黒点病

こんな毒にも薬にもならないようなblogですが、
ありがたい事に10万hitを記録する事が出来ました。
貴重なお時間を割いて読みに来て下さった皆様、
本当に有り難うございます<(_ _)>
そこで、ささやかではありますが、感謝の気持ちを込めて、
10万のキリバンをゲットされたあなた!
心ばかりのプレゼントなどご用意しt・・・





無題_03
あっ・・・・。




海水魚って、とてもカラフルですよね。
大胆な色遣いが目をひいたり、
かと思えば、ディティールがとても繊細だったり。
どうしてこんなデザインになってるんだろう?
って、不思議に思う事も多々ありますよね。
よく知っているつもりの魚でも、実際に飼育してみると、
「あれ?こんな風になってたの?」
って発見が有ったりしますよね。

そして、最近私が「あれ?」と思ったのが、
IMG_83040.jpg
シチセンチョウなんですが、
何が「あれ?」なのかと言うと、
うちのシチセン、買ったばかりの頃、
全身に黒い斑点がちりばめられていたんですよ。
IMG_74980.jpg
↑購入当時の写真ですが、よくわかりませんね(^^;
ちなみに、この写真で見えてるスポット柄の事じゃありません。

白点みたいに立体的じゃなく、模様の様に二次元の黒点が、
末期の白点程度の密度とサイズで
満遍なく全身を覆うってイメージです。

IMG_83450.jpg
「シチセンチョウ」という魚の模様は知っていましたが、
飼育経験が無かった私は、
「そんなもん」だと思っていたんです。
でも、いざ自分が飼ってみると、
ショップへ行った時に、見ちゃうじゃないですか?
すると、「んん?あれ?」ってなる訳ですよ。
で、何匹シチセン眺めてみても、
全身に黒点を散らしてるなんてのはうちの個体だけだったりする訳で、
更に「んんん??あれ?」ってなる訳ですよ。
で、それについて海水仲間に相談してみたところ、



え?黒い斑点が全身に?
・・・・それって・・・やっぱり柄なんじゃない?
しかもそれって、超レア個体なんじゃないの?
ヘタしたら新種なんじゃない、それ?





その発想は無かったわ。
斜め上の意見をありがとうございました。

ただ、全身に真っ黒な斑点が有るだけで、
他に、これと言っておかしな仕草は見られないし、
もしかしてこれ、本当に柄なんだろうか!?
と思って、ネットで調べてみました。



すると・・・・・。

「黒点病」という病気の存在を知りました。

黒点病、言い得て妙とはまさにこの事。
ビジュアル的にもビンゴです。
さらに突っ込んで調べてみると、
実は、比較的メジャーな病気だという事も分かりました。

少し専門的になりますが、
以下、web上で見つけたサイトからの抜粋です。


▼黒点病  Diaporthe citri

 本病は保菌枯枝が唯一の伝染源となる。病原菌は雨媒伝染を行うので、
保菌枯枝が多く、降雨が多いと発病が多い。感染期間は4~10月頃まで
で、5~9月に発病が多い。黒点病には前期感染病斑と後期感染病斑が
あり、6~7月に雨が多いと前期感染病斑が多く、8~9月に雨が多い
と後期感染病斑が多い。
 
 防除にあたっては、カンキツ樹上及び防風樹等の枯枝を除去すること
が大切である。薬剤防除は5月下旬~6月上旬に第1回目を、6月中下
旬に第2回目を行う。雨が多く多発生が予想される場合は、7月上旬に
第3回目の防除を行い、特に梅雨期の防除を徹底することが必要である。
更に8月中下旬の後期防除を徹底する。なお、梅雨期等で降雨が続く場
合は雨中散布を行う。
 コンピュータを利用した正確な発生予察法があるので、これを利用し
た適期防除を行う。


なん・・・・だと!?
降雨状況に由来する病気だったとは!
自然界であれば、発症の原因となる“何か”が、
雨によって流入する、という事ですか・・・。
むむ・・・これは恐ろしい(^^;

そして、前出のサイトに、黒点病に罹患した個体の写真が有ったので、
紹介させていただこうと思います。
これが、黒点病に罹患した生体の写真です。
2302c.jpg

2302d.jpg



そうそう!みかんとかバラに多いんですって、黒点病。
ちなみに、上記の抜粋及び写真の転記元はココ→福岡県病害虫防除所



つまりあれですか、こういう事ですか?
うちのシチセン、実はミカンだったって事で
ファイナルアンサー?





ただ、もしかして、うちのシチセンがですよ?
非常に考えにくい事実かもしれませんが、
仮にもし、ミカンじゃなかったと仮定すると、
考えられそうなのが、こっちのサイトに載ってたこの写真。
ginbuna.jpg
↑このギンブナのヒレに付いてるような黒点が、もっと広範囲に・・・。
どうやらこれ、寄生虫の仕業なんだそうです。
黒点の部分にムシが付いていて、
その周りにメラニン色素が沈着しちゃうんだそうです(^^;
症状的には、まさにこっちにそっくりだったのですが、
何分、こちらは柑橘r・・・もとい、海水魚ですし、
症状は似てますが、実際どうなのかは不明です。

そして結局、我が家のシチセンについた「黒点」ですが、
ビブリオ騒動時の、GFG添加と大量換水によって、
綺麗さっぱり消えてしまいました。
と、言う事はGFGに感受性を示す「何か」だった訳ですが、
薬と清浄な飼育水で消えたという事は、
きっと、あんまり良いもんでは無かったんでしょうね(^^;

IMG_83440.jpg

でも、黒点がついていた時でも、
よく食べて、妙な挙動もありませんでしたし、
実害は「ビジュアル的に病的」という事だけだったと思います。
・・・ただそれも「寄生虫と言われて眺めてみると」であって、
最初は、「黒点が良い味出してるじゃん!」
とか思ってた事は内緒です。
更には、

ト「シチセンって、あの黒点が良いよね?」
友「は?黒点って?」
ト「いや、だから、あの全身に黒い斑点があるじゃん。」
友「え?シチセンに黒点なんて有ったっけ?」
ト「あるじゃん、今度ショップ行った時によく見てみ。」
友「俺、前シチセン飼ってたんだけど。」
ト「お前は全然分かってないなぁwww」


分かってないのは私でした。


今日のベニゴンベ
IMG_72110.jpg
「で、寄生虫なの?何なの??」


おしまい。
スポンサーサイト



テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット