スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジその後

先日来、治療を行ってきたオレンジ顔ですが、
皆さんから散々脅されたいただいたアドバイスを真摯に承り、
記事の翌日から、エルバの規定量は遵守し、
エアレーションの飛沫一粒たりともメインに入れてなるものかと、
インスタントラーメンバケツで完全隔離していました(^^

その後二日ほどで、粘膜の分泌過多も治まり、
あとは、肌荒れっぽい症状を残すのみとなっていました(^^

症状に関して、ショップに相談してみたところ、
「その状態なら、メインに放っても問題無いだろう」との事です。






「そうか、ヤッターー!!」

・・・と
喜び勇んでポチャンするほど、実は私もアホではありません。

メインのメンツが、皆一斉に粘膜など出しまくった日には、
いくら物事を深く考えないタチの私でも、
三日ほどは物思いに耽るかもしれません。

そこで、更に数日間、バケツに隔離して様子を見ていましたが、
懸念していたヌルヌルの発生も確認されなかったため、
この週末、メインタンクの隔離ケースへと放ちました(^^

この隔離ケースとは傷心のウズマキ王子が収容されている、
メインタンクに浮かんだサナトリウムの事です。

ただ、ウズマキ王子はヘタレてもポマカントス。
しかもオレンジ顔とはガチンコサイズですから、
「オレンジ顔が臆して拒食してしまったらどうしよう?」
「王子がブチ切れて、オレンジを虐めたらどうしよう?」

と、一抹も二抹も不安は有りました。

でも、広くはないケース内ですし、
ダメだったら再度、とっ捕まえりゃ良いさべらんめぇ!
・・・と、エイヤでオレンジを放り込んでみました(^^


すると・・・。






あらららららら・・・・。






案の定、ビビりまくって、
隔離ケースの隅っこで死んだフリを始めてしまいました。










王子が・・・。
08100601.jpg

先日の混泳失敗で、すっかり心が折れてしまったんでしょうか?
束の間、死んだフリして誤魔化していましたが、
オレンジが危害を加えてこない事を察すると、
恐る恐る起き上がり、ケースの隅で・・・・立ち泳ぎorz
もはや「エンペラー」の名を冠する資格はありません(T_T)

方やオレンジ顔ですが、雄壮にサナトリウム内を泳いでいます。
ウズマキ王子の姿を見ても、我関せず。
むしろオレンジの方が威風堂々としてるほどで、
皇帝としての資質を伺わせます。
08100602.jpg

これが逆なら「何か考えなきゃ」と思っていましたが、
ヘタレているのがウズマ王子なら話は別です。
ポマカントスがオレンジフェイスにビビってて、
この先、何にならビビらずに生きていけるのでしょうか?



「耐えるんだ、王子よ!!」



・・・そう、親心とは時に子供には理解されないもの。
過保護と優しさとを、はき違えてはいけません。
優しさとはつまり、時に我が子を困難な環境へと誘い、
それに耐えうる強さを身に付けさせるための厳しさをも指すのです!

獅子は、我が子を千尋の谷へと突き落とすと言います。
それも、ひとつの愛の形・・・。

ならば私もそうしよう!
王子の未来を拓くため、悪鬼羅刹と呼ばれようとも、
あえてそれに甘んじようじゃないか!







・・・って、相手がオレンジじゃ、突き落としたとして、
階段5段くらいのもんでしょうか?ヾ(*´∀`*)

まずは、社会復帰に向けたリハビリの一環として、
オレンジとの混泳に馴れてもらおうと思います(^^;

そう思った暫くの後、サナトリウムを覗いてみると、
すっかりオレンジの従者に成り下がり、
仲良く(?)泳ぐ王子の姿がありましたとさ。

久しぶりの動画です(^^
オレンジ、よく食べます!


ここは、外界の喧騒と切り離されたサナトリウム。
心と体に痛みを抱えた者同士、
しばらくその傷を癒して行きなよ・・・。





今日のベニゴンベ
08100603.jpg
「今日、オレンジネタじゃなかったの?」




おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。