スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故かイソギンチャク

マリンアクアリウムという趣味ですが、
飼育スタイルってのは色々有って、やりたい事も山ほど有りますよね?
魚メインと一口に言っても、
ヤッコであったりチョウであったり、はたまたハゼやハナダイだったり。
それだけでも、好みによって千差万別ですよね(^^

そして、そんな数多有る飼育スタイルのうち、
海水魚を始めたばかりの頃、どうしてもやってみたかった事のひとつ。
それが「クマノミとイソギンチャクの共生」でした。

「ミーハーだな、おい?」って思われました?









ミーハーですよ?


私、自分で言うのもなんですが、かなりミーハーだと思います。
タテキン好きを標榜してる時点でそれは間違い有りません。

ドラクエは発売日に入手していました。
エアマックスはイエローとレッドを持ってました。
たまごっちは授業中にUK掃除してました。
最近じゃ、ADAの信者でした。


・・・と、流行り物には一通り手を出してます。
水槽のコンセプトは、流行と逆行していますけどね。(ボソ

そんな私だからこそ、クマノミとイソギンの共生に憧れるのは、
男女が惹かれ合うのと同じくらい、至極自然な流れなのです。

まず、最初に飼ったのがサンゴイソギンチャクでした。
さかのぼること、2年ほど前の出来事だったでしょうか?
お手頃で丈夫いと評判のサンゴイソギン。
カクレペアも無事共生してくれて、水槽内に微笑ましい景色が広がっていました(^^





・・・が。

サンゴイソギンの弱点。それは重度の徘徊癖が有ること!
当時、我が家の水槽は30×30×40の小型水槽でした。
対してイソギンチャクのサイズは、パーにした手のひらサイズ。
水槽のサイズがサイズだけに、圧倒的な存在感です。

しかも、小型水槽じゃ理想的な水流や照明の確保は無理!
朝、水槽の手前に居たと思ったら、昼は側面、夜は裏・・・。
このサイズの水槽で、イソギンチャクに動き回られると、
それだけでもう、ちょっとした事件です。

そんなサンゴイソギンの傍若無人っぷりに、
ほとほと困り果てていた、そんなある日の事でした。

石組みを工夫して、近寄れなくしてあったはずのストレーナーに、
何故かサンゴイソギンが吸われてて、
息も絶え絶えになっているではありませんか!

心を鬼にして、介錯するしかありませんでした・・・。
何せ、イソギン溶けたらエライ事になっちゃいますもんね(^^;
そして、とてもスッキリした寂しくなったタンク。
愛の巣を奪われ、心なしか寂しそうなカクレ達・・・・。

その後、水槽を60×30×45(h)へとサイズアップし、
再度、イソギンにチャレンジしました。
この時挑戦したのは、念願のハタゴイソギンチャク!

・・・が、1匹目のハタゴは、入海一週間程度で、
内臓ぐでんぐでんの触手シオシオ、とっても危ない雰囲気に・・・。
やはり、海外産のハタゴは無理なのでしょうか??
その後3日ほどで、ジェノサイド勃発の前に退去願いました。

それでも諦めきれないハタゴとカクレの共生風景。
サンゴイソギンやタマイタなら、比較的容易に飼育できるんでしょうけど、
あんだけ徘徊されるのはもうゴメンですし、
やっぱり、カクレがすりすりしてて、一番絵になるのはハタゴですよね(^^

そして、来る日も来る日も、ショップに足しげく通い、ハタゴを物色しました。
めぼしい個体がいたら数日間通い詰めて経過観察し、
「こいつは買いだ!」と思った時は既に売れてたり・・・。

しかし、ショップに並ぶハタゴ(とシライト)
本当に「これは行けるのでは!?」と思える個体がめちゃ少ないですね(^^;
ぐでんぐでんだったり、シオシオだったり・・・。
ケンシロウじゃなくても、「お前はもう、死んでいる」と言いたくもなります。

少々高価ですが、通販で国産のハタゴを購入しようかとも思いました。
でも、イソギンの寸法って、魚以上に解りづらくないですか?

友人が以前、「手のひらサイズ」と表記のあったハタゴを、ネットで購入しました。
届いた個体は、どう見てもバレーボール位は有りました。
無言のまま、途方に暮れてた友人の後ろ姿、今でもよく覚えています。
そんな彼に、精一杯の優しさを込めた言葉をおくりました。

「世の中にはさ?手のひらデッカイやつも居るんだよ!なっ?

そして、それと同時に心の中では、もう一人の自分がこう囁くのです。

「こうはなりたくねぇ・・・・。」と。

この一件以来、ネット通販でのイソギン購入にすっかり尻込んでしまった私でした。
そして、探せど探せど出会えない理想のあなた。

・・・もう、イソギン探しにはほとほと疲れ果ててしまいました。


そして、悠久とも思えるほどの時間が過ぎました・・・。


イソギン探しをあきらめて、そう・・・・おそらく3日くらいだったと思いますが、

たまたま、何気なく立ち寄った近所のショップで、
たまたま、何気なく覗き込んだイソギン販売水槽。

そこには、部分的に褐虫藻が抜けて、まだら模様になったノーマルハタゴが居ました。

もちろん、最初見た時には「なんだこれ?」と思って、完全スルーでした。
・・・が、1週間経っても、2週間経っても一向に売れません。
そりゃそうですよね?褐虫藻抜けのハタゴなんて、
セオリーから言ったら真っ先に除外される個体ですもんね(^^;

ただ、それだけ長い間売れ残っているのに、店長曰く、
一度もぐでんぐでんんのシオシオになった事が無かったそうです。
そして、試しに少しつつかせてもらったりしましたが、
きちんと萎めるし、粘膜の状態も非常に良さそうなんです。
それに、子供の手のひらサイズで非常にコンパクト♪



んーーーーーーーーーーーーーーー。



さんざん悩んだ挙句、何故かこの色抜けハタゴを連れ帰ってしまいました。
「コイツはいける!」自信はありましたが、根拠はありませんでした(^^;
セブ産で安かったし・・・・。

そして、自宅の水槽に放り込んで、3日、1週間、1か月と経過しましたが、
まだらだった色彩は、みるみる復活して行きました。
最初は褐虫藻が少ないだろうと、給餌もしていたのですが、
褐虫藻さえ戻ってくればこっちのもの!

このあたり、皆さんご意見ある所だと思うのですが、
基本的に私は、清浄な水と程よい光さえあれば、
イソギンには特段の給餌は必要ないと思ってます(^^
魚の餌とか、勝手に食っちゃってますし、
たまに魚も食っちゃってましたし(T_T)
(経験の絶対数が少ないので、大きなこと言えませんけど・・・。)

その後、最終的に私が魚オンリー水槽に突っ走ったので、
ハタゴは里子に出してしまいましたが、
結局一年近く、一度もへこたれずに過ごしてくれましたとさ(^^

画像を探したのですが、タテジマさんを撮った時に写りこんでた、
こんなお粗末な写真しかありませんでした・・・。
画面右はじに写ってるのが、元まだら模様だったハタゴです。
08091901.jpg
里子に出す頃には、倍近い大きさにまで育ってました(^^;

そうそう、このハタゴなんですけどね?
里子に出した友人宅で、ですよ?











タテキン食ったそうです。
(15cmの成魚・・・。)




今日のベニゴンベ
08092001.jpg
「この間カクレも食ったらしいよ!」
(↑マジです。)



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

イソギンで思い出すのが、某ショップで簡単だからって唆されてイソギンを購入して、高水温でイソギンを腐らせて水槽崩壊させたキ〇坊って人が居ました。(爆)

それにしても、タテキン食べるなんて、さらに大きくなりそうですね。あげくにはクマノミも食べるなんて怖すぎます。この記事読んで、自分は一生イソギン飼育する事は無いかもって思います。

No title

そうです!某ショップでイソギンを買って高水温で腐らせてしまった方、自分も知ってますよ^^
かなり、臭かったみたいですし、水槽崩壊はするしで、「もう2度とイソギンは買うかぁ!」心に誓ったみたいですよ!^^

あまり、いい思いではないですね。

No title

無言のまま途方に暮れている友人、可哀相ですが笑っちゃいました。o(^▽^)o

私もミーハーなので、サンゴイソギンとカクレやりましたよ。
でも、カクレはサンゴイソギンに興味を示さず、代わりに
アカホシカニダマシが陣取ってました…。(^-^;

ハタゴ、タテキンを食べちゃうなんて恐るべしです。( ̄□ ̄;)!!

No title

わたしも600時代は、イソギン飼育してました。
最初こぶし大・・・数日で20cm・・・
ある日帰ったら、2つになってました(笑)
900では、サンゴ飼育したくて、里子に出しましたけどね( ̄(エ) ̄)y-°°°

No title

イソギンチャク…私も苦手分野です(>_<)
特にハタゴは難しいよね…(T-T)
溶かしてパイプに吸い込まれスゴイ異臭がしたり…1週間も持たなかったり…動きまくって見栄え悪かったり(>_<)
状態いい子に限ってはやっぱお魚捕食しちゃったり…。
シマも食べられたし、トミーさんのとこのヤエヤマギンポ(笑)も食べられた(T-T)
やっぱイソギンとクマノミの共生は可愛いよね♪
私もニモ居なくなっちゃったし…リベンジしようかな?

No title

ハタゴ、恐るべしですね!
成魚のタテキンまで食べちゃうんですか~
自分は、シライトを一時期飼育経験ありですけど、
ニモが入ってくれた時の感動を思い出しましたよ。
でもすぐに色抜けしちゃいましたけど・・・(T_T)
カクレクマノミはペアでリベンジしたいのですが、
イソギンだけは入れたくないと思う今日この頃です。(笑)
やっぱ動き回るし、☆になるとやばいし。

No title

うちのイソギンチャク(サンゴ)は自家採取個体です。
かつては徘徊癖ありましたが、今はSPS水槽になってしまい、居所がなくなって水槽横に張り付いていますw

どうやらSPSの方が強いようです(^^ゞ

No title

今日は人生で一番落ちています。
ごめんなさい。

No title

ども~
ってそういえば昔、我が家の海水水槽がすべて「日本の磯」だった頃。。。魚の採取ついでに海岸に落ちていた多孔質の「ライブロック」のような物を拾ってきた時のこと、、、汚い水でも平気っていうタテジマイソギンチャクも多数ついてたらしく・・・当時はイソギンチャクが「移動」する事も「分裂」する事も全然知らなくって。。。水槽内面がイソギンチャクだらけになってエラい恐ろしい思いをしたことを思い出しました(≡д≡)。。。器用にあっちこっちで分裂してました(汗)

No title

>タテキン食ったそうです。
(15cmの成魚・・・。)

最初、「タテキン食った」
のだと思っていました。
「タテキン食った」
だったんですね(汗)

ちびイソギンはチョウチョの餌になったりするので、
人工餌を食べてくれない一部ヤツの為に磯へ採集しに行ったりしたもんです。
なので、「ほぅ、タテキンもイソギン食うのか」な~んて思っていたのですが。。。
15cmの成魚を食べるとはビックリです!!



No title

えっ!
15cmのも喰っちゃうんだっ~驚き^^;
カクレには悪いけどイソギンはいらな~い。
その代わりサンゴで我慢してもらいます^^

No title

てっきりタテキンが猛毒ハタゴを食べた?と思ってしまいました(^^;)
逆ですよね?
我が家も今会社にある水槽がスタートでイソギン(シライト)クマノミ、フタイロカエルオスタートでした(^-^)
同じくスタートはベタなスタートです♪
いつも新たに魚を入れればクマノミが半殺しにしシライトまで運び翌日には白骨化のシステムが成り立っていました。一年ぐらいして飛び出し死んでやれや・・・なついた可愛い魚を死なせてしまいました(TOT)

あれから約3年。
今思い出して値段の表示のないパープルファイアーゴビーをいかにも知らなそうな女アルバイト店員呼びつけ
『このアケボノハゼいくら?』
と白々しく聞いてアケボノハゼの値段で買ったり(末はシライトの餌)いろんなことがありました♪

No title

何とタイムリーな(^^)

何か最近クマノミ飼いたくて仕方ないんです(^^)
飼った事ないし。
で、クマノミといえばイソギン。
でも、そんな怖い生き物は入れたくないですね~(爆)

しかし、15cmのタテキン食ったら、お腹壊さないんでしょうか??

No title

いやぁ…ブログネタがかぶってしまいましたね(笑)
「King of 海水魚」タテキン好きといい「クマノミ+イソギンチャク」といい、お互いミーハーですな(笑)

イソギンチャク飼育にリスクはつきもの、でもそのリスクを冒してでもクマノミ+イソギンチャクのいちゃつきっぷりを見る価値はありますよね♪

No title

家の水槽では蛍光灯の点灯が短いので、数ヶ月が良いとこです。(^o^;)
始めはカクレの為に入れたのですが、入らないので仕方なく下の水槽のレッドブラックとハマクマの寝床になってます。
結局タテは見送りでテングを入れました。
今の所は普通に食べてます。

No title

うちにもカクレ3匹とタマイタダキが居ますが、
2匹は入るけれどもう一匹は全く興味を示しませんねぇ
そのタマイタダキも中で二匹が激しく暴れるので?分裂しちゃいました。
前に近くのホムセンでハタゴの口にに頭から突撃&体を激しくプルプルと繰り返すカクレが居て、
見てるとだんだん口が開いていく様を見ながら
お尻がむずむずしてきちゃいました(笑

No title

私もイソギンは愛称悪いんですよ~^^。
多々チャレンジしましたが、最後に飼ったハタゴが口から煙吹いて溶けていった光景みて、完全に意気消沈しましたたお(笑)。今は海で採取してきた3cmくらいのウメボシイソギン一匹をサンゴの水槽で飼ってるくらいですかね~。。。私もアクアのきっかけはニモとも共生だったんでイソギンが居ないとちょっと可哀想な気もしますが、今はサンゴで我慢してもらってます。。。それにしてもタテキン食べるって・・・・・凄いっすね~(笑)

No title

アズファーよりハタゴのがこえぇー!ですよね?
私もハタゴにニモちゃんのスリスリ姿に憧れましたね~♪
900の水槽にしてから 5センチほどのハタゴを入れてみたら、うーちゃんに突付かれてお亡くなりになりました(笑)
今でも憧れますけど やっぱり大事な子達を食べられてしまったらとんでもないので クマノミ専用水槽を作るまではガマンです…
ってか うちのニモペアはイソギン依存症なので、イソギンから5センチと離れません。あのクネクネしたかわいい泳ぎがまったく見れないんですよね。逆に取っ払ってしまいたいくらいですよ(笑)

No title

どもども、こんばんはヾ(゚0゚*)
イソギン、大きいの飼ったことないんですが
赤ちゃんのこぶしくらいのなら入れたことあります。
調子崩して水槽大崩壊でしたけど(汗)

しかし、15センチものお魚を食べるなんて凄いですね、恐るべしイソギン^^;
消化不良で、体調崩しそうで怖いです。

そうそう、ウチの水槽に最近☆祝☆初チョウが入海したんですね、そしたら小さいイソギンは全部食べてくれました。。。口の周り赤くしながら食べてましたよ、ねぇねぇ、痛いの?でも美味しいの??と不思議な感じでした。
小さいイソギンなら、お魚の餌になるんですね^^

■YAMATOさん
なるほど、どこのどなたの事かは存じ上げませんが、
イソギンにまつわって、
そんな悲しい思いをされた方がお見えとは・・・。
優しい言葉の一つでもかけてあげたい気分です(^^

>それにしても、タテキン食べるなんて
ある日友人から、「タテキン食われた」と、
メールが来て、衝撃的な写真が添付されていました(^^;
やっぱり、イソギンチャク飼育はそれなりにリスキーですね(-ω-:)

■キー坊さん
>某ショップでイソギンを買って高水温で腐らせてしまった方
ええ!?本当ですか!?
もしかして、やまさんと同じ方の事をおっしゃってるんですか?
いやぁ~、やっぱりイソギンチャクは、
信頼出来るショップ・・・というか、
信頼できる店員から買いたいですね(笑)
イソギン溶けちゃった臭、幸い未だ未経験ですが、
どんな臭さなのかは少し興味有ります(^^

■ヤマチュウさん
「明日イソギン届くから、おいでよ」って誘われたので、
当時、イソギンを探し回っててた私は、
興味津々、喜び勇んで見に行ったんですよ(^^
そしたらそいつ、発泡スチロールが届いて、
開封した途端に言葉を無くしていました(-ω-:)

ヤマチュウさんちのカクレ、サンゴイソギン無視ですか!
友人のカクレは、そのハタゴに即日入ってました。
・・・それだけが救いでした(^^;

■ぽぽ太郎さん
>私も600時代は、イソギン飼育していました。
今思うと、60cm水槽でイソギンって、
結構無謀な飼い方だったのかも??って思います(^^;
しかも、ハタゴなんてグングンでかくなりますし・・・。

>最初はこぶし大・・・数日で20cm・・・
そうそう!イソギンって、
水槽に馴れて来ると、野放図に広がってくんですよね(T_T)
でも、ハタゴは未だに再度飼ってみたいです。

■まりん☆さん
ハタゴ、とにかく状態の最悪な個体が多過ぎですよね?
でも、普通の状態のハタゴって、
実はめちゃくちゃ丈夫い生き物なんだと思います(^^
今回ネタにした個体は、
引っ越しの時とか、かなりぞんざいに扱いましたが、
全く何事もなく、魚食ってましたし・・・(T_T)
>トミーさんのとこのヤエヤマギンポも(笑)食べられた(T_T)
すいません、自分で「どのヤエギンの事だろ?」
って、解らなくなっちゃってます(笑)

■lypapaさん
>成魚のタテキンまで食べちゃうんですか~
いや、あれはホントショッキング画像でしたよ(-ω-:)
飲み込んだ訳じゃないんですけどね、
へばり付いた半面がゾンビ化しちゃってて・・・。
りいさんちのシライトは、色抜けちゃったんですか(^^;
褐虫藻が抜けちゃったんですね、勿体ない!
それにしても、一度イソギン飼ってやめちゃった人は
皆さん一様にトラウマをお持ちなんですねぇ(笑)

■つっちさん
>うちのイソギンチャク(サンゴ)は自家採取個体です。
マジすか!?すごいですね!自家採取サンゴイソギン!
あ!そう言えばワッキーさんのblogで、
イソギン採取のお話してみえたのつっちさんでしたよね(^^
愛知県沿岸では、名前すら知らない、
こ汚いイソギンチャクしか居ません(笑)
しかし、サンゴイソギンよりSPSの方が強いんですか!?
私はてっきり、ハタゴ>>>>>サンゴイソギン>>サンゴ
くらいなのかと思ってました(^^

■ペ・矛盾さん
んんんん、大丈夫ですか、ペさん?
人間、生きてれば嫌な事も良い事も色々有りますもんね。
私だって、些細な事や些細じゃ無いことで、
気分が沈んで、落ちたりもしちゃいます(T_T)
私、座右の銘が「禍福は糾える縄のごとし」
で、「良い事ばっかは続かないけど、
   悪い事ばかりも続かない」
って考えるようにして居ます(^^
ゆるり、気分と体を休めて下さいね。

■azuさん
「日本の磯」ですかぁ(=ω= )←遠い目
思えば、azuさんがこのblogにコメント下さったあの頃は、
まだ「日本の磯」は純然と「日本の磯」だったんですよね(^^
それが今や・・・チョウ水槽でしたっけ?(笑)
ここいらの磯にもいる、あのこ汚いイソギンチャクも
「タテジマイソギンチャク」なのかな?
ネーミングだけはかなり惹かれます(笑)
azuさんは、違った意味でイソギンに困らされてますね(^^;

■かっしぃ。さん
>「タテキンを食った」だったんですね(汗)
ええ、そうなんです、タテキン「を」食ったんです(^^;
正確に言うと、デカ過ぎて飲み込めは出来なかったそうですが、
ハタゴにくっついてた側面がゾンビ状に・・・。
でも、まだ飼ってるみたいですよ、そのハタゴ(-ω-:)
チョウがイソギンを食べるって話は聞いた事が有ったのですが、
さすがかっしぃ。さん!
チョウの餌付けのためにイソギン採取とは、素晴らしぃ~ヾ(*´∀`*)

■たらふくさん
>15cmのも食っちゃうんだっ~驚き^^;
ある日、友人から写メールが送られてきました。
「添付画像有り」となっていたので、続きを受信してみました。
・・・そこには衝撃的な画像が・・・(-ω-:)
我が家でも、ウズマキとかツノダシとか、
色んな魚を食ってきたハタゴでしたが、
まさかタテキンまで食っちゃうとは思いませんでした(^^;
カクレinサンゴ、水槽内では定番ですよね(笑)

■モンガラさん
>逆ですよね?
ええ、逆です(^^;
皇帝様がハタゴに捕まって、見るも無惨な「物」に変わり果て・・・。
そして、モンガラさんちの(会社の)イソギンのネタ、
以前お伺いしたヤツですよね♪
シライトとクマノミの蜜月っぷりにはビックリです(^^;
それは、イソギンというか、クマノミが悪ですね(笑)

>『このアケボノハゼいくら?』
これは使えまs(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ
モンガラさん!クマノミ以上に悪じゃないですか!
・・・ココスとソメワケでやってみるかぁ(笑)

■f348s16さん
>何か最近クマノミ飼いたくて仕方ないんです(^^)
先日、そうおっしゃってみえましたよね(^^
是非とも一度チャレンジしてみて下さい。
イソギンにすり寄るクマノミの姿ですが、
あれは海水魚飼育の醍醐味の一つだと思いますよ♪
・・・・色々と厄介な生き物ではありますけど(-ω-:)

>お腹壊さないんでしょうか?
飲み込みはしていなかったみたいで、大丈夫だったみたいです。
ただ、タテキンは・・・・グログロだったみたいです(T_T)

■tetsuさん
>ブログネタがかぶってしまいましたね(笑)
いや、そう言われてからtetsuさんのblog読んだら、
見事にネタがかぶってましたね(^^
ミーハーなもんどうし、記事も被りやすいんでしょうか?(笑)
イソギンとクマノミ、みーはーには外せない組み合わせです(^^

おっしゃる通り、イソギン飼育はリスキーですよね。
溶けたり、食ったり、動き回ったり・・・。
もしかしたら、キーパーはちょっとMっ気有るのかも!?

■ワッキーさん
>家の水槽では蛍光灯の点灯が短いので
やっぱり、イソギンに光は大切って事ですよね(^^
でも、例えばそういう場合って、
給餌をしてやっても、やっぱり短命なんでしょうか?
褐虫藻に頼らない分を給餌でカバーするとか(^^
でも、食わせ過ぎも良くないって言いますし、
あんなナリして、イソギンって意外とナイーブですね(笑)
そして、テングカワハギ!あの姿態は結構好きです(^^

■ぜらすさん
>うちにもカクレ3匹とタマイタダキが居ますが、
カクレって、奇数匹だと喧嘩しませんか?
我が家では、サブタン合流組のカクレが一匹落ちて、
合計3匹になった途端、元サブタンカクレがボロ雑巾に・・・。

>ハタゴの口に頭から突撃&体を激しくブルブルと
弱ってるハタゴにカクレが無理矢理すり寄ってって、
それで更に調子崩しちゃう事があるみたいですね(T_T)
うちの初代ハタゴは、弱ってデロデロになった時、
カクレが突き回してトドメを刺しました(T_T)

■aqua-guitarさん
aqua-guitarさんも、ハタゴにやられた口ですか(-ω-:)
しかし、皆さんイソギンには痛い目に合わされてますね。
サンゴ&タマイタなら、何とかなるのに、
ハタゴ&シライトに手を出したくなるのが人情ってもんですよね(^^;
そして、aqua-guitarさんはウメボシイソギン飼ってますか!
あれ、近所のショップで売ってるの見て、
一時めちゃくちゃ欲しかったんですよね(^^
・・・うちのニモ、寝床はプローパイプの裏です(T_T)

■ゆっきっきさん
>アズファーよりもハタゴの方がこえぇー!
そりゃあもう・・・特に、うちのハタゴはよく殺ってくれました(T_T)
・・・でも、水になびくハタゴの触手、今でも憧れます。
・・・でも、タテキン食われた日には立ち直れません(-ω-:)
だから私も、イソギン導入は全くのノープランです。
そして、イソギン依存症のクマノミ、良いじゃないですか♪
クマノミは、イソギンにスリスリしてナンボです。
うちのなんて、常にクネクネしてますから(笑)

■はつきさん
あらら、はつきさんもイソギンにやられたクチでしたか(-ω-:)
しかも、イソギンでの大崩壊・・・恐ろしい!
そして、15cmのタテキン食ったハタゴですが、
見つけて直ぐに引っぺがしたそうで、飲み込んではないみたいです(^^
でも、果たして飲み込めたんでしょうか!?
そして、はつきタンクには冬眠中にチョウ入海ですか!
早いとこ、その辺りの事情をネタにして下さい♪
でもってイソギン、痛いけど美味いんでしょうねぇ(笑)


No title

すいません、コメントサボってましてv-15
トミーさん人気上昇しすぎてアイドルみたいでコメント悩んじゃいましたv-8

イソギンですが・・・・・過去、無知でタツノオトシゴ数匹と混泳させて全滅させられてからは・・・嫌いです・・手に湿疹もできますし・・・嫌いです・・・前面に張り付いてケツ見せつけることあるから・・・嫌いです・・・

No title

■かずみさん
>トミーさん人気上昇しすぎてアイドルみたいでコメント悩んじゃいました
何をおっしゃいますか!かずみさん!どこ行ってたんですか!?
かずみさんのコメントの無いCarry on!!!なんて、
テーブル毎にニンニク常備してないラーメン屋みたいなもんです(^^;
・・・そう、私にはそれじゃあ物足りないんです(T_T)
あ、でもあまりにもアホなネタの時は、スルーしちゃって下さいね(笑)

そしてかずみさんはイソギンにタツをやられましたか!
私も一時、タツを二匹飼ってましたが、
あの独特な動きと、餌食う時の「パキッ」って音が好きでした(^^
でもって、確かにケツ見せられると、ちょっと屈辱的ですよね。

No title

いどうもです^^
イソギン、そう!自分もミーハーですよー(笑)
やっぱり幾度となくチャレンジしました。
でも吸い込まれ事件でぐじゃぐじゃになったイソギンと白濁した水槽を見たときは阿鼻叫喚…地獄絵図…。
それ以来飼ってません。やぱり外国物は難しいですねー何の種類にしても。
国産のサンゴイソギンチャクはとても丈夫でしたが。サンゴもイソギンもサカナも…やりたいことは尽きないけども、全部はできないというジレンマに苦しむ毎日…。悩めるアクアリストです^^;

ていうかドラクエやる派ですか!?

No title

自分もおもいっきりミーハーです!
未だにカクレとイソギンの共生を夢見てます(笑
この共生が見たくて海水魚飼育始めたんですけど
どこでどう間違えたのか・・・^^;
もうい一本、共生水槽が欲しいなぁ~・・・
って!言うかもう置く場所ないし^^;

■skyさん
skyさんもミーハーな方でしたか!
ファインディングセット買ってみえる辺り、そうだと思ってました(爆)
しかし、skyさんもイソギンには相当ヤラれてますね(^^;
私、阿鼻叫喚一歩手前までは何度か経験しましたが、
萎んだり膨らんだり、一挙手一投足にビクビクです(-ω-:)
ハタゴとシライトなんて、外国産は95%ハズレですよね。
やりたい事はいっぱい!でも、いざ全部出来たら、
きっと維持のモチベーションが売り切れちゃいますよね(^^;

>ていうかドラクエやる派ですか!?
やる派ですよ!・・・ただ、スーファミまでですけど(^^;

■YASUさん
もう!ミーハーな方ばっかりですね(笑)
一度は上手いこと行ってたイソギンとカクレの共生・・・。
ハタゴを里子に出した当時ですが、
あの頃は白点祭り&大型ヤッコに開眼してしまったがために、
あんな状態の良かったハタゴを手放してしまいましたが、
今となっては私も、共生の再現を夢見てしまいます(T_T)

>どこでどう間違えたのか・・・^^;
私の場合、どこでどう間違えたのか、何となく解ってます(笑)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。