迎え火焚いて

世間は夏休みモード一色ですね(^^

私の職場でも多分に漏れず、今週夏休みを取得する人がたくさんみえます。
私は8月下旬に夏休みを取得する予定なので今週も営業中なのですが、
周りはもう・・・・・グダグダ。

やれ、海へ行くだの、やれ、南の島へ行くだの、
心ココにあらずなようで・・・浮かれすぎです。仕事して下さい。

そんな、周りだけが浮かれすぎな昨今ではありますが、
全国的には今日からお盆ですね(^^

迎え火を焚き、ご先祖様の霊を迎え入れ、読響して供養する。
留守になったお墓を掃除するため墓参りへ。
十六夜には送り火を焚き、故人を彼岸へと見送ってお盆が終わり。

解釈の違いは有ろうかと思いますが、
お盆のオフィシャル見解って、こんなもんではないでしょうか?
「どこのオフィシャルだ?」とか、そんな野暮な事は聞いてはいけません。

要は、故人のおもかげを偲ぶのがお盆であり、
その対象は、何も、人だけじゃなくて良いのでは?と思います。
そう、それは、家族のように愛でたペットもしかりですよね(^^

そんな訳で、今日はお盆にちなみ、
今まで☆にした魚達を偲んでみようかと思います。



▼迎え火その1「イナズマヤッコ」

実は私、過去に一度、イナズマヤッコを飼った事が有りました。
10cm程度の大きさで、初めて飼った大型ヤッコの成魚でした。

しかし、噂に違わず臆病な性格で、
スズメダイメインの水槽で、一月ほど石組みから出てきませんでした(^^

・・・・そのまま、二度と出てきませんでした(T_T)



▼迎え火その2「初代まくろちゅちゅ」

08081301.jpg
初代まくろちゅちゅは、紅海産でした(^^
当時は既にblogをやってたので、ご存じの方もお見えかと思いますが、
デスロックの掃除中、不慮の事故・・・・。
そう・・・あれは不慮の事故だったんですよ(T_T)

不慮の事故→ココ

短い生涯を終えたまくろちゅちゅ・・・・。
思い出す度、目頭が熱くはなりませんが、
その遺志は2代目まくろちゅちゅへと受け継がれ、
その加護を受けたマー君は、今日も元気でやってます(^^



▼迎え火その3「初代フレームエンゼル」

昨年の春頃だったでしょうか?
水槽に赤が欲しいと、連れて帰ったフレームエンゼル。
ただ、その当時我が家の水槽には、暴君としてチェルブが君臨していました。
案の定、フルボッコにされ、泣く泣く友人宅へと里子に出しました。


そして、そんなある日の事。


ト「あのフレーム、元気?」
友「え・・・あ、あああ、あれね!あのフレームね。」
ト「うん、上手い事やってる?」
友「あの・・・言いにくいんだけど・・・。」
ト「何?どうしたの!?」
友「☆になりました・・・。」
ト「え?そうなの!?」
友「☆になったって言うか・・・。」
ト「って言うか?」











友「食われた。」
ト「はぁ!?」

ミノカサゴと混泳させたそうで、
入海翌朝、既に姿は無かったそうです(T_T)



▼迎え火その4「ハコフグ3兄弟」

その昔、我が家にもサブタンクが設置されてた事が有りました。
そこでは、コンゴウ、キャメル、ミナミの、
ハコフグ3兄弟を飼ってた時期がありました。

同じ日に、別々のショップから連れ帰り、
えいやで放り込んだのですが、3匹仲良くやっていました(^^

長男のコンゴウが一番食いしん坊、
次男のキャメルは頭が良くて、
三男のミナミは小さくてマイペース

それぞれに性格がまるっきり違くて、見てて飽きませんでした。

が、とある冬の日の出来事。
朝、起きてみるとハコフグ達の姿が見あたりませんでした。

違和感を感じて水槽に触れてみると・・・。


「冷たい!?」


ヒーターが作動していませんでした(T_T)
ヒーターもサーモも、毎シーズン新調しているのに・・・。

結局、3匹ともLRの影で☆になっていました。
アクアリウムやってて、一番凹んだ出来事でした。



▼迎え火その5「デバスズメ達」

我が家の水槽で、ダントツの死亡数を誇っているのが、
何を隠そうデバスズメダイです!

以前は、足しては減り、減っては足しを繰り返し、
10匹前後の生体数を保っていたのですが、
たいてい「何か足りないなぁ」って思うと、
水槽の裏で珍味になっています(^^;

フランジレスのガラス水槽ならそれも分かるのですが、
フランジつきのアクリル水槽に引っ越してからも、
わざわざ、フランジを乗り越えてぶっ飛んで行きました。

「驚いて飛び出した」というより、
「飛び出したくて飛び出した」としか思えないような神業で、
デバだけが次々とぶっ飛んで行くんです。

その後、大型ヤッコに走ってからは存在が希薄になり、
里子に出したり飛んでったりで、デバは居なくなりました。




・・・と、記憶を辿れば、もっと沢山、
あんな魚も居たなぁ、やこんな魚も居たっけなぁ・・・
在りし日を偲べば、元気に泳ぎ回ってた姿が思い出されます。
今夜は、そんなお魚たちに迎え火を炊いてあげましょう。

そして、あの世とこの世を往来するための乗り物。
精霊馬と言えば、ナスとキュウリで作るのが本来ですが、
08081302.jpg
魚ですし、クリルで作ってみました(^^;

明日はお魚供養ですね(^^





今日のベニゴ・・・











あっ!











初盆・゜・(ノД`;)・゜・
08081303.jpg







今日のベニゴンベ
08081304.jpg
「昨夜と今朝、相次いでらしいよ・・・」





おしまい。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット