豆腐4兄弟その後

我が家で還元ろ過ボックスを導入してから、
かれこれ半年近くが経とうとしています。
この、明らかに誰の目から見ても過密な水槽において、
60L/週程度の換水で、20~30ppmの硝酸塩濃度@テトラ試薬紙
をキープできているのは、ひとえに濾過槽に放り込んだ
4丁の豆腐のおかげである事は、言うまでもありません。
08081901.jpg
(換水前の水質:テトラ試薬紙がNO3にシビアと言われる所以です。)

海水館さんのHPでは、半年に1回程度、
減った分のデニトロゲンを足して下さいと有ります。

なのでこの度、補充用のデニトロゲンを購入してみました。
08081902.jpg


そして、調子に乗って、豆腐もう一丁追加してみました(^^
08081903.jpg
人間とは欲深い物で、この環境下で20~30ppmに保たれているNO3、
更に、これでもかって位に還元してやろう、こう考えたのでした。


そして、魚の色が揚がれば良いなぁと、淡い期待を込め、
2年ぶりくらいでしょうか?添加剤を購入してみました(^^
08081904.jpg
この添加剤をチョイスした理由なんですが、それは・・・。
含有されている微量元素の、種類や量、
更には、インターネット等々での使用感を収集して、
それらを自分なりにそしゃくして、総合的に判断し、
「これは良い!!」と思ったから!








・・・・ではありません( /_ _)/ドテッ


海水館さんのHPで、デニトロゲンや還元濾過ボックスを物色中に、
「何か添加剤入れてみようかな?」と思い立って探してみたところ、
数種類の、総合添加剤系のアイテムを見つけました。
その中から、マリントレースをチョイスした理由、それは・・・。

「魚用」って書いてあったから。です。

ウソではありません。本当にそれだけの理由です。
「サンゴ用」って書いてあるのを選ぼうかとも思いました。
サンゴ用の方が、何だか良い物たくさん入ってそうな気がしません?
何がどうちがうのか?私にはさっぱりわかりませんでした。
ただ、唯一分かったこと・・・それは、

サンゴ用の方が、ちょっと高いんです(^^;

もう、迷う理由は有りません。


私、昔はケミカルグッズがあまり好きではありませんでした。
バッファーとか、そんなの大っ嫌いでしたが、
ベアタンクの魚水槽では、ケミカルグッズに頼らなければ、
良好な環境は保っていけないんだと分かりました(^^;
豆腐なんてその最たる例ですよね(^^;

そして、その豆腐ですが、デニトロゲンを補充しようと思います。
豆腐4丁を濾過槽から引き上げて・・・・と。
どれどれ、どのくらい減ってるかな?
08081905.jpg









!!!!!!









臭っさぁああ!!!






いやぁ~、これが臭いのなんの!
この臭い、分かりやすく例えるのなら・・・。










ウンk(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ






いや、あの・・・要するに、今、はやりの硫化水素なんですけど、
これが本当に臭い!超臭い!
予想はしてたものの、予想通りの臭さ!

もし、人生に疲れた時が来たとしても、
この方法だけは取るまいと、強く心に誓いました。

・・・気を取り直して、充填作業再開です(^^;
08081906.jpg
むむむ・・・思ったより、全然減ってないなぁ。




・・・・たぶん。




と言うのも、よく考えたら私、ビフォーの状態を知りません。
いったい、どの程度詰めたら良いんでしょうか?

・・・・ま、適当で良っか。

・・・適量を適当に詰め込んで、ビニールで縛って・・・・と。
この後、無事豆腐4兄弟は濾過槽へと帰って行きました。
そして、養生中だった5男坊も、濾過槽へとご入海していただきました♪

一ヶ月後くらいが楽しみです(^^




今日のベニゴンベ
08081907.jpg
「名古屋の有名ブロガーんちに仲間が来たよ!」




おしまい。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット