スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺菌灯その後

設置初日から、想定を遙かに凌駕する効果が発揮された殺菌灯ですが、
その後、どうなったかと言いますと・・・。


ええ、しっかり稼働しっぱなしですよ(^^


その代わりと言っちゃ何ですが、少し早めにコレを導入しました。
コレとはつまり・・・・・。


コレです。
0805191.jpg

昨年に引き続き、我が家の救世主です(T_T)

こいつで、この1~2ヶ月は27度前後をキープして、
盛夏は扇風機+部屋クーラーで(昼間のピークカット)で乗り切ります!
ちなみに、水槽用クーラーの無い我が家では、
真夏の水温管理目標は28度です。

これはもちろん、クールビズを意識しての事です。
強いては、その根幹を成す京都議定書によって定められた、
温室効果ガス5%削減(1990年比)という目標を達成するため、
いちマリンアクアリストとして何が出来るのか?
それを悩み、考え抜いた末の結論なんです。


・・・・・と、社会派っぽく、最もらしい事を言ってみましたが、
100%言い訳だとバレていると思いますので、
もう、これ以上は何も言いません(ノεT)

ただ、28度くらいなら、魚は余裕(かどうかは解りませんけど)
サンゴも、ソフト、LPSなら大丈夫だと、足掛け2年間で実証済みです!

我が家の水温管理目標は、
5~6月は26~27℃
7~8月は28~28.5℃
9月~10月は26~27℃
なんですが、夏に向け、月単位で1℃づつ水温を上げて行きます。
要は、日単位での振れ幅を小さくしてやれば、
魚への負担は軽い良い訳であって、
安定して28℃ちょっとの水温なら、元気でやってくれてます。
なので、夏でもヒーターは入れっぱなしで、
それぞれ、設定温度を26~28℃程度で調整しています。
(夏でも、クーラー等で冷え過ぎる事も有りますから)

比較的暑さに弱いと言われるカリブ海の魚ですが、
チェルブは2度、夏を超えましたしね(^^



・・・・と、つらつらご託を並べてはみましたが、
我ながらクーラーを買ってない事への言い訳と負け惜しみにしか聞こえません(T_T)



・・・・・





どなたか・・・・・。





ZC700辺りを・・・・。











下さ(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

そうそう、今日は殺菌灯ネタなんですよ!
設置から一週間ほど経過した殺菌灯ですが、
水温の劇的な上昇のほか、いつくか効果を実感出来ました(^^

まずは、水の透明度!

やっぱり、これは魚水槽の宿命と申しましょうか?
特に我が家の場合、餌をガンガン打ちますから、正直水は黄ばんでました。
が、まずはこの黄ばみが取れた事と、非常に解りづらい表現なのですが、
水の透明度に、更に磨きが架かったと言いましょうか?

ただ、これは我が家が過密な魚水槽だからこそ、
目に見えて実感出来た事だと思います。
リーフタンクなんて元々水、キレイでしょうからこの辺りの実感は無いかも(^^;

ビフォー
0805193.jpg

アフター
0805192.jpg

比較写真が比較の用に足りてないのはいつもの事ですから・・・。

そして、水の臭い!

元々、テイスティーな海水臭はしてたんですね。
ただ、ここ一月ほど、この臭いが若干きつくなってたんです。
水を換えればそれも治まるので、そう気にしてなかったのですが、
換水前はやっぱり臭うんです(-ω-:)

恐らくコレ、豆腐の仕業だと思います。

と言うのも、中身のデニトロゲンって、
要は生分解で、バクテリアの餌ですよね?
これが徐々に漏れ出したのか、繁殖し過ぎたバクテリアが漏れ出したのか?
いずれにしても、硝酸塩濃度は低いものの、
何かしらの菌がブルームしてた可能性が有りました(-ω-:)

Rio3100時代には、濾過槽の隅っこに4つまとめて設置するしか無く、
しかも水の流れもそう大きくなかったため、
豆腐設置場所近辺の水は淀みまくっていた事が想像されます。
なので、デニトロゲンによって、おかしな菌が培養されてた可能性も・・・。

そして、殺菌灯によって、この余計な菌が殺菌されたのでしょうか?
はたまた、メインポンプの変更(取水口のストレーナー化)によって、
豆腐全体に大きな水流が行き渡るようになったからか。

どちらが功を奏したのかは解りませんが、水の臭いは見事になくなりました(^^

もちろん、我が家で飼育水が匂ったのは、
多めに豆腐を入れているという事と、設置位置由来の物だと勝手に考えています。
ただ、豆腐は以外と設置位置は重要かもしれません。
仕組みが仕組みだけに、ピンポイントではなく、大きな流れが必要だと思います。

ピンポイントじゃなくて大きな流れが大切・・・・。

・・・・そう!サンゴが好む環境と同じかもしれません!
なので、どうしても豆腐が上手い具合に機能しないってあなた!、

水槽内で一番調子良さそうなサンゴをとっぱらって、
そこに設置してみて下さいね( ´艸`)ムププ

・・・・とそんなこんなの殺菌灯ですが、
魚過密水槽ならではの悩みは見事解消してくれました(^^

これは、水槽に対してデカ過ぎる殺菌灯だからなのか?
それとも、殺菌灯って小さくてもそんな物なのか?
それについては知る由は有りませんが、
色んな意味で、確実にその効果は実感する事が出来ました。

でも、真夏には消す事になるんだろうなぁ・・・・・・(-ω-:)




う~む・・・・・・。




・・・・どこかに、水槽用クーラーが落ちてたら教えて下さい。


おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。