スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見られるという事はつまりそういう事

最近チョウネタが多くて、すっかり影を潜めていましたが、
我が家のメインといえば、やっぱり大型ヤッコなのです(^^
そして、最古参の大型ヤッコはアデヤッコです。
IMG_77060.jpg


もう、薄々気付いてらっしゃる方もおみえだと思いますが・・・。


IMG_770702.jpg
無かった事になりました。

もはや「消えかけ」とか、そんなレベルではなくて、
どう見ても、完全に無かった事になりました。
名残すら有りません、ありがとうございました。

思えば2年5ヶ月前、アデヤッコを飼い始めた頃、
グーグル先生は私に
「水槽飼育でパールマークは消えやすい」
という事を教えてくれました。
それでも、「うちの個体は大丈夫」という自信が有りました。

ちなみに、何の裏付けもありませんでした。

夢と希望に燃えていたあの頃。
思えば、クイーンも「絶対に青く飼える」
なんて考えていましたっけ?

もちろんそれにも、何の裏付けもありませんでしたけどね。

それが、いまやこのザマです。
もう、自分の馬鹿さ加減に顔面真っ青です。
そう、ブルーフェイスだけにねwww



・・・・そして、パールマークの維持には、
海苔を食わせると良いだとか、低栄養塩の方が良いだとか、
その他諸々、幾つかの説が有るようですが、
「決定的にこれが原因」って要素が無い気がします。

ですが、パールマークが無くなる一因として、
「ストレス」が強く関与しているのは実感しました。
以前、ウズマキを混泳させるために、
アデヤッコを狭い籠に隔離した事が有りました。
かれこれ、1~2週間程度の期間でしたが、
それでいて、劇的にパールマークが薄くなりました(T_T)

しかし、アデのパールマークって不思議ですよね??

例えばチョウチョウウオだと、スポットやマスキングで、
敵の目を欺いたりする訳ですが、タンク内でも消えはしませんよね?
でも、アデのパールマークは、タンク内だと消えやすいです。
“タンク内が安全だから”というよりは、
環境的(水質、ストレス)な要因で消え去ってる気がします。
つまり、ストレスを受けて薄くなるという事は、
「敵の目をくらませるためにあらず」という事ですよね?

そう考えると、アデのパールマークって何のために有るんでしょう?

・・・かれこれ1年以上、寝食は忘れずに考え続けた結果、
最近になって、とある結論へと帰結しました。



「アデヤッコ」



・・・・そうなんです。
お分かりでしょうか?
「アデヤッコ」という和名、漢字にすると「艶奴」です。
「艶」ですよ?「艶」!?
「艶めかしい奴」なわけですよ、お父さん!?
試しに「艶」という漢字で画像検索でもしてみて下さい。



・・・ね?つまり、そういう事です。



アデヤッコのシンボルとも言うべきパールマーク。
これが消失する理由。
それは、タンク内において、
艶めかしく有る必要が無くなった、という訳ですよ。

考えてみて下さい。

職場でも、友人でも、家族でも、
他人を意識する事って、とても重要な事だと思います。
例えば、「髪切ったね?」の一言でも言われれば、
それは「見られている」という認識を生み、
「外観に気を遣う」という意識へと繋がるのです。
そう、「ちょっと、オサレしちゃおっかなぁ、テヘ
なんて思っちゃうわけんですよ。
更にこれが「気になるあの人」から言われt(略



では、その逆だったとしたら?



髪を切っても誰からも気付かれず、
お洒落な服を着ても誰からも指摘されずでは、
だんだん「もう、見た目なんかどうでもいいわ」
となってしまうわけですよ。
「褒めてやらねば人は動かず」と、山本五十六も言ってます。
そして、知らず知らずそんな環境にストレスを抱え、
気付いてみたら髪の毛ボッサボサの服ヨレヨレ。
「見られる事」に無精してしまうのです。


アデヤッコのパールマークが消えるのも、
これと同じような理由ではないかと考えられませんか?



生まれ育った南国、そこはトロピカルな海。
数多くのアデヤッコ達が泳ぎ回っている訳です。
そして、子孫を残すという生物の本能に基づき、
より優秀なパートナーを求めているはずです。
その競争に勝ち抜くためには、
「他に勝っている」事をアピールする事が必要な訳で、
それを誇示する術こそが「パールマーク」なのでは!?
「あのアデさん、パールマーク大きくてステキ!!」
みたいな?

そう、例えばこれを人間に置き換えるとですよ?
「あの人、あs・・・おっと!シモい話はそこまでだ!
イメージカラーピュアホワイトの当ブログが、
危うく脱線しそうになってしまいましたよ(^^;

えっと、つまりそう、誰からも相手されず、
なおかつ慢性的なストレスを抱える水槽飼育下では、
アデヤッコは、艶やかである必要が無くなってしまうのです!
そう、アデヤッコアデヤカデナイヤッコになってしまうのですよ!!

えぇ~い、まどろっこしい!

つまり、もっと平たく言ってしまうなら、
エロくなくなってしまうのですよ!
そう、パールマークの消失に関して、
決定的に欠乏している要素、それはエロです!

アデヤッコ的エロスなのです!
そう、アデヤッコ的エロスなのです!


大事な事なので2度言いました。

もう一度言いましょう!
足りないのはエr(*ε(#)☆○=(`∀´:)ダマレ



・・・っと、バカも極まった感が有りますが、
つまりはえっと、そう、今日もボクは元気です、お母さん。



今日のベニゴンベ
IMG_68970.jpg
「結局はエロ」



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。