スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会復帰初日(T_T)

ご無沙汰しておりました。

と申しますのもこの週末、(2月10日~11日)にかけて、
友人家族と共に海産物食い散らかし旅行に出かけていました。
そしてこの模様をblogネタにしようと企んでいたのですが・・・。

まずは旅行の顛末・・・と言いますか、
連休明けにblogが更新できなかった理由と、
皆様のblogへお邪魔出来なかった理由を、
時系列順に綴って行きたいと思います(^^;

2月11日
AM11:00

旅行帰りに「お魚市場」なる所へと立ち寄り、そこで蟹と茹で蛸を購入。
(愛知県で蟹が捕れるのか!?というツッコミは無しの方向で・・・。)

PM13:00~16:00
何故か「ボーリングへ行こう」という話の展開になり、
友人家族と帰路に有るボーリング場へ。

PM18:30~22:00
その足で友人宅へ押しかけ、蟹、蛸を肴にさんざん飲み食い。

PM23:00
帰宅後就寝。






ここからが悲劇の始まりでした。






※以下、お食事中の方及び、
 汚いのダメな方はご購読をお控えさいヾ(*´∀`*)
 癒し画像の後、壮絶なストーリー展開が待っています・・・。





DSCF7929.jpg
(僕って男前・・・・)





2月12日
AM2:30~5:00

下腹部の凄まじいプレッシャーに思わず起床。
「こ、このプレッシャーは!?」
(byクワトロ)
思わずトイレに駆け込むも、排泄されるのは水分のみ・・・。
しかも、その数分後に襲い来る凄まじい吐き気。

もちろん、それに抗う力などあろうはずがありません。

昨夜食べた蟹も蛸も、全てリバース・・・(T_T)

これが数十分単位で寄せては返す波の様に・・・・。
私の脳裏をよぎったのは、
2年ほど前に味わった「食あたり」というやつ。

あれは悲惨でした(T_T)

あの時も恐らくは蟹に当たったんだと思うのですが、
一晩中吐き続け、挙げ句、胃に内容物が無くなっても続く吐き気。



「生き地獄」



これは言い得て妙だなと、
深夜、トイレに籠もりつつそんな事を考えていたのを思い出しました。

やがて体力は尽き、眠気が吐き気を凌駕した頃、
束の間、眠りの世界へと落ちていったのでした・・・・。

AM6:00
ピリリピリリピリリ・・・・

携帯の目覚ましが耳障りに鳴り響きます。
少し眠れたし、胃腸の調子も多少良くなっ・・・・





自主規制





っと、そんな短時間で良くなる訳も有りません(T_T)
当然出勤できる状況ではなく、仕事休んで寝てました。
ただ、早朝よりは明らかに体調も好転していたため、
時間が経てば良くなるだろうとタカをくくり、
ひたすら吐き気と腹痛に耐えて、病床に臥せっておりました・・・。

一日中続く二日酔い?と言った具合でしょうか・・・。

夕方、一向に良くならない状況に堪らず病院に駆け込み、
医者に「多分食当たり」と告げると、

「食当たりにしては、食ってから出るまで時間かかり過ぎ」との事。

そうなの?と思って、熱を測ってみると・・・。

「ヘイユー?お前38℃もあるけど
  胃腸風邪なんじゃねーの?」


あら?そう言えば昨夜から、
何だかうすら寒かったのは熱のせい??
38℃の発熱に気づかないほどの吐き気&腹痛・・・・。

と、この後しかるべきお薬を処方してもらい、
屍のような体に流し込み、少し寝たら随分楽になりましたヾ(*´∀`*)


西洋医学バンザイヽ(T▽T)ノ


ただし、翌日(13日)になっても社会復帰出来るまで体調戻らず、
結局二日も仕事休んじゃいましたとさ(T_T)


~今回の教訓~
素人判断はやめて、さっさと病院に行こう。



(アクアネタが一切無くてごめんなさい)
おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。