スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームエンゼルスその後

春の陽気に誘われて我が家にやってきたフレームエンゼルスですが、
その後、如何お過ごしかと申しますと・・・・。
ブレーム(T_T)

・・・・まずは、こんなの写真しか撮れない歯がゆさで一句。


ケントロ2(に) ブレずに撮るの 難しい


結論から言いうと、全くペア化の兆候はありませんヾ(´▽`;)ゝエヘヘ
そんな簡単に行くとは思ってませんでしたが、
淡くほのかな期待を抱いていた事実は否めません。

「お見合いさせる」とか「メスを先に放す」とか、
そういったセオリーは完全無視。成り行き任せの恋は成就しなかったようで・・・。

最近の若者にしては、珍しく奥ゆかしい二匹ですが、でも、
「恋の始まりなんてさ・・・そう、理屈じゃねぇんだよ!」
そう、ある日いきなりペア化するかもしれません。
とりあえず、超希望的観測で2匹の恋路を見守る事にしましょう!



・・・・・・と思ってた矢先。



2匹とも若干泳ぎが拙い気がしたりしなかったり.....。
ヒレの端部が若干白濁してるような気がしたりしなかったり.....。

これはベネデニア(ハダムシ)かと思います。

水槽に放り込む際、淡水浴はやりましたが、
恐らく卵状態で付いてたベネデニアが落ちずにいたんでしょう(^^;

そんな訳で・・・・。

仲良く淡水浴。
仲良く淡水浴


すると、やっぱり居ました!
ハラハラと這い出てきましたよ(^^



これなんですが・・・。
080424soko.jpg

分かります?分かりませんよね?分かったら神です。
(ムシの剥離が解りやすいように容器を換えました。)



もう少し寄ってみようかと思います。
080424soko2.jpg

見えませんか?コンタクトレンズみたいな丸いヤツが。
茶色いのは違いますよ。あれは単なる汚れです。
・・・・見えません・・・・ね(-ω-:)


う~む、仕方ない。
それでは、リサイズ前のデータを貼ります。
ただ、そのまま画像載せると、blogの枠を遙かに凌駕してしまいますので、
アドレス載っけます。ご覧になって下さい!ココ→「ベネデニア」

















・・・・・。









如何でした・・・・・か?










いや、違うんです!違うんですよ!
本当はね、ちゃんと目視出来るサイズの虫が落ちたんですよ?
ただ・・・・ただね・・・・。
我が家のカメラ(と撮影者の)性能では、
次の写真程度のクオリティで精一杯だったんです・・・・・・。
そりゃ、おしりかじり虫とか貼りたくもなりますよ(ノДT;)エグエグ


これがその精一杯写真ですが・・・。

080424hadamusi.jpg

今度はホントです。実物は5mm程度の大きさなんですけど、
○の中心にコンタクトレンズみたいな透明なの見えませんか?
え?見えない?いや、そんなはずはありません。
今度のはホントにホントですから・・・・(ノε;)

う~む、歯がゆい、何度も何度も接写モードでチャレンジして、
やっと撮れた「まともな写真」ですらこんなだったんですよ・・・・。

そんな悔しさを胸に秘めつつここで一句


デジイチが 有ればハダムシ 撮れるかな?


ってか今思ったんですが、このサイズのムシが付いてるって事は、
最初の淡水浴で落とし切れてなかったって事でしょうか?
たかだか10日ほどで、卵からここまで大きくなるとは思えませんし(-ω-:)
(なるんでしょうか?)

う~む、おしりかじり虫、侮れません。


そろそろホンソメ入れようかな・・・・。


おまけ

080424ondoawase.jpg
(淡水の温度あわせ・・・。)


おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

おい豆腐!

我が家に豆腐が来てかれこれ、ひと月半が過ぎました。

今、こんな状態で・・・・・・。
080422toufu01.jpg






もとい。




こんな状況ですが、
080422toufu02.jpg

寄ってみると・・・・。

080422toufu03.jpg
何か溢れて来てます。
ちとグロですが、これはこういうもんらしいです。

そんな豆腐ですが、最近になっていよいよ本領発揮し始めた感が有ります。
と言うのも、ここ一週間ほどの出来事なんですが、
明らかに水の透明度が増して、魚の色が揚がって来たんです(^^
080422zenkei.jpg
(写真じゃ何もわかりません・・・。)




「それは殺菌灯の効果でしょ?」




と、お思いかもしれませんが、
080422sakkin.jpg
この状況下で、殺菌灯に因果を求めるのは、いささか無理が有るようです。
(繋いでる時間が無くて・・・・・・・・(-ω-;))

海水館さんのHPにもデトリタス削減効果が紹介されてますし。
豆腐によってデトリタスの絶対量が減って、水が澄んだのでしょうか?
普段と違った所作は何もやってませんし、
豆腐が想像以上に頑張ったとしか思えないんです。

う~む、謎です。
豆腐が一枚噛んでるのは間違い無いと思うのですが、
この状況を、理論的に、時に情熱的に、はたまた叙情的に、
そして理論的かつシステマチックに、
それでいてダイナミックなセクシ(*ε(#)☆(`、´)バキ
・・・・・・説明出来るそんな貴方にブラバン10匹プレゼント!(ウソ
是非ご教示下さい♪

そして、気になる硝酸塩濃度ですが、
080422no3.jpg

写真だと、軽く25ppm程度有りそうに見えますが、
これ、実物は10~25ppmの間の10ppm寄りの色、15ppmって所でしょうか?

しかも2週間水換えてない値です。


これは・・・・・す、素晴らしい!!


このまま一生水替えしなくても良さそうな数値ですが、
今回2週間水換えなかったのは、豆腐の効果をモニタリングするためで、
今後は通常通り、週1回の換水頻度は変えません。
でも、面倒くさくなったら若干手を抜くk(*ε(#)☆○=(-ω-:)バキ

こんな効果絶大な豆腐ですが、
仕組みが仕組みだけに、最大限に真価を発揮するのは、
うちみたいな過密魚水槽なのかな?とも思います。

使用個数に関しては、海水館さんの説明を要約すると
「魚水槽で100lにつき1個、飼育法によってはそれ以上」とあります。

今回は、自他共に認める過密水槽での使用だったので、
単純に「これの倍の量を」と4つ放り込んでみたのですが、
正直、想像以上の数値を叩き出してくれました。

少なくとも、設置場所と使用法さえ間違えなければ、
絶対に効果の有るアイテムだと実感しましたので、
魚水槽で「いつまで経っても豆腐が効かんわ、あかんわコレ」って場合は、
1個、2個多めに入れてみては如何でしょうか?
(もちろん、ご自身の判断において、ですよ!)

何かと眉唾グッズが幅を効かすアクア業界ですが、
この豆腐の実力は本物だと、強く確信した次第です(^^

4つ買って、送料込みで1諭吉。
半年に1回、減った分の生分解プラを足すだけ。

これ、コストパフォーマンス良過ぎです!
もう一個足そうかしら♪

でも、これだけ硝酸塩抑えられるんですか、そうですか・・・。
だったら、今まで飼育を諦めてたあんなのやこんなの・・・。

赤丸急上昇しちゃいますよねぇヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

もうすぐゴールデンウイークセールかぁ・・・・。



色々と再考の余地が有りそうです。


Ψ(`∀´ )ケケケケケケケケ


おまけ
080422beni.jpg
水面まで来るようになりましたヽ(^∀^ )ノ


おしまい。



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

まくろすす。

昨年末、二代目として我が家にやってきたまくろちゅちゅですが、
4ヶ月ほど経過して随分大きくなりました。

初日
Image483.jpg


約1ヶ月経過
makuro03.jpg


約2ヶ月経過
makurokiiro.jpg


約3ヶ月経過
(失念・・・。)

そして約4ヶ月経過
080420makurosusu.jpg


さて、いよいよ悪そうな面構えになってきました。
体長にしては約1.5倍の成長ですが、体高も出て体も厚く、
体側のイエローバンドも、お腹までしっかり繋がりました(^^
未だヨコシマな幼魚模様は残っていますが、
スレッドも尖り始めて、「ミニマクロスス」といった風貌になってきました。

そして、一時皆さんにあれほど期待していただいた「ホワイト疑惑」ですが、
ご覧の通り、やっぱり綺麗な並マクロススですよ!もう、皆いやだなぁ~ヽ(∀´)ゞ
でも、このキイロ、見れば見るほど綺麗なんですよ・・・。
そんな訳で、今回はブリードじゃなくて東アフリカ産疑w(*ε(#)☆(`、´ )バキ

しかし、噂に違わずマクロスス、成長めちゃ早いです。

先日、ゆっきっきさんの銘々で、
「まくろちゅちゅ」→「まくろちゅす」になった、マクロススjuvでしたが、
ここに来て再度、ニックネームの変更を余儀なくされてしまいました。

何故かと申しますと、もはや彼(まくろちゅす)の面構えは、少年のそれではありません。
人間に例えるのであれば、子供から大人への過渡期の初期・・・・・。
・・・・・中学生、そう!うちのマクロススは今中学生なんです!

すなわちこういうことです。

母「ま~ちゃん、まんまにしまちゅか?おふろでちゅか?」
ま「ん、あぁ、飯食うわ・・・。」
母「おまんまたべまちゅかま~ちゃん。」
ま「いや、・・・・・てか、うざいから」
母「まぁ~、そんな悪いこというのはこのおくちかちら~」
ま「つーかさ・・・・・」
母「ま~ちゃんかわいいでちゅね~」
ま「名前に「ちゃん」とか、まじでうざいから・・・」

と、お分かりいただけますか?この会話の違和感、この母親の痛さを!?
中坊になってまで、あかちゃん言葉を駆使して話しかけられ続ければ、
それは、ヤンキーじゃなくてもグレたくもなるってもんです。

そうなんです、子供の成長を望むのであれば、過保護ではダメなんです!
強いては、子供の成長を望むのであれば、親が成長しなくちゃダメなんです!

ニモだって、マーリンに成長してほしくて珊瑚礁を飛び出して行ったんですから・・・。
(若干タイムリーじゃなくなっちゃいましたが・・・・。)

そんな訳で、今日からまくろちゅすは、「まくろすす」になりました。
立派に「マクロスス」を名乗る日も、そう遠くないと思います。


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

人生トライ&エラー

先月末からアケボノ、ベニゴンベ、ラクダハコフグと
色々小物を追加してきた我が家ですが、
その勢いは未だ止まるところを知りません、誰か止めて下さい。

「おいおい、ちょっとやり過ぎだろ!?」

と思われるかもしれませんが、その通r(*ε(#)☆(`、´ )バキ

いえいえ!それがですね、チョウハン、ドリーと居なくなり、
逆に水槽は今までより寂しいくらいなんですよ!
そして、還元ろ過ボックスの効果も手伝って、
多少気が大きくなっている事は言うまでもありません。

そして、今回連れてきたのは、王道中の王道コイツ等です!

080416furemu01.jpg
フレームエンゼルです♪


まだ、blogすら始めてない頃、
当時、主として君臨していたチェルブに為す術もなくフルボッコ(T_T)
泣く泣く里子に出した魚でした。


そして、実はもう一匹・・・・・。

080416furemu2.jpg
フレームエンゼルです♪



いやいや、そっちは良いから、もう一匹の方見せろて~www



と思われたかもしれませんが、違うんです。




つまりはこういう事なんです。


080416furemu3.jpg
フレームエンゼルス!!


と言う事で私、何を思ったのか、
フレームのペアリングに挑戦してみようかと・・・・。
多分、春の陽気がそうさせたんでしょう、ええ、間違い無いです。

プラグインは既に5日となってますが、
これは、トリートメント期間の4日を含んだ日数です。

トリートメント中は隠れる場所も無いわけで、
急に喧嘩が始まった場合の事を考慮して、塩ビ板でバケツを仕切っていました。
なので、今日が混泳初日なのですが・・・・・。

まずは予想通りレモンピールに追っかけまわされてます(-ω-:)
でもまあ、見た目大丈夫そうだし、上手い事石組み使って逃げてます。
こりゃ、問題ないレベルです♪

第一関門突破!

次はフレームエンゼルスの相性なんですけど・・・・。





・・・・・私、重大なミスを犯したかもしれません(-ω-:)




あの・・・・・いや、聞いて下さい!
こつら買ったショップ、いつもフレームは結構な数が泳いでるんですよ。
で、この日は10匹程度のフレームが泳いでまして、
その中かから、調子の良さそうなのを選ぶ訳なんですけど、

私「あ、それそれ、そこの右のヤツ!」
店「これ?」
私「違う違う!その飾りサンゴの隅に居るヤツ!」
店「こいつ?」
私「そうそう!それそれ!」
店「ちょっと待っててね」
私「あぁ!ちょっと!分からんくなった!」
店「この子でしょ?」
私「違います・・・。」

・・・とまあ、こんなやりとりが幾度となく有りまして(-ω-:)
フレームの他に、レモンピールもたくさん居て、
水槽はすっちゃかめっちゃかになってる訳ですよ。

店長さんも無理聞いてくれて・・・・・。

店「メス・・・・・っぽいね?」
私「うん、でも「ぽい」じゃダメ。」

などと・・・・。
雄はすぐに決まったんですけど、メスがなかなか難しいんです。
で、そのうち私も段々申し訳なくなってくるし、
店長もやんわりもういいんじゃない?オーラ出してるし・・・・。

そもそも、ここまでやっても多分ペアにはなんないd(*ε(#)☆(`、´ )バキ

かれこれ店に着いてから小一時間ほど経って・・・・。
店「メス・・・・ですよね?」
私「素晴らしいです、完全にメスですね!」
店「でしょ?」
私「完璧です・・・・・(T_T)←感涙」

と、完全な雄雌を抜いてきたはずだったのに・・・・。
実は、メスだと思ってたのは・・・・。
ヒレが擦れてただけだったの・・・・か!?



つまりは・・・・。




ここにきて・・・・・。






両方オス疑惑が・・・・ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ



何だか、見れば見るほど、両方オスっぽいんですけど(T_T)
ただ、雌雄を決するに未だは微妙なサイズでは有るんですよね(^^;




・・・・・ぃいや、まだだ!まだ終わらんよ!



とりあえず、このフレームエンゼルスが、

①やっぱり方っぽメスだった。
②実は両方メスだった。(方っぽオス化期待)
③両方オスだったけど、同性愛魚だった。


のいずれかである事を祈りつつも、
どっちにしてもペアリングなんて難しいんだろうしなぁ・・・・。
と、後ろ向きに〆めてみるヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

ちなみに今の所、仲良くも仲悪くもありません。
080416furemu4.jpg


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

小ネタ色々

アクア・非アクアネタ合わせた小ネタを少々ご紹介します(^^

▼ロールスロイスに轢かれ掛けた
ええ、もうそのまんまです。
ついこの間、ロールスロイス・ファントムに轢かれかけました。
私が、チャリで相手がファントム。
こっち横断歩道直進、相手右折、信号こっちが完全ブルー。
で、避けようと思えば余裕で避けられる距離&速度。

この刹那、脳裏をよぎった事

・RR乗り→金持ち、いや、大金持ち 
 ↓
・軽くぶつかってみる
 ↓
・軟着地
 ↓
・演技
 ↓
・お金で解決しましょうか?
 ↓
・「アクアプロショップ三十路」実現

ここまで0.5秒・・・ですが、RR「キッ」と止まる。
さすが世界のRR!ブレーキング性能もピカイチですたヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

ドライバーは初老の、紳士的な紳士の中の紳士、
運転席からわざわざ降りて来て会釈されました。
金持ち喧嘩せず。これ、本当です。
今考えると、「や」のつく方じゃなくて本当に良かったと思います。

▼翌日、チャリンコパンク。
RRに轢かれ掛けた翌日、チャリがパンクしました(-ω-:)
あの時轢かれておけば、今頃ピカピカの新車に・・・。

▼GTRを見る。
日産GT-R、走ってる姿を初めて見ました。
本で見るよりカッコイイけど、何だかお高くとまっちゃってさ!
もう、僕らのしってる、泥臭いGT-Rじゃありません。
絶対手の届かない存在になっちゃいました。
・・・・って、R34まででも手なんて届きませんでしたけど?

▼生麦のツノダシが・・・・。
どうやら、尻ビレ付近に気になる傷があるそうです(T_T)
(f348s16さん、情報提供サンクスです!)


▼ベニゴンベ引き籠もり卒業。
080414benigonbe.jpg
見て下さい、引き籠もりがちだったベニゴンベが、
陽の当たる場所に出て来るようになりました・゜・(ノД`;)・゜・ウエエン
「いや・・・・俺もさ、少しは社会の役に立とうと思って・・・」
と言ってました。
小さな一歩ですが、踏み出さなきゃ何も始まりませんから!
080414benigonbe2.jpg
にしてもアホがお(笑)

▼殺菌灯、実は買ってた。
ええ、それはもう、前回殺菌灯ネタやってすぐに買ってたんです実は。
でも、未だに配管してません(*´σー`)>エヘヘ
配管の妙案が未だまとまり切れてないんですよね・・・・・。
・・・・・と言う事にしておいて下さいね。

にしても、ターボツイストでも36Wはデカイです。
MAとサイズ比較してみましょう。
080414sakkin.jpg
ね?

▼トゲチョウが・・・・。
ちょっと成長早過ぎるのですが・・・・こんなもんでしょうか?
080414toge.jpg


▼アケボノチョウが・・・・。
メガバイトのMサイズを食うようになりました(^^
080414akebono.jpg
釣られ食い、恐るべしです。

▼マメキャメルが・・・・
080414kyameru.jpg
カワイイ


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

人生トライ&エラー

あれは、いつの頃だったでしょうか?
我が家にもサブタンクなんてのが有りまして、
メインタンクでは飼えないようなメンツを色々飼って遊んでました。

その中で、一番彼女が輝いていた時期・・・・。
あ、彼女ってのはサブタンクの事ですよ。

・・・・それは、紛れもなく「ハコフグ期」でした(T_T)

わずか4ヶ月間のハコフグ期でしたが、ホント、毎日が輝いていました。
「白点が出やすいよ」と言われては諦め、
「水に結構うるさいよ」と言われては諦め、
「毒が有るよ」と言われては諦め続けてはいました。

でも、実際飼ってみると、そう言うほどでもなくて、結構普通に飼えてました。

コンゴウ、キャメル、ミナミのハコフグ三兄弟を飼ってたのですが、
忘れもしないヒーター事故、冷たくなった水槽の中で横たわる3兄弟・・・・(T_T)

この事件を契機に、サブタン維持テンションがダダ落ちになり、
数ヵ月後には90cmOF一本に統合される事となったのです。

・・・・ん?結果的に良かったのかな!?


とまぁ、ここまでが当時の回想なのですが・・・・・・。





rakuda080412a.jpg




rakuda080412b.jpg



ハコフグかわえぇ~~~~.。.:*・゜ヽ(´∀`)ノ゚・*:.。.

いやはや、買ってしまいましたラクダハコフグ@1cm!

当時、一番飼い易かったのはキャメルだと記憶しています。
ミナミは神経質だったし、コンゴウはすぐにデカクなるし・・・・・。

え?ふぐ毒?

もちろん、解ってますとも!
ただ、ふぐ毒って、後天的に蓄積されていくものですよね?
で、ショップの店長曰く、「このサイズはまだ毒もってない」そうです。
もしくは、「持っててもそう問題ないレベル」だそうです。
「そう問題ない」が「どう問題ない」のかは良く分かりませんが、

「陸封養殖のフグは毒が無い」って言いますよね?
シガテラ毒、でしたっけ!?(違う?)あれの影響を受けないのかな?
要は、食い物から微量に摂取した毒素を溜め込んでいくそうです、フグって。
なので、その辺りは大丈夫なのかな?・・・・と、希望的観測です、はい。

混泳に関しては、たぶん大丈夫だろうと思ってましたが、
案の定、旧メンツは全くの無関心です。
小さすぎてゴミにしか見えないそうです。
rakuda080412c.jpg


そして、当の本人ですが、これまた周りのメンツなど意に介せず・・・。
これは、以前飼育してた時に思ったんですが、
ラクダハコフグって、アホn(*ε(#)☆(`、´ )バキ
相当マイペースな性格をしてたと記憶にありました。
やっぱりそのとおりで、トリートメント&検疫が終わり、
メインに合流して2日ほどになりますが、
既に、メガバイトの缶取っただけで水面まで来ます( /_ _)/ドテッ

我が家では、殆どのメンツが沈降性の餌にガッツクので、
ラクダハコフグは、水面に浮いてる餌を悠々とついばんでます(^^

と、今後が楽しみ&恐ろしい新魚でした。
rakuda080412d.jpg
写真タイトル「背中で語る」

おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

トリートメント

我が家では、新魚を迎え入れるにあたっては、
検疫を兼ねたトリートメントを行ってから水槽に放ちます。
病気や寄生虫を、極力水槽に持ち込まないためですが、
具体にやっているのは、「淡水浴」と「低比重+GFG薬浴」です。
以下、我が家で実際に新魚導入時にやってるトリートメント方法です。

▼淡水浴
主な目的は、ハダムシ落としですが、
以前のタテキンがそうだったように、
バクテリア由来の、スポット状の色抜にも効果絶大でした。

1.カルキ抜き、アクアセイフ、バッファーを入れ、温度を合わせた真水を用意。
2.そこに魚を放り込み、ちっさいので5分、おっきいのでもうちょい、
  真水の中で辛抱してもらいます。
3.真水の中に本水槽の水を徐々に足して行き、比重1.008で一度様子見。
  しんどそうなら、様子を見つつ徐々に比重を上げます。
  
と、ここまでが淡水浴の行程です。

ただ、淡水浴は魚への負担が大きいのは確実ですし、
小さいペラペラのチョウなんかは、多少ドキドキしますし、
次工程の低比重+GFGのトリートメント期間に様子見て、
何事もなけば敢えてやる必要も無いかもしれません(^^;
(ヤッコなら、大・小問わずやってます。)

ただ、魚に負担がかかる事は間違い無いとは思うのですが、
経験上、元気な個体なら、数分程度の淡水浴は問題なく堪えちゃいます。
(まくろちゅちゅ、アケボノ、ベニゴンベも堪えました♪)

むしろ、数分程度の淡水浴にすら堪えられない固体は、
水槽に入れたとして、長生き出来ないんじゃないかな?とも思います(-_-;)

もちろん、淡水浴に弱い種類も居るでしょうし、
弱ってる個体でこれをやると、容器の底に沈んだまま起きてこない可能性も・・・。

淡水浴やる場合は、個体の状態見つつ慎重にやりましょう!

(ちなみに、自然界ではムシが付いた浅場のチョウ等は、河口まで行き、
 自ら淡水浴でムシ落としをするって聞いた事が有ります(^^)

▼低比重+GFG薬浴
これはもう、白点の検疫のためです。

淡水浴の行程で、最終的に比重を1.008まで落としますが、
魚が落ち着いた所を見計らって、GFG顆粒を適当に...。

だいたいの色見て、サッサッサッと入れて混ぜます。
これがサッサッサッサッまでやるとやり過ぎかもしれません(?)
見た目「ちょと薄いかな?」程度の濃さに調整します。
大丈夫です。ちょっとやそっとのGFGじゃ魚は死にません!
・・・・・・・けど、計るにこした事無いのは言うまでもありません。

そして毎日、比重を1.008まで落とし、GFGを溶いた本水槽の水で全換水を行います。
(我が家のトリタンは、インスタントオーシャンのバケツです・・・。)

トリタンにろ過が無い事と、換水法での白点対策を目的として全換水を行います。
ちなみにうちでは、後々本水槽に合流した時に、
水に慣れ易い事と、全換水を実施しても、水質が急変しないように、
本水槽の水を用いてトリタンの全換水を行います。

「それだと、本水槽に白点虫が居たら、トリートメントの意味無いんちゃう?」

と言うご意見も有ろうかと思いますが、
そもそも、本水槽が白点祭りの場合、新しく作った海水でトリートメント&検疫をしても、
白点のいる本水槽に放ったら結局は意味が無い訳ですよね?
だから私は、「外から新たに白点を持ち込まない」事を目的として、
この方法でトリートメント&検疫をやっています。

これを4日ほど続けて、白点が見られなかったら水槽に放ちます。

この方法でトリートメント&検疫を実施するようになってからは、
メインタンクに放ってから白点がポツリとも出なくなりました。
少し面倒かもしれませんが、後々のことを考えると、やっておくと安心です(^^




速報!!

生麦海水センターにLLサイズツノダシ入荷!!

・・・・・・・どうしよう(-ω-;)

おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ハギ完敗!!!

ええ、もうタイトルのとおりです。
やっぱりハギは途中で入れちゃいけません(-ω-:)

キイロに続き、いよいよドリーをも北斗神拳奥義「里子」にて葬りました。
罪なキーパーですが、致し方有りません・・・。
ドリー080408


今回はショップではなく、前回キイロハギの里親を捜した際、
「キイロは要らん」と、快諾してくれた友人宅へと旅立ちました。

ここの所、世間では入学式だったそうですが、
うちのドリーは少し遅れて私を卒業して行きましたよ(T_T)


私「桜って....綺麗だよね。」
ナ「うん。ホント、綺麗だね。」
私「咲いてる時も綺麗で......色褪せずに、綺麗なまま散っていくんだね。」
ナ「そうね......。」
私「僕たちも......そうしないかい?」
ナ「やっぱりね。」
私「分かってた?」
ナ「わかるよ。」


遠い目で、散りゆく桜を見つめる一人と一匹


私「......ホント、綺麗だよね。」
ナ「ね、桜って綺麗だね。」
私「バカ、キミだよ......。」
ナ「もう......ばぁ~か。」

とまあ、こんなやり取りが有ったり無かったり。
にしても、まるで桜の花弁みたいに、ホント綺麗なナンヨウハギでしたよ.....。
でも要するに「綺麗=調子良い=威張ってる」ってな訳で(-ω-:)

今回分かった事

それは、ナンヨウハギがダークサイドに墜ちると、
ダースベイダー以上に厄介だという事です。

恐らく、凶暴っぷりではキイロハギの方が数枚上手です。
ただ、ナンヨウってMAXサイズがデカい分、成長が激早なんですよね.....。

技は無いけどガタイが既に凶器、みたいな?
そう、一時のボブ・サップみたいなもんでしょうか。

チョウを蹴散らし、まくろちゅすを蹂躙し、レモンピールを凌駕する。
ボブ・サップがセーム・シュルトになってしまいました。

所で、私は昔からのK-1ファンで、ピーター・アーt(*ε(#)☆(`、´ )バキ


閑話休題


そんな訳で、ナンヨウハギが居る水槽では、明日が見えませんでした。
しかも、まだまだ大きくなる事は周知の事実・・・・・。
結局、キイロに引き続き、年飼育のハギ、2連敗達成!!
V2ですよ、V2、巨人は無理っぽいですけど(T_T)
(諦めるの早すぎでしょうか?)

ええ、ええ、分かってますとも、甘んじて咎は受けましょう!
なぁ~んにも知らずに当時、室井滋に騙された口ですとも。
あの映画で飼って大丈夫なのはノリさん親子だけですよ、ホント・・・。

もうねえ、ハギ上手に飼える人、心から尊敬します。
あれですよ、ハギ混泳してる人なんて、神ですよね、GOODですよ。

・・・何だか、神にしては「O」が一個多い気もしますが、
それはそれで、何となく意味が通じそうなので、有りの方向で。
この際、そんな小さい事は気にする方が野暮ってもんですァ '`ヽ(´▽`)ノ '`,、

これで我が家の水槽は、ハギフリー水槽となりました。
さぁて、次、何入れよっかなぁΨ(`∀´ )ケケケケ


そして、ここに宣言いたします!






もう、ハギは入れません!!!









・・・・パウダーブルー以外は(ボソ

あ、でも、パープルタンも憧れなんですよね。
シブイ所では、コーレタンも1回飼ってた事が有って好きなんですよ。
シェブロンタn(*ε(#)☆○=(-ω-:)バキ


人って、失敗を繰り返して大きくなって行く物だそうですよ(笑)



おしまい。


テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ニシキヤッコ

わたし、ニシキヤッコの「錦 ヤッ子」です
DSCF7967.jpg


去年の夏、思いっきり及び腰なキーパーに連れてこられて、
知らない間にかれこれ、7ヶ月も経っちゃってたの。

ここに来た時当時は、私が一番大きかったんだけど、

すぐにタテジマさんが来て、少し経ってからアズさんが来て、
最近はアデ坊にも追い抜かされて、私、とうとうNo.4になっちゃった。

でもね、ほら、誰だったかも歌ってたじゃない?
「No.1じゃなくてオンリーワン」だってね。
そうなの、だから一番じゃなくたって全然気にしないんだから♪


え?どんな所がオンリーワンなんだって?




・・・・。





わたし、そういう難しい事言う人嫌いっ!




ところでわたし、出身は太平洋なんです。
DSCF7924.jpg
だから、インドニシキちゃんや、紅海ニシキちゃんと比べると、
お化粧なんて下手っぴで、色気も全然ありません。
ご飯もいっぱい食べるんだけど、なかなか太れなくてやせっぽちです。
だから、魅惑のボディラインもありません。

でもでも、こんなわたしなんだけど、みんなは
「錦ヤッ子ちゃんが一番カワイイよ!」って言ってくれるもん!

キーパーはインドニシキに浮気したがってるけど(コロスゾ・・・・・



でね、最近はみんな、私の事が気になって気になって仕方ないみたい。
タテジマさん、アズさん、アデ坊さん、
み~んなわたしの事見つけると、超熱烈にアタックかけて来るんですけどぉ~。
sankakukankei.jpg




え?それはイジメられてるだけだって?



・・・・はぁ・・・出た出た。

そうやってみんな、ヤキモチ焼いてるんでしょ?
ほら、ついつい、好きな子をいじめちゃう子っているじゃない?
愛情をストレートに表現できなくって・・・・みたいな。

それよ、それ!ってもうwwじぶんで言わすなて~www

みんな不器用で、かわいいと思わない?
ああ・・・3匹のハートを弄んじゃうなんて、
わたしって罪なさ・か・な


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

春うらら

さて、今日から新年度ですね。

日々の暮らしの中では、カレンダーを一枚破り捨てるだけ。
それ以外は、何ら普段と変わらない日常が続くんだ。
そう思っていました。


・・・・少なくとも、一年前までは。


結婚して、一児の父になり、
裕福では無いかもしれないけど、食うに困った事は有りません。

上を見ればキリが無いけど、家族や友人に囲まれ、
それなりに、お金では買えない大切な物も手に入れました。

「今のままでも十分幸せだよね」

と思います。

ええ、解っているんです。


ただしその反面、
胸の内で、常に鬱勃とする思いを抱えているのも事実です。

時代の寵児たり得なかった私。
組織に組して、時間を切り売りする生活。
それも悪くは無いんです。

今年度、齢にして30を迎えます。
まだまだ人生、ひよっこかもしれませんが、
ひよっこなりに歳を重ね、あれこれ思う事も有るんです。

ガキの頃から、近所の小川で魚を捕っては飼いました。
それがきっかけで、魚に興味が芽生え、
金魚を飼ったり、熱帯魚を飼ったり。
私の人生、半分以上の時間は観賞魚と共に歩んで来ました。

でもって、もうボチボチ潰しの聞かない歳にもなってきました。





そこで・・・・決心したんです。





実はこの一年、水面下では着々と準備を練って来ました。






実は私・・・・・。





4月から・・・・・。








ショップを始めます!!



実は昨年の夏のアクアマリンズさん訪問は、ビジネスのお話に伺ったんです。

キンチャクダイ等の近海物を取り扱うアクアマリンズさん、
私も、そんな生体を取り扱うのも面白いと思いました。
でも、今回のお目当て、いずれ販売するくつもりで交渉に伺ったもの。

それは、漁業廃棄物として処分されている、
ハードコーラル、ライブロック、ミドリイシなどです。

ご存じかもしれませんが、漁業廃棄物とは、
伊勢海老の刺し網や底引き網など、その漁法によって、
必然的に網に掛かってしまうサンゴやライブロックなどで、
これらのサンゴやライブロックは、
廃棄物として処分されてしまっているんです。

貴重な海洋資源が「利用価値の無いゴミ」として処分されている現状・・・。
マリンアクアリストとしては見るに堪えませんでした。
だったら・・・・密猟ではない合法的な流通として、
これらの海洋生物を世に放ちたい!こう考えた上での事でした。

元々、同じ考えを持ってみえたアクアマリンズさん、
こんな新参者のひよっこにも、快く賛同して下さいました。
既に奈屋浦の港には、相当量のライブロックがストックされています。
私が見る限り、かなり良質のライブロックです。
ただ、これで一発当てたいとは思ってません。
ほんの少しの利益を付加して、極力廉価で販売したいと思っているので、
皆さん楽しみにお待ち下さいね!

そして、魚の販売に関しては、
マリンテクニックさんに全面協力していただける事になりました。

店長さんの魚に対する真摯な姿勢には、本当に頭が下がります。
しかも、最強の目利きときています。
魚選びのノウハウ、餌付け、漁師→シッパー→問屋への流通など、
本当に貴重な情報を惜しげもなく教えて頂く事が出来ました。

今はまだまだ不可能ですが、ほぼ逆輸入状態のレンテンヤッコなど、
独自ルートを開拓して、少しでも安く、
少しでも状態の良い個体を取り扱えるよう、努力して行くつもりです。



産声を上げたばかりの、吹けば飛ぶようなショップです。
そして、趣味を生業にする事・・・・。
甘くないって事は解っているつもりです。

ただ、やらずに一生後悔するより、
やって後悔する方が、納得も出来るしけじめも付くかな・・・と。


そうそう!まだお店の名前を言ってませんでしたね。




発表します。





30男が無謀にも始めたショップ、





その名も・・・・・。





「アクアプロショップ三十路」です!!

とりあえず当面は、日本初の
ミスジリュウキュウスズメダイ専門店としてやって行きます。
「三十路男が始めたミスジ専門店」として、
大々的にアクア各誌に取り上げられます。はい、絶対に。

で、向こう10年はミスジ専門店として頑張り、
40歳になったら「アクアプロショップ四十路」に改名。
今度はヨスジリュウキュウスズメダイ専門店として頑張ります。

この頃になると、日本は空前のヨスジブームを迎えています。
淡水で言うところのレッドビーばりに、
ヨスジの自家繁殖ブームがマリンアクア界に到来。
私は「ヨスジの神様」として、アクア各誌を席巻します。

そして、インブリードが進んで生まれた、
5本線のイレギュラー個体の固定、繁殖に成功、
品種改良種「ゴスジリュウキュウスズメダイ」として販売。
この時齢50歳「アクアプロショップ五十路」に改名。
アクア誌のみならず、ビジネス誌をも席巻。

この後は、60歳でヤッコに開眼し「ロクセンヤッコ専門店」になって、
70歳でチョウに目覚めて「シチセンチョウ専門店」になって、
80歳で「ヤイトヤッコ専m(*ε(#)☆(`、´ )バキ



・・・・・。



え~っと・・・・・。


どこら辺でバレました?



でも、だってほら、今日はエイプリル・・・・・・・・!!!



って今日4月2日じゃないですか!!


.....と、こんなオチでしたが何か問題有りますでしょうか?


おまけ。
DSCF9020.jpg
写真タイトル「引き篭もり」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。