スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carry on!!!的魚図鑑~大型ヤッコ編~

Carry on!!!的魚図鑑~大型ヤッコ編~

▼タテジマキンチャクダイ
08122903.jpg
海水魚の代表・古典といっても過言では無いポピュラー種であり、
幼魚、成魚、ヘタレ、暴君、と種々流通する。

なお、成魚への変体過程でスレッドエンドが延伸する「太平洋型」が、
好まれる傾向があり、幼魚から育てた場合は、
その採取地を確認しておかないと、長らくヤキモキする事になる。
但し、「やっぱコレ違うんじゃ・・・。」と、うすうす感づいていても、
「もしかしたら・・・ねえ?」と、淡い期待を抱かせる罪な魚でもあり、
一家に一匹、是非とも飼っておきたい種である。

魚でも野球でも「タテジマ」は、コアなファンを有するものである。



▼アズファー
08122504.jpg
飼育書等では「やや神経質」と紹介されている事が多いが、
水槽に馴化し、ヒエラルキー上位に位置した場合はその限りではない。
・・・「その限りではない」っていうか、凶暴である。
一般的に、どんな種にでもその傾向は認められるが、
本種においては「ヘタレか暴君」の両極端に落ち着く場合が多い。
「普段大人しいけど、キレたらマジで怖い」という、
友達に居たら一番困るタイプである。



▼アデヤッコ
08122908.jpg
基本的にタフで、非常に打たれ強い種である。
ただし、意外とナイーブな一面も持ち合わせており、
水槽導入後しばらくの間は、拒食したり引き籠もったりetc・・・
「こんなはずじゃ・・・」と、キーパーをガッカリさせる種でもある。
「アデヤッコがボスです。」という水槽はあまり聞いた事が無く、
基本的に、長いものに巻かれる日本人タイプ。
飼育下では、背ビレ後端の「パールマーク」は、残念な事になりやすい。



▼クイーンエンゼル
09011202.jpg
当種の近縁としてブルーエンゼル、ブルーエンゼルとの交雑種である、
タウンゼントエンゼルがアクアリウムシーンに流通する。
いずれにおいても、成魚は鮮やかな黄色に発色する。
希に、水槽で長期飼育されている「青い」個体を見かけるが、
これらは、ある意味イレギュラー個体であると推測される。

なお、セントポールズロック島には「コイカラー」と呼ばれる、
カラーバリエーション個体が生息するが、入手は非常に困難である。
どうしても飼育したい方は「鯉」を飼ってみる事をお勧めする。



▼マクロスス
08122904.jpg
一般的にはあまり知られていないが、本種は俗に言う「出世魚」である。
幼魚時代の俗称を「まくろちゅちゅ」といい、以降成長に併せて
「まくろちゅす」→「まくろすす」→「マーくん」→「マクロスス」
と、その呼び名を変えていく。

本種はブリード個体を中心とした、幼魚が多く流通しており、
キーパーの多くは幼魚から飼育を始めるためか、
タンク内においては「ヘタレ」呼ばわりされる事が多く、気の毒である。
しかし、成長するとかなりのワルである事も有名である。



▼クラリオンエンゼル
ML116.jpg
筆者の飼育経験によr(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ
ショップで見た本種は、綺麗なオレンジ色基調をブルーの幼魚ラインが彩り、
非常に美しく、神々しい印象を覚えた。
それはひとえに「お値段補正」がかかって居たのは言うまでもない。
また、その際に給餌をさせていただいたのだが、
それだけで、少し幸せになれた気がした。
尚、本種を気軽に購入できる知人・友人をお持ちの場合、
普段から必要以上に親しくしておくことをお勧めする。



今日のベニゴンベ
09011901.jpg
「謝れ!みんなに謝れ!!」



おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

とっても分かりやすい魚図鑑で
マジ勉強になりました^^
やっぱ大型ヤッコはエェね~^^

great!

お~v-10
これは今回の、Marine Aquarist No.50の
海水魚図鑑よりもすばらしい!v-218
まさに生きた図鑑だv-42
本当はみな、一般雑誌のセオリー通りのカタログよりも
こういうのが欲しいのではv-10
もったいないv-46
みなにお知らせせねばv-227

No title

ベニゴンベ!謝らなくて大丈夫!だってトミー図鑑の説明書き間違ってないもの~(笑)
本物(?)の図鑑の「飼いやすい」とか「混泳しやすい」とかの嘘っぱちにはハマリますけど 実際飼ってみると違ったりしますよね~
クイーンの水槽長期飼育のブルーはイレギュラー個体なんですね(笑)
おもしろかったのでチョウ編も期待してま~す♪

◆たらふくさん
そんな、勉強になるだなんてとんでもないです(^^;
ほんの軽い気持ちで・・・(苦笑)
しかも、当面これ以上種類増えませんから(笑)
笑って許してやって頂けると幸いです。

大型ヤッコ、ペット的な可愛さが有りますよね(^^
存在感も有って、私は嵌りまくってます。
たらふく水族館の魚図鑑、是非見てみたいです♪
チビハゼ図鑑とか、レアですよ、絶対!


◆Damselさん
Ventraさん改めDamselさん♪
いえいえいえいえ、滅相もないです(^^;
ちょっとネタが無くて、ほんのお遊びのつもりで・・・。
笑い流す程度で読んで頂ければ、と思ってます(^^

MAの図鑑!あれは良いです!
・・・でも、買おうと思って中身見て、
「こういうの・・・もう、持ってるよな」
とか思ったら、財布のヒモが緩みませんでした(笑)


◆ゆっきっきさん
べ「いやいや、甘い事言うと増長するから!」
と、ベニゴンベは言っていましたよ(^^;
図鑑の指標って、「客観的に見たら」
って点では間違って無い気がします。
あとは、タンクメイトとか魚の状態とか、
色々不確定要素が有るから難しいですよね(^^

そして、青いクイーンですけど、
あれは間違いなくイレギュラー個体です(笑)

No title

タテキン、少し前はインド洋型の方が値段高かったような気が?流行とかあるんかな?
トミーさんちのは半年後には、ちょびっとスレッドが伸びる・・・・・はずなんだけどなぁ。
産地はホントかウソか分かんないですから・・・ウチのみたいにね。

クイーンは何かブルーAみたいな体色ですねぇ。
カリブ産?もしかしたらハーフorクオーターかも。(笑)

No title

Carry on!!!的お魚解釈。
正しいです(^○^)

しかし、雑誌って何で同じようなことばかり書いてあるんでしょうか?
ちょっと違うんじゃない?という解説も、直す気がないのでしょうか?(^^;)

No title

お見事!!
ってこの図鑑完璧じゃん♪
世の飼育書って本当に「うっそぉ~ん」って記述多いですよね~~。

うちにも「ベーシックな黄色のタウンゼント」と「ヘタレサイドのアズファー」がおります。
双方とも友達にしたくない・・・・弱い者イジメ大好きだもん(><)
お魚にも個性って存在するな。。。って飼ってないと分からないこと多いですよね。
うちのニシキヤッコなんて「神経質」なんて言葉当てはまりませんもん。。。

No title

さすが!トミー海水魚図鑑!!^^
書店・ショップで発売されている本よりわかりやすいですよ!!!^^
たしかに、各個体・各水槽によって個体差はあるけれども、こればっかりは飼ってみないとわからない醍醐味ですよね!!!^^
ちなみに、ウイーン・・・ではなくクイーンの青いのは、硝酸塩が「0」ゼロの水槽で確実ではないですが、可能みたいです^^
クラリオンもセポに居ましたね^^
とてもとても手が出ないですけど・・・・・^^;
予約「トミー様」って札が貼ってあったような・・・・^^

◆ぴー父さん
インド洋の方が輸送コストがかかるんでしょうか??
「太平洋型の方が良いなぁ」という、
私の願望由来の解説なので、
適当に読み流しちゃって下さい(笑)
スレッド・・・あと、半年我慢してみます(^^;

うちのクイーン、一応「カリブ便」とは言ってました。
でもって、カラーリング、ブルーっぽいですか?
よーーっし!「クォーター」って事にしときます(笑)


◆f348s16さん
これはもう、ごくごく私的な解釈・・・と言うか、
「うちの個体はこうです」って言う、
ちょっとした悪ふざけですので、
鼻で笑ってさらりと流してやって下さい(笑)

図鑑に載ってる生体の紹介なんですけど、
あれはあれでひとつの正解なのかな?って思います(^^
人それぞれ、タンクの状態や入海のタイミングも違うし、
それだけでも変わってくるでしょうしね(^^


◆azuさん
この穴だらけの図鑑を完璧とおっしゃいますか!(笑)
でも、これはあくまでも、
「我が家の水槽のお魚図鑑」ですから♪
タンクの数、個体の数だけ図鑑が有りそう(^^
だって、相手は生き物なんだもの(笑)

azuさんちには黄色いタウンゼントと、
ヘタレサイドのアズファーですか!(^^
そして、図太いニシキ・・・ちょーだい!(笑)


◆国王様
>ウィーン
まさかクイーンを擬音でシモに変えてしまうとは、
こんな高等テクは国王様でしか成し得ません!
予想の斜め上を行く展開に脱帽です(笑)

硝酸塩とクイーンの青、
これは「1つの要素」である事は確かみたいですね(^^
貧栄養な水と微量元素?とか?
私はもう、諦めてますけど♪

でもってクラリオン、バレちゃいました?(笑)


No title

何とも良い図鑑です(^-^)
クイーンのアップが欲しかったですが残念(T-T)
我が家のウズマキ(今朝見たらちょっとだけウズキンに変化中)もヘタレであり暴君ですね(^-^)
クラリオン確かにゴールデンバタフライをいつの間にかお流れにした財力の無い私には気軽に買えないですね・・・。
大型ヤッコ編ということは次回を楽しみにしています(^-^)

No title

うちのウズマキはどこ産なんだろう?考えたこともないし、特に表記もされていなかったということは言わずもがなってことですよね。分かっているのは、決して『王子』ではないってことだけです。
しかし写真も綺麗ですが、クラリオンの絵も上手ですねぇ。これもトミーさんが書いたのですか?

それと、うちのブログにリンク貼らせて頂いてよいですか?

面白い!
これパクってうちメンバー紹介しょーと(笑)

No title

我が家の面子だとウズマキとアズファーはその本性をまだ隠している状態ですかねぇ
今の所双方紳士的な態度なんですが・・・
ブルーはやんちゃ坊主という所でしょうかね
ヤッコで問題児は一番小さなチャイロなんですよねぇ・・・

◆モンガラさん
クイーン、是非とも載せたかったんですが、
今回の写真、ベニゴン意外全部使い回しで・・・(^^;
最近、クイーンネタが無い事に気付きました(笑)
そこに水槽あるんだから、撮ればいいじゃない?
というご意見も有ろうかと思いますが・・・。

そしてクラリオンなんて買っちゃたら、
「落ちたらどうしよう!?」
って、悩ましい日々を送る事になりそう(笑)


◆jiruさん
ショップでウズマキ見たら、「どこ産ですか?」
と、買いもしないのに聞きまくった経験(笑)
からすると、標記が無い場合は、
太平洋型じゃない場合が殆どでした(^^

クラリオンは自分で描きました(笑)
そして、アップしてから胸ビレと鰓ビレが、
どこかへ行ってしまった事に気付きました(汗

リンクの件、こちらこそ宜しくです♪


◆アイビーさん
どうぞどうぞ!
ガンガンパクってやって下さいねヾ(´ε`*)
「猫と水槽的魚図鑑」期待していますよ♪
アイビーさん懇親のスライドとか駆使して。
あ、何なら管理人ネタもパクって下さい(爆)


◆ぜらすさん
ぜらすさんちのウズ&アズは、
まだ大人しいですか!
成長するにつれ、どっちかがボスになったり!?
でも、こればっかは分かりませんよね(^^
そしてこそにブルーが絡む、と(笑)

暴君チャイロヤッコ!
やっぱりピグミー系のヤッコって、
気が強いんでしょうかね?
我が家は過去、チェルブにやられっぱなしでした(笑)

No title

さっすがトミーさん!この勢いでいろんな魚紹介してもらいたいですよ~^^。
飼育者の視点でかなり的確に捉えてますもんね~。。
シリーズ化決定ですね!(笑)

クラリオンって何書くんだろ?って見た瞬間、『高いぞ~』って(笑)
笑わせてもらいました^^。

No title

家にもいますよクラリオン!!
家に、黄色いヤッコいるじゃないですか?
あれは多少メタハラ焼けしたクラリオンなんです!!
最初は綺麗なオレンジだったのですがあれはクラリオンなんです!!
五円玉にひもでワッカを作り、振りながら五分間見て、もう一度私のブログを読み直してみてください!!
さ~あれはクラリオンエンゼルです!!
しまった落ちが見つかりません 笑

No title

これは素晴らしい!!素晴らし過ぎっ!!!
まさしくこれは、トミーさんならではの
スペシャルな図鑑ですよね( ̄▽ ̄)V

フムフムと思わずうなずいてしまうような解説が心地よいです(*^o^*)

次はチョウチョ編を期待してま~す!!

◆aqua-guitarさん
すいません、悪ふざけが過ぎました(^^;
・・・でも、「小型ヤッコ編」と、
「チョウチョウウオ偏」位なら、
出来そうな・・・とかも思ったり(笑)
でも、「的確」だなんてとんでもないです!!
良く読んで頂ければ、実は中身の無い事が分かります(笑)

クラリオンって高いですよね(^^;
でも、入荷すると確実に売れますし、
世の中、恐ろしい人が居るもんです(笑)


◆ハギーさん
おお!ハギーさんちにクラリオン居ますか(^^
なるほど!メタハラ焼けした黄色いヤツ!
あー、んー、あれね、あれ(←棒読みで)
我が家にも、クラリオンっぽい色した、
クイーンエンゼルなら居ますけど(T_T)

でもってあの・・・ハギーさん??
振るだけ振って、きちんと落として下さい!
明日までにオチ、ギブミー♪(笑)


◆かっしぃ。さん
そ、そんな・・・かっしぃ。さんまでが
「素晴らしい」だなんて!
そんな事言われると、調子に乗っちゃいますよ(笑)

しかも、「フムフムと思わずうなずいて」
だなんて!!あの、かっしぃ。さん?
・・・きちんと読み返してみて下さいね(爆)

そして「チョウチョ偏」に期待ですって!?
もっととんでもない事になりそうな予感です(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

これこそ本当にためになる魚図鑑ですね!
もう書籍化を望みます笑

ぜひクィーンエンゼルのところに「気に入らない奴は虐め殺す」と
追加してください涙
我が家のクィーンは過去にカクレペアの雌のエラを
咬んで殺しちゃいました・・(оДо)
うう・・・

No title

◆Liptさん
書籍化ですか!
間違って5部くらいなら売れるかも?(笑)

しかし、Liptさんちのクイーン、恐ろしいですね(^^;
エラを咬んで殺すって、どんなですか!?
恐ろしい・・・実に恐ろしい!!
思わず加筆しようかと思いましたよ(笑)

我が家のクイーンなんて、
追加したのが最後の方ですから、
本当に大人しいもんです(^^
・・・・存在感が薄いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。