もうすぐGWですね(^^

いよいよGWも間近に迫ってきましたね(^^
思えば、我が家に90cmOF水槽を設置したのが2年前のGWでした。
それまで設置していた60cmと30cm水槽を90cm一本に統合し、
今後の水槽コンセプトを模索していた頃でもありました。

マリンアクアに転校する前、私は長らく淡水魚を飼っていて、
晩年は水草で自然の風景を模した「ネイチャーアクアリウム」に傾向していました。
この「ネイチャーアクアリウム」ですが、メインは水草で、
魚はあくまでも水景を構成する要素の一つだったと理解しています。
(※あくまでも私的解釈です。)
何が言いたかったかというと、淡水の頃は
「魚はおまけ」的な感覚で飼ってたんです。

それがいざ、海水魚にはまってみると、
あれよあれよと「魚」の魅力に心奪われて、
気付いてみたらベアタンクのコミュニティタンクなんて、
100%魚に重きを置いた水槽が出来上がっていました(^^;
日々ネットアクア界を俳諧しつつ水槽コンセプトを模索してた頃、
リーフタンクばかりを見ていた私でしたが、
ある水槽の破壊力に胸を打ち抜かれてしまったんです。

それは「大型ヤッコの混泳水槽」でした。
09042001.jpg

それまで、リーフタンクばかりを見てきた私でした。
その水槽の衝撃度は群を抜いていました。
そもそも「大型ヤッコ」「複数匹」同じ水槽で泳がせるなど、
当時の私には全くその発想が有りませんでした。
例えるなら・・・。

道を歩いてたら、ファミマから突然ピーター・アーツが出てきて、
いきなり側頭部にハイキックを入れられたような衝撃!!

とでも言いましょうか?

・・・・ま、「ものすごく衝撃的だった」という事は伝わったと思います(^^;
そしてその瞬間、アクアの神様が私にこう告げたのです。

神「水槽おっきくしたんだしさ、飼っちゃえば良くね?」

と。
このタイミング(水槽大型化)で出会った新しいコンセプト。
乙女座の私はこれを「運命」と感じずには居られませんでした。
09042002.jpg
アデヤッコを飼い、タテキンを飼い、アズファーを飼い、
そして更にはチョウの魅力にも気付いてしまったりと、
いよいよもって加速度的に「魚水槽」への道を歩む事になるのですが、
ここで一度、(実は)アクアの神に問うた事も有ったんです。
それは、無脊椎への未練・・・では無く、


ト「こんなに詰め込んでも良いのですか?」


と。
当時、私が魂を持って行かれた大型ヤッコ混泳水槽は120cm水槽です。
(しかも、変則サイズで、高さと奥行きが少し大きい)
対して我が家の水槽は90cm。
ぱっと見30cmの違いですが、濾過槽を含めた総水量は倍半分・・・。

これはいい加減、打ち止めないとマズい事になるぞ・・・と。

・・・ただ、私という人間は、一度スイッチが入ると
なかなかブレーキが効かなくなるダメな性分で、
自宅の水槽を眺めては「もう無理だろ・・・」と自問しつつも、
ショップに行くと、何故かそれが「まだ行けるだろ・・・」に変換され、
結局、ビニール袋の浮いた水槽を見ながら反省する・・・。
そんな事を繰り返す日々でした(^^;
そして、そんな哀れな私にアクア神はこう説いたのです。


神「まあ、もうちょっと位なら良くね?」


・・・と。
・・・その後、マクロススにリベンジし、クイーンを飼い、
ウズマキまで飼ってしまった私・・・。
09042003.jpg
それ以外にも色んな魚に手を出して、☆にしてしまった私。
それが丁度、昨年のGWを少し過ぎた頃だったでしょうか?
いい加減、自分の愚かな野放図さに嫌気が差して来た頃、
偉大な先達はこう言いました。

「飼って、試行錯誤して、☆にするのも経験」だと。

大切な事は「経験」だと言うのです。
ここ、大事なところなので2回言いました。
そうなのです、大事なのは「失敗から経験として学ぶこと」なのです!
ココ、すごく大事なところなので、3回も言いました。
そうなんです!大切なのは失敗してもそこk(略
09042004.jpg
もちろん、欲望のままに増やし続けた事を肯定する訳ではありません。
今の我が家の水槽は、欲望の集大成と言いましょうか?
初心者(もちろん今でも)が無知の上にくみ上げた産物であって、
タンクメイト達にも、相当無理を強いているとは思っています。
今、1から水槽を立ち上げるとしたら、
絶対にここまでの過密水槽はくみ上げないと思います。



・・・・・・でも



・・・飼っちゃったものは仕方ないじゃない(^^;


最初は、「飼えなくなったら里子に出せば良い」と、安易に考えていました。
でも、たかだか1000円ちょっとのアケボノチョウでも、
長く飼ってると愛着も沸くんですよね。
09042005.jpg
だったら、指咥えて崩壊させるのではなくて、
少しでも良い状態を維持出来るように試行錯誤してみようと、
そう思いながら、設備投資してみたり、
パワーバランスを調整してみたり、やれる事はやってみようと思っています。

・・・が、うちで主に飼っているのは大型ヤッコ。

タンク内でどこまで育つのかは不明ですが、少なくともこの先、
まだまだ大きくなるのは分かっています。
将来的に、今のままの数を維持出来るかというと、
こんな私でも薄々・・・・いや、比較的明確に無理なんじゃないかな?
とは思っているんですね(^^;
ただ、このピーキーな状態を維持する事によって、
病気への対応であったりとか、混泳の方法であったりとか、
学べることも多くあるのは事実です。

・・・・と、長々と書いてきて、結局何が言いたかったのかよくわかりませんが、
水槽引っ越し2年を目前にして、ちょっとだけ自戒してみたのでした。


今日のベニゴンベ
09042006.jpg
「春だからおセンチなのか?」


おしまい。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット