スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餌ネタvol3

前回前々回と餌ネタをやってきましたが、
今現在、給えている餌は、そう変わり映えはしていません(^^
08061901.jpg

これ以外に、海苔とクリルを給えています。
そして以前の餌ネタ時と比較して、
チビチョウが増えたので、シュアを追加した程度でしょうか(^^

そう言えば、人工飼料に餌付いて久しいコラリスなんですが、
08061902.jpg
最近はすっかり何でもガツガツ食べるようになりました(^^
ただ、相変わらず沈む餌より、浮く餌の方が好きなようで、
一匹で何時までも、延々と水面の餌を食べ続けています。

08061903.jpg
アミメ「あいつ、何で底の餌食べへんの?」
トゲ「知らん」

チョウって時間かけてマメに食い込ませてやらないと、
なかなか背肉が付いてこない様な気がします(^^;
くだんのコラリスですが、食ってない時期が長かったせいか、
背肉の薄さが少し気がかりです(T_T)
ただ、良いUKも確認出来るので、内蔵は正常だと思うのですが・・・(^^

当面は、1日6回のチョコチョコ給餌を続けて行こうと思います。
その方が内蔵にも負担がかからないと思いますし(^^

それと、粒の大きい餌を少量食べさせるより、
粒の小さい餌を多く食べさせる方が、消化の具合というか、
糞の状態が良いような気がします(^^

そこで、我が家で給えている餌のサイズ比較をしてみました。
「大きさの比較に用いるアイテム」と言えば、
「マイルドセブン」が古典ではないでしょうか?
タバコを辞めて久しい私ですが、
最近のマイルドセブンは垢抜けたデザインになったんですね(^^

では、早速サイズ比較と参りましょう!
メガバイトグリーンとマイルドセブン。
08061904.jpg


オーシャンニュートリションとマイルドセブン。
08061911.jpg


シュアとマ(略)


・・・どうも、比較対象としての用に足りてない気がしてならないので、
比較方法を変えてみました。
08061906.jpg
ハナクソじゃありませんよ!
定規は5mm平方の方眼です。

向かって左から、
メガバイトレッドSサイズ、メガバイトグリーンSサイズ、
メガバイトグリーンMサイズ、オーシャンニュートリションSサイズ、
オーシャンニュートリションMサイズ、エロス、
シュアSサイズ、マリングラニュール、バイタルフード
だったような気がします・・・・。

この中で、最も嗜好性の良い餌は、
オーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット2でしょうか?
このオーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレットですが、
オーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット1
オーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット2とが有って、
それぞれオーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット1が、
メガバイトで例えるならレッドに当たり、
オーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット2が、
メガバイトで例えるならグリーンに当たります。
我が家では、オーシャンニュートリションフォーミュラマリンペレット2
しか使った事が無いのですが、このオーシャンニュートリ('A`)ッ!!

・・・・以下、「餌」でお願いします(ノεT)

この餌が素晴らしいところは、容器の中身が窒素封入された....
....いや、実際に窒素封入されてるかどうかは不明ですが、
そんな風に見えるので、そう思いこんでるのですが、
08061908.jpg
こんなパウチ(?)に入ってて、
開封まで酸化を防止してくれるという、心憎い配慮がなされています。
・・・・でも、書きながらよく考えてみたんですけど、
どんな餌でも容器の口は密閉されているような・・・・(^^;

ただ、そんな心憎い梱包が故に、梱包から中身を容器に出すと、
08061909.jpg
新品状態で既に容器の半分程度しか入ってません(T-T)
なので、容器だけ見て内容量を想像していると、
相当ガッカリする事になるのは言うまでもありません。

この餌、開封するとテイスティなニンニクの香りが漂い、
嗜好性は抜群に最強です(^^
酔っぱらいに出したら間違えてつまむかもしれません。

そして、この餌、SサイズとMサイズとが有るのですが、
・・・・Mサイズちょっと粒大き過ぎやしないかい?

先程の粒径比較写真で一際大きいのがMサイズなのですが、
出来れば、これをLサイズという事にしておいて、
中間くらいの大きさでMサイズを設定して欲しいです。

Mサイズを購入した当時この大きさをの餌を食べられるのは、
タテキンしかいませんでした。
しかも、タテキンですらちょっと無理して食べてる感がありました(^^

・・・・こんな粒おっきいって思ってなかったんですもん。

でも、嗜好性良いし、みんな食べたそうなんですよね・・・・。
でも、タテキンしか食えないし・・・・。
でも、いっぱいあるし・・・・。

色々考えて・・・・。




一粒ずつ、割る事にしました。




「そんなの、あげる時に割ればいいんじゃないの?」
とお思いかもしれませんが、これ、結構堅いんですよ。
給餌の時にチマチマ割ってたんじゃ、非効率極まりないんです!
だから「割るの面倒いから、やめよ」って絶対なるんです!私は!

一粒ずつ、一粒ずつ、堅い餌を割り続ける不毛な作業。

はさみで切れば欠片が飛び散り、

爪じゃ堅くて割れないし、

ニッパーじゃ上手く挟めません。

心が折れそうになった事は度々ありました。





もう、やめよう。





何度もそう思ったんです。
でもその刹那、ふと考えたんです。

日本・・・いや、世界中で・・・・。
いったい何人のマリンアクアリストがこの餌を割ったんだろうか?
もしかしたら、アメリカではジョンが、イタリアではロベルトが、
同じようにこの餌を割ったかもしれないじゃないか!

そう考えると、もはやこの作業はヒューマンレベルを凌駕した、
言わばナショナルレベルの作業であって、
なんだか、世界のマリンアクアリストと少し心が通い合った気がして・・・。

こんな作業の中にも、エキゾチックな意味を見いだしたり・・・。








する訳が無い。




それでも、150粒程度は割ったでしょうか?
その時点でモチベーションが売り切れて頓挫しましたorz
折角割った餌も数日で食いつくされ、
残りは長らく放置され、結局廃棄処分と相成った訳でした(-ω-;)モッタイネェ

そして歳月は流れ、
タテキン、アデ、アズファーが育って、
Mサイズを美味しく食べられる大きさになったので、
もう1回買い直しましたとさ。




今日のベニゴンベ
08061910.jpg
「食えりゃ何でもええ。」



おしまい。
(長文にお付き合いいただき、ありがとうございました(^^;)

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。