スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OMS

「白点病」
海水魚を飼育する上で一度は悩まされる病気の一つですよね。
かく言う私も、過去、無脊椎の飼育を諦めた最たる理由が、
白点を抜本的に治療出来る飼育環境を得るためでした。
そして、ネットで白点の治療法を検索してみると、
低比重、銅、換水法、GFG、その他・・・・。
眉唾な物を含めると、数多の方法がヒットしてきますよね。



・・・ですが。



どの方法も、水槽に蝕む白点の抜本治療を願うのであれば、
少なからず魚に負担を強いる方法である事は間違い有りません。
-魚に負担が小さく、白点に有効な方法-
そんな方法を模索し、ネットを彷徨っていたある日の事・・・。


見つけてしまいました。


従来の、魚体に負担を強いる治療方法とは根本的に違って、
この方法では、魚に一切負担がかかりません。
少し前、人間で言われるようになった「予防医学」
すなわち、病気になってから治すのではなく、
病気になりにくい体を作る、という考え方ですよね。

今回私が発見した白点対策も、それと同じ考え方で、
「白点を未然に予防する」という理論に基づいています。
従前から、免役を高める成分を餌に混ぜて与えたり、
粘膜を保護する添加剤を投与したりと、
“予防する”という考え方は普通に存在していました。
今回の方法は、それらの発展系とでも言いましょうか?

今回発見した白点対策、その方法とは・・・。





「OMS法です。」





OMS法、恐らく皆さん、初耳ですよね?
そう思います。
恐らく、専門誌等でも過去、一度も取り上げられた事の無い方法だと思います。
もしかしたら、こうやって個人レベルでネタにするのも、
このblogが最初になるかもしれません。
そのOMS法ですが、あれこれ御託を並べる前に、
まずはネットで見つけた、とある記事をご一読下さい。


▼「サンゴの天敵、魚の味方 オニヒトデに免疫力高める成分か」
海の厄介者が魚を育てる―。
サンゴの天敵、オニヒトデと同じ水槽で育てると、マダイが病気にかかりにくく、成長が早まる効果があることが、愛媛大南予水産研究センター(愛媛県愛南町)の三浦猛教授らの研究で分かった。

オニヒトデの分泌物に、魚の免疫力を高める成分が含まれていると三浦教授はみている。

 オニヒトデは沖縄から関東以南の太平洋沿岸で時折、大発生しサンゴに被害を与えるが、駆除しても焼き捨てるだけで有効な利用法はなかった。三浦教授は「成分をうまく抽出できれば、魚の餌に混ぜるなどして養殖に役立てることができそうだ」と話している。

三浦教授によると、思わぬ効用を発見したのは昨年10月ごろ。学生が釣ったマダイを数個の水槽に分けて育てていたところ、寄生虫感染で表皮が白くなる白点病が流行。オニヒトデを一緒に飼っていた水槽を除き、マダイはほぼ全滅した。

約3週間の飼育実験で、オニヒトデと一緒だと免疫を担う白血球の働きが高まることが判明。餌を食べる量も増え、マダイだけで育てた水槽に比べ、成長速度が2倍になった。 
2009/09/05 16:45 【共同通信】

ソースは→こちら



だそうです。
しかし、免疫を活性化させるなんて、
白点以外にも色んな病気に対して効果が有りそうです。
そう、今回ご紹介する白点予防法「OMS法」とはつまり・・・



O→ONI→鬼
M→MARINE→海
S→STAR→星

鬼海星 



そう「オニヒトデ法」です。

方法は至って簡単!サンプなり濾過槽なりに、
成体のオニヒトデを2、3放り込んでおけばOKです(^^
えっと、数に根拠は有りませんけどねwww

さぁて、自宅の水槽がOF水槽なあなた!
今すぐオニヒトデを2、3匹濾過槽に放り込みましょう!!

え?水槽がOFじゃない場合や、
濾過槽やサンプに余裕が無い場合はどうするんだって?
んなもん簡単簡単!
タンクに直接放り込んでしまえば良いんですよ。
たかだか30~40cm程度のヒトデ数匹じゃないですか(^^

しかし、オニヒトデって普段は何食べてるんでしょう?
ポリプ食べてるって事は、肉食性である事は間違い無さそうですし、
オニヒトデを餌付けるのって、
ポリプ食のチョウを餌付けるのと同じ要領でしょうか?



と、言う事は?



①オニヒトデの餌付けに挑戦

②ポリプ食チョウの餌付けが上手くなる

③白点出なくなるし、チョウ飼ってみるか?

④なんだ、チョウってオニヒトデと同じ要領で餌付くんじゃん?

⑤空前のチョウブーム到来

⑥ファインディング・ニモ2公開「主演:ハクテンカタギ」

⑦チョウブーム加速

⑧OMS法、更なる大ブーム

⑨魚混泳水槽が大ブームに

⑩オニヒトデの乱獲が社会問題に



何というバタフライ効果!!!
そう、チョウチョウウオだけにね。(←上手い事言ったつもり。)
では、上記のそれぞれの過程において予測される事象を、
時系列順に整理してみたいと思います。

①~②(黎明期)
方々の掲示板で「オニヒトデが餌付きません」というスレッドが立つ。
また、「コブヒトデでもOK」というガセ情報が物議を醸す。

③~⑤(浸透期)
シマ、スミレ、ニシキに代わって、
ハクテンカタギ、ハナグロ、オウギ飼育がブームに。
「ハクテンカタギがハクテン病」というネタが流行る。

⑥~⑦(流行期)
女子高生がハクテンカタギのストラップを付け、
ディズニーストアではオニヒトデのぬいぐるみが販売される。
流行語大賞が「ポリプ食系男児」に。

⑧~⑨(定着期)
「水槽+上部フィルター+オニヒトデ」が、
海水魚のスターターキットとしてホムセンで販売され始める。
うちの水槽が「飼育数控え目のゆったり水槽」と言われるようになる。

⑩~ (熟成期)
オニヒトデ漁を追ったドキュメント映画「ザ・オニヒトデ」が米国で公開され、
各地でオニヒトデの保護運動が活発化、
ブリード物のオニヒトデが流通するようになる。


・・・・以上は、各過程において人々が取り得る行動と、
その結果によって起こり得る事象が社会に与える影響を予測し、
それが最も少なかったケースを想定したシミュレートです。
仮に、予測が少しでも上方に振れた場合、いったいどうなってしまうのか?

もしかしたら私たちは近い将来、
自然下のオニヒトデを観れなくなってしまうかもしれません。


それに、前述の記事にいち早く反応した一部のアクアリストの間において、
OMS法は、既に確立された飼育法になっている可能性も捨て切れません。
また、老舗のアクアショップでコッソリキャビネットを覗いてみたら、
サンプや濾過槽に大量のオニヒトデが放り込まれているかもしれません。

ナチュラルシステムが、SPS飼育における革命だったとするならば、
OMS法は、魚水槽における革命である事は言うに及びません。
いずれにせよ近い将来・・・・



-魚屋の時代がやって来る。-



私にとって、これは喜ばしい事なのかもしれませんが、
それは「オニヒトデという犠牲」に支えられた脆いブームであって、
素直にアドを打つことが出来ないのも率直な感想です。

正直、今回これをblogネタとして取り上げてしまった事。
記事としてアップした今でも迷っています。
近い将来、オニヒトデが自然の海から絶えてしまったとしたら?
その0.000001%だけでも私のblogの責任だとしたら?

そんな事を考えると・・・不安で夜しか熟睡出来ませんし、
正直、食事も3食しか喉を通りません。



これが、2009年10月現在の実態なのです。
・・・・皆さん、ご存じでしたか?






まあ、私は知りませんけど。

しかし、共同通信の記事中にある、
「成分をうまく抽出できれば、魚の餌に混ぜるなどして
 養殖に役立てることができそうだ」

の部分が実現して、趣味の海水魚飼育にも恩恵が有ればなお良いですね(^^
後半の「成長速度が2倍」って部分は、ちょっと余分ですよね。

ちなみにOMS法を我が家の水槽で実践するとどうなるか?
ちょっとイメージしてみました。







09102501.jpg
さあ!あなたもOMS法をお試しあれ!!





今日のベニゴンベ
09102502.jpg
「反省はするけど、後悔はしていない。」




※ネタ元の記事は本物です。




おしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

コメント

No title

白点治療にオニヒトデの分泌物ですかー
以前TVでサンゴの天敵オニヒトデの駆除が紹介されていましたが、海水飼育の救世主となりそうな予感プンプンですね
トミーさん、早速三浦教授の元でOMS法確立して下さい(爆)

えっ! すっげーーー!!w(°0°)w
これ ほんとに??!!
しかも トミーさん、『OMS』って 名付け親?!w(°0°)w

すばらしーーー!!
ちょー イイー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
つか。私 モニター? やってみたい!!(笑

誰か うちに『オニヒトデ』送ってちょ♪(笑 …なるべく小さいの。

感動したので コメントしちゃいました!

マジでオニヒトデを捕獲して送って貰おうかと思案中です!!

まーうちは白点が出ないからモニターにはなれないけどねv

ところでハワイ出身の金髪のグラマーなOL支店長は元気でいらっしゃいますか(^^;;

ペトロシアン

三浦教授はペトロシアン級ですね!
しかし
トミーさんすんごいサイト見つけましたね!
三浦教授と手を組んでオニヒトデの成分の抽出に成功して、商品化し、サンゴが居る水槽でも白点治療OK!
これ売れますよー!!!
一応三浦教授が社長でトミーさんは専務ってとこでしょうか?
そん時は私を営業で使ってくださいネ!

No title

厄介者のオニヒトデもこんなところで役に立つのですね。
こんな研究がもっと進んでアクア界にも応用出来たらいいなぁ~
モニターに立候補しちゃおうかな♪

個人的にはオニヒトデの縫いぐるみ欲しかったりして(笑)
オニヒトデの餌付けはやっぱアサリでしょ♪

No title

今日はマジネタだったんですね。
「騙されんぞ・・」って読んでたら疲れちゃった。(笑)
それにしても愛媛にそんな偉人が居たとは存じませんでした。

オニヒトデ・・・サンゴ岩の代わりに丁度良いかもv-238

こんにちはー( ^o^)ノ相変わらずネジが2、3本ぶっ飛んでますね(笑)もうヒトデがメインの水槽にしか見えませんヨ♪しかし色々とお勉強されているみたいで…トミーさんの探求心には脱帽ですわ<(_ _)>

ブログから遠ざかってテイルズウィーバーに勤しんでいた、はつきですが!(面白すぎてハマりまくりましたートミーさんもいかが?汗)

近況報告しますー♪自分の水槽は死のビブリオ連鎖から数ヶ月…今はシマのペア飼育しています♪やっと二匹とも水面まで上がって餌食べるようになりました('-^*)まだまだ海水魚飼育は引退せずに頑張りますよ~♪

No title

ちょっと試してみて下さい!!
1匹ぐらいならイケルんじゃないですか?(笑)
でもホント小さいのが入手できるなら 試してみたいかも♪
トミーさんちは最近ハクちゃんテンちゃんは暴れてないですか?

No title

オニヒトデにそんな効果があっただなんて!!
でも最後の合成写真、水槽の殆どを埋めていますね(^^;)これは飼えない!
夜の熟睡と飯は3度しか食べれないですか・・・。
こんなにまで人の楽しみを奪うオニヒトデ!
お気の毒に。
心中お察しします。
早く昼寝と間食が出来るように祈っています。

えっ?実はしてる?

No title

オニヒトデの成分が魚の免疫力を高めるとは。
これは思いもかけない発見ですねえ。
成分が抽出され、商品化されると面白くなるでしょう。

ちなみに、小型のオニヒトデであれば、クリルで飼育できます。ただ小型オニヒトデは、ちょっと弱いところがあって、輸送などでダメージを受けると、グズグズに溶けてしまったりするそうです。ごくまれに入荷はありますから、頼めば入手はできるでしょう。

No title

OMS法・・・
いつオチが来るのかって読んでたら・・・(笑

オニヒトデの成分がぁ・・・
実際にこの成分を混ぜた人工餌が出来れば、
もう願ったり叶ったりですね♪^^

早く出来ないかなぁ~・・・ちょっと気が早いかぁ~!?(笑

No title

今回の 落ち はどの辺か!読んでいましたら
真面目な記事だったのね・・・ごめんなぁ~
狼少年は、オニヒトデを水槽に入れるそうな ^_^;
他に何も飼えないよ・・・ 40cm なんて。

No title

始めあたりから、なんか臭いなぁ~~って読んでたけどやっぱりかぁ~(^O^;)
しかし毎回、凝ったネタで関心してます。きっとトミーさんのフログネタファンは多い事でしょう。(私を含め)
記事的にはとても興味深いのだけど、オニを水槽に入れるアクア者は居ないでしょう?

しかしオニの免疫成分を抽出して餌の混ぜて食べさせ病気しなければ越した事は無いですね。(^O^)/
オニの毒をもって毒を制するって事かもね?

毒で全滅って事も・・・・(^O^;)

家では、活性炭が欠かせない存在になりました。

No title

魅力的な飼育法ですね(^^
水槽内に手を入れたら間違いなくキーパーが
☆になってしまいそうな勢いですが・・・(^^;
コブヒトデも同じ体積分入れたら効果あるかも・・・?

No title

オニヒトデですね!
さっそく、ポチッしてこよ!

って、どこにも売ってないんですけど(T_T)

トミーショップで、オニヒトデの成分を混ぜた餌早く売ってください^^

No title

オニヒトデにそんな効果があったなんて凄いですね~。厄介者と言われてても、意外な力を持ってるものってほかにも聞いた事あります。
しかし、コレ、薬とかになったら凄い発見ですよね~。
あんな大きくなかったら水槽にいれたいトコですよ!(笑)

◆いてB♂さん
そうなんですよ、白点にオニヒトデだそうです。
オニヒトデが珊瑚礁荒らすって番組、
定期的にみかけたりしますよね。
グラスボートで実物も見た事有りますけど、
あいつら、想像以上にでかいんですよね(^^;
とりあえず、愛媛大に願書出しに行きます(笑)


◆あやのさん
えっと、一応名付け親っちゃあ名付け親ですが、
もちろんその・・・笑う所ですからね(笑)
しかしあやのさん、OMSのモニターですか!!
むむむ、それは素晴らしいチャレンジング精神ですね!
もう、いっそのこと取りに行って下さい!
・・・で、小さいの居たらウチにも送って下さい(^^


◆アイビーさん
どなたかオニヒトデ取ってくれるツテがおありですか!
白点・・・忘れた頃にやってくるのが白点です(^^;
備えあれば憂い無しという事で、一匹如何ですか?

ハワイ出身の金髪グラマーなOL支店長は、
今日も元気に出勤していましたよ(^^
あ、先日メール送付しましたが、着きましたか?


◆Damselさん
ペトロシアン・・・何だか骨折しちゃいましたね(^^;
そして、オニヒトデ由来成分が抽出され、
無事、商品化に漕ぎ着けた暁には、
「株式会社鬼☆海星」を立ち上げ、
行く行くはオニヒトデのブリード事業にも着手ですね!
Damselさん、その時は宜しくお願いしますね(笑)


◆azuさん
ホントこれからオニヒトデを見る目が変わります(^^
エチゼンクラゲとかも、有効な利用法見つかりませんかね?
でも、仮にモニター募集とか有ったとして、
水産用だけに用量がバカ多かったりして(笑)
そしてやっぱりオニヒトデでもなんでも、
餌付けの基本はアサリなんですね(笑)


◆ぴー父さん
いや、その・・・私的には、80%「お笑い」
のつもりで記事にしたつもりだったんですけど、
想定外の方向で反響が大きくて・・・戸惑ってます(^^;
とりあえずぴー父さん、本物見て来て下さい(笑)

しかし、オニヒトデをサンゴ岩代わりですか!
それはまた新しい飼育法の提案ですね(笑)


◆はつきさん
おお、お久しぶりです!って、ネトゲに填ってましたか(笑)
アクア以上に危険な世界と聞きいています(^^;

しかし、ちょっと知らない間にビブってたんですね(-ω-:)
一時チョウに走ってみえたのに、残念です。
でもって、海水魚飼育の引退ですって!?
いや、それは駄目ですよ?私が許可するまでは(笑)


◆ゆっきっきさん
なんだか皆さんからのコメント読んでいたら、
「い、一匹くらい本当に行けちゃうんじゃね!?
 いや、むしろ行った方が良いんじゃね!?」
って、若干おかしな考えが擡げ始めた昨今です(笑)
そして、ハクちゃんとテンちゃんですが、
時々、地味~に、気になるあの魚にアタックしてます(^^


◆モンガラさん
おお!モンガラさん!!触れて欲しいところに、
見事に触れて下さってありがとうございます!!
そうそう昼寝とかね・・・私、一応勤め人なので、
昼寝は・・・たまにしかしませんよ、たまにしか(^^;
間食は、夜ご飯に響くといけないから駄目なんですよ!!
・・・って、子供には教えていますけどね(^^;


◆雪風さん
何だか、雪風さんにそんな風にコメント頂いてしまうと、
だんだん、本当にオニヒトデ飼いたくなってきました(^^;
でも、本当にオニヒトデの有効成分が抽出されて、
個人レベルで入手出来るようになったら嬉しいです(^^
そしてオニヒトデ、クリルに餌付いて、
しかも場合によっては入手出来るんですか!!
・・・ちょっとソワソワしてきました(笑)


◆YASUさん
いや、あの・・・オニヒトデの合成写真とか、
その辺りでドカーンと落ちたつもりだったんですけどね?
あれ、落ちてませんでしたか?(笑)

しかし、白点以外にも色々有効っぽそうですから、
是非製品化してほしいですよね!
あ、でも成長2倍になるのは勘弁して欲しい・・・。


◆ヒロパパさん
いや、だからですよ?「水槽inオニヒトデ」とか、
その前段の「夜しか~」とかのクダリで、
落としたつもりだった私が間違ってたみたいです(T_T)
決して真面目な記事では無いつもりではなく、
かといって完全にウソっぱちな記事でもなく、
つまりは中途半端な記事になってしまいました(^^;


◆ワッキーさん
冒頭から、真面目すぎる記事内容とか、
もう、もの凄くぷんぷん臭いますよね(笑)
少なくとも、成魚サイズのオニヒトデを、
趣味で飼ってるアクアリストは居ない気がしますよ(^^
オニヒトデの有効成分って、何なんでしょうね?
その辺り、早いところ判明して商品化を!!


◆さぁとさん
うちみたいに、濾材ばんばんに入ってる、
古式ゆかしい生物濾過水槽だと駄目ですけど、
空きのあるサンプなら以外と行けちゃうかも!?
・・・いや、行けないと思います(笑)

オニヒトデって、確か毒有るんですよね?
アナ・・・なんたらこうらたショックで死に至るとか・・・。


◆ヒゲオヤジさん
オニヒトデって、どこかで売ってるんでしょうか?
少なくとも、一般種では無さそうですよね(笑)
もうあれですよ、ここはいっちょ、
最寄りの珊瑚礁に潜って探してきましょう(^^

そして、アクアプロショップ三十路では、
商品化に向けて鋭意研究中・・・かもしれません。


◆aqua-guitarさん
小学生の頃、いじめられっ子だったA君が、
実は絶対音感の持ち主だったそうで、
聞いた音を直ぐに「ドレミ」で言えたんですよ。
そしたら、凄く人気者になれたんですね(^^
オニヒトデも、そんな感じでしょうか??
・・・いや、それはA君に失礼過ぎですね(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

オニヒトデくらいなら沖縄県民に頼めば送ってもらえるかも(爆)

No title

これは興味深い!
オニヒトデ入り魚エサ、待ち遠しい^^
足がやや蛍光グリーンなんですね!

◆カギコメさん
了解しました(^^
私も作業がめちゃくちゃ遅いので、
人の事言えた義理じゃないんですよね(笑)


◆アイビーさん
その、御願いする沖縄県民の知人がいません(^^;
しかも、そんな気軽に、
「オニヒトデ送ってくれる?」
ってノリで捕ってこれるもんなんでしょうかね(笑)
着いたは良いけど、使い物にならないのも嫌ですし、
その気になったらショップに相談してみます。


◆たらふくさん
ニチドウさん辺りが製品化してくれませんかね?
しかも、思いっきり濃いやつを(笑)
ラクトフェリンに次ぐ免疫強化アイテムとして、
定番商品としてラインナップされたりすると嬉しいです(^^

そしてオニヒトデ、足やトゲの雰囲気が、
ちょっとアロエっぽ・・・・くないですか?

No title

いつもながら大爆笑しながら読ませていただきました(^・^)
特に最後の写真がガハハハです^^
ポリプ食系男児・・・不気味です。

初コメ失礼します

通りすがり興味津々で読ませて頂き、後半は爆笑まで頂き、拍手ポチ探しましたが見つかりませんでした^_^;
夜しか熟睡だけではお体持ちませんよ!(^^)!

No title

OMS法。。。
海水魚ショップで見かけたら、一報しますね(笑)
オニヒトデと一緒だと免疫力が高まるなんて、驚きですねー!?
⑩の熟成期以降、いつの日にか、オニヒトデ成分入りのドリンク剤なんかが、販売されてる日が来るかもしれないですね(笑)
トミーさん水槽に2匹も入ってるのは爆笑でした(笑)トミーさん刺されないで下さいね(><!!)

◆skyさん
いやいや、笑って頂けて幸いです(^^
でも、オニヒトデ由来の免疫強化成分、
これは真面目に製品化されて欲しいですけどね。

-ポリプ食系男児-
好みのタイプ著しく偏っていて、恋愛に積極的でないタイプ
といった具合の意味で如何でしょう?


◆sinさん
初めまして!以前からblogは拝見させて頂いてました(^^
ブルーフェイス良いですね!ヨダレ出そうです。
あ、オニヒトデとか入荷しませんか?(笑)

そして、こんな記事で笑って頂けて幸いです(^^
最近は、夜しか熟睡出来ないので、
ついつい、朝二度寝してしまいます(^^


◆ちわ丸さん
オニヒトデ、ショップで見かけたら、
是非ともご一報御願いします!
もしかしたら、「ネタ魂」が疼いて、買っちゃったり!?
そして、オニヒトデドリンクが人にも有効と分かった暁には、
オニヒトデはレッドデータブック掲載種に!?
しかし、OMS実践の暁には、
各地で「刺されました」って声が上がりそう(笑)

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。