スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリートメントvol2

先日新魚導入時のトリートメントネタを記事にしました。
舌の根も乾かないのに恐縮なのですが、
読み返してみて少し言葉足らずな所が有ったのでいくつか補足します。

●メインタンクの海水の比重を落として使う

先日「バケツで豆腐の養生を行った」際、日に日にNO3濃度が上がりました。
3dayno3.jpg
(当時の写真)
たかだか数リットル程度の水量でも、
以外と頼りになる量の好気バクテリアが漂ってるんだと解りました。
なので、濾過の無いバケツでもメインタンクの飼育水を流用する事で、
有る程度は硝化が進むものと思われます(^^
(もちろん、エアレーションと保温は必須!)

そして、メインタンクの飼育水に白点の仔虫が居たとします。
ただ、比重を有る程度低く(我が家では1.008)落としてやる事によって、
仔中なら相当数駆除する事が出来るはずです。

これが水槽の飼育水を流用してトリートメントするメリットだと思います。

●どの程度の期間やるの?

「検疫」をやる理由は、ほぼ100%「白点を持ち込まない事」ですよね(^^
白点のサイクルの中で、魚に寄生している状態は3~7日程度だと言われています。

まだ白いツブツブが見えてないけど、痒がったりプルプルしたりと、
白点由来の仕草をみせる時期をホロントと呼び、これを経て、
体表に白い粒が見える状態にまで育った状態をトホロントと呼ぶそうです(^^
(肉眼で確認できる魚に白いツブツブがついてる状態)
そして実は、このトホロント期は数時間だけであって、
魚が白点に罹患している期間の大半は肉眼では確認出来ないそうです。

この後、魚の体を離れてプロモントになり、トモント(シスト)になり、
バーモントにな(*ε(#)☆○=(`∀´:)

と、舌噛みそうな名前でサイクルを経るそうですが、
要するに、魚に取り付いて栄養吸って大きくなって、
魚から離れて子孫増やしてもう1回魚に付着する・・・・。


これはつまり


田舎から上京したばかりのA子。
付き合いでB子に連れて行かれたホストクラブにどっぷりはまり、
今はお気に入りのホストをNo1にするのが生き甲斐。
A子「ごめん、今月はもう厳しいから・・・」
ホ「そっか・・・やっぱ・・・やっぱり俺にNo1なんて無理なんだね。」
A子「・・・」
ホ「トップ取った俺、A子に見せたかったんだ。」
A子「・・・わかった、わかったわ!ツケでも良い!?」
と、ピンドン一本追加してして、翌日商社金融に足を運ぶA子。


その後は借金を返すための借金を繰り返し、
成れの果てに風俗に身を投じるのか自己破産するのか・・・・。


そう、白点病とホストクラブにはまるA子とは同じ構図なのです!


そして、治療法まで同じで、
つまりはその悪しきサイクルを断ち切る事が重要な訳です。

A子には、友人のB子がついてますし、
もしかしたら彼氏が出来て支えてくれるかもしれません。
A子を負の連鎖から救い出してくれる人間は沢山いるんです。

でも・・・
魚を白点のサイクルから救い出せるのはあなたしか居ないんですよ!!

・・・・と、要するに検疫とは、白点のサイクルを断ち切る事。
すなわち、魚体を離脱した白点を水ごと捨て、
この作業を何度か繰り返すうちに、魚の白点はフリーとなる。
これが検疫でありこれが「換水法」という白点治療ですね(^^

我が家では検疫時に、水温は28℃設定にしています。
これは、白点のサイクルを早めて、さっさと検疫を終わらせたいがためです。
この作業を4日間ほど続けて、
白点が見られなければ水槽にドボンするのですが、
慎重にやるのであれば、最低一週間程度は様子を見た方が良いと思います(^^
では、何故我が家は4日なのか?


それは・・・。


せっかちだからです。
本当です。それ以外に深い理由などありません。

ただ、検疫中に白点が確認されたら、
そのまま換水法による検疫を続けて、
白点が見えなくなってから、2~3日様子を見た方が良いと思います(^^

それと、ネットを見ているとたまに
「28~30℃程度で飼育すると、白点が出ない」
という話を聞きますが、それは淡水性白点病の話です。

海水性の白点とは由来する虫が全くの別物なんです。
「オカマ」と「オカマっぽい」くらい似て非なる物であって、
私は「オカマっぽい」なら許容できるかもしれませんが、
「オカマ」は絶対無理ですから!
そう、自分にウソをついては生きられません。

友人宅で立ち読みした「魚介類の感染症・寄生虫病」には、
以下の通り書いてありました。
・海水性の白点病の発育至適温度は31℃
・34℃では魚体内で発育をしなかった
・19℃を下回ると病気は発生しない

すなわち海水性白点病は、31℃までなら、
水温が上がれば上がるほど元気になるという事です(IεT)

19℃以下ないしは34℃以上で検疫するなら、
白点に効果的かもしれませんし、その環境下で生き抜いた魚なら、
この先ちょっとやそっとじゃへこたれない丈夫な子に育ってくれるでしょう(^^
どなたか、もし挑戦したなら結果を教えて下さい。

ちなみに、友人はこんな高価な本を持っているにも関わらず、
「へー、そんな事書いてあるの?」などと言っていました。
いっそ、そのまま持って帰ってろうかと思いました。

以上、検疫&トリートメントの補足でした(^^




今日のベニゴンベ
08061401.jpg
「ピンドンいただきましたー!!」


おしまい。

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

おはようございます(^O^)
ホストの話、実話では・・・?(笑)
ほんとは、トミーさんすっごいイケメンなんでしょう!?(苦笑)
ラーメン、つけ麺、ボクイケメン!!なんてね・・・私、あの人好きなのよね(爆笑)
トホロントだか、ホロント・・・プロント・・・何かのおまじないですか!?(苦笑)
28℃などの設定は、海水魚にはあまり意味ないんですね・・・お勉強になりました!
昨日のショップ巡りでベニゴンベちゃんが居たの~(><)可愛かった可愛かった♪
でも、ピンドン好きじゃ、食費が掛かってしまうわ(笑)
それに、家にはかますが・・・(汗)

なんてグッドな情報だろう(笑)
過去に白点病らしき魚は見たことあったけど自然に消滅してたので治療法がわかりません。
まだ勉強して無いというのが本音ですが、この記事よんで多少知識がついたかも

うちのクイーンの胸元に白いブツブツが着いて、先週捕獲して爪で削り取ったのに、また再発しました。
他の魚にちょっと着いてるのを見かけたことはあるけど、すぐに取れてたので治療したことがありません。
今回は体をプルプルしたりしてるので何かしてやらないと☆になりそうな気配(泣)
まずは捕獲して、別水槽に隔離ですね!?
それから先の手順を教えて下さいm(_ _)m

No title

トリートメントの話からどうしてホストの話になるのでしょう(爆)
ショップ三十路店長より、文豪トミーのほうが全然現実味があるのではないでしょうか(^^)

斜に構えているベニ、最高です(^^)

No title

トミーさんおはようございます。
なんとも分かりやすい解説で笑いながら読んでしまいましたi-185
わが家の水槽は当分白点が出ていません。(と思う)水質も2年前は週一は見ていたのですが、ここ最近そこまで調べてなくて。油断しまくりです。
そろそろ気を引き締めないといけないかぁ~。

せっかち

私もせっかちでガマンできません。
水合わせは淡水の頃からしたことありません。
あの時間がガマンできないのです。

トミーさんって「学生街の喫茶店」ガロのトミーさんじゃないですよね??

No title

ホストトミー・・・昔は数々の女を泣かせてきましたね^^その経験を海水魚飼育に流用するとは、さすが日本が誇る!いや、世界が誇るゴールドフィンガートミーですね^^
昔、28~30℃では白点はでないというのは聞いた事はありますけど、淡水性白点なんですね!
海水に試した事が昔あったんですけど、効果があまりないじゃんと思っていたんですよ!
トミーさんのブログにはいつも勉強させられます^^
ただ、頭が幼稚園級なので、なかなか頭に入らないので、何回も読み直して覚えていくんですけどね・・・。(^^)

No title

うちの水槽にタイムリーなお話ありがとうございました(苦笑)
酷くもならず キレイに治りもせず 10日間ほど隔離して換水法で治しても水槽にもどせば再発し…
珊瑚とっぱらって魚水槽にするかなんてヤケ気味です。v-406

No title

おっとぉ~~
今日も冴えてますね~トミーさん!!博学~~~!
よっ!!って私ホストクラブって一回も行ったことがないんですよね。。。とあるテレビ番組でイケメンに囲まれて耳元で「愛」をささやかれると「何とか」(←思い出せない・・・汗)っていう快感物質が脳からいっぱい分泌される・・・というのを放送していました。
だから「ハマる」んですかね・・・ホスト・・・

>19℃以下ないしは34℃以上で検疫するなら・・・
どなたか、もし挑戦したなら結果を教えて下さい。

ハイ!!!!(挙手)
近海魚から入った私は実践済みです(^^)
っていうのも私の海水魚飼育、彼氏と日淡採取にハマってた時にたまたま河口付近で「稚チヌ」と「稚シマフグ」を偶然採取したのが始まりですから。。。当然「淡水魚」の設備に海水入れでドボン・・・水温は成り行きのまま・・・ヒーターもファンもつけていませんでした。
真夏は「32℃~」真冬は「~16℃」(^^;本当に・・・白点もウーデニウムも出ません。というか出てても治ります。何度も白点が発生し、治療してきましたが今思えば全部「春先」と「秋口」です。そしてその頃は「100%」採取魚でしたので、確かに自然界にも白点被罹魚が存在していてキャリアーになったと思われます。
また、シストの状態では「冬越し」は出来るみたいです。新魚を追加していないのに春先に発生した事がありました。
それと。。。免疫説ありますよね。一度罹った魚は白点になりにくいって、アレもある程度当たってると思います。秋口に白点祭りになった時、新魚は次々体中粉を吹いたように白点に犯され全滅したのに、2年間飼育していて何度も白点を経験したチヌとメジナは被罹せず平気な顔をしていました。。。
低比重・・・換水法・・・色々試しましたが・・・
最終・・・私は(あくまでも私的所見ですが)白点祭りが始まったら、ある程度被罹させておいて(免疫をつける?)薄めの銅イオン(規定量の1/3)で水槽ごと治療します。
そしたら新魚を追加しないかぎり砂を引っ掻き回そうが、少々温度変化があろうが・・・再発はしません。って言ってもたった4年の経験ですけど。。。
今はこの治療法で落ち着いてます。。。。
それにしても、今思えばキンギョの白点治療なんて楽でした・・・
ヒーター入れて温度上げて。。。ちょっと塩入れるだけでしたもん。。。
あ・・・またまた長文失礼しました。



No title

いや~
私にとってもタイムリーなご講義v-17
私も数年ぶりにホワイト野郎の襲来を受けてしまいましたよv-16
保菌者(保虫魚?)は土曜に買った憧れの
30cm弱のクイ~~~~~~~~ンv-20
クイーン様を検疫なんて失礼かと思い(デカイと検疫が面倒なのが本音)ダイレクトにメインタンクに入れましたら、日曜夜にろ過槽共有の別のタンクのチョウ全部に白点がいっぱいv-12
その後ウズキン、チリメン、チビクイーンにも白点v-12
久しぶりの真性白点虫ですv-12
保虫魚のデカクイーンは症状でないでなんともないですv-15
症状出ない保菌(虫)魚が一番困りますよねv-15

で、治療法は我流ですが今現在はすべて消えておりますv-16
ただプロモント状態だけかもしれませんので、治癒しましたらまた報告いたしますv-16

No title

白点に関してはまだまだ学理的に解明されていないようですね。
ペットバルーンさんにはとある大学から「白点菌」を貸してくれなんて言う相談があったとか(事実)。
タンクに持ち込まないことが一番ですが、そうは言っても発生してしまうのが白点。
景観上どうしても底砂を入れてしまうので、菌にはいい住処ですよね。
私は魚を入れる時には淡水浴&ヨウ素殺菌です。

■まりん☆さん
う、ドキ.....鋭いまりん☆さん!そうなんですよ、ホスト話は実話で....。
そして、この話に登場するA子が実は今の嫁なんですよ!
....え~っと、念のため一応お断りしておきますけどウソですよ(笑)
ラーメン、つけ麺の人、彼はイケメンなんですかね?
白点対策としての28℃設定なんですが、軽度の白点で
積極的に治療出来る環境なら意味が有るんですが、
そうじゃ無い場合は逆に白点元気になっちゃいます(T_T)
まりん☆家にベニゴンベが入海する日は遠くないかも!?

■アイビーさん
そのクイーンの症状は、リムフォの可能性もありますね(^^
リムフォの場合だと、いずれ免疫が出来るので、
エラと口以外なら放置した方が良いと思います。
(エラは呼吸が出来なくなり、口は餌が食べられなくなる)
でも、体プルプルだとやっぱり白点かもですね。
隔離が出来たのなら、今回の記事の様に毎日水を換えて、
魚体に白いツブツブが確認出来なくなってから、
4~7日様子見て、再度白いツブツブが出て来なければ、
とりあえずそれで治療は完了です。
ただ、白点病って、水槽が煩う物ですから、
隔離して治療しても、水槽に戻したら簡単に再発する可能性が高いです(T_T)
無脊椎が入っている水槽で、根本的な治療は難しいので、
少しくらいのツブツブなら様子見でも良いと思いますよ(^^

■f348s16さん
>トリートメントの話からどうしてホストの話に....
そうなんですよ、どうしてそんな事になってしまうのか?
書いた本人も、まさかそんな展開になろうとは思ってませんでした(笑)
この他にも、高級クラブ狂いのA夫のパターンも有りましたが、
私の実体験だと勘違いされると困るのでやめました(爆)
そして、あれですよ!私の心はやはりAPM店長です!
ベニゴンベは少しニヒルなキャラ設定にしようかな?(笑)

■モンガラさん
どもども、こんばんはですモンガラさん(^^
解りやすいと言っていただけるなんて、夢にも思ってませんでした!
軽く笑って読み流して頂く程度で本人は喜びます(笑)
モンガラさんの水槽、白点が出てないって事は、
良い感じで濾過が落ち着いているって事なんでしょうね(^^
今は、還元ろ過ボックスの追跡調査(?)
の関係で、ちょいちょい硝酸塩濃度だけは計ってますけど、
私も、無精な時はトコトン無精ですよ(^^;

■ペ・矛盾さん
おお、ペさんは水合せ無しとは、私以上の強者!(笑)
と言いつつ私も訳あって、比重1.023の世界から、
比重1.008の世界へトゲチョウを放り込んだ事があります(^^;
でも、今でも相当元気でやってますよ♪
とあるショップの店員さんの裏話で、
「ダメな魚は何やってもダメ、大丈夫なのは何やっても平気」
ってセリフを思い出しましたよ(^^
ちなみに、先程調べてみたのですが、
「学生街の喫茶店」が発売された頃、私は-6歳でした(笑)

■キー坊さん
さすが名古屋の変態隊長!キー坊さんのエロフィルターを通すと、
私の拙いフィンガーもゴールデンフィンガーに早変わり!
関係有りませんが、うちに居たデバとかルリなんかは、
ドン経由でホストクラブの水槽に行ってるのは事実です(笑)
そう言えば淡水の頃は、高水温で飼ってると白点が出にくいけど、
水草にダメージがどーらこーたらって言ってたような記憶があります(^^
キー坊さんの頭が幼稚園だなんてウソですよ!
エロ知識は世界王者級で(*ε(#)☆○=(`∀´:)

■ゆっきっきさん
いえいえ、とんでもないですよゆっきっき先生(^^
しかし、私が昨年の晩秋に某ショップの店長に言われて、
カチンと来て、無脊椎止めて魚水槽化したのと似た状況ですよ(^^;
白点病って、水槽全体が罹患してるって考え方が基本ですから、
魚だけを治療しても、すぐ水槽に戻しちゃったら、
かなりの確率で再発すると思います(T_T)
いっその事、魚を一月半ほど全部隔離して空回ししたら、
仔中は随分減ると思うんですけど.....如何ですか!?

■azuさん
なるほど、azuさん色んな方面に造詣が深いですね(^^
ホストクラブの実証実験、是非ともお願いします(笑)
でもって、魚の極限状態飼育の方は既に実証済みとは!
しかし、採取に一緒に出かけられるって、良い彼氏さんですね♪
白点に対する免疫云々に関しては、以前の勉強中に、
http://www.j-tokkyo.com/2008/C12N/JP2008-061607.shtml
こんなの見つけたんですけど、冒頭部だけ読んで寝ました(T_T)
猿にでも解るレベルにまでそしゃくして戴けませんか?(笑)
我が家では現在、白点治療は低比重法です。
年末に1.008@6週間で、水槽の底に水流当てまくりの、
ウール毎日洗浄しまくりで、今の所白点知らずです(^^

■かずみさん
すごい!30cmのクイーンですか!そいつぁすごい!
ちなみにですね、私もそのサイズのクイーンだったら、
検疫&トリートメンせずにドボンですね(^^
現在我が家に、30cmの魚をトリートメント出来る設備はありません(T_T)
でも、土曜日入れの日曜白点確認って、
クイーンが持ち込んだにしては早くないですか?
でも、実際そうなってる.....う~む白点って難しい!
それと、「我流の治療法」が気になります!是非ご教示を!!

■シロチェさん
確かに、白点に関して調べてみても「こうだ!」って根拠付けて、
確実に言い切っている情報は有りませんでした。
今回記事化した数値も、「実験結果」ですからね(^^
シストがどの程度休眠状態で生き長らえるのかとか、
何をきかっけで活動し出すのかとか、その辺りが解明されれば、
もっと根拠立てた白点治療法とか確立されそうですよね(^^
淡水浴、私も必ず実施しますが、主因はハダムシ対策です。
粘膜の奥に潜った白点には効果有りませんし(T_T)
海水魚飼育と白点、永遠のテーマですね(^^;

No title

再び登場!!!
きゃ~~~トミーさん!!!
学者さんの書く文章は難しくっていけませんね~
私も冒頭で降参です!!まったく理解できません。
で・・・でもやっぱ免疫ってできるっぽいんですね・・・(^^)/それくらいはちょっとわかるような・・・あはははは・・・・
近海魚なんて飼育本ないですから・・・当時はネット検索しまくり。。。「マダイ 白点」とか「フグ 病気」とかキーワード入れると養殖関連の上記のような文献が結構ヒットしますよね。低比重の文献では・・・「被罹したマダイをそれぞれ30匹」づつ色々な比重で飼育してみた結果なんかを難しい単語並べたてた文献を読んだことあるんですけど。。。とってもためになりました。。。bookmarkに入れてたんですけど。。。PC買い換えた時に消えちゃいました(汗)が
どの魚種も低比重には稚魚の方が強いらしいです。ほんまもんの成魚は弱いらしい。やっぱり稚魚は浅瀬にいることが多いから雨による比重変化なんかに対応性があるんですかね????
んで、ちょっと前にコメントした好適環境水に注目してるんですよね(^^)低比重・淡水浴が効く病気には絶対効果があると思うんです。治療がぐぐっと楽になりそうで(^^)

なんしか!!海水魚飼育の難しい部分を面白~く解説できるのはトミーさんのすごいところですよね。
この道を究めてゆくゆくはどこかの講師に!!
次のネタも楽しみにしています!!!

No title

>比重を有る程度低く(我が家では1.008)落としてやる事によって、
仔中なら相当数駆除する事が出来るはずです。

No title

↑↑↑↑
さすがですね~

No title

↑↑↑↑
低比重法が仔虫の駆除目的であるところをしっかり押さえているところが素晴らしいです。

ついでなので、なぜ低比重法で仔虫が駆除できるのか書いちゃいます。
比重の変動が大きいと白点虫はそれを環境の急変として認識する、ということが大きなポイントです。白点虫は寄生している生体から大急ぎで離れ、環境が正常になるまでシストの状態でいようとします。ところが寄生していないで浮遊している状態の仔虫は大きな比重の変動があると魚体に寄生することができなくなります。それで相当数駄目になるんです。仔虫の駆除目的において低比重法は有効なのはこのためです。

ちょっと余計に書き過ぎちゃいました(汗)
加えて、2回もコメントの途中で「送信」しちゃいました(大汗)

m(。-_-。)m スイマセーン

No title

またまた再登場!!しつこくてスイマセン。
マダイのは見つからなかったけどトラフグのを見つけました。。。(汗)

http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/PREF/45-1327.pdf

まさかタテキンを何十匹も白点に被罹させて低比重治療の実験を出来るアクアリストなんてどこにもいないと思いますので、、、養殖物の実験ってスケール違ってためになりますよね。。。
参考にどうぞ(^^)

No title

トミーさん!こんばんは~♪
またまたご無沙汰しちゃいまして~~~^^;

相変わらず的確なツボをおさえた解説・・・。
うん!うん!っとうなずきながら読ませて頂きましたよ~^^
こうゆう大事なことは・・・φ(。。)メモメモ

白点との戦いはアクアリストとしての永遠のテーマですかね(ちょっと大げさ?^^;)

自分の中では低比重+GFG治療はもう定着しましたね^^
この治療法を考えてくれた先輩アクアリストの方に
今はもう感謝!m(_ _)m 感謝!m(_ _)m です!

この治療法を知らなかったら自分の今のヤッコ水槽は
きっと存在してない事でしょ~~~^^;

これからも日頃のメンテを怠らず長期飼育目指して頑張りま~す^^

白点は・・・忘れた頃に・・・やって来る・・・(((; ゚д゚)))

No title

白点は魚にとっては風邪のようなものって良く耳にしますが
その割には致死率が案外高い病気ですよね。
トミーさんのように予防法や治療法を身につけてれば
まず安心ですが、私はまるで白点に関しては素人。
いまではすぐに自然治癒するようになりました。

サンゴがシストを食べると聞いた事があります。
とくにナガレハナなどのベトベト系が食べるそうですが
だからあまり蔓延せずに治ってるのでしょうかね。

魚水槽だと命取りになることがおおいですよね~。
トミーさんの記事、勉強になりました^^v

No title

旦那さん、白点退治には液体ヨウ素が効きまっせぇ~(^o^;)//
家は水槽の上から2Lペットで淡水をドポドボと入れてると汽水域ができて、調子が悪い魚はその中に自分から入ります。

塩分高めの方がカルシウム濃度も高くなりそうだから、低KH、低Ca、低pHの我が家の水槽では、水換えのたびに比重計の上限一杯になるくらい高い値に調整してました(^^;;
数値的には1.024かな?
うちに着かないとはっきりしないけど目印の上の線に合わせてます。
でも低比重にすると絶好調のスタポに影響でないか心配だなぁ~

■azuさん
きゃ~~~azuさん!!!
貼っていただいたURLって、長崎県水産試験所がやってる、
トラフグの実験ですよね?
それ、昨年に低比重について勉強した時に参考にした論文です(^^
こういう公的機関が本気で取り組んでる=効果有りって事ですもんね♪
好適環境水ってネットでつまんできた限りだと、
もしかしたら、人工海水の元みたく粉末で発売されるんでしょうか?
だとしたら、保管場所も取らないし、これは買いですね(^^
これからは、好適環境水と言えばazuさん!
続報、お待ちしております<(_ _)>(自分で調べろって!?)

■かっしぃ。さん
3回もコメント、ありがとうございました(笑)
低比重法に関しては、読み逃げ時代も含めて、
かっしぃ。さんの記事を往々にしてパクっ%%%もとい、
参考にさせていただいて、考え方をマイナーチェンジしています(^^
そして、白点に対するGFGの効果もマイチェンしました(笑)
ところで、シストってどんな環境下(きっかけ?)で
仔中を放出するんでしょうか?それがはっきり解れば、
低比重治療中にシストをガンガン仔中化して駆逐出来ると思うのですが(^^;

■YASUさん
いつでも、手の空いた時に遊びに来て下さいね~(^^
そして、その度ふざけた記事で申し訳ありません(笑)
白点との戦いはマリンアクアリスト最大の課題ですよね、これ絶対!
以前なら、白点出たら「うわぁ~」ってブルーになってましたが、
今は色んな方法を知って、動じなくなりました。
自分の中でも今の所「低比重+GFG」は鉄板ですねヾ(*´∀`*)
でも、白点も低比重に耐性を持ち出すそうですし、
普段から白点の出ない環境を作る事が大切ですよね(^^

■ブ~ビィさん
そうなんですよね、「白点は風邪」なんて言いますけど、
人間、風邪じゃそう滅多に死にませんもんね(T_T)
イメージとしては、ちょっとやっかいな肺炎とか?でしょうか(^^;
ブ~ビィさんが「白点に対して素人」と仰るのは、
今まで白点祭りになった事が無い=上手く飼えてるからじゃありませんか?
私は、引っ越しで下手こいて地獄を見たので勉強した口です(T_T)
ベトベト系のサンゴは白点虫も食べるって言いますよね♪
うちみたいな過密水槽だと、蔓延すると即全滅です(T_T)

■ワッキーさん
白点にヨウ素が有効ってのはよく聞きますよね(^^
ヨウ素って、病原菌類とかを抑制する効果が有るんですよね?
それと、魚や無脊椎は活性化するって聞ききますし、
ヨウ素の定期添加で、サンゴの開きが違うってのも聞きます(^^
ただ、ここでひとつ疑問なんですけど、白点虫も無脊椎ですよね?
ヨウ素の額面通りの効果だと白点虫も活性化しそうな気が%%%(^^;
でもそれ以上に「魚が元気になる=粘膜パワーアップ」
って事なんでしょうか?ヨウ素....深い!!

■アイビーさん
無脊椎は多少比重が高い方が調子良いって言いますよね(^^
塩分が高い方が、カルシウム濃度が高くなるんですか!?
かれこれ、無脊椎方面の勉強は停止して久しくて、
その辺りの事情には、全く疎くて困ってしまいます(T_T)
我が家は水槽に無脊椎が居ないので、通常時の比重は1.020程度です(^^
そしてアイビーさん、無脊椎の居る水槽では、
絶対に低比重治療治療なんてNGですよ!
あくまでも、魚オンリー水槽だからこそ可能な荒療治ですから(^^;

No title

>ヨウ素の額面通りの効果だと白点虫も活性化しそうな気が%%%(^^;
でもそれ以上に「魚が元気になる=粘膜パワーアップ」
って事なんでしょうか?ヨウ素....深い!!

先日も某ショップ店員さんから白点の相談を受けたので、ヨウ素を添加してみて?と言ったら。
速攻で実行して後日御礼の電話でした(^o^;)
別になぁ~~~~んもしてなぃけど

結果はと言うと。

ばっち、ぐぅ~~~~
で、ポリプの開きも良くなったと言ってました。
私は、ドンヨウ素を購入してます。(安)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

■ワッキーさん
某ショップの店員さんって、
先日はビブリオの直し方聞いてきた人ですか?
ショップの店員なら、それは知っておかないといけないような・・・・(T_T)
我が家から近い某ショップの店長さんが、
新魚追加前にヨウ素を添加すると良いって言ってました(^^
でも、ヨウ素ってそんなに即効性が有るんですか?!
失われやすいので日常的に添加すると良いって言いますよね♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。