スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリンアクアな秋

いよいよ暑い夏も盛りを過ぎ、季節は秋へと移ろおうとしています。
秋・・・そう、私たちマリンアクアリストにとって、
秋と言えば「死滅回遊魚」の季節ですよね(^^
そんな訳行ってきましたよ!まずはこちらをご覧下さい!!

写りが悪いですが、定番のオヤビッチャ
IMG_42800.jpg


そして、コイツも定番カゴガキダイ
IMG_42750.jpg


そして、これは嬉しい!ハタタテダイです(^^
IMG_42740.jpg


ショップの販売水槽では定番のハタタテダイですが、
こういう所で見つけると、とても新鮮に見えます(^^
しかし、自宅の水槽では考えられないほどの魚影の濃さで、
手をの延ばせば簡単に採取出来そうな距離でした。
その魚影の濃さ故か?立ち替わり入れ替わり人が訪れていました。

・・・ただし、今回は、目の保養だけに留めておきました。

というのも、ここを管理している団体が非常に目ざといそうで、
小魚1匹持ち出すにも、かなりの勇気が必要なんだとか。
さすがに、そんなリスクを冒してまで採取する気にはなりません。

そして、実はここ愛知県なんです。

それなりに・・・というか、とてもメジャーな場所ですし、
東海地方の方でしたら、名前くらいはご存じだと思います。

ここ。
IMG_42760.jpg
分かりますか?え?分からない??

ん~~~、そうですか、分かりませんか・・・。

う~ん・・・仕方ない!!

じゃあ、もうちょこっとだけ引いてみますね?


IMG_42770.jpg
まあ、名古屋港水族館なんですけどね。
ですので、いくら魚影が濃いからと言っても、
採取は多分NGだと思うので、注意して下さいね。

ちなみに、このタイドプール水槽ですが・・・
IMG_42780.jpg
何故か海水が滝のように注いでいます(^^;
何をイメージしたんでしょうか?


という訳で、もう何度目でしょう?名古屋港水族館へ行ってきたので、
今更ながら、マリンアクアリスト目線での名古屋港水族館レビューです。

まず、本来、名古屋港水族館のウリと言えば、
ダイナミックなイルカショーとか、鰯のトルネードとかなんでしょうけど、
マリンアクアリストが注目するのは、やはり疑似珊瑚礁水槽だと思います。

この水槽、一見、何が疑似珊瑚礁なのか分かりませんが、
1階、2階、3階から鑑賞出来る構造になっていて、各々、

1階→珊瑚礁外礁に沿ったドロップオフ
2階→珊瑚礁(内礁)
3階→珊瑚礁を海上から

IMG_43180-3.jpg
と、こんな具合で眺める事が出来る仕組みになっています。

1階ドロップオフ部
IMG_42820.jpg

2階珊瑚礁(内礁)
IMG_43080.jpg

3階珊瑚礁を海上から
IMG_43180.jpg
IMG_43180-2.jpg

※名称は、私便宜的につけました。

ただ「ドロップオフ部」と言いつつ、水深数m程度だったりとか、
「内礁」「ドロップオフ部」で魚の種類が全く同じだったりとか、
「珊瑚は当たり前に全部フェイク」だったりとか、
もちろん、つっこみ所は満載ですが、私としては、
「珊瑚礁の構造を模して、それを3層から見られるようにする」
というその心意気、私はそこを買っています。
きっとそんな事に気付くのは、アクアリストかダイバーさん位のもんで、
その他大多数の方は、その心意気に気付くはずも無いと思います。
そう考えながら、この「疑似珊瑚礁水槽」をながめていると、
まるで、ダイビングにでも来たような・・・・気にはなれませんけど、
その、コアな客層にもしっかりとアピールする姿勢、
「粋」
だとは感じませんか?


え?感じない?


むしろ考え過ぎ?


・・・そ、その、確かにそんな説明はどこにも有りませんし、
私が勝手に「疑似珊瑚礁」とか妄想しているだけですけど・・・。



えっと・・・。



そ、そうそう!もうね、あれですよ、ヤッコとか探しましたよ!

それでは、トミーが見つけた大型ヤッコギャラリーをお楽しみ下さい。

アデヤッコ
IMG_42970.jpg
パールマークくっきり!非常にキレイな成魚です。
うちのアデとは大違い・・・。

ワヌケ
IMG_42890.jpg
何故か、撮影していると近くまで寄ってきてくれました(^^

ロクセン
IMG_4287-20.jpg
私、ロクセンヤッコは何故か「男臭いヤッコ」というイメージが有ります(^^;


おまけのオニハタ
IMG_42990.jpg
うちのモッコリハタナシダイと大違い(^^;

この他にも、一般種ですがアクアリウムシーンに流通する魚がいっぱい。
そして、比較的どの魚も状態が良さそうで、発色も抜群です(^^
タンクサイズに由来(ストレス的な意味で)するんでしょうか?それとも水質?
このバカでかい水槽のバックヤードがどうなっているのか、
水質等がどうなっているのか、見てみたいし聞いてみたいです。

この他、もの凄い勢いで泳ぐ、丸々と肥えたミヤコテングハギを見て、
「美味そう」
と思った私は、アクアリスト失格でしょうか?

IMG_43000.jpg
この「疑似珊瑚礁水槽」のドロップオフ部の手前に有る円形の水槽ですが、
唯一、珊瑚が収容されています。(LPSまで。)
何だか、以前見た時よりも劣化した気がするのですが・・・気のせい?

そして、ちょっと看過出来ない水槽がひとつ!!
タテキンとウズマキを混泳させていて、
「幼魚時代と成魚で、こんなに模様が違います!」
と、見せているのですが・・・。
IMG_43020.jpg

石組みでウズマキが入れてタテキンが入れない洞窟の様な空間が作って有って、
タテキンのプレッシャーを受けたウズマキは、始終そこに引き籠もっているんです。
IMG_43060.jpg

そのせいか?ウズマキ、思いっきりHLLEになっちゃってます(T_T)
IMG_43040.jpg
ウズマキとタテキンを2匹だけの混泳、
成立させるために、てっとり早い方法なんでしょうけど、
もうちょっと何とかなりませんか、名港水族館さん!!
タテキニストのYっKっKさんが見たら、
激昂して管理棟に突撃して行きますよ!多分。
YっKっKさんが来館される前に、可及的速やかに対応される事をご提案します。

と、そんな名古屋港水族館でしたが、
魚乱舞の「疑似珊瑚礁水槽」は、見応え有りますが、
サンゴはLPSまでですし他の水族館と同じく、
魚屋さんならそれなりに楽しめる水族館だと思います(^^


今日のベニゴンベ
IMG_41410.jpg
「逃げて!名古屋港水族館の人!!」


おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

秋めいてまいりました。

ここ1週間くらいで、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。
夏の火照りや喧噪、それらを癒す秋の空気。
まだ、残暑厳しい折ではありますが、
アクアリストにとって心安らぐ季節がすぐそこに感じられます。
今年もなんとか、扇風機だけで夏を越せそうです(^^

しかし、暑さの誘惑に負け、スイカバーやガリガリ君を食べ過ぎて、
お腹を下した時期もありました!私が。
そして、あまりの暑さに、心が折れそうな時もありました。でも、
「出来ないじゃない、やるんだ!」と、ひたむきな姿勢で頑張りました。魚が。
前世代的と揶揄されがちな「根性論」ですが、今年も夏を越せたのは、
「努力と根性」の結実である事を紛う余地は有りません!魚の。

09’夏の総括 
魚→頑張った 
キーパー→腹こわした




IMG_44670.jpg
・・・さて、そんな今年の夏ですが、
お盆の頃、逝った魚と来た魚がそれぞれ一匹づつ。
まずは、逝ってしまった魚から・・・。

IMG_26780.jpg
飼育日数約1年3ヶ月、ソメワケヤッコが逝きました。
前日までは何の前触れも無かったのですが、
朝起きて水槽を見ると、そこには事切れたソメワケの姿が。
我が家で唯一となった小型ヤッコで、
餌の選り好みも無く、特に他魚との干渉も無く、
マイペースに生きる個体でした。
IMG_26740.jpg
このblogを始めた頃「小型ヤッコの混泳」を目標に掲げ、
連綿と続いた小型ヤッコの歴史がついに途絶えました。
・・・が、悲しんでばかりもいられません。
連続記録は金本に任せるとして、
やっぱり小型ヤッコ、1匹は飼いたいなぁと思う私です。


そして、ソメワケが逝ったのと時を前後して、
サマーセールに滑り込みで連れてきた個体が居ました。

先日の名古屋スイハイツアー時に、WARIOさん宅で見たジャイアントダムセル。
黒々としたボディに、蛍光ブルーの斑模様。
いかにも悪そうなスズメ然とした顔。
「こ・・・これは良い」と、密かに一目惚れしてしまいました。
そして、どうしても飼ってみたくなったのですが、
どうやら、とっても大きくなるそうです。
そりゃ、ジャイアントですからね(^^;
更には、ジャイアントなスズメだけあって、
性格がものすごいらしいです(^^;
でも私、ここで諦められるほど、もの解りの良い人間じゃありません。

至善がダメなら次善の策だ!

ジャイアントがダメならネオンダムセルだ!!

という事で、以前から少し気になっていた魚だったのですが、
スズメ熱に犯された今の私には直球ど真ん中な生体です。
悪そうな顔、黒基調の体に、白と蛍光ブルーのライン。
(大きくなったら消えちゃうみたいですけど)

・・・これは良い。

ネオンダムセルも性格は良くは無・・・・いや、悪いみたいですが、
大型ヤッコやチョウに対しては、種類も違えばサイズ的にも完敗。
やられる事は有ってもやる事は無いだろうと。
え?「逆にネオンダムセルがやられても良いのか!」って?
いえ、きっとネオンダムセルも、種類、サイズ的な問題で、
チョウやヤッコからは理由で相手にされないはずです。
ないしは・・・・そのまあ・・・値段的にm(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

その他、我が家の水槽でターゲットになりそうな魚と言えば、
先日追加したチビカクレくらいだと思うのですが、
そこはクマ雄が守ってくれるだろうと、それなりの確度が有りました。

そんな皮算用を胸に、
サマーセールで賑わうショップをハシゴに繰り出したのでした・・・・

・・・・・が。

探してみる以外と置いてないもんですね、ネオンダムセル。

デバ、ルリ、シリキにミツボシ、ミスジ、
あとはカクレを筆頭としたクマノミ類。
この辺りは、たいていどのショップもラインナップしていますが、
ネオンダムセルがなっかなか居ないんです(T_T)
居ない居ないと途方に暮れていた所、ふと目に飛び込んできたのが。
IMG_43700.jpg
ロイヤルダムセルです(^^

ルリっぽくて、シリキっぽくて、それでいてどちらでもない。
名前も「ロイヤル」とか、ちょっと良いですよね(^^
混泳の難易度的には、むしろ「やられる率」が高くなったでしょうか?

入海直後、案の定カクレ大から多少ツンツンやられてはいたものの、
それも入海後2~3日の間だけでした。
カクレ→フローパイプ裏
ロイヤル→石組みの間を適当に

と、各々縄張りも違う事から、そう大きな干渉も無く、
今は平和にやっています(^^
IMG_43590.jpg

しかし、フラッシュ無しではろくな写真が撮れない私ですが、
この魚、体色が著しくフラッシュに反応するので、上手く写真が撮れません(^^;
IMG_43680.jpg
本当は、もう少し落ち着いたメタリックブルーなんですけどね。

石組みの間を縫ってチョロチョロと遊泳する様は、
今までわが家のタンクメイト達には無かった動きで、とても新鮮です(^^


今日のベニゴンベ
IMG_41180.jpg
「ネオンダムセルも欲しいです。」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

なつやすみのおもいで

オッス、今晩は!

先週水曜日から夏休みで、三重の実家に帰省していました。
夏と言えば夏祭り、そして、夏祭りと言えば花火ですよね(^^
私の田舎でも、小さいながら花火大会が催されていました。
最近これでも、魚の撮影に少しだけ馴れてきた私ですから、
ここはいっちょ花火の画像なんて載っけてみて、
皆様に「涼」を届けてみようと、そう思い立った訳です。

夏の火照りを癒すように、夜空を彩る花火

華やかさと寂しさを孕んだ夏の風物詩


皆様へ私から、少し遅めの暑中見舞いです。
ほんの少しだけでも涼しさがお届け出来たなら、それだけで幸いです。
これからも、暑い日々が続きますが、
お体などこわさぬよう、どうぞ、ご自愛下さい。



090820010.jpg
たーまやー。



090820030.jpg
かーぎやー。



090820020.jpg
どーーーーん。


はい、という事でね、花火の撮影は難しいぞ、と。
※デジイチを使って撮影しています。

如何でしたでしょうか?
涼しくはなって頂けたんじゃないでしょうか、
ある意味。




・・・さて、5日間と短い夏休みではありましたが、
しっかりとアクアな出来事もありました。
そんな夏休みのアクアな思い出を振り返ってみようと思います。


~夏休みの思い出その1~
うんこがいっぱいとれたよ。

我が家では以前、プリズムを濾過槽に設置していたのですが、
設置位置の都合上、吸水口を濾材の中に突っ込んで使っていました。
「ストレーナー付いてるし問題ないだろ」
と思っていたのですが、吸水口のストレーナーが外れていて、
給水ルート中に小さなサンゴ礫が詰まっていたり、
砕けたサンゴ礫を大量に吸い込んだ形跡が有ったりと、
ポンプに相当な負荷がかかっていた事は想像に難くありません。
そして晩年、還元濾過BOXの投入ががとどめを刺し、
流量MAXでも全くスキミングの出来ないポンコツと化し、
納戸の奥でひっそりと隠居生活を送っていました。


そして月日は流れ・・・。


スキマーの有効性を再認識し、ネットでスキマーを物色していたところ、
なんと、プリズムの交換用ポンプが発売されているではありませんか!
その昔、プリズム爺さんが虫の息だった頃は、
プリズムの交換用ポンプなんて売ってませんでしたよ!

・・・やっぱり、「多分、売ってなかったような気がします」
くらいにしておきます。

いやはやしかし、プリズムの交換用ポンプだけが購入できるなんて、
何とまあ素晴らしい時代になったもんですね(^^
そして早速、交換用ポンプを購入し、
納戸で隠居してたプリズムを引っ張り出してきて、
ポンプを新品に交換して、久しぶりに水槽へセットしました。
それはまるで、故障明けのベテラン選手が一軍復帰したような、
そんな晴れ晴れとした姿でした。

そうですね、巨人で言うなら、ぼちぼち高橋由伸が(自重

還元濾過ボックスが入っているので多少心配していましたが、
しっかりとUKをスキミングしてくれています(^^
090820040.jpg
あ、グロくてすみません(^^;

ただ、流量のわりに、泡の量が少ない気がするのですが、
この辺りは還元濾過ボックスの仕業でしょうか?
いずれにしても、流量MAXにはまだ余裕が有りますから、
今回はスキマーとしての用は満たしてくれそうです(^^

そして、以前プリズムを設置していた時、色んな器具との取り合いで、
濾過槽に設置せざるを得なかったのですが、
さすがに同じ過ちを何度も繰り返すわけには行きません。

そんな訳で、

扇風機を若干ずらし~の・・・・。

照明を若干ずらし~の・・・・。


090820050.jpg
で、なんとかこの位置に収める事が出来ました(^^

スキマーを設置するために、隙間を作り出した訳です。
スキマーだけに隙m(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ



~その2~
おみずがぽたぽたたれていたよ。

090730090.jpg
扇風機2発で暑い日も安心な今年の夏ですが、その分蒸発量が半端無いです。
多い日で、足し水する事5~6リットル。
これ、日々の作業であれば大勢に影響無いとは思っているのですが、
帰省等で数日自宅を空けるとなると話は別です。

2日で10~12リットル、
3日なら15~18リットル、


これは精神衛生上、あまり好ましくありません。
数日家を空ける時は、多目に水を足しておくのですが、
それでもOFラインを考慮すると、
せいぜい4~5リットル程度足すのが限度でしょうか?。


で す が


そんな事態は想定の範囲内です。
伊達に3シーズン、扇風機だけで夏は越していません!

無くなるのなら補えば良い。

そう、ただそれだけの事です。
4度目の夏越え。
そのノウハウに裏打ちされた完璧無比な給水マシーン。
これが有るから私は、安心して外出出来るというもの!

それでは紹介します、
高機能型給水器「足し水君ver1.3」です!!
090820060.jpg

コックを微妙にひねりつつ、
2~3秒に一滴の割合でしずくを垂らします。
これで、だいたい1日3~4リットルくらい補えるんです!
(↑この辺りがノウハウに裏打ちされたとこ。)

ですが、驚くのはまだ早い!
この給水器、真に素晴らしいのは・・・
0908200700.jpg
コックの基部から給水されるというオプション機能付き!
こ、これはすごい!
しかも、しっかりとコック開度に連動して漏れるんですよ?!
え?コーキングが甘いだけだろって??

ニホンゴヨクワカラナイ。

その他、ほぼ満水なのに何故か急に給水しなくなったり、
かと思ったら、すごい勢いで給水しはじめたり、
そもそもプラケの容量が6リットルくらいしかなかったりと、
安心するために設置しているのに、
何かと心配ばかりさせる憎いヤツです!

「もう、あんなやつヤダ!・・・でも、私が居なきゃダメなんだ。」
と、ダメな恋人相手にそんなセリフがポロっとこぼれちゃうあなた!
是非ともお薦めしたい逸品です。

そして、マンネリなアクアライフに飽き飽きなあなた!
「足し水君ver1.3」で、刺激あるアクアライフを送ってみませんか?


~その3~
てんねんかいすいをくみにいったよ。


帰省中、せっかく紀勢まで帰省してたので、天然海水を汲んで来ました。
あ、ここ、笑う所ですからね??
え?どこで笑っていいのか分からなかった?
いや、だから「紀勢」と「帰省」で「きせい」にk(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

今回は、事前に尾鷲の採水ポイント教えて頂いたので、
そこまで遠征するつもり満々で、
「尾鷲まで水を汲みに行く!」
と宣言したところ、どうも不協和音を奏でそうな雰囲気だったので、
空気を読んで、距離にして約半分の紀伊長島に目的地を変更してみました。
「同じ熊野灘ですし、伊勢湾で汲むよりマシだろう」
と、安直な考えです(^^;
そして、以下の条件で採水ポイントを探すことにしました。

①潮がよく動く日(大潮が最良?)
②極力、外海に面している場所
③河口が近くない場所
④人が少ない場所


①については、期間中一番潮が良さげだった若潮の日に決定。
そして②~④の条件を満たす採水ポイントを探すため、
「海岸線を車で移動→適当な場所で堤防によじ登る」
を何度か繰り返し「ここ、良いんじゃない?」
というポイントを何箇所か発見しました。

・・・が、②~④の条件を満たす所って、
一寸間違ったら死ねそうな場所ばっかりなんですよね(^^;

今回採水に持って行ったのは、23リットルのポリタンク2個です。
これを海水で満たすと、20kg/個ちょっとの重量になる訳です。
それを踏まえて・・・。

採水ポイント候補発見

汲める位置まで行ってみる
↓    
20kgのポリタン抱えてテトラポットや岩をよじ登るイメトレ

たぶん滑落

と、脳内シミュレートでは、かなりの確率で大惨事に至るわけです。
さすがに、海水汲みに行って滑落では、死んでも死にきれません。
まあ、ある意味伝説のアクアリストにはなれそうですけど・・・。

そして、幾つかの妥協とシミュレートを重ねた結果、
お盆&空模様のおかげで人が少なかった浜辺の隅っこで、
無事、採水完了しました(^^
090820080.jpg
と、そんな訳で、約40リットルの天然海水です(^^
それなりに潮も動いていましたし、目視出来る様な物理的なゴミも無く、
今でもテイスティな香りを醸していますから、
とりあえず今週末辺りに換水してみようと思います。

そして、今回、採水ポイントを決定するのに最も重視した条件、
それは・・・。

⑤車が近くまで寄れる事。

でファイナルアンサー、これ、非常に重要です(^^;
20kgのポリタンが重いのなんの・・・。

それにしても、方々回ってああだこうだやっている時間が有れば、
尾鷲まで汲みに行く時間が充分有ったんじゃないのとか、
そんな事実には気付いてはいけません。
いや、本当に。


と、以上、夏休みの思い出でした。


今日のベニゴンベ
090820090.jpg
「尾鷲余裕で行けたなwww」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

小銭とアケボノチョウ

今朝の出来事です。
職場の自販機で缶コーヒーを買おうと、小銭を探りました。
ですが、財布には生憎、缶コーヒーが買えるだけの小銭が有りません。
仕方ないので自販機に、千円札を流し込んで缶コーヒーを購入、
釣り銭のレバーを捻りつつ、釣り銭の返却音に耳を傾けていました。

1000円 - 120円 = 880円
100円×8回 
 50円×1回
 10円×3回 合計13回


つまり、13回小銭の「カシャン」という音を聞く事になるんだな、と。
「朝から煩わしいけどけど、まあ仕方ないか。」
と思いつつ、釣り銭の返却音に耳を傾けていました。


カシャン

カシャン

カシャン



実質、ほんの短い時間だとは思いますが、
こういう非生産的な時間はやたら長く感じます。


カシャン

カシャン

カシャン


~略~


カシャン

カシャン

カシャン



ってあれ?明らかに長すぎる気がするんですけど・・・。


カシャン

カシャン

カシャン

カシャン

カシャン

カシャン


カシャン。

・・・そして、最後の「カシャン」を聞いた私は、
恐る恐る釣り銭の返却口に手を伸ばしたのでした。

すると・・・。

100円×4回 
 10円×48回
 合計52回

もうね、朝からどんな嫌がらせかと思いましたよ。
10円玉48枚とか、本当にありがとうございました。
これで当面、小銭には困らなさそうです。

しかもですよ?べつに釣り切れって訳でもなく、
次の人、普通に釣り銭出てきてるんですよねこれが。
自販機になめられたという事ですよね、分かります。
もう二度と、あの自販でコーヒーは買わないんだからね!!

朝から、本気で切れました自販機に。


・・・さて、小銭だらけと言えば、今を遡る事1年4ヶ月前、
小銭だらけの財布をかかえてショップに繰り出し、
買って来たのがアケボノチョウでした(^^
090810010.jpg
雑食性で安価、最もポピュラーな部類に入るチョウチョウウオです。
名前に由来する、曙色の・・・・
って、良く考えたらアケボノチョウって、曙色してませんよね?
※参考までに曙色→
090810020.jpg
でも、この、白いボディから背中の黒を経て、
背びれの黄色い縁取りに至るカラーリングが「水平線に望むサンライズ」
つまりは「夜明け=曙」に見えなくもありませんよね(^^

・・・え?見えない?
いえいえ、よく見て下さいよ?そんなふうに見えませんか?
黒いとこが、水平線で、黄色いところが、太陽で、
え?やっぱり見えない?う~ん・・・・そうですかね?
私にはそんな風に見えなくもないんですけど・・・。
そうですか・・・やっぱり見えませんか・・・。
・・・ですよね、確かにそうですよね。
ですね、何で水平線が黒いんだって話ですよね。
確かに、黒と白が逆ですよね、ええ、分かります。
・・・って、え?
やっぱり見える?見ようによっちゃ見える??
そ、そうですよね!見えますよね!ね!
やっぱり見えま・・・・
・・・って、あれ?そうですか?そんなふうに見えますか?
いやぁ~~、見えますかねぇ?私、見えませんけどねぇ?
あ、でも、見ようによっちゃそう見えますし、
見えないっちゃ見えないし・・・って、ああ気になる!!
もう、気になって気になって夜しか眠れません!!


さて。


曙に由来する(のか?)カラーリングが、
とても魅力的なアケボノチョウなのですが、
夜間は少し面白い事になっています。
090810030.jpg
これ。
夜間、照明が落ちると警戒色になるんです。
購入して間もない頃は、
「まだ水槽に馴れてないから、消灯に驚いて警戒色になってるんだ」
と思いこんでいました。
そして、いつか水槽に馴染んだ頃、夜でも警戒色じゃなくなるんだと、
そんな風に妄想していたんです。

1ヶ月が過ぎ・・・

半年が過ぎ・・・

1年が過ぎ・・・


さすがに、この頃になるとそうじゃない事位は分かりました。
どうやらアケボノチョウって、夜間は警戒色になるみたいです。
090810040.jpg
・・・今だからぶっちゃけますけど、
飼育半年目くらいの頃、アケボノチョウネタで記事を書いていたんです。
9割方書き終わった段階で、下書きして保存しておいたのですが、
加筆してアップしようと思った矢先、何故か記事が消えてしまいました。
当時は、あまりの喪失感に、同じ内容の記事を再度書く気にもなれず、
泣く泣くお蔵入りしたネタだったのですが、今思うとその内容が、

「半年経っても夜は警戒色。
 なんてチキンなアケボノチョウ!」


とか、そんな内容の記事だったように思います。
思いますって言うか、そんな内容の記事でした。
そして更には・・・。

「曙だけに、夜が怖いんですね!」

とか、これがオチな訳ですよ。
ひどいですよね、オチなのに、落ちていませんよね。
イマイチな上に、壮大な勘違いをしている事が分かりますよね。
よく考えたら「夜が怖い魚」ってなにそれ?
昼間、まわりにあれだけ大きな魚が群れてて、
そっちの方がよっぽど怖いって話ですよ。
「どうしようもないヤツだな、アケボノはwww」
とか思ってましたが、どうやら、
どうしようも無いのは私だったみたいです。

・・・と、思い出しただけで失神出来そうな逸話です(^^;
当時は、「FC2爆発しろ!」位の勢いで怒り狂っていましたが、
今となっては、FC2ありがとうと言わざるを得ません。
ありがとうFC2!記事を落としてくれて!!
そう、まあ、あれですよ、要するに、

ネタは落ちずに、記事が落ちてしまいました。

という事で・・・・・落ちました?



今日のベニゴンベ
090810050.jpg
「水曜日から夏休み頂きます。」




おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

スカイアクアリウム

前回記事にしたLEDは、通信販売で購入したのですが、。
おまけ(?)でこんなものが同封されていました。
09080301.jpg
スカイアクアリウムⅢのチラシです。
詳しくはスカイアクアリウムのHPで→ココ

普段なら、
「へぇ~、やっぱ東京さは、ステキなイベントあんべなぁ。」
とか言いつつ、そのまま丸めてゴミ箱ポイなのですが、
今回は、若干食いついてしまいました。
と言うのも、8月末に東京出張が予定されているのですが、
行程的に若干余裕が有るので、
「どっか、寄り道して行こうかな~」って思ってた所だったんです(^^
「お台場へガンダムを見に行く」で決まりかけてたんですが、
このチラシを見て、何かこれも有りっぽいぞ、と。

ただ私、根っからの田舎者なので・・・。
道頓堀の人混みを見て、タコ焼き屋の兄ちゃんに、
「今日、祭りですか?」と聞いてみたり、
新宿の丸井の目の前まで行って、
「マルイってどこですか?」と聞いてみたり
※マルイのロゴを見て「オイオイ」だと思いました。
oioi.jpg
参考までに↑マルイのロゴ
そんな類の武勇伝には事欠かない私です。
だからその・・・。


六本木ヒルズって、東京駅から近いんですか??


もう、土地勘というか距離感というか、
そういうのがサッパリ分かりません(T_T)
ネットで調べてみると、近そうな気はしますけど(^^;

このイベント、過去にも2回開催されていますね?
でも、この手のイベントって、
アクアリスト目線だと、微妙だったりする可能性も有りますし・・・。
これがもし、近所で開催されたイベントでショボかったとして、
「ショベぇな、オイ」で済むのですが、
さすがに東京まで行って微妙だった場合、
帰りの新幹線で荒れるかもしれません。

ただ、もの凄くマニアックな物を求めてる訳でも無くて、
大きな水槽に魚がたくさん泳いでて、それなりに「すごいじゃん!」
って思えればそれだけでOK、細かい事をいうつもりは無いんです。
「天空に浮かぶカリビアンブルー・ホール」とか言っといて、
いきなりニモやドリーが泳いでても文句言いません!
ポニョがどうとかって言ってても文句言いいません!
そして、クイーンが居なかっ・・・・・たら、
・・・さすがに、ちょっと文句言うかもしれません。
フレンチはきっと居ますよね、チラシに載ってますし(^^
グレイが居たら褒めてあげようと思います。

協賛に色んなアクアメーカーやショップが名を連ねていますし、
それなりに期待の出来るイベントなのかな?とも思っています。
そして何より、HPを見て私の期待値は高騰しているのです。
と言うのも、スカイアクアリウムのHPでは、過去に開催された
スカイアクアリウムⅠとⅡのHPも閲覧出来るのですが、
それぞれのHPのヘッダー画像に・・・。

スカイアクアリウムⅠ
sky10.jpg


スカイアクアリウムⅡ
sky20.jpg


スカイアクアリウムⅢ
sky30.jpg
おわかりでしょうか?何故か一貫してペルクラが登場しているのです。
これ、初見では「ふーん、ペルクラねぇ」と、
深く考えずにスルーしてたいのですが・・・。


「待てよ!?」


※以下、勝手な妄想が始まります。

このイベント、アクアリストだけをターゲットにしている訳じゃなく、
「カフェで涼しげな魚達を見ながらドリンクでも如何?」
てな具合で、非アクアリストをも取り込もうとしていますよね?

という事はですよ?

非アクアリストが抱く海水魚のイメージって何でしょう?
そう、ニモですよニモ!!
「だったらさ?手っ取り早くニモとか載っけちゃいなよ!」
と、こうなる訳ですよ。
でも、スカイアクアリウムのHPで、歴代採用されているのはペルクラ。

ここまでの流れを、恣意的に整理してみると・・・。

非アクアリストにアピールするには?

ニモ

ニモが住んでる所は?

グレートバリアリーフ

グレートバリアリーフに住んでるのは?

ペルクラ



な る ほ ど そ う 言 う 事 か ! ! 


非アクアリストにはニモでアピールしておいて、
実はちゃっかりペルクラをチョイス。
この辺り、私の推測では、企画者サイドに、
「グレートバリアリーフに生息しているのはカクレじゃなくてペルクラ」
これを把握している人間・・・・。
そう!マリンアクアリストが居るという事になります。

つまりはこういう事です。

どうだい?地味な所でマニアックだろ?
一見、単なるオシャレイベントに見えるけど、
実はマリンアクアリストだって、
ビックリするくらいに楽しめるイベントなんだぜ?
こんなマニアックな俺がやってんだからな!

すんげー楽しみじゃね?

うん、ものっすごい楽しみ!!

っていう、無言のメッセージですよね、これ??
ペルクラの裏に隠された、壮大なメッセージに気づいた途端、
スカイアクアリウム、もんのすごく行きたくなってしまいました。


現在の寄り道確率は・・・。

ガンダム45%
スカイアクアリウム30%
東京ショップ訪問25%



・・・さて、どうなる事やら(^^

※東京駅から電車で30分圏内で、
 オススメショップが有ったらご教示下さい!!!




今日のベニゴンベ
09080302.jpg
「深読みし過ぎだと思います。」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。