スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールビズ

梅雨入りして久しい昨今ですが、
ジメジメムシムシ、本当に嫌な日が続きますよね。
私の職場、建物の最上階+南向きというロケーションなので、
今の時期、不快指数が上方に振り切れています(T_T)
それはもう半端無く蒸し暑いです。
全裸で仕事しても耐えられないんじゃ?って位の暑さです。
・・・かといって全裸で仕事している訳ではありませんけど。

「だったら、クーラー付けりゃいいじゃない?」

って思いますよね?・・・ええ、私もそう思います。
それが出来れば、私だってこんな事愚痴りません。
私の職場、空調が集中管理されていて、
7月にならないとクーラーが入らないんです。
「7月」って基準、なんなのさこれ!?

ぁあ?クールビズだぁ?
はぁ?エコだぁ?




ん な も ん ク ソ 食 ら え だ ! !



・・・あ、う、ウソです、ごめんなさい。
あ・・・そ、その、あながち・・ウソでは無い・・・よな。
でも、あの・・・・その・・・・ねぇ?
せめて「梅雨入りしたら」位にしてくらたら良いのに・・・。
って、思うくらいはバチ当たりませんよね?ね?ね?

そして、そんな蒸し暑い職場を後にして、
更に蒸し蒸しする地下鉄を経て自宅に辿り着くと、
嫁は子供を寝かしつけて、そのまま眠ってしまったようです。

腿にまとわりつくスラックス、これはひどく不快です。
とにもかくにも部屋着に着替え、冷たい麦茶を飲み干します。
ここがやっと「ふぅ~」っと一息付ける瞬間。

そして、作り置いてくれた晩ご飯を暖めながら、
椅子に腰掛け、ふと水槽に目を向けると・・・。


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」


・・・私は、きっと、目の錯覚だと思いました。
目をゴシゴシこすりつつ、
再度水温計を確認したんです。


すると・・・


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」



・・・私は、ビックリして思わず目を背けてしまいました。
この暑さで、若干思考がおかしくなっているんだと、
きっと、暑さのせいで見えない物が見えてしまったんだ。
そう思い直して再度、水温計を確認したんです。


すると・・・。


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」



・・・私は、驚きのあまり、それを直視する事が出来ませんでした。
そ、そうだ、最近仕事が忙しくて疲れがたまっているんだ。
そう、知らず知らずの間に疲労が蓄積して、
そのせいで幻覚を見てしまったんだと。
ストレスとは、かくも人を蝕む物なのです。
深呼吸して自分を落ち着かせて、再度水温計を確認してみたんです。


すると・・・。


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」



・・・私は、驚愕し過ぎてその場に居る事が出来ませんでした。
その時、電子レンジから「ピーピー」という電子音が。
あぁそうか、今、晩ご飯を暖めているんだった!
・・・そ、そうか、そうか!!!
空腹のあまり、幻覚が見えていたんだ!
人間にとって、「食」という行為はとても重要です。
腹を減らし、思考に異常を来す。考えてみれば当然ですよね?
そう思い、食事を済ませてから、再度水温計を確認してみたんです。


すると・・・。


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」



私は、衝撃のあまりその場から逃げ出していました。
すると、隣の部屋に部屋干ししていた洗濯物の存在に気付きました。

「はっはぁ~ん、なるほどねぇ」

私は、勝ち誇ったような笑みを浮かべ、こう思いました。
このまま洗濯物を干しっぱなしにしておいたなら、
明日の朝、嫁が洗濯物を干す事が出来ません。
朝の慌ただしい時間帯に、洗濯物を畳むという余分な行程は致命傷です。
そうか、洗濯物の存在が心にひっかかっていたんだ!
心に余裕が無いと、物事に集中出来るはずがありません。
心あらずの状態では、思いこみや見間違えをするのも無理ありません。
洗濯物を畳み、憂いを絶ち、再度水温計を確認してみたんです。


すると・・・。


09062501.jpg
「うわぁああああああああ!!!」



私は、どこをどう辿ったのか?
気付くと、階段の下で尻餅をついてへたり込んでいました。
あまりの衝撃に、一瞬記憶を失っていたようです。
絶望に打ちひしがれ、茫然自失の私でしたが、
虚空を見つめる視線の脇に飛び込んで来たのは・・・。

「はは・・・ははは・・・なぁんだ、結局はこれか」

人間、腹が満たされても、心の仕えが取れても、
結局1日の締めは風呂、そう、体と心を洗い流すのです。
「風呂は心の洗濯」って言いますよね?
1日の疲れを洗い流し、湯船でゆるり考えに耽る。
この時、思考は極力ポジティブに。
明日、真っさらな心で1日が迎えられるように。
今日のネガティブは今日のうちに精算・・・。

そして、すっかり心身共にリフレッシュした私は、
穏やかな心で、再度水温計を確認してみたんです。


すると・・・。


09062502.jpg
「うわぁああああああああ!!!」


私は、k(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

・・・・と言うわけで、この時期、気化熱が期待できません!!
かと言いつつ、暑い時期には気化熱では追っつきませんし、
ボチボチ小遣い天引きで部屋クーラー作戦かなぁ・・・。


・・・・え?


「何年同じ事言ってるんだよ?」ですって!?
「さっさと水槽用クーラー買えよ?」ですって!?
「バカじゃないの?」ですって!?



・・・・・。



ニホンゴ ワカラナイ

デモ オレ シッテル

オマエ クーラー モッテル

ソレ ココ オクル

オレ トテモ ウレシイ

サカナ トテモ ウレシイ

バンジ マルク オサマル

オレ シッテル

ニホンジン ミンナ ヤサシイ

スシ フジヤマ トテモ オイシイ

ダカラ オレ マッテル

イツマデモ マッテル

イツマデデm(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ




今日のベニゴンベ
09062503.jpg
「色々とクドイわwww」



おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

たまにはアクアネタ

週末、妻方の祖母の田舎で、20年ぶりくらいにホタルをみました。
あいにく、出現のピークは過ぎてしまっていたのですが、
夜陰に輝く柔らかい光、数匹だけでしたが十分な存在感でした。
蛍の成虫、その寿命は1週間から十日ほどと言います。

1週間という限られた時間の中で、精一杯輝き、朽ちていく・・・。

時に、儚く悲しい物語の主人公にも投影されますが、
彼らは、太古から連綿と続くその営みの中で、
限られた命で精一杯輝く事、それを己のDNAに刻んでいるのです。
一生懸命生きる彼らを、かわいそう等と言うのは人のエゴであり、
むしろ、失礼な事なのではないでしょうか?
そう、精一杯生きる事、それは美しい事なのです。
その時、私の脳裏をこんなセリフがかすめました。

「なんでホタル、すぐに死んでしまうん?」

せ、節子??
そ、それ、ドロップっちがう、
おはじきや、おはじきなんや!!!

せっ、せつこぉぉぉおおおおおお!!!!



・・・・・・。


もしかしたら皆さん、既にお忘れかもしれませんが、
実はこのblog、マリンアクアリウムがテーマだったんです。
え?やっぱり忘れてみえましたか?
ツンデレだとか、オカルトだとか、火垂るの墓とか、
決して、そんなのがメインなblogでは無かったんですよコレが。
なので今日は久しぶりに、
一念発起してアクアリウムネタで記事を書いてみようと思いますので、
どうぞ、最後までお付き合い下さい。


さて、精一杯生きると言えば、我が家の水槽で精一杯生きているのが、
オレンジフェイスBFなんですけど、
実は、少し前からあまり状態が思わしくありませんでした。
と言うのも、タンクメイト達に臆してか?
少し前から、若干引きこもりがちになっていたんです。

飼い込むとダークサイドに堕ちがちと言われるオレンジフェイスですが、
流石に、複数の大型ヤッコを向こうに回してでは分が悪かったみたいで、
このまま行くと、お星様への階段を上るのは必至だと思われました。

餌はまだ良く食べますし、このまま飼い続けようかとも思いましたが、
ここ1~2ヶ月の様子を見るに、ジリ貧なのは見てて分かりました。
水面までダッシュで行く事も無くなりましたし、
引きこもりがちでは、流れてくる餌の種類も限られてしまいます。

・・・ポリプ食性のチョウ、特に偏食は良くないと効きますし、
後ろ髪引かれまくる思い出はありましたが、
以前、ニシキを引き取って貰った友人宅へ里子に出しました。
その後、ニシキはもの凄く元気でやってくれているみたいですし、
今の状態であれば、オレンジもきっと持ち直してくれると思います。

そして、我が家で必死に生きているもう一匹の魚と言えば、
以前紹介させていただいた、オニハタタテダイの亜種、
「オニハタタッテナイダイ」なんてのが居ました。

(オニハタタッテナイダイとは?→コチラ
入海当時はクリーナーでしたが、ホンソメの入海に時を同じくして失職、
挙げ句に、自慢の「ハタ」を無かった事にされるという、
さんざんな辱めを受けたオニハタタッテナダイ。
その後、どうなったかと言うと・・・。
09062301.jpg
ハタ、微妙に再生!!!

水槽で、微妙にオニハタの地位が向上したという事でしょうか?
確かに、入海当時の画像と比較すると、真っ黒だった顔も、
成魚オニハタカラーに向けて変わりつつありますし、
おでこのモッコリ具合も、更に一段とたくましくなりました。
やはり、成長に併せてモッコリとたくましくなって行くんですね。
そうなんです、成長に併せてモッコリとたくましく
そう、成長に併せてモッコリとたくましく。
モッコリとたくましく。
もちろん「何が」かは言わなくても分かりますよね!!





答え:ハタとコブ。

sIMG_3489.jpg
ハタタッテナイダイになってから約4ヶ月が経ちましたが、
その間、体の大きさが劇的に変化した訳ではありません。
ですが、水槽内での順位付けは確実に向上した感が有ります。
こちらはオレンジと違って、タンク内で落ち着いた事によって、
本来の性格が顕在化しつつあるという事でしょうか?

え?「オニハタって凶暴なのか?」ですって??

・・・あ・・・あの、その、・・・そ、そんなん知りませんもん!!
そのまあ、なんだ「オニ」って付いてるじゃない?
だからこう、何か、強そうな気、しますでしょ?
「オニ」ですよ、「オニ」?弱い訳ないですよコレ。
そうそう、そんだけですよ、イメージ先行ですよ。
えっと、その・・・え、おっ、
オニ饅頭って美味しいですよね!!!



閑話休題



・・・・とにかく、雑食性で何でもバクバクと良く食べますし、
MAXサイズは大型ヤッコとタメを張れる程のポテンシャルを秘めているわけで、
オニハタタッテナイダイではなくなりつつある昨今、
今後、どう育ってくれるか楽しみな一匹です(^^


・・・と、如何ですか?
久しぶりにアクアリウムな記事でしたでしょ?ね?ね?
えっと、答えは聞いてません。


今日のベニゴンベ
sIMG_3184.jpg
「オレンジ君、達者でな!!」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

深海魚・・・・のはずが

-深海は地球の無意識-

陽の光が届かない深い海
そこは、地球でさえ意識しない漆黒の世界
地上の喧噪から逃れた深い闇
そこにうごめく数多の生命体・・・。


そう、そんな深海に生息する魚類を総称して、
「深海魚」と呼ぶのは、皆さん周知の事だと思います。
ところで、「深海」の定義ってご存じですか?
水深200m以深の海を指して「深海」と呼ぶそうです。
はいこれ、テストに出るので覚えといて下さいね!

では、水深200mって、どんなもんか想像つきますか?
身近な物に例えるなら・・・そう、90cm水槽!!
これを縦にして222本くらい積むと、丁度その位の高さになります。
これ、すっごい分かり易い例えですよね!
更には、180cm水槽なら、約111本!!
これ私、今、暗算出来ちゃいましたよ?凄くないですか??
水槽、縦に100本とか200本とか積み上げるってね(^^
そうこれね?すっごいよく有りますもんね、
そうそう、あるあるあるあ・・・・・・ねーよ。

・・・では、深さ繋がりでもう一問!
みなさん、世界の海の平均水深ってご存じですか?
これが何と!平均3800mなんだそうです!
これって、トリビアになりませんかねぇ?
(古い上に、用法微妙に違う)

ちなみに、3800mってどの位か想像つきます?
身近な物に例えるなら・・・そう、90cm水槽!!
これを縦にして4222本くr(略


・・・・・と、今回の記事は、
おどろおどろしい姿態で、地球の無意識にうごめく深海魚。
そんな深海魚の衝撃画像をいくつかピックアップして、
「深海魚こぇええええ!!!」
って、そんなノリの記事になるはずでした。


---そう、「あれ」を見つけてしまうまでは---


きっかけは、ネットで見つけた深海魚の画像でした。
「何これ、こわっ!・・・ネタにしてみようかな?」
と、そんな軽い動機で、冒頭の部分を書き上げました。
そして、「さあて、どんな強面深海魚を貼っていこうかな?」
と、ニヤニヤしながらネットを巡り、画像を探していたんです。
より、インパクトの有る画像、破壊力の有る画像を・・・・と。
すると・・・。


「な・・・なんだ、これは!?」


自らの目を疑いました。
「こっ、こんな魚がこの世界に生息しているというのか!?」
「あれ」を見つけるまでに、既に何枚かの深海魚画像を拾い集め、
頭の中では、記事の骨子も出来上がって居ました。

・・・が、「あれ」の異形さは群を抜いていました。

他のどんな深海魚よりも恐ろしく、
「あれ」の前では、他のどんな深海魚達も、
途端に存在感を失ってしまうほどのインパクトでした。

そして、「あれ」について、更に詳しく調べてみると、
どうやら、深海魚では無い事がわかりました。
「あれ」は、日本政府が南極周辺海域にて実施している、
「調査捕鯨」で数年前から目撃されるようになったそうで、
捕鯨関係者は、その姿態に由来してか?
便宜的に「あれ」をこう呼ぶそうです。





「ニンゲン」

と。

強面揃いの深海魚よりも恐ろしい存在・・・。

勿体ぶるつもりはありません。

それでは、ご覧下さい、

南極に生息するという「ニンゲン」を!!

09061701.jpg
KOEEEEEEEEE!!!!!


しかも・・・。

Googleアースに写り込んでたりとか・・・。
09061702.jpg

YouTubeに動画がアップされてたりとか・・・。


その存在は、公にはされていないものの、
数年前から目撃談が聞かれるようになったという「ニンゲン」
その存在は、一体何を意味しているのでしょうか?

人類がその手によって蝕んできた地球

その無意識の基に

自らを蝕んだ「人間」を模し

「人間」へと何かを促すべく生み出した「ニンゲン」

それは、地球から「人間」への

アンチテーゼだとは考えられないでしょうか?


この衝撃&驚愕の未確認生物の存在を目の当たりにし、
私はある感情を抱かずにはいれませんでした・・・。

それは・・・。







「コラだろ。」
いやいやいやいや、これは無いわ。
鯨に手生やして「ニ~ン~ゲ~ン~」言われても、ねぇ?
こんなん、発送が中学生レベルじゃないですか?



・・・と、最初はバカにしていました。

が、ふとこの時、背筋にうすら寒い物を感じたんです。
--ある予感めいたもの--とでも言いましょうか?
私は、その感覚に促され、何かに取り憑かれたように、
「見慣れたあの場所達」へ、
向かわなければならないような錯覚を覚えました。
義務感にも似た、不思議な感覚に駆られ、

そう、あの場所達へ・・・・。







「な・・・なんだと!?」


名称未設定-2_03

名称未設定-0333

マジで!?


最近、ショップのWEBサイトからめっきり遠ざかっていたのですが、
まさか「ニンゲン」がアクアリウムシーンに流通していたとは!!
「・・・私を呼び寄せたのはコイツ等だったのか・・・。」
ある種、運命めいた物を感じずには居られませんでした。
そして、考えるよりも先に、私の人差し指が・・・。


(*-ω-)σポチ


そう・・・実は既に泳いで居るんです。

我が家の水槽に!!!


では、ご紹介しましょう。

我が家のニンゲンを!!
s09061703.jpg

生息域が「南極」という事で、水温に対する懸念もありましたが、
高水温への適性も持ち合わせているようです。
s09061704.jpg
そして、懸念された大型ヤッコとの混泳ですが、
入海直後は、お決まりの「体併せ」は有ったものの、
大きなトラブルもなく、比較的順調に行っていると思います(^^
他の魚の顔色を見て、空気を読んだ混泳が出来るみたいです。
この辺りは、ニンゲンという事でね。(上手い事言ったつもり)

・・・ただしこのニンゲン、
成長すると20~30m程度にまで育つそうで・・・。
また、衝動的に買ってしまった自分に対して、
ちょっぴり反省してしまった今日この頃でした。
みなさんもこの夏、ニンゲンの飼育に挑戦してみませんか?


今日のベニゴンベ
s09061705.jpg
「元々、エイプリルフールネタだったらしいよ。」

ニンゲンに関して詳しくは→こういうサイトとか。


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ネタ枯れ劇場3rdシーズン「自分らしさをアピっちゃえ♪」

ネタ枯れ劇場3rdシーズン「自分らしさをアピっちゃえ♪」

今回は読み切りです。


はじめまして♪
私、クリプトカリオン=イリタンスって言うんだ、宜しくね♪
あ、難しいよね?長いよね?ごめんね、テヘ♪
あのね、こういう風にも呼ばれてるんだよ?

白 点 病

えっ?それなら聞いた事有るって、うそっ!ホントに♪
わたしって、もしかして有名人??ヤダヤダ、ちょっと嬉しいかもぉ
えっとね、わたしの事、ハクちゃんって呼んでね。
あ、「吐く」じゃないよ「白」だよ?ゲロじゃないんだからね?

そうそう私ね、兄弟がいっぱい居るんだよぉ。
う~んとね、だいたい200人くらいかな?
お友達もみんな、兄弟100人とか200人とか居るんだ♪
でね?わたしたちってみんな、お魚さんの事が大好きなのね?
お友達のテンちゃんとも、いっつもお魚さんの話ばっかだお。

テン「ねえねえコレ、見た?今月の「HAKUTEN」」
ハク「見た見たぁ~♪表紙のトゲチョウ、超イケメン♪」
テン「ちょwwあんた「チョウ」が「超」とか、マジうけるんですけどぉwww」
ハク「もーやだぁー、そんなつもりじゃないってばぁーー!」
テン「見てみ?特集記事!」
ハク「夏色コスメで他の仔に差を付けちゃえ!
   積極アタックで、あの魚にKI・SE・Iしちゃうぞ♪」

テン「キャーーー!!わたし、トゲチョウさんにアタックしちゃお!」
ハク「ちょっとぉ!私のトゲチョウさん、取らないでよぉ!ぷんぷん!」
テン「でもさ、ハクちゃんの恋愛運んとこ、見てみ?」
ハク「えっと・・・えーー!!恋のライバルは数千匹ぃ??」
テン「ラッキーアイテムは、硫酸銅だってぇwww」
ハク「えぇ~!!もうヤダ!何それぇ!!!」
テン「ほらほら、丁度良いの載ってるよ?
  「あなたは銅イオン派?それとも硫酸銅派?」ってwww」

ハク「もうちょっと!バカにしないでよテンちゃん!」

もう!テンちゃんったら、いっつも意地悪言うんだから!
でね?テンちゃん、本気でトゲチョウさんにアタックするって言うんだよぉ?
でもでも、私だって負けてらんないんだからっ!

へへへ、わたし、ちゃあんと予習してきたんだらかね?
じゃーん秘密兵器♪
「気になるあの魚の粘膜を突破する100の方法」
この、ハウツー本で、もう予習は完璧なんだ♪
んでんで、今日こそ、トゲチョウさんにアタックしちゃうもん!
・・・って言ってたら、来た!トゲチョウさんだぁ
れれれ??何だかトゲチョウさん、元気ないみたい??

テン「おーーい、ハクちゃんも早くおいでよーー」

って、あーーーー!ヤダもうっ!
テンちゃんったらズルい!本当に抜け駆けしちゃってぇ!!
もうトゲチョウさんの粘膜にとりついちゃってるよぉ

ハク「ふえぇぇぇぇ~~!まっ、待ってよテンちゃん!!」

でもって、もうっ!信じらんないっ!
良く見たらトゲチョウさん、いーーっぱい寄生されちゃってるぢゃんかぁ!
でもでも、私だって負けてらんないんだからね!

えーーーーい!!ぴと。

えヘ、へへへへ、私、上手くトゲチョウさんに寄生出来ちゃったみたい
しかも、トゲチョウさんったら、さっきからずっと息が荒いの。
もぅ・・・もしかして、もう興奮しちゃってるの??
ヒレなんてずっとパタパタしちゃってるし、
体ゴシゴシこすりつけちゃってるし、我慢出来ないみたい
いつものクールなトゲチョウさんからは想像出来ない姿よね♪
そんな野性的なトゲちょうさんもス・テ・キ

でも、トゲチョウさん、
トゲ「お前ら、どっか行けよ、マジうざいから」
なんて言うんだよぉ?ひっどぉーーーい!!
ふーーーんだ!別に、トゲチョウさんなんて好きじゃないんだからね!


・・・・ウソだもん、大好きだもん!!


えっと、こんな時は・・・っと、
「息が上がったらもう一押し!彼のハートは落ちたも同然!!」
だったよね??よぉーーし!ハク、がんばっちゃうもん!!

よーーーーーーいしょっっっと!!

やったぁーーーー!トゲチョウさんの粘膜突破しちゃった、テヘ♪
わたしだって、ここって時には積極的になっちゃうんだからね?

テン「ハクーー、おいでよーー!!こっちこっちーーー!!」

あっ!テンちゃん!テンちゃんも粘膜突破してたんだ。
悔しいけど・・・良かっただってテンちゃん、お友達だもん♪

テン「ねえねえ、これ先月のスイーツ特集に載ってたやつだよ?」
ハク「え?どれどれ??」
テン「ほら、この「トゲチョウ・ラテ」っての、そうじゃない?」
ハク「わぁホントだぁーー!!」
テン「マカロン持ってきたんだ。いっしょに食べよ♪」
ハク「わーい!ありがとぉ!わたし赤にするぅー!」

トゲチョウ・ラテ、美味しくっていっぱいおかわりしちゃった♪
このカフェ、お友達でい~っぱいだったよぉ♪

テン「そろそろ帰ろっか?」
ハク「うん、そうだね♪」

エヘヘ、今日は憧れのトゲチョウさんに、精一杯アピっちゃった
トゲチョウさんにバイバイしようと思ったんだけど、
疲れちゃったのかな?トゲチョウさん、寝ちゃったみたい☆
寝息も聞こえない位に、ぐーーーっすり眠ってたんだよ、カワイイ

テン「ねえねえ?このあとどうする?
   前さぁ、「隠れ家的シストで優雅に休眠」って、やってたじゃん?
   ハクちゃん、あれで休眠してみたいって言ってたよね?
   わたし的には、今月号に載ってたデコシストもカワイイんだけどなぁ♪」

ハク「どっちでも良いよ♪」

テンちゃんって、ホント物知り屋さん。
マイペースで、時々ケンカもしちゃうんだけど、
こんなおっちょこちょいなわたしの友達でいてくれるんだ☆
これからも、一緒に泣いたり笑ったり。

ずっと仲良しでいようね♪





ネタ枯れ劇場3rdシーズン「自分らしさをアピっちゃえ♪」

~ お 糸冬 い ~


CAST
ハク:クリプトカリオン=イリタンス
テン:クリプトカリオン=イリタンス

エンディングテーマ
ELLEGARDEN「スターフィッシュ」


~お知らせ~
今回、劇中で眠りについたトゲチョウさんと、
我が家のトゲチョウさんは、別のトゲチョウさんです。
うちのトゲチョウさんはとても元気です(^^

09060101s.jpg   


おしまい。









我ながら、今回のネタはひどい。




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

王子その後

仕事帰りの地下鉄で、座席に腰掛けて雑誌を読んでいました。
すると、ふと感じるただならぬプレッシャー。
そのプレッシャーの主を探ってみたところ、
隣に座ってた40半ば(目測)のおっさんが発信源でした。
そして、あろう事かこのおっさん、
私が読んでる雑誌を覗き見しているではありませんか!
しかも、これがまた相当なアグレッシブさで、
覗き込む・・・と言うかもう、ガン見。

これには正直、イラっと来ました。




「いい加減にしろやコラァアア!!!」




・・・昔なら、このくらいの暴言を吐いてたシチュエーション
で す が。
最近じゃ私もすっかり丸くなったもんで、
「おっさんも、悪気が有る訳じゃないしね。」
と、鷹揚な気持ちで看過する事にしました。
「おいおい、俺、ふところ深過ぎだろコレwww」
と、若干自分に酔っていた事も事実です(^^;

もはや覗き見というレベルは超越し「一緒に読んでいる」
と表現した方が相応しいほどに、堂々と読み耽るおっさん。
それすら許容出来る俺「とっても大人!!」と悦に入りながら、
次を読もうとページをめくったその刹那・・・。
お「あぁっ!!」
私「ぇえ!?」





お「あ・・・あの、その・・・す、すみません・・・。」
私「・・・・・。」





お「・・・・・。」
私「・・・・・。」





お「その・・・・・続きが
私「買えよ。」




・・・さて「とっても大人!!」と言えば、
上手くバランスを取って、周りと協調が出来る事、
これ、大人である事の重要な要素の一つだと思います。
心身共に成長し、分別も付いてこそ大人ってもんですよね(^^
今日は、我が家の水槽で、最近周りと上手く協調が出来て、
大人の階段を上りつつある個体を紹介したいと思います。

09060501s.jpg
かつての屁タレ王子のウズマキです(^^
我が家に来た当時は、ウズマキウズマキしてた個体ですが、
その後は水槽にも上手く調和して、
最近、目に見えて変態になって来ました。

まずは、我が家に来た当時の画像はコチラ!
09051501.jpg
・・・・すみません、間違えました(^^;

単独で貼っても分かりづらいので、
ビフォーアフター並べて貼ってみる事にしますね。



090605021s.jpg
そうそうそうそう、8ヶ月経ってね、こう随分とふっくら・・・。
・・・くどいって思いますよね。ええ、分かります。

それでは気を取り直して・・・。

090605022.jpg
ね?それなりに、地味~にですが変体が進んでますでしょ?
若干ですが、ウズに乱れが始まっていますし、
口元とか背びれとか、これまた若干ですが白んで来てません?
え?まだ分かりづらいですか?
え~っと、じゃあ、下の画像クリックしてみて下さい。
ウズの部分の拡大画像が出ます。
悪い事は言いません、絶対にクリックしてみてください。

ね?確実に変体始まってますでしょ?

・・・・・・。

そんな王子ですが、以前は大型ヤッコを向こうに回して、
逃げ回るばかりだったのですが、
最近は、アズファー相手にも物怖じしなくなりました(^^
これは、王子自体が水槽に馴れたのも大きいと思いますが、
それよりも、存在が空気化した・・・といった感じです。
周りが馴れたと言うか、相手にしなくなったというか(^^;
090605035s.jpg
アズファーを威嚇する王子の図

もう・・・立派になっちゃって(ノεT)グスン
今度こそお母さん、王子のためにお赤飯を炊こうと思うの。
そう、それと、そろそろ王子に、
「変体してきてるね!」って言ってあげて!
あの子ね、絶対喜ぶと思うの!絶対に、喜ぶと思うの!


と、これからの成長が楽しみな王子でした。


今日のベニゴンベ
09060505s.jpg
「しょうもねぇなぁオイwww」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

スカンクその後

GWの終わりごろ、紆余曲折を経て我が家にやってきたスカンク達ですが、
あれから二十日ほど経過してどうなったかと言うと・・・。
09060301.jpg
唯一、このヒゲチラリズムだけが、存在の証明です。
相変わらず、2匹仲良く引き籠もったまま生活しています(^^;

この場所、関サバ水流(OFからのリターン)と、
水中ポンプの水流が衝突して、渦を巻く場所なのですが、
各々の水流に乗って、餌やUKが流れ着く場所でもあります。
0906030211.jpg
なので、石組みの内っかわに居ても、おこぼれには与れるらしく、
何とか食うには困っていないみたいで、
餌を打った時は、ヒゲチラリズムの動きが活発になります。
こんな状態が入海以来ずっと続いている訳で、
「お腹空いたら表出てくるのでは?」
という、キーパーの淡い期待は、海の藻屑と消えたのでした。
そう、マリンアクアだけに。(←ここ、笑うところ。)

と言うかコイツら、餌が流れてくるのを分かってて、
あえてこの位置で引き籠もってるんでしょうか?
キーパーの思慮深い兵糧攻め作戦を、あざとくもかいくぐるとは、
なっ・・・なかなか賢いじゃないか!
エビのくせに、生意気な!


さて、しかし、毎日決まった時間になると勝手に餌が流れてきて、
とりあえず、働かなくても食うには困らない・・・・。
これ、どっかで聞いた事有りますよね(^^;
あれですよ、ニートですよコレ。

なまじっか「ニート」なんてカテゴライズをしちゃうから、
ある種、社会的に認知されてしまってる気がしてならないのですが、
プータローと何か違うんでしょうか?
プータローを細分化しただけな気がしなくもないです。
あ、でも、「ニートやってるのにも、それなりの理由がある」
なんて、言いますよね?
確かに、一方的な決めつけ、コレは良くないと思います。
人間誰しも、生まれながらにニートだった訳じゃなくて、
結果というものは、それに至る過程の集大成にしか過ぎません。
ですから、それ相応、汲むべき理由があるのかもしれませんよね。
そう、だからこそ、この若いニートエビ達の声にも、
耳を傾けてみる事が大切だと、そう考えたんです。

スカンク初号機談
09051202.jpg
「って言うかぁ、ここの水槽、マジやばくないっすか?
 なんつうかぁ、いきなり超ビッグなヤッコとかぁ、
 クリーニングしろっつってきてもぉ、
 マジパネェ怖さっすよ、コレ。
 あんなの平気でクリーニングしてるソメさんとか、
 ガチでリスペクトっすよねぇ。
 ロックっすよねぇ。」


スカンク弐号機談
09051201.jpg
「つーかぁ、水合わせ中に一匹死んじゃったんすよ。
 あんなのマジ洒落んなんないっすよ、パネェっすよ。
 一匹だけ、落ちるとか、目立ちすぎっすよ。
 色んな意味でスターっすよねぇ。
 あれ?俺、何か上手い事言っちゃいました?
 でも、大型ヤッコとか超怖すぎっすよねぇ。
 大型ヤッコだけにぃ・・・・・・。
 いや、オチとか無いんすけど。」
 

・・・と、まあ要約すると、とにかく大型ヤッコ達が怖くて、
とても表にでられたもんじゃないと、そんな所でしょうか?
要するに「社会の荒波に揉まれるのが怖くて表に出られない」と、
そう言っている訳ですよ、このDAIG・・・もとい、エビ達は!!

甘い!!!甘すぎるよ君たちは!!

この世の中、困難を伴わない成長なんてあり得ません!
自分に自信が持てないって?そんな事は当たり前ですってば!
初めから自信に満ちあふれた人間なんて、
一握りの天才か、それともその真逆か、それだけだから!
全く、怖い怖いって、最近の若いもんは甘い事ばっかり言っ・・・

09060302.jpg


09060303.jpg


09060304.jpg

これは怖いわ。

タンクメイト達も、スカンクが引き籠もっている事を知っているみたいで、
しきりに、クリーニングを要求しにやって来ます。
そしてスカンク達と言えば、怯えるばかりで全く仕事をしません(T_T)
でも、これだけ大きな魚がガンガン来たら、
それはやっぱり怖いですよ。仕方ないわコレ。

でも、先日ショップに行った時に、
大型ヤッコやらチョウやらがごっちゃごちゃに泳いでた水槽で、
平気な顔して歩いてたんですけどね、スカンク。


・・・・あ。


そう言えば、一つ思いだした事が有りました。
先日見た、そのスカンクの販売水槽なんですけど、
確かに、魚がうじゃうじゃ泳いでたんです。
そして、その中を平然と闊歩切って歩いてたスカンク達・・・。

そう、スカンク

魚、確かにいっぱいいました。
でも、それ以上にスカンクもうじゃうじゃ居たんですよね。


・・・・増やせという事か。


今日のベニゴンベ
09060306.jpg
「ウィッシュ♪」



おしまい

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。