スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイクレジェンド♪

おめでとうジャイアンツ!

ありがとうジャイアンツ!

今年こそ「リーグ優勝は無しの方向で・・・」

ではダメなんだからっ!




さて。魚を飼育するにあたって、欠かせないのが換水ですよね。
その「換水」ですが、辞書を引くとこうあります。








・・・・書いてある訳がありません。

では、その類義語であろう「換気」について調べてみると、



[名](スル)建物などの内部の汚れた空気を排出して、
外の新鮮な空気と入れかえること。
例)「窓を開けて―する」




とあります。
これを、「換水」に読み替えてみると、



[名](スル)水槽などの内部の汚れた飼育水を排出して、
外の新鮮な飼育水と入れかえること。
例)「重い腰を上げて―する」




と、概ねこんなような感じでしょうか?
海水、淡水を問わず、この趣味を長らく続けれるか否か。
ひとえに、「定期換水が出来るか」にかかっていると思います。

過去、何人かの友人が「俺もやってみたい」と言うので、
アクアリウムデビューのお手伝いをさせて頂いた事が有ります。

設置初期は、初めて飼う熱帯魚の魅力と新鮮さに填り、
「キレイだねぇ~良かったねぇ~」と、アクア談義に花が咲きます。
その後、暫く経ってから「水槽どう?調子良い?」
と尋ねてみると、「あ・・・、うん。ボチボチね」
と、何だか煮え切らない返事が返ってくるんです。
そして、久しぶりに訪ねた友人宅に待っているのは・・・。












ドブ。



水槽崩壊を招いたきっかけは、ほんの些細な出来事なんです。

水槽設置後、アクアテンションインフレ期は、
換水なんて全く苦にもならず、コケ掃除も欠かさず
まるで我が子の様に水槽を愛でていたそうです。
各種添加剤を完備して、色んなアクアグッズに手を出し、
アクア雑誌を何種類も買い漁り、情報収集に余念がありません。

しかし、バブルとは崩壊するのが世の常です。

いつの日か、忙しい仕事にかまけて、
「明日で良っか・・・」と、換水を先延ばしするようになり、
「換水の時にやろう」と、コケ掃除を先延ばしするようになり、
知らず知らずの間に、一月、二月と放置され・・・(-ω-:)

こうなった水槽は、もう目も当てられません(T_T)

1.コケ掃除無精

2.換水無精

3.水槽汚い

4.テンションダウン


1~4を2~3ヶ月も繰り返せば、もう立派なドブの完成です。
そして、何故か私が水槽をバラすハメになり、器材はヤフオクへ。

そんな事が過去、何度か有りました。
だからこそ、友人がアクアを始めたいと言う時、
私から必ずクギを刺す事が有ります。

「定期換水とコケ掃除だけは必ずやってね。」と。

特に、「コケ掃除だけは忙しくても絶対!」と、
徹底的に執拗に、事ある度、クドイくらいにクギを刺しまくります。
やはり、過去アクア界を去っていった友人達を見ていると、
そのきっかけは「コケ掃除を怠った事」が大半です。

観賞魚たるもの、美しくあってこそナンボですよね?
水槽がコケって来ると、テンションも下降気味になり、
テンションの低下はモチベーションの低下に繋がり、
あれだけ心血注いでいた水槽が、最後は厄介者。

これは時に、男女の機微にも例えられるのではないでしょうか?

A美の憧れだったB先輩
ずっと片思いのままでも良かったんだけど、
思い切って思いの丈を伝えてみた。
すると、A美の思いは成就した。

暫くは夢の様な日々が続いた。
憧れだったB先輩が、今は自分の側にいる。
A美は、その喜びが永遠に続く物だと思っていた。

でも、きっかけは些細な事だった。
「お前、最近、寝る前に電話くれないよな?」
唐突に切り出すB先輩
「ごめんね、たまたまちょっと予定が有ってね。」
そうは言ってみたものの、
A美に、特別な予定なんて無かった。
ただ、何となく電話する気分じゃなかっただけ・・・。

しかし、一度狂い始めた歯車は、
大きな軋みとなり、やがては崩れ落ちるのです。

毎日だった電話が三日おきになり、
週末は友人との予定を優先させるようになり、
メールのやりとりも、必要最小限の用件だけ。
そして、挙げ句には互いの存在が疎ましくなり、
その関係に終止符を打つ。

「俺たち、一体何がダメだったんだろうな?」
「分かんない」

・・・あの時、A美が電話をしていたら、
もしかしたら2人の関係も、少し違っていたのかもしれません。





・・・とまあ、要するに、
「水槽も恋愛も甲斐性無しでは続かない」という事ですね(^^

ちなみに私は、どちらかというと面倒臭がりなんですが、
1回のめり込んだ事には、相当冷めにくい性格です。

なので、今までアクアライフで、換水を面倒臭いと思った事は、
未だかつて一度たりとも有りません。







・・・というのはもちろん大ウソですが。

ただ、水を換えないと気持ち悪いのは事実ですし、
やはり、換水後の綺麗な水槽見ながらむビールは格別です(^^

ところで、この換水の頻度というか量というか、
皆さんどうやって決めてみえますか?

我が家では、今現在は「60リットル/週」で、
一ヶ月で約200リットルちょいの水を換えています。

ちなみにこの、「1回60リットル」という量ですが、
たまたま近所のホムセンで売ってた一番デッカイ衣装ケースが、
60リットル弱の容積だった、というだけの理由です。

後日、90リットル作れるバケツを発見したのですが、
置き場所に著しく困るので、購入を諦めた過去も有ります。

一時、「120リットル/隔週」で換水してた事も有ったのですが、
魚の体色や動きを観察したり、NO3を計ってみても、
目に見えた差は無かったので、
比較的楽な今の換水スタイルに落ち着いています。
(NO3濃度が変わらないのは、豆腐のおかげ♪)

我が家では、キッチンから1.5mという環境に水槽が有るので、
水槽からシンクへダイレクトで排水したり、
キッチンに据えた衣装ケースで海水作って、
一気に水槽へ注ぎ込んだりも出来るので、
120リットルの水を換えても、小一時間で終わっちゃいます(^^

魚水槽ですから、新しく作る海水も、
PH+エアレーションで、20~30分撹拌して、
概ね白濁が無くなったら注いじゃいます(^^;
ホントは、1日くらい撹拌出来たら理想なんですけど・・・。

どんな趣味でも、少なからず面倒くさい側面は有ると思うのですが、
それを楽しんで出来る事が、長く続けられる秘訣なんでしょうね(^^



今日のベニゴンベ
08101101.jpg
「長々と書いて画像無しかよ・・・。」



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。