スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南知多ビーチランド

先日、名古屋港水族館レポートを記事にしたばかりでしたが、
この週末は「南知多ビーチランド」へ行ってきました。
090908010.jpg
この施設、水族館とおもちゃ王国(子供の遊戯施設)が併設されていて、
水族館も、ペンギン、アザラシ、イルカ、ウミガメなど、
海獣とのふれあいを売りにしていたりと、
どちらかと言うと、子供にウェイトを置いた施設です。
出来れば、大人のおもちゃ王k(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

・・・ですが、マリンアクアリストたるもの、
そこに「海水で満たされた水槽」が設置されている以上、
全身全霊を持って観察するのが流儀というもの。
という訳で今回は、マリンアクアリスト目線で見た
「南知多ビーチランド」レポートです。


「海洋館」と銘打たれた南知多ビーチランドのメインパビリオン、
入館して直ぐのエントランスに4~5本の円柱水槽が設置されています。
そして、入口直近の円柱水槽に収容されているのが・・・
090908020.jpg
フレンチ
悪そうな顔してます(^^;

090908030.jpg
ワヌケ
水族館って、ワヌケが居る率高くないですか??

090908040.jpg
アズファー
勝ったな(^^

この3匹をメインに、シリキを散らした大型ヤッコ混泳水槽です。
いきなりこの3種混泳とは、チョイスが玄人好みです。
やるな南知多ビーチランド。

でもほら何というか、大型ヤッコを混泳させるならですよ?
もっとこう、非アクアリストに対しても知名度が高いね?
ほら、黄色と青のシマシマのがね、居た様な気がするんですけどね?
タテジマなんとか・・・って、居ましたよね、そういうの。
そして、このほかの円柱水槽には、


090908050.jpg
ドリーの大群が居たり


090908060.jpg
イトヒキテンジクダイの大群が居たり


090908070.jpg
カーリーの大群が居たりします(^^

いやいや、どの水槽もとても見事です(^^
最後の以外は、自宅の水槽ではなかなか維持が難しいですよね。
ナンヨウハギを見ていると頭の中で、
室井滋の声が再生されるのは私だけではないと思います。

あ、そうそう、
090908080.jpg
もちろん、お決まりのカクレとイソギンの共生水槽も。


そして円柱水槽と同じフロアには、沈没船に水槽をはめ込み、
ちょっとした沈没船ダイビング気分が味わえるコーナーが有ります。
そこには、

090908090.jpg
ウツボとか

090908100.jpg
ハナダイ、ハナゴイとか

そして、この沈没船コーナーで気になったのが、
「フルサイズガンガゼが一匹だけ単独で入っている水槽」でした。
何故かその水槽だけ上蓋がフルオープンになっていて、

「触れないで下さい」と注意書きが有りました。

大人の腰ぐらいの高さに設置されていて、しかも上蓋フルオープン
他の水槽は、蓋が開けられる構造にすらなっていないのに。
あからさまに「手を入れてみて下さい」と言わんばかりに。


でも「触れないで下さい」と注意書きが有りました。




・・・「振り」という理解でOKですか?

何というかもう、とってもブラックユーモアですよね。
この水槽を前にして、地味にニヤニヤしてしまいました。
こういうアメリカンなノリは嫌いではありませんが、
ここは生真面目な国、日本だと言う事を忘れてはいけません。
そして、写真を取り忘れた事が、悔やまれてなりません。

さて、そんなブラックユーモア満載の沈没船を後にして、
次に向かったのは「大型水槽」と銘打たれた大型水槽です。

この水槽、主にロウニンアジやツバメウオが泳いでいるのですが、
それに混じって、
090908110.jpg
スレッド長っ!!
成魚サイズのハタタテダイが大量に入っています。

そしてこの水槽、メインと思しき生体として、
「スナメリ」が何頭か泳いで居るのですが、
そこについては何故か、一切の説明書きが存在しません。

この水槽に収容されている他の魚については、
「写真+生態解説付きパネル」という、
「水族館に良くあるパターン」で紹介がなされているのですが、
スナメリに関しては、
「これがスナメリです」的な説明、主張は一切無く、
「はいはいスナメリスナメリ」
みたいな?ある種、潔さを感じました。

この他、海洋館の外(屋外)では時間帯によって、
イルカ、ペンギン、ウミガメ、アザラシなんかとふれあう事が出来ます。
090908120.jpg
イルカ近っ!運が良ければ触れます(^^


そして、こちらも海洋館の外に常設されている
090908130.jpg
「ドチザメふれあい水槽」です。
特に係の人が居る訳でもなく、
「ご自由におさわり下さい」的なスタンスみたいですが、
はっきり言って怖いです。

ドチザメなら大丈夫って、理屈じゃ分かってても・・・。
体長50~60cm程度のドチザメを水槽から取り上げて、
「うはっ、ドチザメかわいぃ~~」
とかね、それは無いわ。
そう、恋愛とドチザメは理屈じゃ無いんですよ。


以上、マリンアクアリスト的「南知多ビーチランド」レポートでした。
水族館としての規模はそう大きくありませんが、
見せ方で色々と工夫しているなぁという印象を持ちました。


そして、水族館に来ると、
ついつい土産物コーナーで色々と物色してしまうのですが、
そんな中発見したのがこれ
090908140.jpg
「海のピカレッド」という、カクレクマノミのマグネットです。

ちなみに、どこを探してもディズニーとは書いてありません。
そう、これは単に、
「片方の鰓ヒレが小さいカクレクマノミのイレギュラー個体を
 擬人化しただけのマグネット」
なんです。

090908140.jpg
ものすごくどこかで見た事があります。


それと、これ
090908150.jpg
「海のなかまトランプ」です(^^
イルカ、クジラ、アザラシ、ペンギンなどの海獣類と、
アクアリウムシーンに流通する魚が、
それぞれ半分くらいの割合で登場するトランプです。。
090908160.jpg




そして・・・




090908170.jpg
よく解ってるじゃないか。




今日のベニゴンベ
090908180.jpg
「ニモwwww」


おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。