新入り投入!!

私、気に入った物は徹底的に拘る性分なんです。
おにぎりはいつもツナマヨを買います。
コーラはコカコーラしか飲みません。
ラムネはクッピーと相場が決まっています。
他にも、細かい事を上げればキリがありませんが、
それは得てして趣味の分野でも同じ事が言える訳で、
やっぱり私はあの魚に拘ってしまいます。

無謀・・・それは承知の上です。

自分の欲望が組み上げた過密水槽、
ほんの少し前、その懺悔を記事にしたばかりでした。
それが、舌の根も乾かないうちに・・・。
自分の物欲に嫌気が差すなんて、しょちゅうなのですが、
今回は自分の情けなさを、未だかつてない位に感じています。
ただ、以前にも言いましたが、
飼ってしまったものは仕方有りません。
愚かさをいつまで問うたところで何も変わりません。
だったら、少しでも前向きに考えるのが建設的かな?そう思います。
なので、悔いるのはこれくらいにして、
新入りのご紹介をさせて頂きたいと思います。

先日、近所のショップに出かけた時の事でした。
店内を物色していると、ふと、オーラめいた物を感じたんです。
そして、吸い寄せられるようにして覗き込んだ水槽。
・・・そこに居た1匹の個体に心を奪われてしまいました。
「運命」という言葉の存在を、信ずにはいられませんでした。

・・・と、あまり勿体ぶるのも性分ではありませんので、
ご紹介させていただきますね。


私が愛して止まない海水魚。



「皇帝」の名を冠するあの魚。


そして、その幼魚と言えば。


そう、そうなんです!!









ウズマキ!
09051501.jpg
今回は仕事の都合などから、じっくりと検疫する時間が取れませんでした。
あまつさえ、気温も上がり白点も活性化する時節、
(高温に弱いのは淡水性の白点。)
非常に心配だったのですが、とりあえずは・・・。
09051502.jpg
淡水浴だけはしておく事にしました。
幸い、ムシは付いていないみたいで、一安心です(^^

そして、本来なら先住のタテキンを隔離するなりして、
混泳のセオリーを踏むべきなのですが・・・
09051503.jpg
今回は心を鬼にして、いきなりメインにドボンです。
しかし案の定、タンクメイトに臆してでしょうか?
水面近くから全く動こうとしません(-ω-:)
餌を打ってはみたものの、これにも全く無反応でした。

そして、大型ヤッコ混泳最大の難関と言えば、
やはり先住ヤッコ達との折り合いだと思います。
我が家には先住として、タテキンとウズマキが居ます。
この2匹がどんな行動に出るのかが心配だったのですが・・・。
09051504.jpg
案の定、タテジマさんが執拗に追い回します。
王子を混泳させた時は、むしろアデヤッコがネックでしたが、
3匹目の「皇帝」に対しては、
普段は紳士なタテジマさんが、本気になってしまいました(^^;
09051505.jpg

タテジマさんに追いやられ、更に水槽の隅で固まるウズマキ・・・。
09051506.jpg

それでも執拗に攻撃を加えるタテジマさん(T_T)
09051507.jpg
正直、こんな事態になろうとは想像していませんでした。
紳士だと思っていたタテジマさんの狂気。
それを垣間見たのもショックでしたが、
何よりも、見境無く新魚を追加してしまった自分。
その浅はかさに、怒りすら覚えた瞬間でした・・・。

結局この後も、水槽の隅で固まったまま、
まるでパンのように、その場を動かなくなってしまいました。
それほどまでに、心に深い傷を負わせてしまったという事です・・・。

今まで、喧嘩に負けて隅に追いやられた魚は多々見てきましたが、
ここまで微動だにしないパ・・・もとい、魚は初めてです。

これからどうするか、迷いました。

この水槽の集大成として、最後のパ・・・もとい、魚として、
この混泳に全ての力を注いでみようかと、そうも思いました。
ただ、あのタテジマさんの形相を思い出すと、
今回の混泳を成功させる自信がどうしても持てませんでした。

勇気ある撤退、時にそれは必要な事です。
中途半端に取り繕おうとして、更に傷口を広げてしまったなら?
それでは目も当てられません・・・。

こんな経緯が有って、結局私はこの混泳を諦めました。

マリンアクアリスト、最大の難関の一つが混泳ですよね。
今回、私は結局この試練から逃げ出す事しか出来ませんでした。
本当に難しいです。
ヤッコとパンの混泳は。


今日のベニゴンベ
09051509.jpg
「謝った方が良いんじゃない??」



おしまい。

追伸:ちゃんと食べました。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット