スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C級給水器

週末は金曜日から昨夜まで三重に帰省していました。
そして、深夜に名古屋の自宅に帰宅すると、既に水槽の照明は落ち、タンクメイト達も眠りについていました。

チビを寝かしてから、水温の履歴(最高、最低水温)を確認し・・・・うしっOK!
メインタンク内では、ヤドカリやタカセガイ等の掃除部隊がせっせと水槽内をクリニーング中・・・・・。
ぱっと見、いつもと変わらない平和な夜の風景で一安心。

そして、次にキャビのドアを開けてみると、プリズムがいつも以上に迷惑なサウンドを奏でて空回ってます。
あれ?どうしたんだろ?と思って濾過槽を見てみると・・・・・・。


・・・・・・・何だこの水位は??
(水位が下がった濾過槽の図を撮り忘れました(-_-;))

何か濾過槽の水位、めちゃ下がってんですけど(>_く)
出発前に給水器には水を満たしていったはずなのに何故?



Ckyuu.jpg

って、給水器の水位がそのまんまやないですかorz


どうやら、給水コックがエアを噛んで詰まっていたようで、給水器の水位から察するに金曜の夜自宅を出て、程なく止まってしまったようです。

我が家では現在、水槽用ファンだけで水温上昇を凌いでいる都合上、水の蒸発量が半端ありません。
取り急ぎ、カルキ抜き&重金属をマスキングした水を注ぐ注ぐ・・・・・。
2リットルのカップで注ぐこと計4回、うわ~、8リットルも蒸発しちゃってるよ(-_-;)

今朝の段階で、寝ぼけてライブロックの隙間からフラフラ出てきたタンクメイト達を確認しましたが、主要メンツは無事でした。

もう、あのC級給水器には信頼が置けません。
フロートバルブでも入手して、もうちょい信頼出来る給水器を作らねば(`・ω・´)シャキーン
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

なんとか大事に至らなくて良かったですね・・・。
立ち上げたばかりでまだトラブルを経験してない自分としては、このような話を聞くと非常に不安になりますっ!
反面教師似させていただきます・・・ (^^;)

やはり、自作にリスクは付きもんです。今回は給水器だったんで、たいした事無く済んだんですけどね(^-^;
やはり、信頼と実績の既製品をオススメしますよ、私は...。

このブログの自作器具は、真似してはいけません(>_<)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。