スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いおつきあい

以前、このblogでもご紹介させていただいたのですが、
胃腸が弱い私は、朝の通勤電車で何度も地獄を見た事が有りました。
(その様子は→コチラ
それがこの4月、岐阜から名古屋へと転勤になり、
通勤時間も約30分、そのうち電車に乗っているのは十数分なんです。
おかげ様で、そんなめくるめく、忌まわしい経験も、
もはや過去の笑い話となりつつあったんです。

----そんな平穏な日々を送っていたある日の事----

朝、人でごった返す電車に揺られ、職場へと向かっていた時の事です。
下腹部に、ほんの些細な違和感を覚えました。
その違和感は、寄せては返す波の如く、一定の周期を刻みつつ、
徐々にその存在を増し、違和感から痛みへと変化して行ったのです。

「間違い無い」

過去、幾度となく死闘を繰り返したあいつ・・・。
脳裏をよぎるのは禍々しい記憶ばかり・・・。


・・・ただ、その都度死線を乗り越えてきた私にとって、
ほんの十数分を堪え忍ぶ事など、もはや容易い事でした。

平静を装い、音楽に集中し、括約筋を締め上げる。
その間、何度も執拗な攻撃を繰り返すあいつ。
ただし、私の括約筋を打ち負かすには、絶対的な時間が足りません。
括約筋に十分な余力を残したまま職場へと到着した私は、
上着をロッカーに掛ける余裕を見せつけつつトイレへと向かい、
あいつに引導を渡すかのように、一気に片をつけたのでした。

・・・戦いを終え、大きくひとつ息をつき、
あいつを葬り去ろうとしたその瞬間・・・。






「な・・・・なんだと!?」





09051901.jpg
やはり、あいつとの戦いに果ては無いと・・・。


・・・さて、海水魚を飼育する上で果て無き戦いと言えば、
やっぱり、その代表に上げられるのが白点病ですよね。
また、程度や頻度はまちまちですが、誰しも一度はお目にかかったり、
とにかく現在進行形でお目にかかっていたり・・・する事と思います(^^;
よくよく、その狡猾さに辛酸を舐めさせられ、
くらいつく様に、いくつかの方法で戦いを挑んで来た私ですが、
きっと、白点への対処法・治療法も十人十色だと思いますし、
いろんな方法を用いて治療に臨んでみえますよね。
とにかく、そんな白点病治療について、つたない私の経験で感じた事を、
けっこうな長文で書きつづってみたいと思います。

まず、今まで私が経験した事のある治療法は以下の4種類です。

1.無脊椎OKの「白点やっつける系」の薬
2.低比重法
3.換水法
4.GFG


「1」については、商品名は忘れましたが、
その昔リーフタンクを維持してた頃「これは画期的だ!!」と、
喜び勇んで飛びついて、数日後、泣き崩れた記憶が有ったり・・・。

ただし、当時私が使用したのは「やっつける系」の薬でした。
「無脊椎OK」な薬でも、例えば魚の粘膜を保護してみたり、
物理的に子虫を吸着してみたり、色んな種類の薬が有りますよね?
それに、水槽毎の条件によっても効果は違って来ると思います。
実際ネットを見ていると、眉毛に唾を塗ったようなのから、
効果を上げている物まで「玉石混在状態」な印象を持っています(^^;
そして「治療」というスタンスで望むのであれば、
まずは対象から外れるのかな・・・と思います。(私見です。)

そして、2~4については、各々「白点の治療」
という点だけに着目すると「確実に効果有り」だと思います。
それぞれの治療法のロジックを簡単にまとめてみると、

低比重法→脊椎動物と無脊椎動物の浸透圧調整機能差を利用
換水法→白点のライフサイクルを利用して物理的に白点を除去
GFG→白点が魚の粘膜を突破するための物質を作れなくする

     
各々、理論立ててよく考えられているなぁと思います。
それぞれの治療法は、過去記事等に委ねるとして、
治療してみて思った事は、それぞれ「何故白点に効くのか?」
という部分を理解せずにやると、それは諸刃であるという事です。
各々の治療法が白点治療に効果的である事は、
実践してみて分かりましたし、ネットから情報は拾えます。
それこそ魚水槽であれば、前述の方法をきちんと用いれば、
少なくとも「白点で魚を落とす」という事は無くなると思います。

が、それぞれ、良い事ばかりではなくて、
バクテリアや魚に対する副作用も、それ相応に有るそうです。
「白点は治ったけど魚が落ちた」では本末転倒ですし、
「白点は治ったけど水槽が崩壊した」では、本末転倒過ぎますよね(^^;
なので今回は、自分の経験と見聞きした情報から、
各々の治療法の欠点をまとめてみる事にしました。

以下、各々の治療に関する欠点(弱点?)です。

【低比重法】
・低比重に弱い種類は、比重を下げすぎると状態を崩す。
・長期的に見ると魚に悪影響が出るらしい
・バクテリアに影響がある
・治療を繰り返すと、耐性を持った白点が出現する(らしい)


私、以前は低比重原理主義者でした。
悪夢の白点旋風に終止符を打ったのも低比重法でしたし、
比重を下げるだけで、白点が治るなんて、なんて鉄板なんだ!!
・・・・と、思っていました。
実際、白点に対しては非常に良く効きました。
が、やはり低比重に弱い個体にはダメージが有りますし、
それが原因で落ちた魚も居ました。(特に小型ヤッコが弱い印象)
☆る魚も居るような状況下で、6週間も過ごす訳ですから、
一見元気そうに見えても、やはりそれ相応のダメージは残るそうで、
長期的な目で見ると影響が有るそうです。
そして当然、濾過バクテリアにも影響が有りますし、
中途半端に治療を繰り返すと、低比重に耐性を持った、
スーパー白点という隠れキャラが出現するとか・・・。
比較的、手軽に実践出来ますが、リスクも大きい気がします。


【換水法】
・水槽全体の治療は難しい。(と言うか不可能?)

換水法は、魚に対する負担が最も小さいと思います。
白点のライフサイクルを逆手に取った治療法ですから、
1週間も有れば、確実に治療が可能な方法だと思います。
なので、こと「魚だけを治療する」のであれば、欠点は無いと思います。

ただ、魚だけ治療しても、水槽自体に白点がブルームしていると、
治療→再発→治療→再発・・・・の無限ループに填り込むだけなので、
他の方法との併用で、相乗的に効果を発揮する方法だと思います。
以前、一度だけ無謀にも、90cmOF水槽を連日全換水して、
「メインタンクで換水法のみで治療」という画期的(?)な方法で、
治療を試みましたが、塩とキーパーの気力が保ちませんでした(T_T)
なので我が家では、新魚導入時の検疫時に実施しています。

     
【GFG】
・用法、用量によってバクテリアに影響がある

GFGを用いた白点治療は・・・1回しかやった事ありません(^^;
なので、絶対的な経験値が足りていないので、
まだまだ未知な事ばかりだったりします・・・。

今回私が実施した方法は、劇的に白点に効果が有りました。
ただ、それは「GFGが濃すぎたからではないか?」と思っています。
パブリックには「GFGが白点に効く」とは言われてませんし、
その用量に関しては、中々明示されているサイト等も有りません。
なので今回、用量は手探りだったのですが、
低比重法並に効いてしまいました。
これはひとえに、「濃すぎたから」では無いかと思っています。
(「それでは濃いのでは?」という御指南も頂きました。)
そして、GFGも多分に漏れず、濾過バクテリアに影響するそうで、
実際、過去にGFG治療で水槽が崩壊したという事例も有るそうです。
それを聞いたチキンハートな私は、
ある程度効果が確認出来た段階でGFG治療を切り上げました(^^;

・・・と、長々と私の白点闘病記をまとめてはみたものの、
今現在我が家の水槽で、白点が根絶出来たかと言うと「否」です。
我が家で最も白点の罹患状態が分かりやすいのがタテキンなのですが、
今現在も、定期的にじみ~にスポット状の抜け跡が有ります。
09051902.jpg
以前は、憎き白点公国との戦いには「根絶」を旗印として望んでいました。
そして、いくつかの方法で根絶を狙ってみたものの、
一度持ち込んでしまった白点を、魚を飼いつつ根絶するのは、
なかなかに難しい所行だという事が分かりました。

知れば知るほど、長いお付き合いになる白点・・・。

ここ数ヶ月は、比較的落ち着いてはいるものの、
次にブルームし始めた時、一体どんな方法を用いるべきか??
銅治療も視野に入れて、来るべき日に備える昨今でした。
(来ない方が良いんですけど。)

今日のベニゴンベ
09051903.jpg
「長いわコレ。」


おしまい。      

スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

白点の根絶には銅に頼る他なさそうですねぇ
一番効くけれども薬となるか毒となるかの量が
シビアなので中々使う勇気が出ないんですけどね^^;
うちも常時数粒の白点が付いてますけど白点に負けないように
皆にたっぷり餌食べて体力を付けてもらっています

うちは去年のGWに見たのを最後に丸1年白い物を見てません(^^;;

病気とは無縁の水槽で楽チンですが、もし発生したら逆にノウハウが無いから駆け込み寺に来ますね!!


そのときまで、あいつは流さずに待機させて下さい(爆)

No title

過去の私の水槽での治療は 淡水浴です。
バケツで3分以内で治療、離脱ケースに隔離
1日何回にするか、何分するか、何日するかは
お魚を、よ~く観察します。
体力的に ( 餌を食べないとか ) は低比重を行いました。
結局、薬はある意味 ”毒” ですから 副作用が
あると思います。

No title

いや~、今日のネタ良かったわぁ~!
同士よ、朝から爽やかな笑いをありがとう(笑)


前半が良すぎて白点ネタは読みませんでした。

No title

>ヒロパパさんへ

はじめまして。
白点は淡水浴しなくても、サイクルで勝手に離れるからバケツで連続換水で良いのでは?
そして離脱ケース?って隔離ケースの事ですか?
もし水槽内で隔離して治療するなら意味ナイですよね・・・水槽内に仔虫が一杯いるでしょう?

意味が違ってたらゴメンナサイ。

No title

前半ネタ・・・・・トミーさんが、ご懐妊かと思いましたよ^^
って、そんな事ないですね^^;ご懐妊させる方ですもんね^^そんな過去の事をブロフ上にあげたら、
書ききれませんもんね^^

白点の根絶・・・・・・・・ゼロに近いほど難しい問題ですね(TT)
人それぞれいろいろな対処法があると思うんですけど、これ!っていう処置法はないですからね^^;
トミーさん発見してくださいよ!!
例えば、酢をいれてみるとか、しょう油をいれてみるとか、^^;

ギャ~ス 爆
禁断のう*こネタできましたか 爆
だからいってるじゃないですか!そのネタには無条件爆笑してしまうと 笑
ってペーパー以外流してはいけないトイレY(>_<、)Y
えぇぇぇ~?( ̄口 ̄)
白点は永遠の戦いですよね!
私も一通りためしましたが数々の敗北を(Θ_Θ)
今はバケツの換水と薄いグリーンFでやっています(・ω・)/
しかし海水は落ち着いていますが金魚がつぶつぶだらけ(ノ_・。)
治療の仕方がさっぱりです(|||_|||)

◆ぜらすさん
銅治療、未だ未経験な私です(^^;
一応、物だけは買って有るんですけど、
初めての時は、緊張するんでしょうね、やっぱり。
そう、初めてのt(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

我が家では、タテキンが染みてるだけで、
白いのは見えないんですけど、
精神衛生上、あんま良い気分はしません。
過密水槽、ブルームすると怖いですよね(T_T)


◆アイビーさん
落ち着いた水槽って、出ないって言いますもんね。
アイビーファームは安泰ですね♪
病気とは無縁の水槽、羨ましいです!
我が家の場合、何だか定期的に、
病気ネタをやっているような・・・。
過密飼育が故の宿命なんでしょうけど(T_T)

そして、了解しました!
来るべき日まで、“あいつ”は流しません(笑)


◆ヒロパパさん
淡水浴で魚だけを治療したとしても、
水槽に戻したらタンク内には白点虫が居るわけで、
高確率で再発してしまいませんか?
魚だけを隔離して治療するのであれば、
換水法の方が魚への負担が小さい気がします。
1日に複数回の淡水浴って、負担大きくないですか?
って、淡水浴での白点治療、ノウハウ無いんですけどね(笑)
薬は毒、これは人も魚も同じですよね(^^;


◆ぴー父さん
同じ、弱い胃腸に悩まされるぴー父さん(^^
いやぁ~、もう、あれですよ。
アクアネタやめて、こっち系だけにしようかな?(笑)
全部書き終わって、あまりにも長すぎたので、
前半のUKネタ削ろうかと思ったのですが、
残しておいて正解だったみたいです(爆)
そして、後半のおまけの方ですが、
ぴー父さんには「釈迦に説法」状態ですよ(笑)


◆ぴー父さんその2
ご回答、有り難うございました<(_ _)>
って、何だか中身が被っちゃったんですけど(笑)


◆キー坊さん
前半は、有る意味ご懐妊ですよこれ。
そして、有る意味出産まで行ってますよこれ(笑)
そしてそうそう、認知してないの上げたら、
プロフ欄に書ききれたもんじゃな・・・ってオイ!

白点の対処、場当たり的ではダメだと思いますし、
結構怪しいのも多いですよね(^^;
でも魚水槽であれば、今までやった方法で、
それなりに効果的に治療は出来ますよ(^^


◆ハギーさん
私も、UKネタは小学生並に笑います(^^
「UK!」って言うだけで、噴けますから(笑)
そして、そうなんですよ、恐ろしいトイレでしょ!?
私、ルール破って流しちゃいましたけどね。

白点、それは北斗と南斗の対立みたいなもんですよね(^^
え?無理にそっちにもってかなくて良いって??
それとバケツ換水で治療出来るのなら、
GFGは入れなくてOKだと思いますよ(^^

No title

ぴー父さんと一緒で、前半部分で10カウントくらって気づいた時には今日ベニの「長いわコレ」でした(爆)

◆いてB♂さん
このblogはこの先、アクアネタは徐々に縮小して行きます。
その代わり、何をメインにするかと言うと、
それはもう、UKネタに他なりません(^^
来年の今頃は、ここがアクアblogだった事、
そんな事を覚えている人も居なくなりかもしれません(笑)

今回のネタ、長すぎて分割しようかと思ったのですが、
2回も引っ張るネタじゃないと思って、
長すぎのままアップしちゃいました♪


白点

ここ暫くお会いしてませんが、出来ればお会いしたくないものです(^o^;)
家では、1カ月に一度60Lの水換え(90×45)と1週間に一度のヨウ素の10ml添加のみですが、白点は現在出てませんね。

私は今現在のシステムで満足してますので、このまま最後まで飼育していきたいと思います。
活性炭効果も半信半疑でしたが、2年を過ぎで確証へと変わりました。
問題はバクテリアのバランスでしょうね。
確かに多いのに越したことは無いですよ!

果て無き戦い・・・
水槽いじったり、魚の出し入れするとかなりの確率で
発症します。
いつも軽症で済むのですが、朝に白い点視ると足が
重くなります。

白点パンデミック想定して、銅治療も準備しとかないといけませんね。

これからも果て無き混泳目指して、
トミーさんの『銅治療編・・・』
参考にさせて下さいネ(^^)/~~~

No title

ぴー父さん、始めまして。
アドバイスありがとう御座います m(__)m
はい、隔離ケースの間違いです。

トミーさんの言う事がもっともですね。
ん~だから・・・長生きしてくれなかったのかも・・・
反省 (-_-;)
また立ち上げて、病気になったら
色々教えて下さいね。

過密水槽キーパーなので白点とはある意味お友達(^^;)幾度となく闘って来ました!
語るも涙…あらゆる治療マスターしました。
のでおかげさまでここ3年程は白点出ても魚落とさなくなりましたよ。
水槽の状態を見ながら最良の治療法を都度判断出来るようになったからだと思います(^-^)v
銅にしてもGFGしても如何に生体や濾過槽に負担を掛けないよう治療出来るか模索しながら白点とは上手く付き合って行きたいです♪

No title

トイレでタバコすいながらUKはやめられないんですよね。何だか力入れなくても緩くなって出てくるというか。
私の会社のトイレには“小”のところに
『心静かに一歩前進』
と標語が張っています。
社長が書いたのですが、社長が一番元気いいのかはみ出しています(--;)

白点の治療はヨウ素のつぶつぶのやつを入れるか、殺菌灯頼りですね。もちろん水換え命でがんばりもしますが。
と言いつつ激しい白点を経験した事が無く、初代ウズマキはナマコ溶けがたぶん原因、二代目はご存知の通り。近々オープンの水槽は無脊椎はエビぐらいでしか考えていないので薬ももう少し考えておく必要がありそうです。
となると銅かなぁ。

胃弱

私も胃弱です(-。-;)
あ~わかりますよ~
あの下腹部のなんとも言えない脂汗のキリキリ(-.-;)y-゜゜
サラリーマン止めてから無くなりましたけどね。
白点、そう言えばサンゴてんこ盛りになってからまったく出なくなりました。
もっとも逆にサンゴが溶けたりして違う闘いが、、、
猪木と同じく、闘いです、アクアは闘いですσ(^◇^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

最近、私思います。
白点は放置に限ります。
ただし、もし新規導入の魚がいて餌を食べなかったりする魚や、急にPowerバランスが崩れて、虐められまくっている魚がいないという前提です。

弱っている魚がいなければ、最近勝手に白点消えます(たまに出ているともいいますが^^;)
白点、、奥が深いです^^;

◆ワッキーさん
私も、白いつぶつぶという形では、
数ヶ月はお会いしてませんけど、
タテキン見てると、確実に存在は解ります(^^;

ちなみに、活性炭って、
白点に対してどう寄与するんでしょう?
私のイメージでは、アンモニアの除去位なのですが、
転じて「濾過に好影響=水質改善」でしょうか(^^
私、薬の色抜きにしか使った事ないんです(笑)


◆汐凪gさん
私も、リーフタンク時代には、
ちょっとレイアウトいじくったりとか、
そうしたら、結構な頻度で発症してました(^^;
そして、確かに出勤前とかに見つけた時は、
帰宅して水槽見るのが怖かったですよ(T_T)

しかし、白点パンデミックとは恐ろしい!!
ちなみに「パンデミック」の意味が分からずに、
Yahoo辞書で検索したとか、恥ずかしくて言えません(^^


◆ヒロパパさん
ぴー父さんのアドバイス、
私もしょっちゅう参考にさせて頂いてます(^^

淡水浴って、やっぱり魚にとっても、
それなりに負担が大きいそうで、
私がよく行くショップでは、
「3~4日間隔で」と教えられました。
でも、虫の除去とか、その他諸々、
非常に有効的な手段なのは確かだと思います♪


◆azuさん
おお!「白点と友達」なんて深いお言葉!
私なんて、未だその境地には辿り着けず、
「にっくき敵」としてメラメラしてます(笑)

それにしても、白点治療を有る程度知ってる人って、
きっとそれなりに悲しい過去を持ってるんですよね(T_T)
私なんて、まだ白点と対峙して約1年半、
まだまだ試行錯誤してる段階です(^^;
azuさんのノウハウ、パクらせて~~(笑)


◆モンガラさん
タバコやめてかれこれ7~8年になりますが、
トイレで一服、あれは確かに至福の時でした(^^
でもって、小の標語(笑)
それきっと、社長の自戒なんじゃありませんか?

私の場合、水槽を引っ越した一昨年のGWから、
白点大祭りが開催されちゃいました(T_T)
原因は、底砂の使い回しに違いありません・・・。
NEWモンガラタンク、ベアタンクで対処は万全ですね♪


◆Damselさん
私の場合、どっちかって言うと腸が弱いんですね(^^;
喫煙してた時なんて、
常にピーピーか、カチカチのどちらかで、
正直大きな病気を疑った程でした。

サンゴも白点捕食するって言いますし、
たくさん入ってると、効果的なんでしょうか(^^
もしくは、リーフタンクになって、
水槽が良い具合に落ち着いて来たのかもですね♪


◆「管理人のみ閲覧できます」さん
ラジャです!
全く問題有りません!
ジャンジャンガンガンやって下さい!
好き放題やっちゃって下さい!
楽しみに待ってますね(笑)


◆f348s16さん
私も以前は「何が何でもたたく」が身上でしたが、
今は、魚や濾過への負担を考えて、
「ブルームしなければ様子見」に変わりました。
ただ、それは「放置しても大丈夫」
な時だけに限った事ですけどね(^^

我が家でも、最近新魚を追加していないからか?
はたまた、水槽がそう言う状態になったからか?
白点も幅を効かせにくくなってきたみたいです(笑)

No title

どもども!
ココ最近ウチの水槽で白点出てないんですが、恐らく運が良いだけだと思います(笑)。。
でも前まで、出まくってたんで、薬もいろいろ試しましたし硫酸銅とか鷹の爪なんかも入れました。。
でも何が効くのか・・・・いまだによく分かりませんね~(笑)。。まぁ地道に水換えですかね~笑

No title

>・・・戦いを終え、大きくひとつ息をつき、
>あいつを葬り去ろうとしたその瞬間・・・。


きゃはははっっ!
好きです♪(ネタがですよ)

壁に貼ってあるのって
事が済んだ後に気付くんですよね。

って先に気付いたら、
トミさんどうしたんでしょーね♪( ̄ー ̄)ニヤリ


No title

◆aqua-guitarさん
白点が出ないなんて、素敵な事ですよね(^^
え?運が良いだけですって??
いやいや、そんな事はありませんとも!
aqua-guitarさんのたゆまの日々のケア、
きっとこれの賜物ですよ、きっとそうです(^^

そして、銅治療も既に経験済みですか!
しかも硫酸銅って、
私、何故か玄人の香りを感じます(笑)


◆かっしぃ。さん
いやぁ、ビックリしましたよ(^^;
何がって、まさかかっしぃ。さん、

>好きです♪
だなんて、マリンアクアのみならず、
そっち方面にも造詣がお深i(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

壁の貼り紙ですけど、特に「個室」の方は、
それ所じゃないから気付かないんでしょうね(笑)

え?事前に気付いてたら・・・ですか??
・・・見て見ぬふりですヾ(´▽`;)ゝ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。