スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺菌灯について一考

3年生の課題として掲げ取り組んでいる
「タンクメイトの年単位飼育」に向けた飼育環境改善計画ですが、
第3弾として、今まで見て見ぬふりをして来た、
「殺菌灯」について真剣に検討してみました。

以前、殺菌灯について調べた時に、

本当に十分な殺菌効果を得ようと思ったら、
水槽のサイズに関わらず40W以上の殺菌灯を、
60㍑/min以上のポンプで回さなきゃダメ。


なんて事を読んだ覚えが有ります。その心は、

緩い水流でじっくり殺菌すると、殺菌灯通過直後の水は綺麗なんだけど、
その分、水槽全体で見ると殺菌できる水量は少なくなる訳で、
菌の増殖スピード等々を踏まえると、効率が良くない。


っといった内容だったように思います。

ふむふむ、40W以上か・・・・。

となると、自ずと選択できる殺菌灯と言えば、
レイン某ライフガードのQL40しか思いつきません。
ただ、一つ二つ問題が有ります。

簡潔に言ってしまうと・・・。



「デカイし高い」という事です(^^;



我が家では、キャビネットに入り切らないサイズのアイテムは、
それが如何に優れた逸品であろうと、
如何にコストパフォーマンスに優れた逸品であろうと、
購入対象リストからは、真っ先に外れます。

何故なら、私に許されたアクアリウムパーソナルスペース、
それは2階リビングの一角、
キャビネットの底面積0.45*1.00=0.45m2だけなのです。
以前、水槽の横っ面に、餌やメンテグッズを置くためのカゴを設置しました。
しかし、ほんのわずかな上空占用すら認められないのです!

よって、この平方以外へのアクアグッズの侵出、
これすなわち「嫁への宣戦布告」と相成る訳であって、
アリがライオンと戦うようなもの。戦う前から大勢は決しています。
「やってみなければ解らない」
と言ったご意見も有ろうかと思います。



無謀さと勇敢さを、履き違えてはいけません。
いたずらな正義感は、時に人を破滅に追いやる事だって有るんです。

嫁との全面戦争へと発展した場合、それはアクアライフを賭す戦いとなり、
敗北はアクアライフの終演を意味するのです。

更には、いくら理論武装し、嫁を言い負かす事が出来たとしても、
最終的に「ダメなもんはダメ」と言われれば全てが水燼へと帰すのです!

ただ、口喧嘩になった場合でも、いたずらに相手を論破しようとせず、
「ああ、そうだね」と、適度に話を聞きながら、いなす事も大切です。
少なくとも、夫婦喧嘩で相手を言い負かすのは単なる自己満足であって、
言い負かされた方には嫌な思いしか残りません。
それが夫婦円満の秘訣だと思っています。



・・・・・・。


と、話はアクリル板で作った水槽蓋の様に大きく逸れましたが・・・・・。、


大きさばかりを引き合いに出してダメ出ししてみましたが、
QL40はチトお高いのも(が?)大きなネックの一つだったりします(^^;

では、それ以外では何が有るでしょうか?。

さすがに40W以上の殺菌灯は見当たりませんが、
次点で現在購入対象に上がっているのは、
ターボスイストの36Worブルーライトの30Wです。
それぞれの対応流量は、
ターボツイストが20~50㍑/min ブルーライトが25~35㍑/minです。

でもって、ここが最大にして唯一の悩み所なのですが・・・・。

前述の「40W以上で云々・・・」及び、それぞれの殺菌灯の対応流量、
我が家のメインポンプPMD571の流量(57㍑/min)を考慮します。

このままの数値だと何れの殺菌灯でも対応流量オーバーです。
ただ、揚提や曲がりによる損失は有るでしょうし、
ターボツイストなら直列に繋げるんじゃないかな?って思ってるんですね。
バルブ等で水流絞っても良いですし。

ブルーライトの場合、対応流量的に水流を二系統に分岐する必要が有ります。

ポイントは「水流を分岐するか否か」なんです。

信頼と実績の東熱、一時はこっちに傾き掛けました。
が、「水流が二系統=殺菌されずに水槽に戻る水が有る」という事ですよね?
ショップ等施工の配管を見てても、水流の分岐は良くある所作なので、
そう問題は無いのでしょうが、徹底的に殺菌効率を追求した場合、
この部分がすごく気になり始めてしまったんです・・・・。

「40W以上で云々・・・」という考え方自体
「水槽全体、逃さず滅菌してやるぜ!」って事ですよね?

多分、そんな考え過ぎなくても良い所なんでしょうけど、
性格柄、気になり出すと徹底的に追求したくなってしまうタチで・・・。
(「だったらQL40だろ?」というツッコミ無しの方向で(^^;)

更に、これは盲点だったのですが、
ブルーライトの意外な欠点を見つけてしまいました。


QL40       身長88cm
ブルーライト    身長78cm
ターボツイスト   身長53cm



ブルーライト意外と大きい・・・・。

QL40より気持ち小さいだけなの!?
横置きと縦置きの違いは有るとは言え、こいつはキャビ内厳しいかも(^^;

そんな訳で今現在、猛烈にターボツイストに傾いております。
(一番安いし♪)

皆さん、どう思われますか?

・・・と、脱線気味の長文におつきあいいただき、ありがとうございました。
あまりにも味気ないので、本日の水槽風景を一枚・・・・・。
20080325.jpg



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。