スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベアタンクと水流

先日、這々の体になりながら設置した配管とMPですが、
その後、水漏れもなく順調に稼働しています(^^






・・・・・で、ですね。





実は今回の配管作業で設置したかったのは、
殺菌灯じゃなくて、むしろMPの方だったんですね。

総循環量を増やす事によって、
好気ろ過の強化がひとつの狙いでしたが、
もうひとつの狙いは「白点が出にくい環境にする事」でした。

三重管をやめ、あえてリターンを独立させたのも、
水槽をベアタンク化したのもそのためです。

平たく言うと、水槽底面の水を常に動かして、
ウールでシストを濾し取ってしまうという所作です(^^

我が家の水槽内の水流は、現在こんな感じです。
正面から見た図
0805141.jpg

側面から見た図
0805142.jpg
水槽背面はPHによって、水槽前面はOFのリターンによって、
常に水槽底面には水流が有って、
フン、残餌等はフローパイプに集まって、ウールで濾されます。

そして、ウールを取り出して洗浄してやる事によって、
濾材の目詰まりを極力低減してやる事が可能ですし、
同時にシスト濾しも取られているんじゃないかと思ってます(^^

ただし、フンや残餌が全てOFして行くため、
ウールマットの目詰まりが非常に早いです。
だから、少しメンテをサボるとエライ事になりますけど(-ω-:)
(今は、目詰まり時の越水回避機構を設けました。)

なのでウールは、ほぼ毎日取り出して水道水で洗ってます。

そして、今回メインポンプを強化するに辺り、
再度飼育水の低比重化を敢行いたしました。
様子を見つつ、3日かけて比重1.008まで下げております。






白点再発か!?





いえ、違います(^^;
Rio3100からPMD571に交換するに当たり、
水流が著しく強力になるで有ろう事は想像できました。

すなわち・・・・。

水槽底の水流が強力になる

Rio3100時代には淀んでいた水域が活性化

そこに潜んでいた(かもしれない)シスト、
憂い憂いとして仔虫放出!

目に入れても痛くない魚達が白点祭り

後手後手で低比重化


なんて可能性を鑑み、事前に低比重化して迎え撃とうという訳です。
我ながらなんて心配性なんだろうとは思いますが、
「白点を制する物は海水魚を制す」なんて言いますし(?)
白点に付け入る隙を与えてはいけません!

シストならまだしも、仔虫なんて低比重下では赤子同然です!
そりゃ放出直後の仔虫だけに、赤子なんd(略)

そして、配管が終わっていざスイッチオン!






すると・・・・。






案の定、凄まじい勢いで舞い上がるフンや残餌!
(当日、AM4:00の作業で写真は有りません・・・。)
Rio3100でも、目に見えてフンや餌は溜まらなかったんですが、
石組みの間とかに溜まってたんでしょうね(^^;
でも、翌朝見たらキレイに無くなってましたヾ(*´∀`*)
これぞベアタンクの醍醐味じゃないですか・・・・。


でもって、みるみる上昇するメインタンクの水位!
0805143.jpg
精神衛生上、好ましく無い水位ですがそれはそれ・・・。

そして、解りますでしょうか?この水面の揺らぎ!
0805144.jpg
うん、写真じゃ全く解りません。
実物を見てみると、水槽左からの水流が、水槽右端に当たって、
水面にまで揺らめきを作り出しているんです(^^

素晴らしい・・・・素晴らしいよマグネットポンプ!!
これぞ私が追い求めてきた理想の水流・・・・・素晴らしいヾ(*T∀T*)
水槽サイズに対して、少し大きめのポンプですが、
過密気味での魚飼育には丁度良い位だと思います。

そして、あまりの激流に、魚達は吹っ飛ばされています。







「うわーーーーー!」
0805145.jpg





「やめてくれーーーーー!」
0805146.jpg





「関サバじゃないんだからーーーーー!」
0805147.jpg




・・・・と、ボツ写真を有効活用してみました(^^;



実際は「トルクフルな太い水流」といった雰囲気で、
魚達も気持ちよさそうに泳いでくれています(^^
0805148.jpg

そして、事前の低比重化が功を奏したのか否か?
4日経過後も、白点が悪さしてそうな雰囲気はありません。

比重、どの程度で元に戻しましょう?




おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

最近見たことがあったのですが、「白点が出たら毎日ウールマットを清掃すると直る」と見ました。
なるほどね~と思ったモンです。
そしてさすがトミーさんって感じです(^^)

水流は魚にとっていいことみたいですね!
私も魚水槽のほうは抜本的に見直します・・・。

しかし、マクロスの画像、ほんとにワープしてるみたい(^^)

No title

らんちゅうのせいで今日も5時起き・・・

水流良さそうですな~。
うちものはサンソーのMPですが、なかなかの活魚水槽ばりの水流です。
勢い強いので噴出し口を水面近くに持ってけません、空気巻き込んで真っ白になりますから(苦笑)

比重を・・・・落としたついでに・・・何か・・・新しく・・・入れるつもりでしょ?
いや、むしろその為に落としたんじゃ?(笑)

No title

配管工事も終わり順調に稼動しているみたいでよかったです!(^^)
総循環量を増やす事によって色々プラスになる事が多いのには、勉強になりました!
これからもまたいろいろ学ばせていただきます!!
ボツ画像、ほんとに流されているみたいで、SF感バッチリ!って感じですよ!(^^)

No title

こんにちわ(おはようです。笑)
久々に、日の昇ってる時間にコメント出来てるまりん☆です(笑)ただいまの時間、13時近いです・・・。
実は、さっきまで寝てました~(笑)

始め、ボツ画像の子たち、ほんとかと思いました・・・あんなに水流強いの?って。
騙された・・・(苦笑)
比重は、上がったのを下げるのはそんなに抵抗ないはずなので、序所にはどうかしら?
逆だと、神経使いますけどね。

No title

連レス!
あっ!ゴメンなさい~比重、下げたんでしたね!まだ、寝ぼけてたみたい・・・寝不足だったので(汗)
比重を上げるのは、慎重に~がいいと思います!

No title

MPって「まりん・ぱわー」の略かと思っちゃいました^^
KNだのNDだのPHだのOFだのLPSだのSPSだのよく解らないで読んでることあります。

比重を戻すタイミングは、ショップで塩のバーゲンやる時ですな^^♪

■f348s16さん
そうなんですか!「白点が出たら毎日ウールを清掃」
って事は、要するに物理的に駆除しちゃうって事ですね(^^
ウールで漉せるのか否か、実際の所はよく解りませんけど、
昨年末の低比重治療以来、白点は大人しいです(^^
毎日洗っても、結構ウールって汚れててビックリです!
水流は、魚の運動だとか、酸素供給量が増えたり良いみたいですね♪
でも、あまりにも激流だとマズイんでしょうけどね(笑)
まくろすす、完全に失敗写真なんですが、妙に躍動感有りません?(笑)

■ぴー父さん
また・・・・・こんな時間に起きてるのは、やっぱり
ぴー父さんとおじいちゃんくら(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ
水流はやっと自分が思う理想的な感じになりました。
でもまだ、活魚水槽までは行ってないかもしれません(笑)
そして、うちもギリギリ空気巻かない高さで調整したんですが、
常に水面が渦潮みたいになってます(^^;
比重を落としたのは、あくまでも白点対策ですよ♪
・・・でも、積極的にショップには行くつもりです(笑)

■キー坊さん
OF水槽の場合、総循環量=濾過能力(好気ろ過)
に直結しますし、エアの巻き込みも増えて水槽が好気的になって、
PHの上昇にも繋がったり、関サバが飼えたり、良い事づくめです(^^
ただし厳密に考えると、濾材を通過する水の速度とかで、
早過ぎても濾過効率が落ちるらしく、
流量が多過ぎりゃ良いってもんでもないみたいです、難しい!
私の場合、そんな小難しい事は一切考えてませんけど(笑)
激流写真撮らせたら私、かなり上手ですよ(笑)

■まりん☆さん
あらま!こんな時間にまりん☆さん、珍しい(笑)
お休みなんでしょうか?早くアズファー買いに行って下さいっ!
でもってですね、比重は下げましたよ(^^
過去何度か、低比重法で白点と激闘を繰り返し、
勝利を収めた訳で、比重の上げ下げは慣れたもんですよ♪
比重は、上がる時の方が魚には辛いって言いますよね(^^
でもって水流なんですが、初めてスイッチONした時、
石組みが思いっきり崩れはしましたよ(笑)

■ブラックカズミさん
どもども、お久しぶりです(^^
MPは「まりん・ぱわー」で間違い有りませんよ!
猪木の闘魂的なもので、魚に気合いを注入してみたんですね。
ちなみに、それぞれ略語の読み方と意味ですが、
KN→「これは・なしだわ」:ダメ出し
ND→「ん?・だれ?」:あんた誰?
PH→「ぱわふるな・ひらめ」:元気すぎるヒラメ
OF→「おっぱぴー・ふぃ~あ」:小島よしお
LPS→「らーじ・ぽりーぷ・しょっく」:大きなポリープが見つかってショック
SPS→「しまった・ぱいなっぷるが・すっぱい」:まだ熟れてなかった
です!次からそう思って読んでみて下さいね♪


No title

こんにちは。
なるほど、なるほど・・シストをウールで濾し取るね!
これは簡単で尚且つ確実そうで良いですね。
しかも毎日ゴシゴシするなんて凄いです。
私はリーフタンクが好きなんですが、ウールマットが曲者になるんですよね。
水流も丁度良いみたいですね。
今度は是非PMD-581で洗濯機状態の水槽が見たいもんです^^
関サバ食いたいND(のんぼいでした^^v)より。

No title

いやぁ~驚きました!!
・・・同じ事を考えてる^^

自分も底面に積極的に水流を当てて
フンをメインポンプ周辺に集める様にして
吸わせています^^

この前、メインポンプを塩ビを使ってフンを吸い易く改良しましたぁ~。
自分もメンテをサボったらエライ事になります^^;

No title

こんばんは~。
水流に揉まれてマッチョな肉体に変わるんじゃないでしょうか(笑)
シストにも負けない強靭な体力と肉体が備われば
白点にも打ち勝つのは可能ですよ! ねっ。
それにしてもスイッチオンしたときのマリンスノーはすごかったんでしょうね。


No title

MPの効果は絶大ですね!
そして、どんどんステップアップされて、
今年の目標も達成(間近)でしょうか?
飼育スタイルは異なりますが、
ウールマットの清掃頻度は上げた方が良いようですね~
色々と勉強になります。
豊予海峡の関サバならぬ、関ヤッコ・・・
これは逞しく身の締まったブランドヤッコになりまっせ!

No title

お久でっす。
なるほど、こうやって水流作ってうんこ流すんですね。前にトミさんがうんこが底に溜まらないようにしているって言った意味がやっと解りました。

白点はそんなに簡単には撲滅できないって事ですね。ゆっくり時間をかけて格闘せよって事っすね。まぁ我が家はハダムシとの格闘ですけどね。(爆)

No title

予告通り、総循環量UPネタで来ましたね(笑)

前回のコメントにも書きましたが
流量UPは良いことなので
これからが楽しみです。

ただ、低比重化同時実施は
若干リスクを伴うような感じもするので
慎重な経過観察を忘れないでくださいね!!

No title

やっぱり洗濯機にして底にデトリタスが
溜まらないようにするのが一番ですね!
何故か画像が見られません・・・^^;

■NDさん
OT(おはようございます・とみー)です
シストをウールで濾す、ベアタンクならではの方法ですよね(^^
ただ、目に見えるもんでは無いので、
実査にどの程度濾されてるのかは解りませんけどね(笑)
毎日ゴシゴシは、手間なようで以外と楽ちんですよ♪
リーフタンクの場合、ウールも硝酸塩工場になっちゃいますし、
またベアタンク魚水槽とは違って難しい・・・(-ω-:)
でもって、名古屋オフ実施の暁には、
水槽を洗濯機にして関サバ飼っておきますねー(笑)

■YASUさん
あらっ!これまた奇遇ですね!
でも、ベアタンクで魚水槽キープしてみえる方って、
結局考えてる事は似てくるというか、同じですよね(笑)
底砂が無い分、ゴミが溜まると目立ちますし・・・(^^;
YASUさんちって、濾過槽が上に有るんでしたっけ?
となると、フンや残餌の回収もOFじゃなくて、
ポンプが吸ってくれるとなれば、効率良さそうですね♪
そのDIYネタ、記事化をお待ちしてますからね!

■ブ~ビィさん
そうなんですよ♪
やっぱり魚も人も、ちいとばかし厳しい環境に置いてやって、
そこで生き抜く強さを得なければなりません!
行く行くは、筋肉隆々無骨でマッチョ、
そんな武闘派集団を作り上げますよ(笑)
ちなみに新魚は、水流が把握し切れてないからでしょうか?
最初、メインポンプからの水流に吹っ飛ばされます(^^;
初っぱなのスイッチON時には、
それはそれは汚いマリンスノーが舞いました(笑)

■lypapaさん
やはり、スペック的に総流量が同じでも、
MPの場合トルクフルというか、揚程が違うので、
循環水量はめちゃくちゃアップしますよ(^^
ただ、底砂敷いてる場合は、リターンを分岐したり、
水流弱めてやらないととんでもない事になると思います(-ω-:)
(もちろん、ポンプのスペックによりますけど)
そして、この激流で揉まれた関ヤッコ、
アクアプロショップ三十路で売りましょうかね?(笑)

■YAMATOさん
どもども、生きてたんですねやまさん(笑)
そうです、底に残餌やウンコを残さない秘訣は水流です。
OFじゃなくても、PHで水流つくってやって、
外部の吸い込み口にゴミ集まるようにしてやったら如何ですか?
でも、目詰まりめちゃ早そうですね(-ω-:)
白点の撲滅は簡単じゃありませんが、
出にくい環境を積極的に作ってやるのは、
そう難しい事ではありませんよ(^^

■かっしぃ。さん
予告通り、総循環量UPネタにしてみたのですが、
何だか循環量というか、水流と白点ネタになちゃいました(^^;
でも、流量UPのメリットとして、
好気ろ過がパワーアップされたり、
酸素が水槽内に行き渡りやすくなったり・・・・とか、
そんな程度しか考えつかないのも事実です(笑)
低比重時は、魚(特にチビチョウ)の状態は、
特にしっかり観察して、しんどそうなら戻すつもりです(^^

■たらふくさん
サンゴ水槽でも魚水槽でも、
ベアタンクでもリーフタンクでも、
それぞれに水流ってのはすごく大切なんですよね(^^
デトリタス、病気の温床ですし、特にベアタンクの場合は
還元する方法がありませんから、
吹き飛ばして物理的に処理しちゃうのが一番です♪
画像、見られませんでしたか!?
何故でしょう!?FC2ってたまにそういう事ありますよね(T_T)

No title

トミーさんの白点対策にはホントに感心ちゃいます。うちは 取り出して毎日水換えの努力むなしく、またまた白点でちゃいました~!!
先生 早くサンゴ水槽でも使える 白点殺し薬を開発して下さい!!!

No title

私の水槽は上部と外部と嫌気ですが、嫌気は論外で、上部はただ上から落ちるだけだし、外部もレジ水槽に入れてからの水流の後本水槽への落下となる為、水槽内にRio600をぶち込んで水流を作ってます。
また残飯ゃ糞の始末は底に設置したRio800で吸い取って上部へ運ばれウールに引っ掛かるって感じで、それでも残る残飯などはこれまた底に沈めてある活性炭を住処にしてるゴカイなどの餌となります。活性炭の住民の数は・・・・・・

数えた事ないす。(^o^;)


って言うか。
数え切れません!

No title

■ゆっきっきさん
リーフタンクで白点出ちゃうと、ホント厄介ですもんね(-ω-;)
ゆっきっきさんちって、今まで魚を隔離してたって事は、
長期的にでも魚を隔離しておくことは可能ですか?
だったらいっそ、一月半ほど隔離して
白点虫を激減させる作戦はいかがでしょうか?
ちょっと長く感じると思いますが、有効では有ると思いますよ♪
でもって、サンゴOK白点殺しですが、
完成の暁にはアクアプロショップ三十・・・(略)

■ワッキーさん
なるほどなるほど、ワッキーさんちの水槽って、
かなりシステマチックに構成されていますよね(^^
と言いますか、早く嫌気ろ過マシーンのメカニズムを!
活性炭にゴカイが住んでるって、何だか凄く強力なろ過装置ですね(笑)
私、サンゴ飼ってた時は、水流をかなり重要視してたんですが、
魚水槽にして暫くは、全く無頓着でした(^^;
でも、色々勉強していくと、
やっぱり魚水槽でも水流って重要だったりするんですよね。
マリンアクア・・・・・・深い!(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。