りたい気持ちでいっぱいでした。



クマ子は何処にかくれんぼしているのかな?



大きなアーチのタテジマさんのおうちかな?



それとも小さなトンネル、マクロ坊やのベッドかな?



クマ雄は、一生懸命クマ子を探しました。

でも、どこを探してもクマ子はいませんでした・・・・。




♂「おーーーーいクマ子ーーーーどこ行ったんだーー!!」



つづく。つづくんかい!

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

こんな寒い日には・・・・。

ピリリリ・・・ピリリリ・・・・


AM6:00今朝も耳障りな携帯電話の電子音が鳴り響く。

文明の利器が促す、変わらない日常への覚醒。

もたげる睡魔とギクシャクする体を引きずって、

誰も居ないリビングに無機質な蛍光灯の灯りを点す。

インスタントコーヒーにお湯を注いで、

気怠い朝にはカフェインで麻酔を。



見慣れたTV。

聞き慣れたラジオ。

分刻みの出勤準備。


そこに有るのは変わらない朝の風景。




でも・・・




コーヒーがいつもより苦いのは気のせいかな?

部屋がいつもより寒いのは、効きの悪い暖房のせいかな?





-それとも、君がいないから?-




君はいつもそこに居た。


さくら舞う麗らかな日も

蝉時雨に茹だる落日も

高い夜空で星がささやく夜も

白い吐息で凍える朝も


でも2度目の季節に君は居ない。



「あぁ、分かっているさ・・・・。」



物憂げに一人、居ない君につぶやいた。

簡単な決断じゃなかった事くらい、分かるだろ?

でも、選んだ道に後悔はしない。

自らの決断で踏み出した一歩だから。

二人離ればなれになったのは、

君の事、僕の事が嫌いになったからじゃないんだ。


お互いに目指す場所が違ったからかな?


いや、そんな事じゃなくて・・・・。
























君が凶暴過ぎたから(T_T)
ha01.jpg
(既出画像です・・・・。)



・・・・・と。


いうのも実は日曜日、
いよいよ隔離中のキイロハギを水槽内に放ったんです。

最近、隔離ケース付近をチョウハンが通っても大丈夫だったので、
試しにチョウハンを隔離ケースに放ってみたんですよ。
そしたら、全くちょっかい出さなかったんですね。

キ「いやぁ~旦那、私もね、そんな馬鹿じゃありませんぜ?
  2回も仕切られたら、そりゃ普通反省しますって!
  え?「トゲチョウの時から数えたら3回目だろ」って?
  いやいやいやいやぁ~、旦那にはかなわないなぁ~。
  そんな事も有りましたっけ?
  でもほら、「3度目の正直」って言うじゃない?
  
  ・・・でね、あっし、もう心を入れ替えたんですよ。 
  ほら、あんな小さい子供(まくろちゅちゅ)まで見てる。
  私だって魚の子ですよ?
  そろそろ・・・ほら、背中、見せないと・・・・ね?」

  
約3週間の服役を終え、心を入れ替えたようでした。
「二度と帰ってくるんじゃないぞ」
背中を押され、久しぶりに吸うシャバの空気!


っと、そこに、偶然通りかかったチョウハン。





















キ「ぶっ殺すぞコラァーーー!!!」








・・・・。







そんな訳で、出所後10分で再逮捕・・・・。







今まで何度かキイロハギを仕切って来ましたが、
今回は一番酷かったです・・・・。
前回仕切った時は、まだ3日位は大人しくしてたんですが・・・。

今までのパターンから汲むに、
このまま放置しても益々増長するだけです。
でもって、やっぱりアズファーにも行くんですよね(T_T)

アズファーは水槽にも慣れてて、やり合うわけですよコレが。
体格ではアズファーの圧勝。
でも、キイロハギは武器持ってますから・・・。

要するに、いくらピーターアーツであったとしても、
刃物を持ったおっさんと喧嘩すれば、怪我をするって事です。
(相変わらず分かり辛い例えですいません(^^;)

そして3代目カクレペア(かどうかは不明ですが)
も、再びフローパイプの裏が定位置に・・・・。















┐(´∀`;)┌ オテアゲ






・・・・・と、そんな訳で今回ばかりは白旗宣言です。
思えば、チェルブ亡き後(亡くはなってないけど)、
(デバを除いて)我が家で一番付き合いの長い生体でした。
思い入れが深かったからこそ、色々手は打ってみたのですが・・・・。

分かってますとも。
キイロハギは何にも悪くないんです。
悪いのは、下調べもせず飼い始めたキーパーです。




ならば・・・・。











「せめて奥義で葬ろう、キイロ!!」
ネタ元(上から5枚目位をご覧下さい)










北斗神拳奥義・・・・・











『里子!!』



・・・・・という訳で、多分まだセポに居ると思います(T_T)
satogokiiro.jpg


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

まくろちゅちゅ

早いもので、まくろちゅちゅが来てもうすぐ一ヶ月です。
ブリード個体という事で、餌食いは全く問題無しで、
既にメガバイトのMサイズをがっつています(^^

そして、一回りは大きくなって、良い感じで肥えてますヽ(´∀`)
流石は成長が早いと評判のマクロススですね。


我が家に来てからの成長っぷりを、写真で振り返ってみましょう。



初日
Image483.jpg




年末
DSCF7955.jpg




今日
makuro03.jpg




写真中に大きさが対比できるスケールが無いので、
その成長っぷりは分かり辛いかもしれませんが、
購入時には無かった背中の模様が随分と浮いて、
尾びれの付け根にもマスクメロン調の模様が出始めました(^^
そして、体高が出て体つきもガッツリしてきました。




・・・ところで、まくろちゅちゅにかかっていた
「もしかしたらホワイト疑惑」ですが、
ここ数日で、若干尾鰭が黄色みを帯びて来たような、来ないような・・・。
いや、明らかに黄色くなって・・・・・。







・・・・・でも、バンド部分は未だ真っ白やもん!







・・・ただ、マクロススのバンド部分って、
白っぽかったり黄色みが強かったり、結構個体差が有りますよね?
しかもこんなロリサイズ、発色するのもこれからですよね。


だからそんなには期待して・・・・・・・ます。
(本心は8:2で「無いな」とは思ってますけど・・・・。)



別に「夢を見る」くらい良いじゃない?

誰にも迷惑かけてないじゃない?



でも、こいつを購入したショップで過去に一度だけ
「育ってみたらホワイトだった」って事が有ったそうです。

そして実は今回店員さんが
「こいつ、模様が若干ホワイトっぽいですね」
って話してたんです!

ブリード物って、白い縞が乱れがちですよね?
それが、ホワイト特有の乱れ方が有るんですって。
ショップやHPで見るホワイトマクロススって、確かにこう、
綺麗な横縞では無いんだけど、乱れすぎてもいないというか・・・。

そして、その店員さん曰く


「こいつはその傾向が見えるんですよね~」


って。



それに関して私の思いは。





「ホントかね?このウソツキヤロウが!」





です。

少なくとも今回は単なるセールストークだと思います。


ホワイト特有の縞乱れについては都市伝説なんでしょうか?
でも、まだバンドが浮いてない幼魚を「ホワイトマクロスス」
と銘打って販売している所を見ると、やっぱり模様で分かるのかな?


ホワイトマクロススってそもそも、ブリード物のイレギュラーですよね?
これって固定されてはいないんでしょうか?

淡水の世界では、アルビノ種が固定されて普通に売ってますし、
グッピーやエンゼルフィッシュなんて、
品種改良されて様々な色、模様が生み出されていますもんね。

ゆくゆくはホワイトマクロススとか、ホワイトアズファーなんかも
固定されて定番化したりするのでしょうか?
海水魚のブリード市場がもっとメジャーになって、
単価下がれば良いのになぁ~っと切に願う今日この頃でした(^^;



おしまい。




テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

たまには小型ネタ

k01.jpg
我が家のカクレクマノミです。

海水魚を飼育してみえる方の水槽に、
かなりの確率で泳いでいるんじゃないでしょうか?

大型ヤッコに魂を売った私ですが、
やはりコイツらのクネクネ泳ぎは見てて和みます(^^
なので、カクレは水槽に絶やした事ないんです。

現在我が家のカクレペア(かどうかは不明ですが)は3代目です。

私のマリンアクアの歴史を共に綴ってきた初代ペア(かどうかは不明ですが)
は、痛ましい底砂使い回し事件によって☆にし、
その後購入した2代目ペア(かどうかは不明ですが)は、
底砂使い回し事件の余波によって、僅か2週間で☆となり、
現在の3代目ペア(かどうかは不明ですが)は、
おかげさまで元気にやっています。

ちなみに初代と2代目ペア(かどうかは不明ですが)の死因は白点病です(T_T)
今思えば、救ってやれた命です(-人-;)ナムナム

ただ、この3代目ペア(かどうかは不明ですが)








・・・・クドイですよね?





(以降、便宜上「ペア」という事でお願いします(^^;)

そんな3代目カクレペア(かどうかは不(*ε(#)☆(`、´ )バキ

・・・・ですが、ここ1~2ヶ月フローパイプの陰に隠れて表に出てこなかったんです。
餌の時だけクネクネッと出てきて、ヒット&アウェイ。

なので、あの愛らしいクネクネ泳ぎがあまり見られずに、
いくばくかの寂しさも感じてはいたんです。


私はてっきり・・・
DSCF8199.jpg
こいつらに萎縮してるんだと思ってたのですが、


どうやら・・・・・











ha01.jpg
こいつのせいでした。
(珪藻は仕切りの目隠し&キイロハギのオヤツという事にしておいて下さい・・・・。)

魚ってげんきんなもんで、プレッシャーになる存在が居なくなると、
とたんに闊歩切って泳ぎ始めますよね?

チョウハンなんて、キイロハギ仕切る前はプリズムの下が定位置でしたが、
キイロハギを仕切ったとたんに、トゲチョウに喧嘩売ってますもん。

で、実はカクレ達、キイロハギにビビってたみたいです。
普段キイロハギからプレッシャー受けてる様子は無かったんですけど・・・。

キイロハギを仕切ったとたんにフローパイプの陰から出てきて
クネクネクネクネそこら中泳ぎ回ってるじゃないですか!
ka02.jpg


カクレ♀「ねえ、最近あの黄色いカワハギやばくない?」

カクレ♂「うん、何だか太って超凶暴になったよね。」

カクレ♀「だよね?ほら、あのパンダみたいなチョウ虐めてるよ~」

カクレ♂「うわっ!こわっ!トゲでめっちゃ突いてるし!」

カクレ♀「黒字に三日月模様のヤッコにもちょっかい出してるよ~(T_T)」

カクレ♂「あのヤッコにちょかい出すのはやばくない!?」

カクレ♀「うん、やばいよ、色んな意味でやばいよ!」

カクレ♂「あ、飼い主がプラケ持ってきたよ!」



・・・・・・



カクレ♂♀「あ~あ、仕切られたっ♪」




カクレ♂「泳ぎますか。」

カクレ♀「泳ぎますか。」


と、こんな会話が有ったり無かったり?

にしても、懲りないキイロハギ・・・・





・・・・どなたか面倒見ていただけませんか?



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

チョウまっしぐら♪

昨年末に購入し、食ってしまったナチュラルシーウィードですが、
この海苔、やはりただもの(?)では有りませんでした。

我が家の偏食王チョウハンのチョーさん。
DSCF7360.jpg
(購入直後の画像です)
長らく冷食しか口にせず気を揉んでいましたが、
昨年末から、やっとこ人工飼料を口にし始めたところでした。
(実はチョウハンって、人工餌移行は意外と手間取るらしいです。)




それが、ナチュラルシーウィードに関しては・・・。







爆食いです。
tyousan.jpg


そんなチョーさん、ファミマ海苔には見向きもしませんでした。
「こんな物は海苔とは言わねぇな?ケミカル臭くて食えやしねぇ」
とでも?

それが、ナチュラルシーウィードは投入直後に食いつきました。
ホント、猫まっしぐらじゃありませんが、
水面着水とほぼ同時、チョウまっしぐらです。

そして、まっしぐらなのはチョーさんだけじゃなくて・・・・







ニシキも。
DSCF8102.jpg


ニシキに関しては元々海苔は食っていましたが、
ナチュラルシーウィードに変えてから、狂っています(^^;

・・・・ただ、実際に食った人間から言わせていただくと、
臭いに関して、ファミマ海苔と大差無いように思うのですが・・・。

というか、臭う、臭わない以前の問題で、
本当に瞬間的に食いついて、その後も狂ったように食い続けます。
しかも「初めて投入した瞬間から」です。
冷食や嗜好性が良いと言われている餌と比較しても、
この反応の良さは尋常ではありません。
と言うか「嗜好性が良い」とか言ったレベルでは有りません。

そして、他のタンクメイト達も皆おかしくなっていて、
こいつら全員ニュータイプか?と思うくらい、瞬間的に反応します。


理由は・・・・さっぱり解りません。


きっと魚の琴線をくすぐる何かが有るんでしょうね。

「ちょっと大げさに書いてないかい?」

と思われたかもしれませんが、違うんですよ、ホントなんです!
いつも、若干誇張気味に記事を書いているフシも有りますが、
(あっ、言っちゃった・・・。)
今回だけはJAROに告げ口されても構わない位です。

そして、この海苔を「こいつは旨い!」と思える方がお見えでしたら、
海水魚の餌市場に革命的なニューアイテムを送り込める舌の持ち主かもしれません!
今すぐキョーリン辺りに就職して下さい。



・・・・ただ、困った事にもなっています。


あまりにも喜んで食うので海苔の消費量も増え・・・
DSCF8133.jpg
あと、こんだけになっちゃいました。
これでも量をセーブして与えていたんです。



そんな昨今ですが・・・・。



冒頭にも紹介させていただいた、我が家の「偏食王」チョーさん・・・・。









これしか食わなくなりました(T_T)







・・・・餌付け・・・・後退ヾ(´д`;)ォィォィ。


海苔って、大型ヤッコとハギの副食として与えているので、
ナチュラルシーウィードも「2~3ヶ月に一回買うか買わないか」
くらいの消費量なら買い続けても良いかな?
と思ってたのですが、半月で既に無くなりかけ・・・・。

って事は、単純計算で月2枚は必要な訳で、
妻子持ち小遣い制アクアリストにとっては、
3千円/月のランニングコストはボディブローの様に・・・・
って言うか、レバーにミドル入れられたほどのダメージですorz
ジワジワどころの効き方じゃありませんから・・・・。

でも、本当に気持ちいいぐらいみんな食うし・・・・。





・・・・・・。






「ぼく、おいしい海苔が食べたいよ!」
DSCF7360.jpg



「この海苔辞めたら拒食しちゃうぞ!」
DSCF7714.jpg



「この海苔たべて綺麗な大人になるよ!」
DSCF7955.jpg










・・・・・。








ぇえーーーい!
もう、どうとでもなれ!




(*´∀`)σ ポチット



自分は3百円の海苔を食い、魚には3千円の海苔を食わす。
これがマリンアクアリストというものです。


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

現実逃避・・・・

実は私、新年になってから未だ一度も働いておりません(^^;
先週の金曜日はお休みをいただいておりましたので・・・・。

と、言う事で・・・・・。

いよいよ本日を持って、年末年始のロングバケーションが終わり、
明日から再び朝早く起きて、通勤列車に揺られ、
上司にあーでもないこーでもないと言われる日々が・・・・・。

と、サザエさんシンドローム所の騒ぎでは無い位憂鬱です(´ヘ`;)ハァ


そんな訳で、本日はその長期連休の〆として行ってきましたよ!!













アンパンマンショーへ!!!
DSCF8089.jpg








・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。







えーっと・・・・。


そうそう!その帰り、もちろんショップに顔出しましたよ!
そしたら、久しぶりにココス入荷してました!
それと5cm位のアフリカヌスが69.8kですって!
(最近アフリカヌスって値崩れおこしてません?)

でも、何も買いませんでした。( /_ _)/ドテッ


え?ウソをつけと?

連休も終わりで、何かやらかしちゃっただろうって?






鋭い!!





そう!今日は我が家の水槽に新顔が入りました!

こいつ、体色の青い個体がデフォルトなのですが、
我が家で購入したのは深紅に染まる個体です!
これ、恐らく大多数の方がご存じなのでは?と思います。








いやぁ~、それにしても美しい!








我が家の水槽には居なかった赤い個体!








それは!












ウルトラフレーム!!!















・・・・・・・・では無くて













こいつだ!!
















01.jpg
シャア専用ズゴックです。


いかがですか?この深紅に染まるボディと、
パッサー雄個体ばりの白く伸びた胸びれ!
惚れ惚れするような肢体です。


2.jpg

今のところ、タテキンを筆頭とした大型ヤッコには全くの無関心。
心配だったのはキイロハギですが、これまた全くの無関心で、
今のところ旧メンツとの混泳は、全く問題なくこなしています!

ただし、ジ○やガ○ダムといった同種とは、
どちらかが☆になるまで激しく喧嘩するそうで、
混泳は困難・・・・というか、不可能と聞いています。


しかしこの個体、状態が悪いのか?餌に全く興味を示しません。
3.jpg

冷凍ブラインにも全く興味を示さないんです・・・・(T_T)
やはり、アサリのミンチから始めるべきでしょうか?

これはポリプ食のチョウより餌付けに苦労するかもしれません・・・・。
とんでもない難関ですよ。


それとこの個体、水槽に入れてから全く動こうとしないんです(>_<)
臆病なのか、それとも状態が悪いからなのか?
う~ん・・・・ニシキや洞窟住みヤッコならそれも分かるのですが、
こいつが動かないのは性格由来じゃなく、状態が悪いからなのかな?

寄生虫の可能性も懸念されますし、何らかの対策を講じねば・・・・。
餌に全く興味を示さないのも、そのせいかもしれませんしね。




そこで・・・・・




4.jpg
淡水浴してみました。


大きな個体で、まだ体力も有るでしょうから、
タテキンと同じく、じっと我慢の7分間!
しかし、うつ伏せになって苦しそうです・・・・(T_T)



淡水浴後、水槽に戻したのですが、
5.jpg

やっぱり全く動きません・・・・。


これは一筋縄では行きそうにもありませんね。
やはり、私が手を出すには早すぎた個体だったのでしょうか?

この個体、詳しい飼育経験をお持ちの方!
是非とも情報提供お願い致しますく(_ _)>

そんな訳で、今後はこの個体のトリートメントや餌付けなどを中心にblogを綴って・・・・・・





行きません。





そして真面目にアクアやってみえる大多数の皆様方




本当に申し訳ありませんでした。


※もちろん、溶剤や塗装など水に溶け出しそうな物は一切使ってないガンプラです・・・・。


きっと、社会復帰を明日に控え、精神状態がおかしかったんだと思います。
それと、ややネタ枯れ気味だったのも・・・・。

にしても、こんな事やってしまうとは(´ヘ`;)



それはひとえに私が・・・・。






「坊やだからさ」


(分かる方にしか分からないオチで、これまたすいません・・・・。)



明日からまじめに働きます。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

今年もよろしくお願いいたします

ヤエヤマ

新年明けましておめでとうございます!

今年もマイペース更新でのらりくらりとやっていくつもりでおりますので、

旧年と変わらぬご愛顧の程、ヨロシクお願い申し上げます。




・・・・と、3日になって、やっとこ新年一発目の更新です

というのも、12月30日~1月2日まで、実家に帰省しておりました。
約4日間ほど家を空けておりましたが、タンクメイト達は変わりないようで一安心です。
DSCF8003.jpg
(結局仕切られたまま越年のキイロハギ・・・)



さて、昨年末我が家にやってきたアズファーですが、
10日ほど経ち水槽にも慣れて、
ヤッコ界でのポジショニングも確立されてきたようです。



まくろちゅちゅを軽く蹴散らし・・・・・
vsmakuro.jpg



アデ坊からは寝床を奪い・・・・・
vsade.jpg



たまにニシキにちょっかい出して・・・・・
vsnishiki.jpg



タテジマさんに締められます。
vstatekin.jpg



・・・・と、予定調和では有りませんが、
思惑通り我が家のNo2の座に落ち着きました。

こう書くと「新しい問題児か!?」と思われそうですが、
本当はほとんどちょっかい出しません。

アズファーって、カッコイイ顔してますし、
本気出したら強そうなんだけど喧嘩っ早くなくて、
しかも長く伸びたスレッドが優雅で、
何と言うか、すごく知的な魚だなぁって印象を持ちました。

まるで私みたいな(*ε(#)☆(`、´ )バキ


・・・・・とりあえず年始しょっぱなは、
こんなところで勘弁しておいて下さい。


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。