スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかいなうみのいきもの

先日、ベビー用品を買いにトイザらスに行った時の事です。
要件を済ませて店内をプラついていると、
子供のおもちゃコーナーで面白い物を見つけました。
大人のおもちゃコーナーじゃありません。
そして、見れば見るほど“その物”の出来映えに心奪われた私は、
ついつい“その物”を購入してしまいました。

“その物”とは・・・
IMG_2224.jpg
これ、子供のための“ゆかいなうみのいきものパズル”なのですが、
これがまた、なかなか秀逸な作りをしているんです。
では、何故にこいつが秀逸なのか?
部分部分を見て、ご紹介させて頂きたいと思います。

まずはパズルの左斜め下辺りですが、
ここは「深海魚・古代魚ゾーン」になっています。
IMG_2206.jpg
シーラカンスとかリュウグウノツカイとか、
名前ぐらいは知ってますが・・・興味有りません。

そして次ですが、海水魚の代名詞とでも言いましょうか?
「海水魚+子供=ニモ」これは鉄板ですよね(^^
IMG_2203.jpg
「最もメジャーな海水魚」と言っても過言では有りません。
やはり、ニモ無くしてマリンアクアは語れません(^^
そして、ニモと来ればその相方、ドリーも外せません。
IMG_2209.jpg
ファインディングセットとして飼われる方も多いはず!
実際、私も踊らされたクチですから(^^
ニモとドリー、非常に絵になる組み合わせですよね。

そして、海水魚と言えば大型ヤッコは外せませんよね。
海水魚飼育に興味の無い人でも、
魅力的なカラーリングや造形に心惹かれる事は間違いありません(^^
ましてこのパズル、子供向きですから、
それ相応にメジャーな魚がエントリーされているはずです。

黄色や青に彩られたあのヤッコ!

マリンアクア界のビッグネーム!

さあ来た!



スッ・・・スクリブルド!?
IMG_2202.jpg
ちなみに、大型ヤッコからのエントリーはスクリブルドのみです。
いえ、悪いとは言いませんが。
その・・・タテジマなんとかって、
もっと有名なのが居たような気もするのですが・・・。

気を取り直して。

マリンアクアでヤッコと並んで人気のある魚と言えば、
やっぱりチョウチョウウオですよね。
水族館でも、チョウが乱舞する水槽なんてのは人気が有りますし、
ヤッコ以上に個性的な種も居て、海水魚界の花と言えるでしょう(^^
そんなチョウチョウウオからのエントリーは、

まずはハタタテダイ
IMG_2204.jpg
来た!これは順当ですよね。THE海水魚って感じです(^^
そしてお次はこれだ!
IMG_2220.jpg
そうそう、こいつもメジャーですよねフエヤッ・・・
IMG_2212.jpg
「オオフエヤッコ」の方!?

うーーむ、何故敢えてオオフエヤッコの方なんでしょうか?
そもそも、縮尺なんて概念はハナっから無視してますから、
ここは普通にフエヤッコで良いのでは??
制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。
そう思いつつ、他のチョウチョウウオを物色してみると・・・。

IMG_2208.jpg
オレンジフェイス!

IMG_2207.jpg
更にはコラリス!

この他にはセグロがエントリーされていますが、
う~~む、素晴らしい!このチョイスは素晴らし過ぎ!
トゲチョウとかチョウハンとかのメジャー所を差し置いて、
オレンジフェイスとコラリス。
しかもコラリスを「コラーレバタフライ」とする辺り、
やはり、制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。

そして、ここからがこのパズルの真骨頂なのです。

まずはチンアナゴ!
IMG_2205.jpg
う~ん、渋いチョイスですチンアナゴ!


そして来た!クギベラ!
IMG_2214.jpg
クギベラですよー!クギベラ好きの某さーん!
センスが既にベテランです。


そしてサイケデリックラス
IMG_2213.jpg
シュール過ぎます。サイケデリックラス(^^
サイケデリックなラスですよ?陶酔状態のベラ。
子供に意味を問われたら、何と答えれば良いのでしょう?

ちなみに、お忘れかもしれませんが、
このパズルはあくまでも「子供用」ですから。
対象年齢は4歳からとあります。
サイケデリックなんて単語は、出来れば教えたくない年頃です。

やはり、制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。

スクリに始まり、オレンジにコラリス、
果てはサイケデリックラスなど、好みが思いっきり玄人です。
そして、細部に拘りを見せるこのパズルには、
サンゴもエントリーされています。
IMG_2210.jpg
サンゴでは、いったいどんな拘りを見せてくれるのでしょうか!?


IMG_2211.jpg
大雑把。

“オオフエヤッコ”とか“コラーレバタフライ”とか、
やけに細かい所に拘ってみたと思ったら、
サンゴに関してはいきなり十把一絡げになってしまいました。
せめて「ミドリイシ」くらいは書いて欲しかった!

・・・うん、でもまあ子供向けのパズルですし、
“ミドリイシ”なんて書かれても解りませんよね(^^
この場合は「サンゴ」で正解だと思います。うん、間違いない。
と、良心的に解釈する事にしました。大人ですから。

私、冒頭でこのパズルを“作りが秀逸”と言いました。
そう、“作りが秀逸”だと、そう言いました。
大事な所なので二度言いました。

その“秀逸”たる所以を、ここで紹介させて頂きましょう。

先程、大雑把だと言ったサンゴ。
しかし、この中に群れる魚達の中に・・・。
IMG_2219.jpg
こ、このカラーリングは!?


IMG_1691.jpg
ベッ・・・ベニゴンだと言うのか!?

しかも、頭隠して尻隠さず、見えそで見えない所が、
激しく男心をくすぐります。
しかしこの魚の選び方、最後の最後まで色んな意味で、
制作者の拘りを感じずにはいられません。

そんな、あまり愉快じゃない「ゆかいなうみのいきものパズル」は、
全国のトイザらスで、好評発売中です(^^


今日のベニゴンベ
IMG_2219.jpg
「499円だよーー!」



おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。