スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユカタハタレッド

前回の更新で、
「タンクメイトはタテキンとユカタハタだけ」
なんて綴ってみましたが、
つい先日、ユカタハタをショップに引き取って頂きました。
我が家に来て、かれこれ3年以上経過してて、
実は意外と水槽に馴染んでた存在でもありました。
なのにこのblogでは、
「初紹介なのに引き取り済み」という、
ちょっとぞんざいな扱いを受けていますが・・・。

そんなユカタハタが我が家にやって来た経緯に軽く触れておきますね。

yukatahata010.jpg


よく「観賞用海水魚には赤系のカラーが少ない」なんて言われますよね?
で、フレームエンゼルと人気を二分する「赤担当」がユカタハタです。

戦隊ものだったら主人公カラーなわけで、
「海水戦隊マリンアクアレンジャー!」なんてのがあれば、
レッド担当はフレームかユカタハタのいずれかで堅いでしょう。
もしかしたら「ニモ」的な爆発的人気が出るかもしれない、
そんなポテンシャルを秘めた魚、それがユカタハタです。
だからこそ、マリンアクアリストなら誰しもが、

「あー、赤い魚飼いたいけど、
 フレームにするかユカタハタにするか、迷うわー。」


なんて経験があると思います。

いや、絶対に有ると思います。

で、僕が選んだのが、たまたまユカタハタの方だった、みたいな?
そんなありがちな理由で我が家にやって来たんです。

そして、そんな人気者が我が家を去る理由、
それも至って単純なのです。


yukatahata020.jpg


だって、乱暴者なんですもん。


この間なんて「大丈夫だろ」と思って、
XLサイズのクマノミ@ブラックタイプ(石垣ペア)
を飼ったんですけどね・・・夫婦で居なくなりました。


なんていうか、「儚い」ですよ。


夫の方はお腹の中、
嫁の方は水槽裏で一夜干しになって、それぞれ発見されました。
・・・いや、正確に言うと、夫の方は発見されてませんけど。


kumanomi夫妻0
※今は亡きクマノミ夫婦。


それ以来、ショップで水槽眺めてても、



「お、良い感じのオハグロヤッコ居るじゃん!」
 ・・・でもユカタハタがなぁ・・・。





「久しぶりにパウダーとか入れてみようかな?」
 ・・・でもユカタハタがなぁ・・・。





「やっぱ、基本に戻ってカクレのペアも良いなぁ」
・・・でもユカタハタがなぁ・・・。





「ホンソメ入れようかな?」
・・・でもユカタハタがなぁ・・・。



ってなるんですよ。

ハタって、根魚だけあって縄張り意識が強いのかもしません。
例えば、入海時の「挨拶がてらの小競り合い」なんてのは、
海水魚飼育の風物詩ですよね。
ヤッコやチョウの場合、そこで序列が出来てしまえば、
大きな争いは「ひとまず終わり」ってパターンが多かったです。
(その後の調整なんかは続きますけど。)

でも、ハタの場合「ねちねちねちねち・・・」とやり続けるんですよね。
対象が捕食出来ないサイズの魚であっても、
執拗に攻撃を加え続けるんですけど、
なまじ口が大きいだけに、やられた方のダメージが大きいわけです。

それが「根魚」という生態に由来するものなのか、
はたまた、単に個体差なのか?それは分かりません。
いずれにしても確実に言える事は、



「友達にはしたくないタイプ」ってことです。



・・・ではなくて。

「意外としつこい」という事です。
何度かとっ捕まえて、タンク内で「見せしめ隔離」もしましたが、
あまり効果が得られませんでした。
サブタンク等で、確実に隔離が出来る環境があれば、
結果も違ったのかもしれませんが、
ヤッコやチョウなんかとは、また違った「生態or性格」
の持ち主、という事が分かりました。






・・・とかなんとかエラそうに、
「ハタとはなんたるか?」的な事を語ってますけど、
騙されてはいけません。
自分、ハタ飼ったの1匹だけなんでー。
つまりはそこら辺、脳内補正よろしくーみたいなー。


我ながら、とたんに説得力が無くなった気がs・・・。





え?



そもそもこのblogに説得力なんて求めていない?




一理ある。




あ、あと、
「これで念願のタテキン単独飼い水槽完成じゃないか!」
って思った方みえますでしょうか?



惜しい、実に惜しい


確かにそのとおりなんですけどね、
今回ユカタハタを手放したのは、
「新魚に厳しいから」ですからね。


・・・・どうなることやら??


今日のデカ夫さん。
IMG_26300.jpg
「ネタblogですから。」


おしまい。
スポンサーサイト

3年間を振り返ってみる

どうもーーーwwww


ぃやっほーーーいwwww



ご 無 沙 汰 してまーーーすwwww



久々の更新でキャラ設定忘れてまーーーすwww






なので草生やしてテンション高めにしてみましたwwww




・・・ごめんなさい、読みづらいのでやめます。

拙blogの管理人トミーです。お久しぶりです。
先日のリハビリがてらの更新でも、
暖かいお言葉を頂戴いたしまして、
嬉しくて嬉しくて、喜びの涙で枕を濡らしました。

・・・いや、言い過ぎました、それはウソです。

さて、この3年間何をやっていたかと言うと、
話せば長くなるのですが、
実は・・・・政界に挑戦していました。

義憤に駆られて立候補した先の総選挙。
結果として、あと一歩実力が及びませんでした。



しかし、やれる事はやった。



長いようで短かった選挙戦

筆舌に尽くし難い数々の出来事

理不尽さを覚えたのも事実です


・・・が、いくらそれを綴ったとして、
何を言おうが、言い訳にしかなりません。


負けた人間が何を言おうと、
いくらそれが正論だろうと、
敗者の弁など、言い訳にしかならないんです。




って、ちょっと言い過ぎました。
実はこの話、半分くらい・・・




・・・いや、半分以上、





って言うか、8割方・・・






・・・選挙のくだりは全部ウソです。





騙された人m9(^Д^)プギャーwwww





え?そんな人居ない?

ああ、そうですか。


えっと、この3年間何をしてたかと言うと、





パズドラやってましたwww

(今もやってます。)
600万ダウンロードの頃に始めたので、
2年2ヶ月くらいでしょうか?
blogにログインしていない間も、
パズドラにはログインしてましたwww


・・・そういう事じゃありませんね。
(いい加減しつこい。)


この3年間ですが、

水槽が崩壊して水槽をやめよう!とか、
生活環境が変わって、水槽の維持が難しくなった!とか、
もうちょっとさすがに飽きちゃった!とか、
そんな類いのエピソードは一切ありません。

面白い事とか、お涙頂戴とか、
そんなのなくて申し訳ありません。
ホント、変わった事は何もないのですが、
blog放置前から今までをさらっと補間しますと、


3年前  マリンアクア界に空前の肉食魚ブーム到来
 
 ↓
 
2年前 ブームに乗って購入したハナミノカサゴをやっぱり持て余して、
    案の定、ショップに引き取ってもらう。
    時期を同じくしてチョウチョに再チャレンジする。
 ↓

1年前 やっぱりチョウチョって難しい事を思い知る。

 ↓

半年前 「僕の理想はタテキンの単独飼いなんだ!」などと言い訳を始める。

 ↓

今に至る


こんな感じです。何となく、想像つきますでしょ?

ちなみに、3年前に紹介した「ハナミノ@黒タイプ」ですけど、
あれ、デカくなり過ぎて引き取ってもらいました。
目の前で10cmくらいのスパイン丸呑みにされた時は
「あかん」って思いました。

ほら、昔シベリアンハスキーが流行った事ありましたでしょ?
で、ブームに乗って飼ったは良いけど飼えなくなって・・・って。
あれと同じパターンですよ。


え?例えがよくわからないうえに、
そもそも肉食魚ブームなんて無かった?



まあ、細かい事は良いじゃないですか。



そのあと、チョウに超傾倒してた時期がありました。
あ、ここ笑う所ですよ?
「チョウ」だけに「超」ってねwwww




もとい。




良い感じにチョウが乱舞してた時期もあったんです。
そして例のごとく、調子に乗って混泳させまくって、
そして例のごとく、調子を崩してフンダララ・・・。

※調子こいてたあの頃(約1年前)の写真
チョウ全盛期010

チョウ全盛期020



混泳成功して、餌もよく食べてる時期もありました。
でもやっぱりチョウチョって難しいですね。
旬な時期はそう長くは続きません。

だんだん拒食気味になる個体が出始めて、
仕切ったり、お仕置きしたり、バランス調整もしましたが、
結局、力量というか、熱量というか、知見というか、
僕のそれでは対応仕切れませんでした。

やっぱあれですね、「分相応」って重要ですよね。
水槽一本じゃ、出来る事と出来ない事がありますよねー。
ですよねー。

※3年前にも同じような事書いてる気がするけど、
 それはきっと気のせいです。


そして★った個体や引き取ってもらった個体色々あって、
残したのがタテキンとユカタハタだったわけです。

とまあ、こんな(どんな?)具合で、
blogを更新していなかった間も、
相変わらず、色々と楽しんで今に至ってます。



そして今。
IMG_26090.jpg


・・・え?水槽が汚い??

っていうか、そこ??


で、でもまあ、僕は水槽を飼っている訳じゃなく、
中で泳ぐ魚を飼っているんですよ、嫌だなぁ、もう。
(これでも綺麗にしたほうだなんて言えない。)

ちなみにこのタテキン、blog放置前に、
「太平洋型欲しいんだったら、
 ウズマキじゃなくて成魚買えばいいんじゃね?」

的に紹介した例のあの個体です。
元から大きかったのが、更に大きくなりました。
子供達からは「デカ夫さん」って呼ばれてます。

でも、一時のごちゃ混ぜ水槽を知っt・・・
・・・いや「一時」って言うか「ほぼ」ごちゃ混ぜだったんですが、
えっと、以前のごちゃ混ぜ水槽を知っている知人・友人、
はたまた嫁のママ友からなんかからは、



「え、なに?飽きちゃったの?」とか、



「なんか水槽寂しいよねー」とか、



「もう、そろそろだね」とか、
(なにが?)



色々褒め言葉を頂きます、本当にありがとうございます。
その都度、

「いやいや、そもそも以前の水槽は過密過ぎてね?
 今のこの姿こそ本来有るべき姿であって、
 僕が海水魚を飼い始めた時に描いた理想型なんですよ。

 分かります?えっと、そうそう、海をイメージしてみて下さいよ?
 そう、広いでしょ?だだっぴろいでしょ?
 あのね、本来スズメダイ一匹飼うのにだって、
 こんな水槽一本では全然水量が足りてないわけですよ、
 分かります?
 例えば、四畳半の部屋に大人10人で住めますか?
 ね、無理でしょ?つまりそういう事なんですよ。」

 
てな具合に説明するのですが、
言い訳にしか聞こえないそうです。

まあ、確かに。


冒頭の選挙のくだりでも綴りましたが、

負けた人間が何を言おうと、
いくらそれが正論だろうと、
敗者の弁など、言い訳にしかならないんです。



・・・言い訳なんですけどね。

本当はごちゃ混ぜにしたいんです。
「何故、やらなかったのか?」
その理由は、次の更新に譲ろうかと思います。

別に引っ張るほどの理由でもないんですけど、
なにせ、タンクメイトが2匹しかいませんからね、
あまり詰め込み過ぎると、ネタがなくなるんですよ。



今日のユカタハタ

IMG_26190.jpg
「なら、何故blog再開したんだよwww」


おしまい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。