スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水魚と言えば・・・・

私の中のKING OF 海水魚、それはタテキンに他なりません。
が、実はもう一匹私の中で「海水魚といえばコレ!」
という個体が居るんです。

私の母の実家は愛媛なんですが、
その昔クソガキだった頃、毎年のように、
夏休みを利用して帰省していました。

その時、祖父に魚船で連れて行ってもらったのが「鹿島」という島です。
港に船を接岸し、そこから眼下を見下ろすと、
色とりどりの海水魚達が群れていた記憶が有ります。

そして素ん晴らしい透明度で、
接岸して直ぐ、祖父の漁船からいきなり飛び込んだ覚えが有ります。

そこで水中メガネ越しに見た水中には・・・・。

ルリスズメやトゲチョウ。
そして、一番綺麗だなぁ~っと思ったのが、ツノダシでした。

子供の頃の記憶って、時間の経過と共に風化しますよね?
でも逆に、上手い具合に抽象化されてる部分も有って、
それを「思い出」っていう色眼鏡を通して見ると、
思いっきり美化されてたりもするんですよね(^^

もしかしたらこの時見たのはハタタテダイだったかもしれません。
って言うか、そもそも鹿島に死滅回遊魚って居るんでしょうか?
もしかしたら、カゴガキダイとかだったかもしれません。

正直、鹿島の出来事ではっきり覚えてるのは
「猿にブドウを盗られた事」だけです(笑)

と、無駄に長く思い出を語ってしまいましたが、
(こんな事を書くから記事が長くなるのは解ってます(T_T))
こんな曖昧な記憶のおかげで、私の中ではタテキンと並んで、
何故かツノダシが海水魚のツートップなんです。

そして実は、過去に一度だけツノダシを飼った事が有るんです。

その個体がコレ!!
(携帯のショボ画像ですが・・・・。)
Image015~00
今の水槽を立ち上げてすぐ、丁度昨年の5月頃の画像です。

この個体、画像でお分かりいただけるかもしれませんが、
リボンがめちゃめちゃ長くて、ホント優雅な個体でした。
しかも、人工飼料をガツガツ食べる優良個体だったんです。



子供の頃ガラス越しに見たあの景色。


大人になった今では、


自宅のリビングでガラス越しに見ていました。


ほんの些細な思い出だけど、


「夢は叶う」って思えたひととき。


スズメダイの群れを引き連れて泳ぐその姿、


本当に優雅でした。


長いようで短い日々。


夏の日、通り雨の様な切なさで、


僕の心を潤してくれたね。


そんなツノダシと過ごした日々。









・・・・3日
ってみじかっ!!


ちなみに、この子が召された原因、それは・・・・・・。


コレ
Image014~00
(中央の無残な物体が元ツノダシです・・・・。)

当時、残業中の私の携帯に、嫁から送られて来た写メです。

犯人はカクレペアの愛の巣だった、
「HOTEL HATAGO」です(T_T)


・・・・衝撃画像でした(T_T)


ちなみにこの「HOTEL HATAGO」
他にも多くの、タンクメイトを飲み込んできました。

ウズマキであったり、アカネハナゴイであったり・・・。

閑話休題。

その後、私の水槽は長らく白点祭りが催されてまして、
ツノダシへのリベンジはずっと果たせませんでした。

Remix港店に沖縄産のXLサイズが入荷した時の写真です。
Image391.jpg

良い・・・・悪そうで凄く良い・・・・。

・・・・と、こんな写真を撮ってしまうほど、
実はツノダシが好きなんですが、

白点が出にくくなった今となっては・・・・。



こんなメンツ。
080227.jpg




やっぱりツノダシ無理・・・・・orz=3



唯一、このメンツでもやって行けそうなのは、
前出のXLツノダシ達か!?


こんなツノダシ見たら、教えて下さい<(_ _)>


おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

3年生になりましたd(・∀・)

丁度去年の今頃でしょうか?
私はマリンアクアにおける分水嶺に立っていました。

当時の私のマリンアクア歴ですが・・・。

海水事始め
  ↓
デバ&ニモ
  ↓
ソフトコーラル
  ↓
LPS
  ↓
小型ヤッコ
  ↓


と、こんな感じでした。
順不同で多くの方が歩む道だと思います。

そしてこの先、SPSに進む方、ヤッコ道に邁進する方、
ソフト&LPS&魚水槽を楽しむ方、十人十色ですよね(^^

・・・・・・と、前置きが長くなりましたが、
丁度去年の今日が「私が海水魚飼育を始めて一年が経過した日」でした。
つまりは今日で「海水魚飼育丸2年」となりました(^^

冒頭で「分水嶺に立っていた」とか言ってますが、
コレは、右に傾けばSPS、左に傾けば魚メイン
さて、どちらに転げ落ちるのか?
いえ、どちらに転げ落ちたいのか?
ベクトルを真逆とする飼育スタイルの何れに転ぶのか?
その選択を大いに迷っている時期でした。

ちなみに我が家では、これを両立できる術はありません(T_T)
それは、金銭的な理由だったり、家庭事情であったり、
キーパーの甲斐性の問題だったり・・・・・・。

「ソフトコーラル、LPS、魚、五目飼いでいいじゃん?」

とも思ってたのですが、私のマリンアクアの原風景。
それはガキの頃鳥羽水で見たタテキンに他なりません。

そして、実際に海水魚を飼育してみると、
「SPS」という超魅力的な海洋生物の存在を知るのです(^^

実は私、海水魚飼い始めてから半年過ぎた辺りから、
ネットを徘徊し、本を読み漁り、SPSの事ばかり勉強していました。
明けても暮れてもミドリイシ。
ショップに通えばミドリイシ。
ケツノポリスはケツメイシ。
そんな時期が有ったんです、この私にも!

そして、勉強すればするにつれ、SPSを上手に飼育するためには、
スキマー、クーラー、リアクター、メタハラ・・・。
それなりのスペックの器具を揃えようと思うと、
諭吉さんがなんぼ有っても足りない事が解りました。

そして更に、タテキンとSPSとの共存共栄を望むのなら、
悪い事でもしないと調達出来ないほどの諭吉Sが必要な事も解りました。

(あくまでも小遣い制マリンアクアリスト目線ですので・・・。)

そんな悶々とした日々を送るうち、
やはりもたげてくるのは
タテキンへの熱いリビドーでした。
その後は・・・・こんな感じで今に至ってます。

そして、あれよあれよと言ってるうちに、
気付いてみれば大型の魅力にドップリ・・・・。

・・・と、マリンアクアリスト2年生は、1学期が小型ヤッコ、
2学期と3学期は大型ヤッコに魂を奪われた一年でした。

さて、そんな訳でマリンアクアリスト3年生となった私ですが、
この1年の目標は「タンクメイトの年単位飼育」です。

右の「飼育日数プラグイン」をご覧下さい。

・・・・・そうなんです、現在我が家で年飼育を達成出来ている個体は、
ナンヨウハギとデバスズメだけなんです。
しかもデバに至っては、2年間で足したり引いたりを繰り返してて、
残りの一匹がホントに2年物か?と言うと怪しいもんです(^^;

チェルブやキイロハギは年飼育物でしたが、
里子に出して既に居ませんし・・・・・(T_T)

と、そんな訳でこの一年の目標は「年単位飼育」です。
地味な目標かもしれませんが、
これが出来てこそ一人前マリンアクアリストだと思いますし、
愛着有るタンクメイト達、長生きさせてあげたいです♪

2年の重さ、人によってマチマチだと思いますが、
私にとっちゃ「まだ2年」です。
これからも駆け出しマリンアクアリストとして、
日々精進、日々勉強です!

carry on Marine Aquarium !!!

3年生になりました、これからも宜しくお願いしますねヽ( ^∀^)
080225.jpg
(3年生、本日の水槽)

あ!それと、
「マリンアクア暦2年おめでとう!」
とお祝いの品等いただけるのでしたら、
自分から積極的に催促するなんて厚かましい事はしませんが、
お断りする云われもございませんから♪

おしまい

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

餌ネタその2

昨年の秋、アクアマリンズさんで、
採取直後の個体を見る機会が有りました。

「海水魚の自然界での姿」

それを目の当たりにし、目からウロコがぶっ飛んだ私でした。
当たり前なのかもしれませんが、どの魚も背肉なんてパツパツで、
本っ当に良く太ってて・・・・

上手く言えませんが、メタボじゃなくて「肉付きが良い」んです。
「海水魚の本来有るべき姿」ってこうなんだ!
っと納得したのを今でも良く覚えています。

私の海水魚観が大きく変わった一日でした。

あの日以来「魚は太らせてなんぼ」が私の金科玉条となっています。
ただ「肉ばかり食ってデブデブ」ってのは、
ちょっと違うんじゃないかな?とも思いますし、
バランスの取れた、極力ヘルシーな餌を与えるようにしています。

前回の餌ネタから再考して、今はこんな餌を食わせてます。

esa0222.jpg
左から、食わせている順に・・・

ファミマ海苔、
マリングラニュール、
テトラバイタルフード、
メガバイトグリーン(M)
メガバイトグリーン&レッド(S)(まくろちゅちゅ用)
フォーミュラ2

これを嗜好性の悪い物から順に給えるようにしています。
マリングラニュールって、仲間内では意外と評価低いんですが、
これ、結構バランス良く色々配合されてる(らしい)です。
ただ、嗜好性は最悪です(T_T)

ft.jpg
ここ数ヶ月は、フードタイマーを導入し、
朝、昼はフードタイマーで給餌、
夜、帰宅後に魚の状態を見つつ自分で給餌と、
一日3回餌を打つようにしていました。
ちなみに、フードタイマーの中身は、


マリングラニュール   ・・・・・・・20%
バイタルフード      ・・・・・・・50%
メガバイトグリーン&レッド(S)・・10%
メガバイトグリーン(M)   ・・・・・20%
フォーミュラ2       ・・・・・・・20%

と、こんな割合です。
ってあれ?全部足すと120%?

う~んと・・・・・。






まあ、こんな感じです





おかげで、皆、理想の体型に近づきつつ有るのですが・・・。
tate0222.jpg

ade0222.jpg

azf0222.jpg



コイツだけは、ホント思ったように肥えてくれません(T_T)
nishiki0222.jpg


餌も良く食べて、それなりにふっくらしているのですが、
理想のプロポーションにはまだまだほど遠いです。
私が高望みし過ぎなのかもしれませんが、
やはりこう、グラマラスなボディライ(*ε(#)☆(`、´ )バキ

って言うか、ニシキがパツパツになるほど餌を打てば、
完全に水槽崩壊しちゃうと思います。

ここ数ヶ月、餌の回数を増やして実感したのですが、
やはり給餌回数を増やせば増やすほど、水の劣化が早いです。
そんな事は周知の事実では有るのですが・・・。

一ヶ月ほど、給餌回数を一日4回にしていた時期がありました。
すると、換水前には水が少し臭いましたし、
魚の体色がやや薄れ、動きが鈍化する傾向に有りました。

どうやら、我が家の水槽では、70l/週の換水で、
一日4回の給餌量が維持の限界ラインみたいです。

なので今は将来の事も考えて、
余裕を持って、1日3回の給餌にしています。

「1回に結構な量を打つから」とうのも有りますが・・・・・(^^;


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

珍味とヘコアユ?

ご無沙汰しております・・・。

相変わらず胃も腸も低調でダメダメです(T_T)
併せて仕事もいよいよ年度末モード突入でてんやわんやです。

blogの更新も、ややレスポンス悪くなりそうですが、
細々とでもFC2のサーバー上には居座るつもりですし、
隙有らば(?)更新やる気概は失っておりませんので、
気の向いた時にでも相手してやって下さいね(T_T)



さて、水槽の方ですが・・・・。

基本的に大きな動きは無くて皆は元気です。



・・・・が、

2匹の生体が天に召されれしまいました(´ヘ`;)


まずは、一匹目。

デバスズメです(T_T)
DSCF8706.jpg
(モザイクかけたら、物凄い青!)

デバ、私が海水を始めて、一番最初に買った魚です。
減っては増やし、増やしては減り・・・と、
常に水槽を彩ってくれた彼らですが、
大型ヤッコに走ってからは補充してませんでした。
・・・・補充が無い所か、何匹かは里子に出されたりしていました(^^;

我が家のデバ、死因の90%以上(多分)飛び出しです。
フランジが付いているのにもかかわらずぶっ飛んで行きます。

そして先日も一匹、水槽裏から珍味になって発見されました。
そんな訳で我が家のデバ、いよいよあと一匹になっちゃいました(´ヘ`;)

淡い美ブルーが売りの彼らですが、
デバ一匹では存在自体がやや淡い感じで・・・(T_T)



そしてもう一匹。


ホンソメです(T_T)
honsome0011.jpg
(在りし日、随分昔のホンソメ)

この個体は、昨年の痛ましい事故で被災した個体でしたが、
その時負ったダメージは癒えず、
ずっとヘコアユみたいな泳ぎ方をしていました。

ただ、基本的にあのベラ特有の飛ぶような泳ぎ方は健在で、
何というか・・・高速で泳ぐヘコアユ、みたいな?

でも、そんな体で他魚をトリートメントする姿は甲斐甲斐しく、
とても気立てが良く、優しい娘さんだったのですが・・・。
(娘さんだったのか!?)

・・・・この度永眠いたしました(-人-;)ナムナム

この個体、ショップの水槽で暫くキープされてて、
すごく状態が良かった個体だけに、悔やまれてなりません(´ヘ`;)
晩年は「私、生まれ変わったらヘコアユになる」が口癖でした。

っと、優秀なバイプレイヤーが2匹☆になってしまったここ2週間でした・・・・。

また、ホンソメ買ってこようかな?


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

社会復帰初日(T_T)

ご無沙汰しておりました。

と申しますのもこの週末、(2月10日~11日)にかけて、
友人家族と共に海産物食い散らかし旅行に出かけていました。
そしてこの模様をblogネタにしようと企んでいたのですが・・・。

まずは旅行の顛末・・・と言いますか、
連休明けにblogが更新できなかった理由と、
皆様のblogへお邪魔出来なかった理由を、
時系列順に綴って行きたいと思います(^^;

2月11日
AM11:00

旅行帰りに「お魚市場」なる所へと立ち寄り、そこで蟹と茹で蛸を購入。
(愛知県で蟹が捕れるのか!?というツッコミは無しの方向で・・・。)

PM13:00~16:00
何故か「ボーリングへ行こう」という話の展開になり、
友人家族と帰路に有るボーリング場へ。

PM18:30~22:00
その足で友人宅へ押しかけ、蟹、蛸を肴にさんざん飲み食い。

PM23:00
帰宅後就寝。






ここからが悲劇の始まりでした。






※以下、お食事中の方及び、
 汚いのダメな方はご購読をお控えさいヾ(*´∀`*)
 癒し画像の後、壮絶なストーリー展開が待っています・・・。





DSCF7929.jpg
(僕って男前・・・・)





2月12日
AM2:30~5:00

下腹部の凄まじいプレッシャーに思わず起床。
「こ、このプレッシャーは!?」
(byクワトロ)
思わずトイレに駆け込むも、排泄されるのは水分のみ・・・。
しかも、その数分後に襲い来る凄まじい吐き気。

もちろん、それに抗う力などあろうはずがありません。

昨夜食べた蟹も蛸も、全てリバース・・・(T_T)

これが数十分単位で寄せては返す波の様に・・・・。
私の脳裏をよぎったのは、
2年ほど前に味わった「食あたり」というやつ。

あれは悲惨でした(T_T)

あの時も恐らくは蟹に当たったんだと思うのですが、
一晩中吐き続け、挙げ句、胃に内容物が無くなっても続く吐き気。



「生き地獄」



これは言い得て妙だなと、
深夜、トイレに籠もりつつそんな事を考えていたのを思い出しました。

やがて体力は尽き、眠気が吐き気を凌駕した頃、
束の間、眠りの世界へと落ちていったのでした・・・・。

AM6:00
ピリリピリリピリリ・・・・

携帯の目覚ましが耳障りに鳴り響きます。
少し眠れたし、胃腸の調子も多少良くなっ・・・・





自主規制





っと、そんな短時間で良くなる訳も有りません(T_T)
当然出勤できる状況ではなく、仕事休んで寝てました。
ただ、早朝よりは明らかに体調も好転していたため、
時間が経てば良くなるだろうとタカをくくり、
ひたすら吐き気と腹痛に耐えて、病床に臥せっておりました・・・。

一日中続く二日酔い?と言った具合でしょうか・・・。

夕方、一向に良くならない状況に堪らず病院に駆け込み、
医者に「多分食当たり」と告げると、

「食当たりにしては、食ってから出るまで時間かかり過ぎ」との事。

そうなの?と思って、熱を測ってみると・・・。

「ヘイユー?お前38℃もあるけど
  胃腸風邪なんじゃねーの?」


あら?そう言えば昨夜から、
何だかうすら寒かったのは熱のせい??
38℃の発熱に気づかないほどの吐き気&腹痛・・・・。

と、この後しかるべきお薬を処方してもらい、
屍のような体に流し込み、少し寝たら随分楽になりましたヾ(*´∀`*)


西洋医学バンザイヽ(T▽T)ノ


ただし、翌日(13日)になっても社会復帰出来るまで体調戻らず、
結局二日も仕事休んじゃいましたとさ(T_T)


~今回の教訓~
素人判断はやめて、さっさと病院に行こう。



(アクアネタが一切無くてごめんなさい)
おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

牛乳と海苔と私

以前、新聞の投稿欄でこんな記事を読んだ事があります。



初めまして。
私は10歳、8歳、6歳の子供を育てる主婦です。
みんな、よく食べ、よく飲み、よく遊びます。
母としてはこの上ない喜びなのですが、
3人とも牛乳が大好きで、一日で紙パック2本を飲み干します。
かわいい我が子のため、毎日、冷蔵庫に欠かす事は出来ません。
・・・・ただ。
毎日2パックの牛乳の購入費、決して裕福ではない家計から、
日々捻出するのは結構大変なんですよね・・・・。





たしかこんな内容の記事だったと記憶しています。
これを読んだ当時、私はこう思ったんです。




なんて心の狭い母親だ!
身銭を削っても、牛乳くらい飲ましてやれよ!





って。

・・・でも、この母親の心境が少し分かった気がします。

この投稿の母親を「私」

子供達を「魚」

そして牛乳を「海苔」

に置き換えてみたら・・・・。

先日来給え続けていたナチュラルシーウィード。
Image484.jpg

みんな喜んでむさぼりついてくれるのですが・・・・。
私にとっては非常に複雑な心境です。

この海苔のランニングコスト、3000円/月。

先日の記事では「かわいい魚達のためなら」等と、
ちょっと博愛主義者ぶってはみたものの・・・・。








正直、キツイです(T_T)








先日、非アクアリストな友人が来た時にも、
「魚に毎月3,000円分の海苔を食わしている」
という話をした所。





鼻で笑われました。
(ちなみにこの翌日、水槽がOFする運命に・・・(T_T))


そんなこんなで、実はこの海苔に対しては、
複雑な想いを抱きつつも、
この海苔しか食わないチョウハンとか居て、
やめるにやめられない、海苔スパイラルにはまっていたのです!

人間、やっぱり無理はいけません!

月々のアクアランニングコストの中、
エンゲル係数を引き上げてるのはこの海苔に他なりません。

やはりここは、再び移行せねば・・・・。




ファミマ海苔に!!




・・・と、前置きが長くなりましたが、
チョウハンがファミマ海苔に餌付きました!
norihiro.jpg



それに、他のヤツらも高級海苔同様にがっついてくれます(^^
noritaberu.jpg




あぁ良かった・・・・。



これで毎月3,000円の海苔が300円で済むんですよ!
大助かりです(^^

やっぱりあれですね。
嗜好性の良すぎる餌って、考えもんですよね(^^;

さぁ~て、浮いたお金で何買おうかな?
(根っからの散財家なものですから・・・(T_T))


ではでは!

おしまい。






テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

まくろちゅちゅ成長記

今日、B-BOXのHPを見ていたのですが、
クラリオンエンゼルの入荷が有ったみたいですね!

しっかし、鼻血が出そうなお値段です。




でも、こんな高価な魚、通販で買っちゃう人って居るんでしょうか?
だとしたら、相当リスキーだよなぁ。
こんな高価な魚は、店舗に直接見に行ける人が買うんだろうなぁ。






と、そんな事を考えながらボ~っと画面を見ていると・・・。







思わずマウスを持つ手が動き・・・。









人差し指が勝手に・・・。









(*´∀`)σ ポチット









って、やる訳がない!!




って言うか、そこまでは壊れていませんから!
そんな金有ったら、
ニコニコ現金払いでまず壁を塗ります(T_T)

クラリオン、実物は見た事すらありませんけど、
既に売り切れてます(^^;
しかし、月曜入荷でおよそ60諭吉の魚が水曜日の夜には売れるとは・・・・。
色んな意味ですごい人って居るもんですね!



閑話休題で・・・・


我が家で一番小さい魚、
ベビーサイズマクロススのまくろちゅちゅです。

我が家に来てもうすぐ二ヶ月経ちますが、
ちっさいナリで一生懸命水槽内を泳ぎ回ってます(^^

最近、更に体側に入るバンド部分の面積が広くなってきました。
以前から、一縷の望みにしがみついて、
「ホワイトだったら良いなぁ~」とか言ってましたが・・・。
さてさて、どうなりましたでしょうか?





見て下さい!









ほら!まだバンド真っ白!
makurosiro.jpg





・・・・・え?また☆にしたのかって?
いえいえ、そんな訳はありません(^^
というか、もう流石に気付かないふりは難しくなってきました(^^;
では、↑の画像をデフォルトに戻してみます。




makurokiiro.jpg

*・゜゚・*:.。ヽ(´∀`)ノ゚・*:.。. .。.
ヤパリナミマクロススデシター





そんな・・・・ねえ?
都合良くホワイトな訳ないじゃないですかねぇ。
まったく。
「過去に一例だけ並の中に白が混じってました~」
とか言って、そんなの2回も有るわけないっつーの!
makuro003.jpg
「ぼくで~す。」

・・・・ホワイトホワイト騒ぎたてまして、
本っ当に申し訳ありませんでした<(_ _)>

でも、白かろうが黄色かろうが、そんな事はどうだって良いんです!


makuro004.jpg

しかし、ポマカントスの幼魚って、
フラッシュ炊くと本当に綺麗に写りますね。

普段、蛍光灯下で観てると、幼魚模様も薄れてきて、
ちょっと精悍な面持ちになって来てるんですけどね(^^

そして、成長とともに性格も段々変わってきました。

以前は我が物顔で水槽中を泳ぎ回っていましたが、
最近は岩組に身を隠しつつ、探り探り泳ぐようになりました、

この子は、やや神経質なマクロスス然とした性格なのかもしれません。


makuro005.jpg

そして方々で相性の悪さを耳にする、アズファーとの混泳ですが、
今の所、サイズ差が有りすぎて問題ありません。
でも、成長するにつれ、今後どうなって行く事やら?


元気にでっかく、大人しく育ってね(^^



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

嗚呼アズファー

ビブリオ疑惑のかかっていたアズファーでしたが
GFG投入後、3日ほどイソジンを患部に塗布していました。
そのおかげか否か?今じゃすっかり良くなりました(^^
asf020501.jpg
(目が虚ろなまくろちゅちゅが(笑))

果たしてビブリオだったのでしょうか?

単なるスレ傷じゃなく、鱗が浮いて、
コブダイみたいにデコが腫れてたんです。
そりゃもう、せっかくのイケメンが台無しでしたよ(T_T)

でも、表皮ビブリオにしちゃあっさり治り過ぎなような?
単に、傷口にバイキン入っただけでビブリオじゃなかったとか?
何れにせよ、(多分)大事に至らず一安心ですε-(^・^;) フゥ


にしてもアズファー・・・・。



漆黒のボディを彩るクレセント



・・・それはまるで、アラブの夜空に浮かぶ三日月



そして、ベルベットを思わせる濃紺の光沢。



アズファー・・・・・美しい!実に美しい!!



ここで一句




ぁあアズファー

ぁああアズファー
  
ぁあアズファー




・・・すいません、少し取り乱しました(^^;A

いや・・・・でも、
胸の奥からもたげる熱いリビドー、
敢えて形にしようと美辞麗句で飾ったとしても、
それは陳腐なお飾りでしかありません。
努めて簡潔に伝えようと思ったら、こうなったんです!



それにしても優雅ですね~。



スラッと長く伸びた2本のスレッ・・・・







asasas.jpg







あああああああああああ!!






誰!?


アズファーのスレッド喰ったの誰!?











容疑者は・・・・







こいつと
tate0204.jpg









こいつ
nishi0204.jpg



やめてよね!!


そんな訳で、最近アズファーがめっきりお気に入りです(^^
でも、スレッド喰われて優雅さ30%OFFなアズファーでした
(No1は当然タテキンですけどね!)


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

OF水槽OF事件の顛末・・・

先日記事にしたOF水槽がOFしちゃった事件ですが、
その顛末をお伝えしていませんでした。
実は、嫁とのアクア協定(?)の中には、

「水槽がらみで事故やらかしたらアクア辞める」

という事項が盛り込まれていました。



水槽の有る日常・・・・。



石組みの間を縫って乱舞する魚。

流れにたゆたうサンゴやイソギンチャク。

ふてぶてしいまでに物応じない大型魚。

海を切り取ってきたかのような空間。



喧騒からの開放。



癒し。



生物の原風景。



・・・ただし、忘れちゃいけないのが、
200㍑もの水を常にリビングの一角に湛えているという事実。

もちろん、自覚してやってたつもりでした。
が、結果が結果だけに、今更何を言ってもそれは「いいわけ」です。


当然のことですが、嫁からは水槽撤去を言い渡されました。


ガキの頃から何かしら、水棲生物を飼育してきた自分です。
少々の事ではそんな要求は飲めませんが、
今回ばかりは言い返す言葉も見つかりません。
というか、有りません。




そんな訳で。





設置して未だ一年経っていませんでしたが・・・。

















水槽撤去。
oosouzi02.jpg










魚も皆よく太ってくれました・・・・。
oosouzi01.jpg






そして水槽台の下、ほのかに湿った床を拭き、乾かし、ワックスを塗り・・・。



そりゃ、あんな事しちゃったら、
抗う術もありません(´ヘ`;)


水槽台の裏からは、


行方不明になってたスポイトや、


濾材用のサンゴとか


数ヶ月間忘れられてた思い出達が


唐突に顔を出しました。


少し感傷に浸りながらも、


今やってるのは水槽の撤去作業・・・・。






約3時間程の時間をかけて、









水槽撤去完了。




















でもって・・・・。





















再設ーーーーっ置!!
oosouzi03.jpg





いやいやいやいや!
実は今回、本当にアクアリスト廃業寸前まで行ったんです。
実際私も諦めかけました。

そりゃ、後ろ髪ぴっぱられまくりですが、
あれだけ派手に水漏らしといて、
しかも火事の可能性だって有った訳です。

これはもう、ダメだと思いました。
「水槽売って、エアブラシ買って、ガンプラに走るか・・・。」
とまで思った位ですから(^^;

でも・・・





「趣味を奪うのは忍びない」





という、嫁の超温情措置によって、
何とか生きながらえた次第でございます!
その交換条件が


「1回水槽どかして床拭いてね。」


でした。
そんなん超お安いご用です。
それでアクア続けられるんならね!
(もしろん、壁の修理代も・・・。)

お陰様で、濾過槽の毒抜きから、
デスロックの殺菌、水槽の塩素消毒(水道水)
などなど、年末出来なかった大掃除が出来ました!

そのおかげで・・・。


水槽ぴっかぴか!!


魚達もいつになく良い発色&餌喰い!


やっぱり濾過槽の同時すると、水の透明度が全然違いますね(^^

濾過槽って、頻繁にメンテするか全く触らないか、
どちらかに分かれますよね?
自分は、サンゴやってた頃は触らない派でしたが、
魚水槽だと定期的に毒抜きした方が調子良いように思います。


と、撤去寸前の憂き目から、
見事ピカピカになって復活した水槽でした。



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。