スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶ご無沙汰しております。

超絶ご無沙汰です。

いや、本当にお久しぶりです、絶賛放置中の拙blogでしたが、
ボチボチ、不定期で綴っていこうかと思ってますので、
週・・・・・いや、月1くらいでチェックしてやって下さいね。

しかし、絶賛放置中にも沢山の方々がご訪問下さってて、
何というか、本当にありがとうございます<(_ _)>

さて、前回の更新から約一年半ほどの間を補完しておきますと、
基本的に水槽はテンション中庸で首尾良く維持してました、最近までは。
そんな中、どうしてblogを放置する事態になったかと言えば、
強いて言うなら「色んな意味で時代のせい」って事にしておきますね。

いや、しかし本当に久しぶり過ぎて、
どんなテンションで文章綴ってたのかがサッパリ思い出せません(^^;
ですので、とりあえず気ままに、飾らないトミー2.0でやって行こうと思います。
(元々得に飾ってもいませんでしたけど。)

不定期で(←ココ重要)宜しくお願い致します<(_ _)>

さて、8行ほど前意味ありげに「最近までは」などと伏線を貼ってますが、
勿体ぶる気も無いので早速回収する事にしますね。

今を遡る事約1ヶ月ほど前までは、タンクメイトの入れ替えはあったものの、
blog放置前の状態宜しく「過密飼育状態」を楽しんでいたんですね。

ですが、その更に1~2週間前(つまり約2ヶ月前)から、
断続的にデバを大量投入し「やっぱり綺麗だー」と、悦に浸ってたんです。
ですが、給餌量を増やし過ぎた事と、デバの群れが持ち込んだと思われる病気。
ウーディニウムのようなトリコディナのような?
そのせいで相次いで魚が逝きまして・・・。
で、結局、残ったのは、例のオニハタspと、
昨年、友人が捕ってきてくれたカゴガキダイだけというカタストロフィ・・・。


泣いた、全俺が涙した。


でも、今になって原因を四の五の綴った所で後の祭りです。
ただしひとつ言える事は、魚水槽なら治療可能(だった)病気で、
水槽を崩壊させるという、キーパー失格の大失態を犯したという事実です。

無脊椎フリーの魚水槽ですし、それなりの水量と安定した濾過槽があったわけで、
発症から崩壊までは、十分対応出来る速度で進行しました。
もちろんその間も、指をくわえて傍観してたわけじゃありませんが、
ラス2になった時点で、やっとこ抜本的な対策を打ったわけで、
尚かつ、その対応が奏功し、2匹は生きながらえて元気でやってるわけです。
つまり、もうちょい早く手を打てば、恐らく崩壊は免れてたって事。

何を言っても言い訳です。

そんなわけで、水槽崩壊ほやほやのタイミングでのblog再開だったりします。
思えば、このblogを始めたばかりの頃、我が家にも無脊椎がいました。
ですが、どうしても白点治療が上手く行かず、魚水槽に特化して危機を乗り切った。
そのメリットは「病気治療が簡単に出来る事」だったはず。
ですが今回、そのメリットを生かせず、またもやらかしてしまった。


愚かですね。


前回は無知故、今回は確実にキーパーの怠惰です。
(その何れも人災である事は間違ありません。)
今回はさすがに堪えました。家族に「魚が少ない」と言われたのも堪えました。

崩壊と言いつつも濾過槽が死んだわけでもなく、
ラス2以降の対処でリセットせずとも、今は順調に回ってはいます。
それをショップで話した所「それは崩壊って言わないんじゃない?」
と言われましたが、そんなものは言葉の綾でしかありません。

別に私は、濾過バクテリアを飼ってるわけじゃありませんから、
中の魚が激減すれば、それは崩壊って事なのです。



ただし・・・お叱り覚悟で筆を進めますね。


それでも、海水魚飼育を辞めようとは思わなかったのですね。
今まで、淡水から通算すると無駄に年数だけは重ねてて、
「水槽の無い生活」は、ちょっと想像出来ないのですね。

なので、これから水槽の再構築をやって行こうと思ってます。

もちろん、そのコンセプトは相変わらず「魚水槽」なのは変わりません。
で「ごちゃ混ぜ」から「程よくごちゃ混ぜ」にマイチェンしようと思います。
あ、でも「ごちゃ混ぜ」を否定するつもりなど毛頭有りません。


あれは良い物です。とても良い物なのです。


スキルさえあれば、状態良くキープする事は十分可能だと思うんです。
崩壊させといてお前が言うなって話なんですけど、そう思うんだから仕方ない。
ただしそれは、もちろん「テンション的なもの」も含めてです。

飼育スキルや知識は当然ながら、
常に「ィヤッホー!」とハイテンションを保てるわけでもありません。
ただし、テンションが上がったり下がったりはしつつも、
常に水槽を状態良く保てる人こそ、総合的な意味で「上手な人」だと思いますし、
実際に、そういう方々の存在をよく知っています。

で、今回水槽が崩壊して、そんな方々の偉大さを痛感しました。

テンションがオーバーシュートした時だけじゃなく、
中庸な時に、如何に状態良く水槽が保てるかって、とても重要ですよね。



・・・と、そんな反省を踏まえて、当面は分相応に、
「程よくごちゃ混ぜ=控えめな混泳」を楽しんでいこうと思います。
もちろんそれは後ろ向きな意味じゃなく、むしろ発展的な意味で。

そう言えば「再構築」って何だ?って話なんですが、
「再構築」と言いつつ、濾過を含めた設備的なものを変更するつもりはありません。
(基本的にこの1年半、何も変わってません。)
「再構築」とか言いつつ、実は単に「何を飼うか迷ってる」ってだけです。
え?いやほら「再構築」って響きがちょっとカッコイイじゃない?


それだけです。



ちなみに、既に「再構築」として2匹ほど追加しました。
プラグインのとおり、ナンヨウハギとタテジマさんです(^^

やはり我が家にはタテジマキンチャクダイは必須、これは最低条件!
「ウズマキから大きくしようかな?」とも思ったのですが、
「太平洋型は譲れない」これは必須条件。
ちなみに私の友人に、

「太平洋型って言われてウズマキを買ったんだけど、
 20cm超えた今でも、スレッド伸びる兆候が一切ない。」


という、特殊個体を掴まされた方も居て、ウズから飼うのは少し怖いのです。
(ただし、未だに彼は「これは太平洋型だ」と譲らない。)
そしてやっぱりボスはタテキン、これも譲れない、最低かつ必須条件です。

と、寝食を惜しんで10分ほど熟考を重ねた結果、
「そんなら太平洋型の成魚買えばいいじゃん」という結論に至りました。
IMG_51590.jpg


実に頭が良い。


そんなわけで今、我が家初の太平洋型タテジマさんがスイスイ泳いでます(^^
ナンヨウハギは「綺麗なハギ」という至極単純な発想です。
パウダーも捨て難かったのですが、
チビの友人が遊びに来た時にも「ドリーだ!」と受けが良いだろうと、
そんなミーハーな理由でナンヨウハギになりました。
IMG_51740.jpg


実に頭が悪い。


と、とりあえず4匹と寂しくなった水槽でしたとさ。
IMG_51870.jpg

今後は「空白の一年半」の補完だったり、スカスカな水槽の現状とか、
ボチボチと綴って行けたらなぁ、と思っています。
ただし、ある日突然、日常を綴るだけのほのぼのblogになったり、
政治経済に毒づく時事ネタblogになたり、
仮面ライダーについて熱く語る特撮オタblogになったりしたらごめんなさい。




まあ、それは多分無いんですけどね。

ちなみに最近の事ですが、
水槽崩壊中にやどかり屋さんに入荷したレッドバックを
指咥えて眺めていたのは良い思い出。

※当面は「独り言形式」で細々と綴って行こうと思いますので、
大変恐縮なのですが、コメント覧は閉じさせて頂きますね<(_ _)>


IMG_51810.jpg
IMG_51530.jpg
↑我が家では古株になった2匹です。

ではではノシ
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。