スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故かイソギンチャク

マリンアクアリウムという趣味ですが、
飼育スタイルってのは色々有って、やりたい事も山ほど有りますよね?
魚メインと一口に言っても、
ヤッコであったりチョウであったり、はたまたハゼやハナダイだったり。
それだけでも、好みによって千差万別ですよね(^^

そして、そんな数多有る飼育スタイルのうち、
海水魚を始めたばかりの頃、どうしてもやってみたかった事のひとつ。
それが「クマノミとイソギンチャクの共生」でした。

「ミーハーだな、おい?」って思われました?









ミーハーですよ?


私、自分で言うのもなんですが、かなりミーハーだと思います。
タテキン好きを標榜してる時点でそれは間違い有りません。

ドラクエは発売日に入手していました。
エアマックスはイエローとレッドを持ってました。
たまごっちは授業中にUK掃除してました。
最近じゃ、ADAの信者でした。


・・・と、流行り物には一通り手を出してます。
水槽のコンセプトは、流行と逆行していますけどね。(ボソ

そんな私だからこそ、クマノミとイソギンの共生に憧れるのは、
男女が惹かれ合うのと同じくらい、至極自然な流れなのです。

まず、最初に飼ったのがサンゴイソギンチャクでした。
さかのぼること、2年ほど前の出来事だったでしょうか?
お手頃で丈夫いと評判のサンゴイソギン。
カクレペアも無事共生してくれて、水槽内に微笑ましい景色が広がっていました(^^





・・・が。

サンゴイソギンの弱点。それは重度の徘徊癖が有ること!
当時、我が家の水槽は30×30×40の小型水槽でした。
対してイソギンチャクのサイズは、パーにした手のひらサイズ。
水槽のサイズがサイズだけに、圧倒的な存在感です。

しかも、小型水槽じゃ理想的な水流や照明の確保は無理!
朝、水槽の手前に居たと思ったら、昼は側面、夜は裏・・・。
このサイズの水槽で、イソギンチャクに動き回られると、
それだけでもう、ちょっとした事件です。

そんなサンゴイソギンの傍若無人っぷりに、
ほとほと困り果てていた、そんなある日の事でした。

石組みを工夫して、近寄れなくしてあったはずのストレーナーに、
何故かサンゴイソギンが吸われてて、
息も絶え絶えになっているではありませんか!

心を鬼にして、介錯するしかありませんでした・・・。
何せ、イソギン溶けたらエライ事になっちゃいますもんね(^^;
そして、とてもスッキリした寂しくなったタンク。
愛の巣を奪われ、心なしか寂しそうなカクレ達・・・・。

その後、水槽を60×30×45(h)へとサイズアップし、
再度、イソギンにチャレンジしました。
この時挑戦したのは、念願のハタゴイソギンチャク!

・・・が、1匹目のハタゴは、入海一週間程度で、
内臓ぐでんぐでんの触手シオシオ、とっても危ない雰囲気に・・・。
やはり、海外産のハタゴは無理なのでしょうか??
その後3日ほどで、ジェノサイド勃発の前に退去願いました。

それでも諦めきれないハタゴとカクレの共生風景。
サンゴイソギンやタマイタなら、比較的容易に飼育できるんでしょうけど、
あんだけ徘徊されるのはもうゴメンですし、
やっぱり、カクレがすりすりしてて、一番絵になるのはハタゴですよね(^^

そして、来る日も来る日も、ショップに足しげく通い、ハタゴを物色しました。
めぼしい個体がいたら数日間通い詰めて経過観察し、
「こいつは買いだ!」と思った時は既に売れてたり・・・。

しかし、ショップに並ぶハタゴ(とシライト)
本当に「これは行けるのでは!?」と思える個体がめちゃ少ないですね(^^;
ぐでんぐでんだったり、シオシオだったり・・・。
ケンシロウじゃなくても、「お前はもう、死んでいる」と言いたくもなります。

少々高価ですが、通販で国産のハタゴを購入しようかとも思いました。
でも、イソギンの寸法って、魚以上に解りづらくないですか?

友人が以前、「手のひらサイズ」と表記のあったハタゴを、ネットで購入しました。
届いた個体は、どう見てもバレーボール位は有りました。
無言のまま、途方に暮れてた友人の後ろ姿、今でもよく覚えています。
そんな彼に、精一杯の優しさを込めた言葉をおくりました。

「世の中にはさ?手のひらデッカイやつも居るんだよ!なっ?

そして、それと同時に心の中では、もう一人の自分がこう囁くのです。

「こうはなりたくねぇ・・・・。」と。

この一件以来、ネット通販でのイソギン購入にすっかり尻込んでしまった私でした。
そして、探せど探せど出会えない理想のあなた。

・・・もう、イソギン探しにはほとほと疲れ果ててしまいました。


そして、悠久とも思えるほどの時間が過ぎました・・・。


イソギン探しをあきらめて、そう・・・・おそらく3日くらいだったと思いますが、

たまたま、何気なく立ち寄った近所のショップで、
たまたま、何気なく覗き込んだイソギン販売水槽。

そこには、部分的に褐虫藻が抜けて、まだら模様になったノーマルハタゴが居ました。

もちろん、最初見た時には「なんだこれ?」と思って、完全スルーでした。
・・・が、1週間経っても、2週間経っても一向に売れません。
そりゃそうですよね?褐虫藻抜けのハタゴなんて、
セオリーから言ったら真っ先に除外される個体ですもんね(^^;

ただ、それだけ長い間売れ残っているのに、店長曰く、
一度もぐでんぐでんんのシオシオになった事が無かったそうです。
そして、試しに少しつつかせてもらったりしましたが、
きちんと萎めるし、粘膜の状態も非常に良さそうなんです。
それに、子供の手のひらサイズで非常にコンパクト♪



んーーーーーーーーーーーーーーー。



さんざん悩んだ挙句、何故かこの色抜けハタゴを連れ帰ってしまいました。
「コイツはいける!」自信はありましたが、根拠はありませんでした(^^;
セブ産で安かったし・・・・。

そして、自宅の水槽に放り込んで、3日、1週間、1か月と経過しましたが、
まだらだった色彩は、みるみる復活して行きました。
最初は褐虫藻が少ないだろうと、給餌もしていたのですが、
褐虫藻さえ戻ってくればこっちのもの!

このあたり、皆さんご意見ある所だと思うのですが、
基本的に私は、清浄な水と程よい光さえあれば、
イソギンには特段の給餌は必要ないと思ってます(^^
魚の餌とか、勝手に食っちゃってますし、
たまに魚も食っちゃってましたし(T_T)
(経験の絶対数が少ないので、大きなこと言えませんけど・・・。)

その後、最終的に私が魚オンリー水槽に突っ走ったので、
ハタゴは里子に出してしまいましたが、
結局一年近く、一度もへこたれずに過ごしてくれましたとさ(^^

画像を探したのですが、タテジマさんを撮った時に写りこんでた、
こんなお粗末な写真しかありませんでした・・・。
画面右はじに写ってるのが、元まだら模様だったハタゴです。
08091901.jpg
里子に出す頃には、倍近い大きさにまで育ってました(^^;

そうそう、このハタゴなんですけどね?
里子に出した友人宅で、ですよ?











タテキン食ったそうです。
(15cmの成魚・・・。)




今日のベニゴンベ
08092001.jpg
「この間カクレも食ったらしいよ!」
(↑マジです。)



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。