スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったぜアーツ!!!

我が家では、昨年の白点祭りで痛い目にあって以来、
新しく入海する魚は、検疫&トリートメントを行っています。
その方法は、基本的に過去記事のままです。→ココ

ですが、我が家には「トリタン」がありません。
白点の検疫には、最低3日程は換水法で様子を見るのですが、
その際、非常に役に立つのが人工海水の空きバケツです(^^

ちなみに、我が家で使ってるのはこの空き容器です♪












インスタントラーメン!!
08092701.jpg

そうそう!この容器なら500cc位は海水が入りますしね(^^
そうですね、デバ一匹くらいなら何とかなりますでしょうか?
大型ヤッコの成魚は難しいかもしれませんね。

それと、ひとつだけ注意して欲しいことが有るんです。
実は私、重大なミスを犯してしまっているんですね?

それは・・・・

シーフードをチョイスしてしまった事です。
だって、中に入れるのは魚でしょ?こんな容器に放り込まれた日には、



「え?マジ?シーフードってボクの事?」



なんて具合で、生きた心地がしないかもしれません。
せっかくトリートメントやってるのに、
それがストレスで病気になったら本末転倒です。

なので、お勧めはスタンダードな醤油味です。
でもまあ、カレー味位までは大丈夫でしょう。







・・・・・・ん??







あっ!







間違えt(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ


・・・えっと、そうそう!
インスタント味噌s(*ε(#)☆○=(*´∀`*)コロスゾ


インスタントオーシャンです♪
08092703.jpg
これなら、大型ヤッコの成魚でも余裕でOKですよね(^^

ただ、前述のように我が家にはトリタンがありません。
そもそも、白点の検疫は換水法でやってるので、
トリタンを常設する必要性は感じてないのですが、
バケツにしろ水槽にしろ、困るのが夏場の温度対策です。

メインタンクにすらクーラーがついてない我が家です、
トリートメント用のクーラーなど、有る訳がありません。

我が家の夏場対策は、部屋クーラー&クリップ扇風機なのですが、
これをトリートメントバケツ(以下トリバケ)でやろうもんなら、
海水がみるみる蒸発して、きっと比重もウナギ登りです(^^;
15㍑ちょっとの水量しかないトリバケですから、
この比重変化は看過出来ない物が有る気がしてなりません(-ω-:)
それこそ、トリートメントで命を落としたら魚も浮かばれません。

そんな背景から我が家では、夏場は以下のような方法で、
新魚の検疫&トリートメントを行っています。

用意するのは100均で購入した容器(CDケース)です(^^
08092704.jpg
ひたひたに水を張って、約5リットル程度でしょうか?

この容器に、深さ8分目程度まで海水を入れて水槽に浮かべるんです。
そのままでは、浮力は有っても転倒に対しては非常に不安定なので、
照明用のアームにビニール紐を括り付けて垂らし、
その紐の先端に結びつけた洗濯バサミで容器を挟んで安定させます。

↓こんな感じで。
08092705.jpg

この状態で、エアレーションをかけて蓋をしています。
これなら、保温器具無しでメインタンクと同じ水温に保てます(^^


・・・貧乏臭いですか?


この方法でも、7cm程度のウズマキならトリートメント可能でした(^^

ただし、この方法でトリートメントを行う条件として、
「メインタンクの水が流用できる環境にある」事が重要です。
たかだか数リットル程度の水量しかありませんので、
硝化の出来る環境でないと、魚が危険だと思います。
その環境を手っ取り早く準備出来るのが、
バクテリアの沸いたメインタンクの水なんですね(^^

この夏入海したパウダーやウズマキもこの方法でやりましたが、
1日経った水でもアンモニア、亜硝酸は検出されませんでした。
ただ、真っ新な海水を使ってはやってないので、
「真っ新な海水VS飼育水」の比較が出来ないのは悪しからず・・・。

ただ、好気バクテリアの沸いてる水とは言え、
たかだか数リットルの水量ですから、
給餌は換水前だけにしておいた方が無難だと思います。

そして、飼育水が白点祭りが開催中だった場合、
いつまで検疫しても、水槽由来の白点が出続ける可能性が有るので、
トリートメント用海水を低比重にして一昼夜置くなど、
海水中の仔虫をやっつける下処理が必要かもしれません(^^;

「そもそも、水槽に白点が居るのなら検疫は無意味では?」

という考えも有ろうかと思いますが、
水槽が白点フリー、ないしはごく少ない状態じゃなくても、
「ショップから新たに白点を持ち込まない」という意味では、
検疫の意味は十分有ると考えています。

ウソか誠か分かりませんが、自宅の水槽で累代したより、
ショップから新しく持ち込んだ白点の方が殺傷力が有ると聞きます。

そして、魚を飼ってきて直ぐと、様子を見つつ水槽に放つ前、
1~2回の淡水浴を行ってから魚を水槽に放つんですが、
よく飼育書などで、「淡水浴に弱い魚は、汽水浴程度で済ませる」
とか書いて有りますよね?

私が考える淡水浴とは、

海水魚に寄生して悪さをする何百という海洋性寄生虫や、
何千という好塩性病原菌(好塩菌)を、真水に浸すことによって退治する。


というイメージです。
そして、淡水浴で落とす事を目的とした好塩菌について色々調べてみると、
ビブリオ菌を代表とする好塩菌は、低比重に対して、
相当の適応力が有って、その殆どが汽水では活動を停止しないそうで、
しかも、魚が受けるダメージは、真水でも汽水でも大差は無いそうです。
08092702.jpg

以上を踏まえると汽水浴では、
魚にだけダメージを与え、好塩菌等はほぼノーダメージ。
なのでは?というのが私の考え方です。

そもそも「汽水」の定義自体曖昧ですよね(^^;
過去、白点治療のために、「通常の1/3程度の比重1.008=汽水」
で低比重治療を6週間程度行った後でも、
治療中、治療後にアンモニア、亜硝酸が検出された事はなかったんですね。

もちろん、全くのノーダメージでは無いとは思いますが、
好塩菌の一種である好気バクテリアは、
汽水では大打撃を受けていない証拠だと思います。

このケースを、全ての好塩菌に当てはめるのは、
若干強引な気もしますが、当てはめちゃっても良いような気もします(^^


・・・・と、久しぶりにちょっと真面目な事を書いたら、
何だかどっと疲れました(-ω-:)
しかもこれからのシーズン、暑さもやわらいで、
普通にバケツでトリートメント出来てしまう事は言うまでもありません。



今日のベニゴンベ
08092706.jpg
「今回もタイトルと中身は全く関係ないらしいよ。」



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。