スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋めいてまいりました

先日ウズマキが入海したばかりではありますが、
実はバースデー魚購入資金には、まだ若干の余裕が有りました。
これを貯めて、次に活かせば良いのですが、
私の悪い性分で、手元に軍資金が有ると
「何を買おうかな?」それだけしか考えられません。

そして、ついつい・・・。










こんなの。
08092901.jpg

ウズマキ追加の段階で、うすうす感づいてはいましたが、
いよいよ自分の中で「節操」という言葉が瓦解しつつあるようです。


ただし、このオレンジフェイス、若干曰く付きなのです。


シャチョさんが目利きで有名な某ショップ。
ステキな出会いを期待して、ノコノコと出かけて行きました。

そこには、数匹のブラバン、餌くれダンスを踊るコンスピ、
20匹以上も乱舞するユウゼン、LLLLサイズのタテキン。
相変わらず、素晴らしいポテンシャルの魚達がストックされていました。
そんな中、水槽内を臆すこと無く悠々と泳ぐオレンジフェイス。

財布事情的にも、購入欲求番付的にも、打ち頃のボールでした。

尚かつこのオレンジフェイス、人に怯える素振りもなく、
肉付も良くて、非常に状態の良さそうな印象を持ちました。

・・・が、よくよく注視してみると、
体に若干の付着物及び、スポット状の色抜けの様な物が有りました。

「リムフォと白点?」

最初はそうかと思ったのですが、シャチョさんのお話を伺ってみると、
どうやらそんな生優しいもんでは有りませんでした。

このオレンジフェイスですが、
実は半年ほど前にペアで入荷し、一度は売れた個体だったそうです。
・・・が、購入したキーパーがテンション下降気味だったらしく、
ほどなく水槽放置→崩壊と経て、今は水槽を畳んでしまったんだとか。

そんな状況下でも、状態の良かったオレンジフェイスは生き残り、
奥義で葬られ、痛々しい姿でショップに戻ってきたんだそうです。
しかも、ペアだったのに片割れだけが(ノДT)

そしてシャチョさんは、状態を立て直したら、
ディスプレイ水槽で飼育しようと考えてみえたそうなのですが、
なにぶん、オレンジフェイスが帰ってきた時期に、
付きっきりでトリートメントが必要な魚を入荷したり、
多忙が故に十分なケアが出来ず、
そのまま、今に至ってしまっているとの事でした。

白いリムフォ状の白い付着物は、リムフォでは無く、
「これが何なのか把握しきれない状態」だそうです。
よく見ると、若干HELLも併発しているような!?


これはパスだな。


正直、最初はそう思いました。

ただ、更に深くお話を伺ってみると、
オレンジフェイスとしてはかなりの良個体だそうで、
こんな散々な状態でも、人工飼料をパクパク食べていましたし、
元々は、水面まで餌をがっつきに来るほどの個体だったそうです。

そして、この原因不明の病気さえ治してしまえば、
元のポテンシャルにまで戻すことは可能であり、
この個体の生命力なら、その可能性も十分有るとの事でした。

シャチョさんは忙しくて、この個体にかかりきる訳に行かず、
歯がゆい思いをされているとも仰ってみえました。
なので、面倒を見てくれるのなら破格で譲っていただけるとの事。


う~む・・・・。






・・・・30分くらい悩みました。
死なす生かすか?最後まで面倒を見る自信は有りました。
ただし、状態が分からなければ、治療方針も固まりませんし、
分かった所で果たして立て直せるのか?不安要素は満載です。
ただ、このまま座して死を待つには勿体な過ぎる個体です。








「面倒見させて下さい」

散々考えた挙げ句、口をついたセリフでした。

ショップでは、GFGでケアをされてたそうですが、
改善の兆しが見られなかったそうで、
シャチョさんに助言をいただき、
「淡水浴」+「毎日の全換水」+「エルバージュ投与」
という治療方針を固めました。

粘膜が相当痛んでいる様に見えたので、
この状態での淡水浴は、正直ためらいましたが、
シャチョさん曰く、
「淡水浴で粘膜を剥がしてから、薬を染みこませる。」
という、少々の荒療治を試してみてはどうか?とのご提案でした。
そして、このオレンジなら、その治療にも耐えてくれるはずだと。
そうアドバイスを受け、恐る恐る実践している最中です。

※普通に肌荒れ=粘膜にダメージを負ってる魚には、
 淡水浴はやらない方が賢明だと思います。


先週の火曜日、我が家にやってきて以来、
毎日、エルバ薬浴&全換水&三日おきの淡水浴で様子を見ていますが、
エルバージュに感受性を示してて、我が家に来た当日よりも、
体表の状態が、良化しつつある様に思えます(^^
08092902.jpg
(淡水浴でひっくり返るの図)

そして、先日のトリートメントネタで、
黄色水を湛えて、水槽中の中に浮かしてあったこの容器ですが、

08092705.jpg
実は、トリートメント中のオレンジフェイスが入ってるんです(^^

しかし、オレンジフェイスを1日トリートメントした飼育水ですが、
やや白濁し、ミューカスっぽい物が多量に浮遊しています。
そして、容器の内面やエアストーン等にヌメリが付着するのですが、
どうやら、これがオレンジフェイスに悪さをしてる菌なんだそうです。
コイツを日々の換水で排出し、ヌメリが取れるその日を夢見て、
毎夜毎夜、水を換える昨今です(^^

しかしこの個体、噂に違わずポテンシャルは高そうです。
換水前に餌を打っているのですが、
容器に手をかざすと、水面近くまで寄って来ますし、
人工飼料を非常に良く食べ、立派な一本UKを出します(^^

シャチョさんからは、「長期戦で望んで欲しい」と言われてますが、
こうなったら望む所です!
悲運のオレンジフェイス、何とか救ってやりたいものです。






今日のベニゴンベ
08092903.jpg
「でも、エルバの分量は適当らしいよ」





おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。