スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生虫について

昔、インターネットで調べ物をしていた時の事です。
とある興味深い読み物を発見しました。



ウミネコなどの海鳥に寄生するGalactosomumという吸虫は、
メタセルカリアがブリやイシダイの間脳に寄生します。
寄生魚は海面を狂泳し、海鳥に容易に捕食されます。
Diplostomum属吸虫のメタセルカリアは、
淡水魚の水晶体に寄生して白内障を起こします。
失明した魚は捕食者の接近を感知できず、
また体色調節機能が働かなくなって、
固有宿主の水鳥に食べられ易くなります。


「社団法人 日本実験動物協会」HPの
「寄生虫の巧みな生き方(第二話)より一部抜粋

原文は→ココ



水鳥に寄生したいがために、まず魚に寄生して、
わざと水鳥に捕食され易い行動を促す、という事ですよね??
これを読んだ時「へ~凄い寄生虫が居るもんだなぁ」
程度に軽く考えていました。


でも・・・・。


サナダ虫や回虫など、人に寄生する虫も居ますよね??
つまり、つまりですよ??
人に寄生して、人の行動を支配する寄生虫が居たとして、
それは、なんらおかしくは無いと考えられないでしょうか??



「そんな事、あるはずが無い。」



・・・・・当時はそう思っていました。
いや、今になって考えれば「思いたかった」が正解かもしれません。



約3年9ヶ月前からマリンアクアリウムに傾倒し、
約1年が経過した頃にblogを始めました。
そして、趣味を同じくする皆様のblogを日々読み耽るうち、
ふとした違和感を感じるようになりました。


「気付いたらポチっとやっていた。」

「店を出たら袋をぶら下げていた。」

「知らない間に、大きな発泡スチロールが届いた。」



・・・・心当たりの有るフレーズではありませんか?


しかも、水槽が飽和していたり、置き場が無かったり、
飼育スキルや飼育環境からして、どだい無理なはずだったり、
いたずらに飼育器具を買い換えてみたくなったり、
「今月、小遣いの残り厳しいけど・・・・ま、良っか♪」とか、
「あー欲しいけど無理、金無いし・・・・っえ?カードOKなの?」とか、

ほんの少し考えれば、容易に無謀だと判断が付く状況であるにもかかわらず、
判断能力と金銭感覚に著しい低下が認められる。
そう、欲求がアンコントロール化しているのです。


おかしいと思いませんか?


その殆どが「分別の付いたいい大人」であるにもかかわらず、
沸き上がるリビドーに、理性が凌駕されてしまっているだなんて、
万物の霊長たる人類の所行だとはとても考えられません。
行動があまりにも衝動的過ぎるのです。


このマリンアクアリストに共通する異常行動について、
ひとつの大胆な仮説に基づき検証してみる事にしました。


ただし、ここから先は「覚悟を持てる方」のみ、読み進めて下さい。
今回の仮説を検証するうち、とある結論へと辿り着いたのですが、
それは「知る必要の無い」事実です。
これを読んでしまったが故に被る不利益について、
私には責任の執りようがありませんから・・・。

では、覚悟を持てる方のみ、「続き」を読み進めて下さい。






続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

マリンアクア悲喜交々

先日職場で、貰ったオレンジジュースが炭酸飲料だと知らず、
思いっきり振って開けたら爆発しました。
幸いPCは壊れませんでしたが、
拭いても拭いてもキーボードがねばねばします。



・・・さて、「爆発」とまでは行きませんが、
ここ数ヵ月間我が家の水槽は、白点が地味~に蔓延していました。
累代のサイクルで出たり消えたりはするとして、
「ここまで来たらもうダメだろう」って臨界点が有りますよね。
そのボーダーラインに届きそで届かない、
低め安定(?)な状態がダラダラ続いていたのですが、
この2~3ヶ月、検疫無精で立て続けに魚を追加したのが祟ってか?
ハクちゃんとテンちゃんが、やや積極的になりつつありました。
(ハクちゃん&テンちゃん→ここ
・・・ので、転ばぬ先の杖の考えで、白点治療を開始しました。
IMG_68490.jpg
チョイスしたのは、前回と同様にGFGです。

今回は、初めての銅治療に挑戦しようかとも思ったのですが、
やはり、何においても初体験って緊張するものですよね(^^;
これを期に、大人の階段を上ってしまおうかとも思いました。
でも「本当にそれで良いの?」と、心は揺れ動いていました。
・・・そう、そんな中途半端な気持ちのままじゃ、
銅君に対しても失礼なんじゃないかな?って、私、そう思ったんです。
もちろん、銅君への思いは本気と書いてマz(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ


・・・えっと、地味に増減を繰り返しながら微増傾向と、
急を要するような状態でもなかった事から、GFGを選びました。
前回のGFG治療から10ヶ月以上経過していますしね(^^
治療期間は、白点の状態を見つつ判断しようと思います。
IMG_68910.jpg


そして初めて繋がりで、初めて真面目に餌付け挑戦中なのが、
先日悩みに悩み抜いた末に連れてきたホワイトフェイス。
IMG_68940.jpg
ずっと、狭い隔離ケース内に入れておくのも、ストレスになると厄介だと思って、
週末、ちょっとだけメインタンクに放ってみました。
そして、肝心の餌付けは以下の過程を経ています。

冷凍アサリ

  ↓

冷凍アサリ+人工飼料

  ↓

冷ブラ+人工飼料の練り餌

  ↓

人工飼料だけの練り餌

  ↓

粒状の人工飼料爆食ヤッタ---!!!







あっ



・・・すみません、大事な事書き忘れてました(^^;

冷凍アサリ

  ↓

冷凍アサリ+人工飼料

  ↓

冷凍ブライン+人工飼料の練り餌

  ↓

人工飼料だけの練り餌←今ここ

  ↓

冷ブラ漬け粒状人工飼料←NEW!!

  ↓

粒状の人工飼料食ったら良いなぁ←下方修正



・・・こんな具合で、現在も隔離ケースで餌付け中です(^^;
冷ブラ+人工飼料の練餌から、徐々に冷ブラを減らして行って、
今は人工飼料に海水を含ませて練り餌状にして与えてますが、
この状態(冷ブラ無し)でもよく食べるので、
既に人工飼料の味や匂いには馴れてるはずです。

これはつまり、野菜嫌いの子供に対して、
細かく刻んだ野菜をカレーやハンバーグに入れるのと同じ方法です!







・・・・・ん?違うな、逆か??

え~っと、そうそう!!
つまり、カレーやハンバーグから、細かく刻んだ野菜を抜い・・・・
・・・たら意味が無いので、
細かく刻んだカレーやハンバーグ・・・・って何だよwwwww
えっと、細かく刻んだ野菜からカレーやハンバーグを抜いてだな?
って言うかもう、好き嫌いせずに食え。

この例え無し、終わり、以上。




IMG_690401.jpg
↑こんな具合で、人工飼料の練り餌を与えてます。

でもこれが、人工飼料を粒状のまま与えると、打った瞬間だけは勢いで
「あ、間違った!」的に数粒食べるのですが、食べるのは最初だけです。
何度か小分けに打ってみても、食べるのは最初だけ。
吐き出さずに飲み込むのは良い傾向だと思うんですけどね。

今後は「練り餌→粒状」と、餌の形態に馴らす必要が有りそうです(^^;
まずは、粒状の人工飼料に冷ブラエキスを染みこませて、
練らずに与えてみようと思いますが、果たして前進なのか後退なのか??
元々マリテクで冷ブラ食べてましたし、
そもそもアサリから始める必要は全く無かったんじゃないか?
とか、薄々感づいてたりするけど、それは言っちゃダメ!!

少なくとも、非常に遠回りしてる事は間違い無さそうです(^^;
何か、妙案ありますでしょうか?
教えて!エライ人!!



今日のベニゴンベ
IMG_68980.jpg
「気長にやることにします。」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ハタタッテナイ卒業

自宅の近所に酒屋が有るのですが、先日ふと近くを通ってみたら、
知らない間にマセラッティ屋になっていました(^^;
ついこの間まで、焼酎売ってたのですが・・・。



「知らない間」と言えば、我が家のオニハタタッテナイダイですが、
知らない間に、随分と立派に立ってきました(^^

入海4ヶ月
09021201.jpg



入海8ヶ月
sIMG_3489.jpg



入海14ヶ月(現在)
IMG_55500.jpg

あ、言い忘れましたがハタがですよ?ハタ
立つって、それ以外に何処か有りますか?
私には全く、想像すらつきません。

しかしどうやら、新種のオニハタタッテナイダイでは無く、
一般的なオニハタタテダイだったみたいです。
(オニハタタッテナイダイとは?→ココ
そしてオニハタと言えばもう1箇所、成長に併せて、
雄々しく、逞しく、力強く隆起する部分が有りますよね(^^

入海8ヶ月
09021204.jpg



入海14ヶ月(現在)
IMG_55110 - コピー

そう、おでこのコブですよね(^^
え?それ以外に何かありましたか?
くどいようですが、雄々しく、逞しく、力強く隆起s(略

入海時には、クリーナー扱いされていたオニハタですが、
最近はすっかりガタイも大きくなって、
チョウヒエラルキーのトップに立っています。
長らくチョウヒエラルキーの頂点に立ち続けたトゲチョウは、
いよいよ首位の座を明け渡す事となりました。

ヒエラルキーと言えば、我が家のヤッコ達の場合、
アズファー→タテキン→クイーン→アデ→マクロスス→ウズマキ
と、明確に順位付けされているのが分かるのですが、
チョウに関してはボス以外の順位がはっきりしません。

スダレがアケボノを追っかけてたと思ったらその逆も有ったり、
スダレ大がスダレ小を追っかけてたと思ったらその逆も有ったりと、
ボス以外は、明確な順位付けがなされていないように見えます。
(体が1回り小さいアミメだけは、一番下っぽいですが。)
おかしな物で、ついこの間までボスだったトゲチョウも、
オニハタにボスの座を奪われてからと言うもの、
他のメンツからもちょっかいを出されるようになり、
従来の様なボス然とした存在感は感じられません。

ボスになると、やる事は有ってもやられる事はほとんど無く、
水槽を見ていると、どのチョウがボスなのかはよく分かるんです。
絶対的なボスに従うその他大勢、みたいな雰囲気です。
チョウってそんな物なんでしょうか?

おかげさまでオニハタも、他のチョウから突かれる事もなくなり、
ハタも、やっとこ再生し始めました(^^
IMG_55340.jpg
でも、トゲチョウは攻撃的ではない理想的なボスでしたが、
オニハタは若干攻撃的なところが玉に瑕です(^^;
ただ、追いかけるだけで手は出さないので、安心して見ていられます。
この辺り、争いがあまり激しくならないのも、
大型ヤッコが幅を効かせているからなのでしょうか?

電車なんかで、ちょっと悪ぶってたお兄ちゃんが、
893風のおっちゃんが乗って来た途端、急に姿勢を正す。

に似た感覚とでも言いましょうか?


・・・・違うような、違わないような。


でもこれは、チョウやヤッコの混泳とはこうだ!と言う訳ではなく、
あくまでも我が家の水槽ではこうだって言うだけですからね(^^;
いずれにしても、そんな我が家のチョウ世界でも、
確実に成長による政権交代は行われている訳で、
混泳っていうのは、色々と難しいですね(^^;

あ!そうそう、そう言えば、あのオニハタのおでこのコブですが、
成長すると、どうなるかご存じですか?

実は、こうなるんですよ











IMG_55110---コピー11
KIMOOOOOOOOOOOOOOOI!!!

ちなみに、この子オニハタのおでこからは孫オニハタが生まれ、
孫オニハタのおでこからはひ孫オニハタが生まれ、
ひ孫おにはたのおでこからh(略



今日のベニゴンベ
IMG_45860.jpg
「最後オカルトwww」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

Carry on!!!的アクア用語辞典「は行~わ行」

先日、冷凍ブラインシュリンプを買いに行ったのですが、
帰りにちょっと寄り道しているうちに、買った事をすっかり失念。
翌朝、カバンの中で解凍ブラインシュリンプになっていました。






・・・・・とりあえず、もう一回凍らせてみました。



Carryon!!!的アクア用語辞典
「は行~わ行」編


ちなみに「あ行~な行」は→こちら



【は行】

白点病/はくてんびょう
意味:白点虫が寄生する事によって罹患する病気。
用例:僕にとって君は---みたいな存在なんだ。
   そう、切っても切れない関係、みたいな?
   今僕、上手い事言った言ったよね、ね?

   

ヒーター/ひーたー
意味:飼育水を加温するための器具。
用例:1日1歩、3日で3歩、3歩進んで2歩下がる♪
   ※ヒント:あだ名



ブラックバンド/ぶらっくばんど
意味:通称ブラバン。白、黒、銀のカラーリングが優雅な中型ヤッコ。
用例:先日、動物園へ行った時、
   アリクイと---って似てるなって思いました。

   IMG_62810.jpg
   ね?
   

pH/ぺーはー
意味:7が中性、それ以下だと酸性、それ以上だとアルカリ性。
用例:マリンアクアの基本は「良好な水質」が持論だ。
   だから僕は、常に水質を測定し、水質管理を徹底している。
   試薬の類は切らした事が無いし、
   水槽の状態を逐次把握していないと落ち着かない。
   え?---はどの位かって?
   え~っと、先月測った時は、
   たしか7~9の間だったような気がするなぁ。



ボーメ計/ぼーめけい
意味:水に浮かせて使うタイプの比重計。浮秤とも言う。
用例:---って、浮かべて使うから「浮秤」って言うの?
   なるほど、知らなかった!!
   ふひょーーー!!




【ま行】

マリンアクアリスト/まりんあくありすと
意味:海水魚飼育を趣味とする人の呼称
用例:---やってなかったら、
   今頃プラズマの50インチくらい軽く買えてた。



ミノカサゴ/みのかさご
意味:長く伸びた鰭が優雅な魚。魚食性で背鰭に毒を持っている。
用例:友人が、ミノカサゴを購入しようとしたら、
   ショップのバイト君が、---に刺されて病院へ行った。
   おもいっきり上から掴んでた。
   ※実話

   
   
ムレハタタテダイ/むれはたたてだい
意味:ハタタテダイと酷似した魚。よく見ると姿態、生態共に異なる。
用例:---の英名(False moorish idol)を和訳すると、
   「ツノダシもどき」だそうです。
   せめて「ハタタテもどき」ではダメだったんでしょうか・・・。

   
   
モンガラカワハギ/もんがらかわはぎ
意味:特徴的なカラーリングが美しい魚。鋭い歯を持つ。
用例:友人宅で、---と混泳していたハナダイが、
   背骨を露出させて泳いでいたのを見ました。
   さすがの私も「これは無いわ」と思いました。



【や行】

ヤドカリ/やどかり
意味:貝殻を背負って生活する甲穀類の仲間。
用例:友人は数年来、---の事を「やどかに」と言っている。
   いまさら指摘は出来ない。


ヨウ素/ようそ
意味:海水中に含まれる微量元素。
用例:---は、海水の中に含まれている成分だ。
   そう、つまり---は、海水を構成する要素だ。
   だから、---だけに、要素と言っt(略



【ら行】

ライブロック/らいぶろっく
意味:様々な生物が棲み着いた死んだ珊瑚の骨格。
用例:ショップで、女の子相手に得意げに
   「---の選び方はね?臭ってみて、
    硫黄臭のするやつが良いんだよ。」
   と教えている男の子が居た。
   2人のこれからが、少し心配になった。


リーデントラス/りーでんとらす
意味:黄色~赤紫の体色が美しいベラ。飼育には砂必須。
用例:え?---が飼いたいの?
   そんな事はホンソメが飼えるようになってから言え。


レンテンヤッコ/れんてんやっこ
意味:日本の固有種と言っても過言ではない小型ヤッコ。
用例:その昔、日本にも住んでいるヤッコだと聞いて、
   ---って、安いんだと思ってナメてました。
   値段知って土下座しそうになりました。


ロイヤルグラマ/ろいやるぐらま
意味:紫と黄色、ツートンの体色を持つ美しい小型のハタ。
用例:ショップで、バイカラードティバックを見て、
   「これ、---って言って、ニモに出てたやつだよ。」
   と、説明してたあの頃を無かった事にしたい。



【わ行】

ワムシ/わむし
意味:海産性のプランクトンの一種、稚魚の餌に用いられる。
用例:カクレクマノミのブリードのため、
   稚魚の隔離用タンクも準備したし、
   ---も無事入手したし、準備は万端だ!
   でも、産卵の兆候すら無い事は内緒だ!
 
 
を!?/を!?
意味:主に、異常を察知した時に口をついて出る言葉。
用例:---、あれ、何あれ?
   ・・・・・あああ、あ、そういう事ね!
   ・・・って、違うな、ん?あれ?
   いや、違うって違うって、ちが・・・わないか(T_T)


ん?/ん?
意味:主に、異常を察知した時に口をついて出る言葉。
用例:---、---、ちょ、ちょっと待ってよ!?
   え!?---、---、なに?ちょ---、・・・おいおいおいおい!
   って、---なんで、---、---どうして?え?あ?は?
   ---、---、---、---、---、---
   あ~~~、って言うかマジかぁ~・・・・(T_T)
   




今日のベニゴンベ
IMG_32640.jpg

「もうやりません、ごめんなさい。」



おしまい。   

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

まごころを君に

7年ぶり21度目の日本一!!!
005_40.jpg
ありがとうございます!!!
おめでとうございます!!!

日ハム強かった!素晴らしい試合ばかりでした!!

「随所にファイターズらしさが出たが、
 巨人が一枚上手だった。
 悔しいけど、内容としてはいい日本シリーズだった」


梨田監督、素晴らしいコメントですよね。
某監督とはエライ違いです。
「みくびるな!」とか、もうね・・・。

今だから敢えて言わせて頂きましょう!





み く び る わwwww

そんな、我が読売巨人軍の日本1を見届けた土曜日の夜、
目が冴えてなかなか寝付けませんでした。
眠れない夜、まぶたを閉じると些細な考えが頭を巡ります。
仕事の事、家族の事、友達の事、趣味の事、昔の事、将来の事。
すると、ふと子供の頃の事を思い出したのですが・・・。

小学生低学年の頃だったと思います。
仲の良かった友人のA君が
「鏡でまばたきを見るのが面白い」
と言っていました。
鏡に映った自分を見ながら、まばたきをすると、
鏡に映った自分も、その都度まばたきをして、
「まぶたを閉じた自分の顔が面白かった」と笑っていました。
当時は「そんなの当たり前じゃん、何が面白いの?」
と言いつつ、帰宅してから挑戦してみたのですが、
何度やっても上手く行きませんでした。
そんな事をふと思い出したのですが・・・・・。






今になってよく考えたら・・・・。
ちょっと寒気のする話ですよね??



さて、今になってよく考えたら、ちゃんと個体選びが出来てればな・・・
というのが、我が家のフレームエンゼルです。
IMG_57560.jpg
逝ってしまいました(T_T)
メインタンク放流後も餌を良く食べ、動きも機敏だったのですが、
一向に太らず、最終的にピンヘッドになって☆です。
入海時、多少背肉が落ちてはいたものの、
食も太いし、すぐに戻るだろうと踏んでいたのですが(T_T)
爆食いで元気なのに痩せる・・・内臓でしょうね。
他の症状的に、虫ではないと思います。
・・・これはもう、お手上げです。

しかし、我が家では悲しい位にフレームが長く生かせません。
これでまた、小型ヤッコが居なくなってしまいました。






さぁて、何入れy(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ





そして、悪い事は続きます。





IMG_57450.jpg
ハワイ本店からやって来た支店長も☆に(T_T)
フレームの場合は、ロウソクの炎が費えるように痩せ細り、
余命幾ばくなのが見て取れたのですが、シテンチョウの場合、

出勤前、変わらず元気に餌を食べていた(^^

帰ってきたらパワーヘッドの給水口に貼り付いてた(T_T)


と、原因不明のポックリ系です・・・。
餌も良く食べてて動きも問題無く、外傷も有りませんでしたし、
発色や呼吸も特に違和感無かったんですが・・・。
見えない所でダメージを負ってたんでしょうか?
・・・・残念です(T_T)

しかし、こうも短期間に、同郷の個体を失ってしまうとは・・・。
私、よっぽどハワイに縁が無いみたいです(T_T)





・・・・・。





IMG_57560---コピー





そして、更に悪い事は続きます。





マー君が・・・・。









また引き籠もってます(T_T)
IMG_64500.jpg






原因は・・・・。





IMG_64590.jpg
またもやコイツ。

何故かこの季節になると暴れたくなるみたいです。
昨年の今頃は、タテキンにちょっかいを出して謹慎中でしたが、
最近、またおイタが過ぎるようで・・・。
周りの連中も心身共に成長し、それなりに打たれ強くなったので、
1人負け状態の個体は居なかったんですが、
ここ最近、矛先がマー君だけに集中し始めました(T_T)

昨年の隔離以来、上手く混泳出来ていたのですが、
1年経って、なまじサイズが近くなったのが原因でしょうか?
とにかく、マー君の事が気に入らないみたいです。
散々追い回されたマー君、挙げ句、石組みに引き籠もり、
とうとう餌を打っても出てこなくなりました。
一過性のものかな?と思って、3日ほど様子を見てみたのですが、
餌に興味は示すものの、ガクブルで石組みから出ようとしません。
しかも、アズファーが常にプレッシャーをかけるので、
石組みから出ようにも出られないんですよね(^^;

なので、とりあえず石組みを改良して、
餌場と居住スペースを兼ねた、都会の中の隠れ処的空間、
「マー君シェルター」を作ってみました。
IMG_647100.jpg
プリズムからの排水に餌を流してやるか、
沈降性の強い餌(ニュートリションの粒)で狙い打ちするか。
何れかの方法で「餌場」に餌を流してやると、
やっとこ、マー君も餌を食べてくれました(^^
なので当面、アズファーは隔離せずにこのまま様子を見てみます。

しかし、引き籠もりながら人知れず飯が食えるだなんて、
人間だったら、ニートとか呼ばれそうですが・・・。


・・・・とそんな冴えない昨今でした。


今日のベニゴンベ
IMG_45870.jpg
「前半、何blogだよwww」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

日らん全国大会(^^

マリンアクアリウムを始めて約3年半が経ちました。
ニモに始まって無脊椎に手を出し、その後水槽大型化・・・と、
これはもう、マリンアクア的予定調和ですよね(^^

そして、水槽大型化へと至る過程において、
様々な情報を収集し、色んな方の影響を受け、
行き着いたのがベアタンク魚混泳水槽という飼育スタイルでした。
そして、ここへ辿り着くまでに、私が強く影響を受けたうちの1人、
ぴー父さんがスイハイに来て下さいました(^^

11月3日遠路遙々愛媛から、なんと日帰りで!
わざわざ我が家の水槽を見るために来て下さるなんて・・・。






・・・・あれ?違いましたっけ!?

本当はらんちゅうの全国大会「日らん全国大会」が、
名古屋で開催されまして、そっちが主目的でうちはおまけです(笑)
会場が近所だったので、わざわざ足を運んで下さいました(^^

blog上ではかれこれ2年位お付き合いさせて頂いてましたが、
ご本人にお会いするのはもちろん初めて。
ぴー父さんとぴー母さん(奥様)お二人でスイハイに来て下さいましたが、
しかしまあ、冗談抜きで美男美女!
09110601.jpg
blogで、らんちゅう、犬、海水魚と幅広く記事にしてみえるぴー父さん、
水槽の話や犬の話など、色々とお話させて頂きましたが、
さすが色んな事に造詣がお深い!
blogを読んでて、マメな方だなぁって印象を持っていましたが、
話を聞いてみると案の定、とってもマメな方でした(笑)
ぴー母さんには、始終うちのリンゴ(チワワ)を可愛がって頂いて、
今年1番、リンゴが輝いていた瞬間だと思います(^^
そして、あれやこれやと話しているうちに時間は経ち、
話の流れで、そのままマリンテクニックへ。

・・・思い返せば、私が初めてマリンテクニックへ行った時。
社長さんから、海水魚の飼育ノウハウを伺ったのですが、
色んな意味で目から鱗だったあの日を思い出しました。


魚屋のぴー父さんなら、きっと琴線に触れる物が有るんじゃないかな?
等と勝手に思いながら、ショップを物色していると、
案の定、社長さんと熱心に話し込むぴー父さん(笑)
やはり魚好きにとっては非常に熱いショップですよね(^^

そして、マリテクを後にして日ラン全国大会の会場へと向かいました。

実は私、中学生の頃にらんちゅうを飼ってた事があるので、
らんちゅうがどんな姿態をしているのか、おぼろげですが知っていたんです。
脳内動画では、グリーンウォーターの中を不器用に泳ぐ、
5~6cmのらんちゅうの姿が再生されていたのですが・・・・。





091106020.jpg
こういう所に出てくるらんちゅうは別物でした(^^;

091106030.jpg
とにかくでかい!!

個体差はあれど、成魚で目測15cm以上有ったと思います。
しかも、大きいだけじゃなくて綺麗なんですよね(^^
なまじ、昔らんちゅうを飼ってただけに、
「え?これが、らんちゅうなの!?」
ってな具合で、15cmのレモンピール見た時と同じ位の衝撃を受けました(^^
やっぱり実物を目の当たりにすると、破壊力が違いますね(^^
らんちゅうに関しては、全くド素人の私ですが、
素人が見ても、素人なりに凄いと思える日らん全国大会でした。

らんちゅうについて、少しだけお話を伺ったのですが、
それはもう、とても繊細かつディープな世界みたいで、
それ故に填ってしまう、追求したくなる気持ちもよく分かりました。
マリンアクアなんてもう、かわいらしいもんですよ(笑)

本当は、ショップ巡り等も色々企画したかったのですが、
何せ愛媛から日帰りで来られてる事もあって、今回はここでお別れでした(^^

ぴー父さん&ぴー母さん、今回は貴重な時間を割いて、
わざわざスイハイに来て下さってありがとうございました(^^
そのくせ、ろくにおもてなしも出来ずにすいませんでした・・・。
またこちらに来られた際には、気軽に寄ってって下さいね。
次の機会には、じっくりショップ巡りでも企画しますので(^^

・・・マリテクさん半日くらいの行程で(笑)



そうそう、マリテクさんと言えば、先日
HPに載っていたタルマとレインフォーズを見に行ったんですね。




そしたら・・・。




091106040.jpg
タルマが泳いでた水槽のトイ面で、調子良さそうに泳いでたんですね(^^;
「あ、このホワイトフェイス、良いなぁ」
なんて思ったんですけど、正直、全く買う気無かったんですね。

・・・でも、恰幅良く肥えた体や、
気持ちよさそうにタンク内を泳ぐ姿を見ていると、
段々気持ちが揺らいで来る訳で・・・。
でももちろん、自分ちの水槽事情が事情ですし、
もの凄く悩みましたよ。
水槽で発見してから購入を決めるまで15秒くらい。
091106050.jpg
サイズ的には尾鰭含めて9cm程度と、多少大きめの個体です。
ショップで2ヶ月ほど飼われてて、
その間アサリをしっかり食べさせてもらっていたので、
肉付きはとっても良好です(^^

購入時、既に冷ブラはパクパク食べてくれていたので、
今は冷ブラ+人工飼料のダンゴを作ってピンセットで食わせてます(^^
・・・が、あんまり好きではないみたいです。
かれこれ一週間ほど経過していますが・・・・ほぼ進展無しです(T_T)
とりあえず、色んな方のアイデアをパクっ・・・
もとい、参考にして、餌付けに精進してみようと思います。





今日のベニゴンベ
091106070.jpg
「皆さん、スイハイにきて下さい(^^」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。