スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンクメイト紹介でお茶を濁してみるその1

さて、現在絶賛「再構築中」の水槽ですが、
とりあえず今のタンクメイトの紹介でお茶を濁してみようと思います。

■カゴガキダイ
IMG_51530.jpg

一昨年、娘の発熱で「串本に行きそびれた」なんて事が有りましたが、
実は昨年、blog絶賛放置中に串本へ行ってたんです。
※当時の記事→【シルバーウィーク】
友人家族と遠路遙々和歌山へ乗り込み、
キャンプ場でテントとタープ貼ってBBQに興じつつ、
1年越しの「串本の海」に思いを馳せてたんですよ。
そう、まるで、日ハム拒否ってHONDAへ行った長野の心境です。
※分かる人だけ分かってくれれば結構です。

イメトレは完璧でむしろ、
「チョウ、餌付くかな?」とか「混泳、大丈夫かな?」とか、
「外で飲むビールは美味い」とか
「ビールと第3のビールって飲み比べると違いが分かるな」
とか、斜め上の方向に思いを馳せてたんですよね。

・・・しかし、その夜から天候がみるみる悪化し、
台風ばりの暴風に煽られながら、それはもう不安な夜を明かしたのでした。
でもね、その時の自分はそれでもなお楽観的でした。
「なぁに、明日になればお天道様が味方してくれるさ、なにせ俺は晴れ男」と。


~でもって明けて翌朝~





天候荒れ過ぎワロタ




いやぁもうね、採取なんて絶対に無理な荒れっぷりですよ。
魚採る前に命採られるレベルなわけです。
(↑上手い事言ったつもり)

で、仕方なく串本界隈をウロウロしながら、
雨に打たれつつ、漁港の堤防から眼下を見下ろして「あ、ツノダシだ。」とか、
本来ならキャンプ場併設のオーシャンビューの露天風呂に入ってたはずが、
串本町内の銭湯で風呂上がりにビックル飲んでたりとか、
地味~に串本ライフを楽しんでたんですよね、実に地味にね。

ただし、そんな中でも自分には勝機があったのです。
なにせ、天気予報によると明日は「晴天」の予報。
で、嫁や友人の奥様の配慮で採取時間も十分に確保出来てたんですね。


「終わり良ければ全て良し」


初日と2日目の荒天は、最終日を全力で楽しませるため、
天の邪鬼なマリンアクアの神様が仕組んだイタズラなんだろ?

そう、済んだ事を四の五の悔いても何も産まないし、建設的じゃない。
大切なのは「これからをどう楽しむか」って事だろ?
はは、分かってるよ、気まぐれなアクアの神様?
むしろありがとうだ!

と空想の存在を仕立て上げ「大人の余裕」によってる自分がいました。
(若干キモイ)

そんな「明日への希望」に燃えつつバンガローに帰ったのですが、
(本当は全泊テントの計画だったのですが、天候がそれを許しませんでした。)
夜になって長女が「ヒューヒュー」と呼吸をしてるのです。(嫁が気付いた。)

で、串本病院の夜間救急へ連れて行ったところ「うちでは無理」との事。
そして方々当たって、新宮の小児科に連絡を取って症状を説明したところ、
「診療時間外だけど、病院開けて待ってるから連れておいで」との事。
もうね、最高ですよね「すずきこどもクリニック」さん。

ただ、名古屋方面からアクセス経験の有る方ならご存じかと思いますが、
「串本~新宮」って、軽く1時間半以上かかるんですよね。
でもその時は、ただただチビが心配で、新宮へと車を走らせました。

そして、新宮の小児科に到着してチビを診てもらったのですが、
症状から想像したとおり「小児喘息」という診断を頂きました。
ちなみに我が家のチビ、生まれてこの方その時まで、喘息の気配すら無く、
小児科でも「喘息云々」と言われた事すらありませんでした。

ただし新宮の先生曰く、
「旅行先のハイテンション、慣れない環境、気圧の変化(低気圧)」
などの諸条件が重なると、突然、喘息の発作を催す子供がいるんだそうで、
今回、我が家のチビがそのケースだったわけです。

そして幸い、吸入と投薬で発作は治まったのですが、
先生から「喘息の発作は夕方と朝方に出やすい」とご教示頂き、
出来れば「このまま名古屋に帰った方が良い」とも言われました。
この時点で確か夜の9時過ぎだったでしょうか?
もちろん「名古屋に帰る」1択です。

ですが、一度串本に引き返して、荷物を取って名古屋に帰ると、
往復で4時間ほど時間をロスしてしまいます。
串本のバンガローに残してきた友人にその旨を告げると、
「荷物は届けてあげるからそのまま帰った方が良い」と言ってくれたため、
お言葉に甘え、新宮から名古屋へと帰路についたのでした。

以上、昨年の串本終わり。






・・・・え?


「カゴガキダイ」はどうしたんだって?
それはですね、串本に残った友人が採って来てくれたのです。
実は、ニシキベラも採ってきてくれたのですが、
先日のカタストロフィで落としてしまいまして・・・。

そんなわけで、非常に思い出深いカゴガキダイだったりするわけです。
そして幸いその後、チビは発作を起こす事なく健康です(^^

昨年は串本までは行ったのですが、海水にすら触れてません(T_T)
そう、2回連続で採取を断念せざるを得なかったわけです。
・・・ちなみに、熱心なGファンならお気づきかもしれませんが、

>「そう、まるで、日ハム拒否ってHONDAへ行った長野の心境です。」

の部分ですが、巨人の長野は、
日ハム拒否ってHONDAへ行ったのに、
その後のドラフトで今度はロッテに指名され、再度入団を拒否った経緯があります。

そう、2度の断念を経て巨人へ入団したんですよ、長野は。
でもって私も串本での採取を「2度断念した」から、長野と言ったんですよね。
だって単に「断念」なら菅野の方がタイムリーでしょ?

・・・・え?わりとどうでも良い?





ですよねー。


今年は、色々と都合が付かなかったので串本遠征は断念しましたが、
長野は3度目のドラフトで、念願の巨人へと入団し、
新人王を経て首位打者に輝き、今や巨人の主要選手です。


って事はですよ?


次回、私が3度目の串本遠征を決行した暁には、
「新人王級の活躍」が約束されているという事です。



ええ、一応これが今回のオチ的なものですが、何か?


と、いうわけで95%カゴガキダイの紹介になってませんが、
つまるところ今回のエントリーで何が言いたかったかというと、
「旅先に保険証を持って行って良かったなぁ」という事です。



・・・えっと、これ何のblogでしたっけ?

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。