スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかいなうみのいきもの

先日、ベビー用品を買いにトイザらスに行った時の事です。
要件を済ませて店内をプラついていると、
子供のおもちゃコーナーで面白い物を見つけました。
大人のおもちゃコーナーじゃありません。
そして、見れば見るほど“その物”の出来映えに心奪われた私は、
ついつい“その物”を購入してしまいました。

“その物”とは・・・
IMG_2224.jpg
これ、子供のための“ゆかいなうみのいきものパズル”なのですが、
これがまた、なかなか秀逸な作りをしているんです。
では、何故にこいつが秀逸なのか?
部分部分を見て、ご紹介させて頂きたいと思います。

まずはパズルの左斜め下辺りですが、
ここは「深海魚・古代魚ゾーン」になっています。
IMG_2206.jpg
シーラカンスとかリュウグウノツカイとか、
名前ぐらいは知ってますが・・・興味有りません。

そして次ですが、海水魚の代名詞とでも言いましょうか?
「海水魚+子供=ニモ」これは鉄板ですよね(^^
IMG_2203.jpg
「最もメジャーな海水魚」と言っても過言では有りません。
やはり、ニモ無くしてマリンアクアは語れません(^^
そして、ニモと来ればその相方、ドリーも外せません。
IMG_2209.jpg
ファインディングセットとして飼われる方も多いはず!
実際、私も踊らされたクチですから(^^
ニモとドリー、非常に絵になる組み合わせですよね。

そして、海水魚と言えば大型ヤッコは外せませんよね。
海水魚飼育に興味の無い人でも、
魅力的なカラーリングや造形に心惹かれる事は間違いありません(^^
ましてこのパズル、子供向きですから、
それ相応にメジャーな魚がエントリーされているはずです。

黄色や青に彩られたあのヤッコ!

マリンアクア界のビッグネーム!

さあ来た!



スッ・・・スクリブルド!?
IMG_2202.jpg
ちなみに、大型ヤッコからのエントリーはスクリブルドのみです。
いえ、悪いとは言いませんが。
その・・・タテジマなんとかって、
もっと有名なのが居たような気もするのですが・・・。

気を取り直して。

マリンアクアでヤッコと並んで人気のある魚と言えば、
やっぱりチョウチョウウオですよね。
水族館でも、チョウが乱舞する水槽なんてのは人気が有りますし、
ヤッコ以上に個性的な種も居て、海水魚界の花と言えるでしょう(^^
そんなチョウチョウウオからのエントリーは、

まずはハタタテダイ
IMG_2204.jpg
来た!これは順当ですよね。THE海水魚って感じです(^^
そしてお次はこれだ!
IMG_2220.jpg
そうそう、こいつもメジャーですよねフエヤッ・・・
IMG_2212.jpg
「オオフエヤッコ」の方!?

うーーむ、何故敢えてオオフエヤッコの方なんでしょうか?
そもそも、縮尺なんて概念はハナっから無視してますから、
ここは普通にフエヤッコで良いのでは??
制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。
そう思いつつ、他のチョウチョウウオを物色してみると・・・。

IMG_2208.jpg
オレンジフェイス!

IMG_2207.jpg
更にはコラリス!

この他にはセグロがエントリーされていますが、
う~~む、素晴らしい!このチョイスは素晴らし過ぎ!
トゲチョウとかチョウハンとかのメジャー所を差し置いて、
オレンジフェイスとコラリス。
しかもコラリスを「コラーレバタフライ」とする辺り、
やはり、制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。

そして、ここからがこのパズルの真骨頂なのです。

まずはチンアナゴ!
IMG_2205.jpg
う~ん、渋いチョイスですチンアナゴ!


そして来た!クギベラ!
IMG_2214.jpg
クギベラですよー!クギベラ好きの某さーん!
センスが既にベテランです。


そしてサイケデリックラス
IMG_2213.jpg
シュール過ぎます。サイケデリックラス(^^
サイケデリックなラスですよ?陶酔状態のベラ。
子供に意味を問われたら、何と答えれば良いのでしょう?

ちなみに、お忘れかもしれませんが、
このパズルはあくまでも「子供用」ですから。
対象年齢は4歳からとあります。
サイケデリックなんて単語は、出来れば教えたくない年頃です。

やはり、制作者の拘りめいた物を感じずにはいられません。

スクリに始まり、オレンジにコラリス、
果てはサイケデリックラスなど、好みが思いっきり玄人です。
そして、細部に拘りを見せるこのパズルには、
サンゴもエントリーされています。
IMG_2210.jpg
サンゴでは、いったいどんな拘りを見せてくれるのでしょうか!?


IMG_2211.jpg
大雑把。

“オオフエヤッコ”とか“コラーレバタフライ”とか、
やけに細かい所に拘ってみたと思ったら、
サンゴに関してはいきなり十把一絡げになってしまいました。
せめて「ミドリイシ」くらいは書いて欲しかった!

・・・うん、でもまあ子供向けのパズルですし、
“ミドリイシ”なんて書かれても解りませんよね(^^
この場合は「サンゴ」で正解だと思います。うん、間違いない。
と、良心的に解釈する事にしました。大人ですから。

私、冒頭でこのパズルを“作りが秀逸”と言いました。
そう、“作りが秀逸”だと、そう言いました。
大事な所なので二度言いました。

その“秀逸”たる所以を、ここで紹介させて頂きましょう。

先程、大雑把だと言ったサンゴ。
しかし、この中に群れる魚達の中に・・・。
IMG_2219.jpg
こ、このカラーリングは!?


IMG_1691.jpg
ベッ・・・ベニゴンだと言うのか!?

しかも、頭隠して尻隠さず、見えそで見えない所が、
激しく男心をくすぐります。
しかしこの魚の選び方、最後の最後まで色んな意味で、
制作者の拘りを感じずにはいられません。

そんな、あまり愉快じゃない「ゆかいなうみのいきものパズル」は、
全国のトイザらスで、好評発売中です(^^


今日のベニゴンベ
IMG_2219.jpg
「499円だよーー!」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

久しぶりのショップ巡り

昨年の秋口から全くショップに行けてませんでしたが、
先週末3連休の中日、ひっさしぶりに行ってきました(^^
今の時期、セールもやっていませんから、

どうせそのうち買っちゃうんでしょ?
だったら、お買い得な時に買っちゃいなよ!
でもって、浮いたお金でもう一匹買っちゃいなよ!


という「素の悪い私」が出てくる恐れがありません♪
・・・いや、「出てくる可能性が低い」に訂正します。


・・・と、その前にですね?

非アクアネタで恐縮なのですが、
当blogにお越し下さる皆様方には、これだけは、
これだけはご紹介しておかなければなりません!!

昨年第2子が誕生し、その健やかな成長を祈願するため、
とある場所へとお参りに行って来たんですね。

そして、そこで撮影した一枚がコレだ!
09011501.jpg
ね?

・・・えっと。
誤解の無いよう念のため断っておきますけど、
純然と「母乳がたくさん出ますように。」
と、祈願しに行ってきたんですよ!

ちなみにここ「ままかんのん」というお寺なんですが、
漢字で「間々観音」と書きます。
決して、「ママ観音」でありません。
ましてや、おっぱi(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ

詳しくは→ココ


閑話休題

久しぶりにショップへと繰り出した私でしたが、
やっぱりアクアリストたるもの、
いくら年頭に揺るぎな(くは無)い誓いを立てようが、
販売水槽を目の当たりにして、滾らないわけがありません。

・・・でも・・・ここは・・・が・・・ま・・・・・んの子。

さすがに私とて人の子。
年頭に立てた誓いを、年頭で反故にするほどアホではありません。
もちろん「これは良いなぁ~」と思った魚は居ましたよ(^^
えっと、ちなみにマダラハナダイとユウゼンですけど?


「我慢したんじゃなくて買えなかったんでしょ?」


ヾ(´ε`*) ンモ~


・・・ただ、ここで見たマダラハナダイですが、
軽く10cmは超えてたような気がします(^^;
うん、ちょっとデカ過ぎるよコレは!
このでっかいマダラを見た時、私の脳裏をよぎったこと。


「煮付けたら美味そう。」


自分でも、これにはビックリです。
ペットを見て「食いたい」と思ったのは初めてです。
チワワ見て「美味そう」って思うのと同じ事です。

あ、でもほら?キンメと似て無くもないでしょ?
うん、そうだそうだ、キンメって美味しいもの。
こんなおっきいマダラ、美味しそうに見えても仕方ないよ!

・・・人としてどうかと、そう思った30の冬(T_T)

ちなみに、お値段1.98諭吉。
マダラハナダイって最近、安くなりましたよね?

結局、ここでは何も買わずに次のショップへ♪
次は、イオンの専門店街内に店舗を構えるショップです。

ただ、ここでの目的はあくまでもウインドウショッピング♪
ペットコーナーへも、チビにワンニャン見せるつもりで、
「ふふん、魚なんて買わないさ、だって大人だもの。」
と、何故か達観した気分で向かいました。

・・・気付いたら海水魚ショップに居ました(T_T)

ただしこのショップ、ショッピングモールの一角という性格柄、
レア種は入れないんだそうです(^^
確かに、非アクアリスト率が高いため、
「あっ、ニモだぁ♪」という黄色いセリフを良く聞きます。
間違ってもマダラハナダイは売ってません。

ただし、時にこのショップ、
「ほら、一般種だけどこんなの入れちゃったよ?気付いてマニアの人!」
・・・という、店員さんの「魂の主張」が聞こえたりもします。
我が家のクリーナー、オニハタもここで買いましたし(^^

・・・今回も、その声が届いてしまいました。

「タテジマキンチャクダイ(太平洋型)

カッコの中は明らかに、マニアにしか見えていません(笑)
これまた10cm±とチビのくせにタテジマ模様。
そして伸び始めたスレッドが、太平洋型のそれを主張し、
しかも丸々と肥えた美個体です(^^
当然、乱れはあるものの、小さいナリして成魚柄・・・。
この「小さいくせに成魚柄」という所がツボでした。
これはまるで、童顔なのにナイスバd(*ε(#)☆○=(`∀´:)バキ


た・・・滾るぜ。


でもこのショップ、若干お値段高目なのが玉に瑕(^^;
そしてウインドウショッピングでは、ダウンジャケットをロックオンしてたんです。


値段はほぼ同じ・・・。


タテキンか・・・ダウンか・・・。


そして、ショッピングモールを後にした私でしたが、
その何れかをしっかりと持ち帰って来ました(^^


さあどっちだ!!



09011502.jpg
・・・って、当たり前ですけどダウンです。

既にタテキンとウズマキが居る環境で、どっちを買うべきか?
うん、ほんの少しだけ冷静に考えたら解っちゃったよ!
と言うか、ちょっとでも迷った俺、爆発しろ!

それと、今度は食べたいと思った魚も犬も居なかったよ!
あー、良かった良かった(^^
そして、素敵な出会いが無かった事に乾杯♪

今年も、期末、GW、お盆、半期、クリスマス、年末と、
色んな誘惑に心揺さぶられそうな1年になりそうです(^^;



今日のベニゴンベ
09011503.jpg
「画像、おっぱいとダウンだけかよ。」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

僕の私のマリンアクア09’

新年、明けましておめでとうございます(^^
今年も一年、ステキなアクアライフが過ごせると良いですね♪
09010501.jpg

ところで、今日から仕事始めって方が多かったと思いますが、
私も多分にもれず、その1人でした。

・・・、年末年始、今年は9連休もあったせいか?
もう、今日は体も気分も重いのなんの(T_T)

土曜日の午後辺りからモチベーションのメルトダウンが発生。
日曜日なんつったらもう、原因不明の頭痛&倦怠感に苛まれ、
全く何もやる気が起きず、年末1回見たのに、
「笑ってはいけない新聞社」を、もう1回見てしまいました(^^;

そして夕方、魚に餌をあげつつ、ボーっと水槽を眺めていると、
思わず魚達とシンクロし、現実逃避しそうになりました。
「俺・・・アズファーになりてぇ・・・・いや、なる!みたいな?

その後、ウダウダしながら夜、布団に入ると何故か眠れない!!
そうか、これが俗に言う不眠というヤツ!?
色々考えてると、気になって眠れないって言うもんな。
そっかー、私も実は繊細な生き物だったんだなぁ(^^

と、考えてた数分後には意識がありませんでしたとさ。


さて、「1年の計は元旦に有り」とはよく言ったものです。
物事を始めるに当たって、まず最初に明確なビジョンを定めること。
これ、一番肝心な事ですよね(^^
今年目標とする着地点を定め、そこに向かって邁進する!
目標が明確であればあるほど、ブレも少なくて済むってもんですよね。

そんな訳で、今年のアクア的な抱負としては・・・。

ん~~と、え~~と、うん、そうそう。
あのね、私ですね?
ちっさい頃から、風呂敷広げるだけ広げておいて、
広げた事を忘れてほったらかしにするのが大得意だったんですよ。
いや、正直にいうなら、「忘れたフリ」とでも言いましょうか・・・。

そうなんです。

だからもう、最近は大きい事言うのやめました!
でも、敢えて今年の抱負は?と聞かれるのであれば・・・。

基本的に今のタンクメイト達を育てて行きますけど、
セールとか行っちゃうと・・・ねぇ?


・・・・有ると思います。(←天津木村風に)

なんだかとってもグダグダな感じは否めませんけど、
とにかく、今のタンクメイトを基本としながらも、
時には新しい仲間とワイワイきゃっきゃやれば良いよ!
王子とかも、さっさとウズキンになっちゃえば良いよ!
09010502.jpg
と、こんなアクアライフを楽しんで行きたいなぁと思います。

そして、強いて言うなら、昨年はたくさんの魚を☆にしてしまった手前、
・・・ん、違うな、昨年たくさんの魚を☆にしてしまった手前、
今年はその数を少なくする事を目標として、アクアライフに精進したいと思います!


今日のベニゴンベ
09010503.jpg
「今年も宜しくね!」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

僕の私のマリンアクア08’

さてさて、今年も残す所あと数日となりましたね。
マリンアクア2008、今年も色んな事がありました(^^
そんな訳で、今年のアクア事情をふり返ってみたいと思います。

まずは飼育環境です。
昨年は、90cmOF水槽の導入から、
ベアタンク化、無脊椎レス水槽、大型ヤッコへの傾倒など、
何かと動きの多い1年になりました(^^
08122903.jpg

今年はそれの醸造というか、煮詰めというか、
昨年の飼育スタイルをスペックアップさせた1年でした。

殺菌灯導入にメインポンプの交換がそのメインですが、
特に、メインポンプのスペックアップ。
これは劇的に飼育環境の改善に繋がったと思います(^^
08122901.jpg

同時期にシステムに組み込んだ殺菌灯とMP。
それと時期を同じくし、水が澄んだり、臭いが無くなったり。
当時は、殺菌灯のおかげだと思っていたのですが、
これはやっぱり、総循環量が増えた事によって、
好気バクテリア的なもの(?)の活性が上がり、
結果、色んな面でプラスに転んだのでは?と思っています(^^

あ、それと豆腐も沢山入れてみました(^^
現在、我が家の濾過槽には、5丁の豆腐が沈んでいます。

これによって、3週間ほど換水出来なかった時でも、
NO3を20ppm程度でキープ出来ていました(^^

還元濾過の効いている水槽と比べたら、全然ウンコな数値ですが、
嫌気層も無い、ごちゃ混ぜ魚水槽では奇跡的な数値だと思います。

還元濾過の方法も、色々有ろうかと思いますが、
お手軽さ、イニシャルコスト、ランニングコスト・・・etc。
等、色々勘案しつつ考えると、素晴らしいアイテムだと思います(^^



次にタンクメイト達ですが・・・。
08122908.jpg

思い返せば、昨年の今頃は「もう大型ヤッコの追加は無理」
等と言ってたような記憶が有るのですが・・・。

↓これ、ちょうど去年の年末に撮った水槽全景です。
DSCF7907.jpg
キイロハギとか、めっちゃ懐かしい・・・。

・・・それが、気付いてみればその1年後、
クイーンにウズマキと、2匹も大型が増えています(-ω-:)

ここ、猛省すべきトコ、です・・・。

魚の事を考えれば、もっと頭数減らしてやるのが一番って事は、
実はよく理解しているつもりなのですが、
これがまた・・・自制が効かないのが悪いところ(-ω-:)


そして、昨年秋口から興味を持ちだしたチョウチョウウオ
今年は、更にチョウへの興味が増した1年でした。
08122906.jpg
08122905.jpg
そんな中、勢い余ってミカドミカドを為す術無く☆にしたり、
こちらも反省する事いっぱいです。
チョウだけに、チョウ子に乗っちゃいました!
・・・あの、色んな意味でごめんなさい。


それと、ダメダメだったのが小型ヤッコ達(T_T)
フレーム×2、アフリカン、スミレ×2などなど、
ざっと思いつくだけで、結構な数を落としてしまいました。
原因は・・・過密飼育のストレス、低比重の影響?
考えればいくらでも出てくるのが辛い所です(T_T)

救いなのは、ソメワケだけは元気でやってくれている事です。
08122907.jpg
ソメワケ、安価なヤッコですけど、ホントキレイです(^^

ただ、あと一匹だけ、フレームが飼いたいなぁ~って、
とかなんとか考えていたりする自分が居たりしたりします(^^;

・・・と、魚飼育の王道、大型ヤッコとチョウ。
それに、更に填り込んだ1年となりました。

それ以外の面については、秋口のビブリオや再度の白点祭り。
それぞれ収束してはくれたものの、
やはり過密飼育が故に、一度病気が出ると、
蔓延するスピードも早いです(^^;

そして、こと「低比重治療」に関しては、
長期的な目で見ると、魚への負担は看過出来ないそうで、
やっぱり、「白点と如何に上手くお付き合い出来るか?」
これは深く小難しいテーマなんだなぁと、再認識しました。


・・・と、
長い事独り言にお付き合い下さって、有難うございました(^^
そして、もう少しだけお時間拝借させて下さい。
08122902.jpg

今年も、色々と有りました。
アクアでも、それ以外でも。

「ふり返るのは少しだけにして、前を向いて歩こう」

根本に置くようにしてる考え方です。
昨年も同じ事を言ってた気がしますが、

一度起こってしまった物事は、いくら抗おうが元に戻りません。
だからこそ、済んでしまった事をいつまでも悔やんで、
後ろばっか見て生きるより、そこから学ぶべき事は学び、次に繋げる。

何につけても「失敗を糧にして経験値を積む」
という姿勢が大切なんじゃないかな?と思っています。

だからこそ、このblogを通じて、
皆さんから頂けるアドバイスなど、本当に有難い情報です(^^
それにやっぱり、皆さんのblogや、
いただいたコメントから伝わるアクア熱!
これはアクアテンション維持の何よりの火種です(^^
・・・たまに、燃えすぎて暴走するのが難点ですが(笑)

明日から三重の実家に帰省して、
名古屋に帰ってくるのは年が明けてからになります。
そんなこんなで、今日で2008年、アクア事納めとなりそうです。
08122904.jpg

私自身、まだまだ若輩者ですし、思いこみや勘違いで、
恐らくは間違った事を書き綴ったり、人に勧めたり。
そんな事も多々有るんだろうな、と思います。

知れば知るほど奥深いマリンアクアリウム・・・。

また、(主にVOWネタとか・・・)
場合によっては不快な思いをされた方も見えると思いますが、
その節は、申し訳ありませんでした!
それも「愛ゆえに」という事で、笑って許してやって下さい!
(毎度ながら、ご都合主義ですいません・・・。)

そして、愛すべき魚達と皆さんに囲まれて、
すんばらしいアクアライフを過ごせた事に感謝!!
今年1年、こんなblogですが、多くの方が読んで下さって、
本当にありがとうございました!!

そして来年が皆さんと、お魚達にとって、
素晴らしい1年となりますように!
08122909.jpg
それではまた来年ヾ(*´∀`*)


今日のベニゴンベDX
08122910.jpg
「皆さん、良いお年をねーー!!」



2008’おしまい。
(最後の記事に、文章との脈絡なく、画像貼りまくりで失礼しました・・・。)

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

もうすぐメリークリスマス

さて、毎年この時期恒例のクリスマスですが、
皆さま如何お過ごしでしょうか?

意味無く給餌風景(^^
08122201.jpg


この時期どこの業界でもクリスマス商戦真っ最中!
イルミネーションに賑わう町並みとか、
見てるだけで気分も盛り上がってくる単純な私です。

・・・そして、夜に浮かぶ明かりのひとつひとつが、
それぞれに物語を作る聖なる夜・・・。


ここは、町並みが星くずを演出する、
とあるホテルの展望レストラン。
フォーマルな装いに身を包んだ男女。


A夫「・・・綺麗だね。」
A美「ええ・・・ホント街の明かりが星みたい。」
A夫「バカ違うよ。」
A美「え?」
A夫「キミの事だよ。」
A美「もう・・・A夫さんったら。」

・・・・・・ひとしきり、食事も進んだころ。

A夫「ところで・・・さ。」
A美「どうしたの?」
A夫「キミに、受け取ってもらいたい物が有るんだ。」
A美「え!?」
A夫「キミの好みに合うか心配だよ。」
A美「・・・。」
A夫「目を閉じて。」
A美「・・・何?かしら?」
A夫「手を出して・・・。」
A美「・・・・・。」
A夫「・・・ほら、見てごらん?」
A美「・・・ぅわぁ!ステキ!キレイ!」
A夫「受け取ってくれるかい?」
A美「そんな・・・もちろんよ!でも・・・良いの?」
A夫「それは僕のセリフだよ。」
A美「私なんかで・・・ホントに良いの?」
A夫「君じゃなきゃダメなんだ。」
A美「A夫さん・・・。」
A夫「大切にしてくれるかい?」
A美「もちろんよ!嬉しい!」
A夫「気に入ってもらえて嬉しいよ」
A美「ホント・・・キレイ。」
A夫「だろ?」
A美「すごくキレイなウズマキ!
A夫「太平洋型なんだ。」

・・・街角には名も無い、いくつものエピソード。
それぞれのメインキャスト達に、メリークリスマス・・・。


みたいな?



それはそうとこの週末、いよいよショップに繰り出す機会が!
まず最初のチャンスは土曜日。

主にウインドウショッピング目的で、
郊外の大型ショッピングモールへと家族で出かけました。

・・・しかし、私の事前リサーチによると、
ここのショッピングモールにはペットコーナーが有り、
尚かつ小規模ながらも「海水魚」を取り扱っているんだとか。

雑貨屋、洋服屋と色々見ながら回るうち、近づくペットコーナー。
ショッピングモール付属の総合店という性格柄、
もちろんメインは「ワンニャン」ですが、その一角に確実に存在する水槽群。
それらのほとんどは淡水ですが、久々に見る販売水槽。
嫌が応にもドキがムネムネ(^^



・・・トキメキ返せ(T_T)

多くは語りません・・・
売ってた魚種、全部空で言えるほどの数・・・でした。
分かってます、ショッピングモールの総合店に期待した私が悪いんです。
結局この日は、ガンプラだけ買って帰りました。

でもね?至善がダメなら次善の策♪
08122204.jpg

実は日曜日、とある近所のM越百貨店に、
チビを連れて行く予定が有ったのです。
あ、行き先はしましまタウンなんですけどね。

そして、そこからほんの少しだけ歩を伸ばせば、
昨年まくろちゅちゅやアズファーを購入したショップなんです♪

こいつぁ利用しない手はない。

年末セール開催中のハガキはとうの前に届いてます。
08122202.jpg
そして、それとなく、さり気なく、そこはかとなく。
「へぇ~、リミってセールやってんだぁ」
と、嫁に聞こえるよう、わざとらしく打つ布石。

リアクションは・・・悪くない(^^

いや、別に買う気マンマンとか、そんなんじゃないんですよ。
ただね、買わなくてもショップ行くのって楽しいでしょ?

でも、そりゃあ・・・ねぇ?

買わない事を前提としていても、ですよ?
「前提」や「前言」なんてのは、覆すためにあるもんだ、と。
そう言う理解で良かったでしょうか、と。

・・・などと、出かける前から既に、
前提がすげ変わっている気がしないでもないですが、
兎にも角にも、久々に繰り出すショップ、楽しみだなぁ~(^^
と、マジマジ眺めるショップからのハガキ・・・。









あれ?








08122206.jpg
一週間前に終わっていたという件。




今日のベニゴンベDX
08122205.jpg
「結局、行かなかったらしいよ!」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

あら?12月ですって奥さん!

押忍、ご無沙汰してます。

いやぁ~ねもう、気付いてみたら12月とかって何なのさー!
育児とか仕事とか風邪とか年賀状作ったりとか、そんな近況でした(^^

さて、一方水槽の方ですが、これが大した動きは有りません。
相変わらず新魚の追加は有りませんしね。
だって、ショップに行ってないんだもの・・・。
と言うかですね、若干減りました(T_T)


逝った魚その1「スミレヤッコ」

先日来、「薬殺説」が囁かれてきたスミレさんでしたが、
結局あのままジリ貧で、ちいと前、永眠しました(ノεT)

そんな訳で、まだスミレも私も元気だった頃、
勢いで設置したサブタンなんですけどね?
入居予定者が居なくなって、すっかり珪藻の館と化しています。
08121901.jpg
アウ・゜・(ノД`;)・゜・

ヤッコのおやつに海藻でも増やしてみようかしら?とか、
そこはかとなくいくつかの思いは有ったのですが、
今は、政治的判断により、撤去の方向で検討中です。


逝った魚その2「コラリス」

コラリスも最近逝ってしまいました(T_T)
「糞詰まり気味」とご紹介して以来ずっと、
「食っては溜め、溜めてはマッサージ」の繰り返しでした。

マッサージして排便しても、日に日にお腹はポンポン。
マッサージは1~2回/週で、淡水浴は併用していませんでした。

でも、餌→UKへの消化はきちんと出来てたみたいで、
マッサージすると良いUKプリプリしてお腹も凹むんです。
でも何故か自力での排便だけが困難だったみたいです。

「消化する」って機能だけは生きてて、
「排便する」って機能は死んじゃってたって事・・・か?
よく分かりません、ウ○コに詳しい方、教えて下さい。

思えば、全く食わなかったのが人工爆食になった個体、
思い入れの強い一匹だっただけに、非常に残念です(ノεT)
コラリス、また飼いたいなぁ~。

・・・と、以上2匹が逝きました、ナムナム・・・。


それ以外のメンツは、相変わらず元気です。

人知れず、1年超えてたマー君とか、
未だに牢屋暮らしのアズファーとか、ものっそい元気です。
マー君、スレッドとかヘロヘロですけど、
これでも、過去一番スレッドが伸びてるんですからね!
08121902.jpg

そして、かつてヘタレの名を欲しいままにした王子ですが、
その後はすっかりヘタレの座を卒業しています。
たまにジェントルタテジマさんに「ゴゴゴッ」
と、凄まれてはいますが、逃げる姿も板に付きました。
08121903.jpg

顔の周りとか、若干白んで来たよう・・・な、来てないような?
えーーっと、うん、白んできた、きっと白んできたよ!
「白んできた」って言ってあげて!
王子、喜ぶから!あの子きっと喜ぶから!


・・・と、あとは水換えたり、餌やったり、そんなアクア事情です。

それとですね、冬ボでいよいよデジイチ買いました!
08121905.jpg
それで、今回のblogからめっさ綺麗な写真を載っけようと、
そう意気込んで、ファインダーを覗き込んではみたものの・・・。
08121906.jpg

08121907.jpg

08121908.jpg

・・な、なんぞこれは!?わりかしウンコ写真じゃないの!
てか、コンデジで撮ったのと殆ど変わりません。
いや、むしろ若干酷くなってる・・・ような・・・気・・・・も?(-ω-:)

そして、そんな中撮影できたベストショットがコレ。
08121909.jpg
そうそう、デスロックとかね?動きませんからね、うん、そうだそうだ。

とりあえず、望遠レンズとかも試してみたんですけどね?
これがまたイマイチ綺麗に撮れません。

私、過去に「オートモード」意外で、写真を撮った事がありません。
(接写とか、スポーツモードとかも「オートモード」という括りで。)
全部機械任せです。
デジイチって、それでそれなりに綺麗な写真が撮れるもんだと思ってましたが、
どうやらそんな甘いもんじゃ無いという事実が透けて見えてきました。

「ん?」「あれ?」「ぁあ?」とか、
変な声出しながら小一時間ファインダー覗いてたら、
ちょっと気持ち悪くなってきました。いや、「目が疲れた」的な意味で、です。
しかも成果ほぼゼロ・・・。
クッピーラムネ食った後にコーヒー飲んだ時くらいの後味の悪さです。

・・・なんとかしたい。

そうやってデジイチ持ちの皆さんは、専用本とかに手を出すワケですね。
ホント、よく分かりました、その気持ち(ノД`;)

そしてもう一つよく分かった事。
うちのblogの写真が汚いのは、半分くらいカメラのせいだと思ってたんですが、
どうやらほぼ100%に近い割合で、撮影者の技量由来のものだぞと。

・・・と、そんな近況でした。

あとは、今年をふり返ったり来年の事を考えたり、
年内にもう一回くらい更新出来たらな、と思ってます(^^

では!



今日のベニゴンベDX
081219210.jpg
「どこらへんがDXなんだろうか?」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

メイクレジェンド♪

おめでとうジャイアンツ!

ありがとうジャイアンツ!

今年こそ「リーグ優勝は無しの方向で・・・」

ではダメなんだからっ!




さて。魚を飼育するにあたって、欠かせないのが換水ですよね。
その「換水」ですが、辞書を引くとこうあります。








・・・・書いてある訳がありません。

では、その類義語であろう「換気」について調べてみると、



[名](スル)建物などの内部の汚れた空気を排出して、
外の新鮮な空気と入れかえること。
例)「窓を開けて―する」




とあります。
これを、「換水」に読み替えてみると、



[名](スル)水槽などの内部の汚れた飼育水を排出して、
外の新鮮な飼育水と入れかえること。
例)「重い腰を上げて―する」




と、概ねこんなような感じでしょうか?
海水、淡水を問わず、この趣味を長らく続けれるか否か。
ひとえに、「定期換水が出来るか」にかかっていると思います。

過去、何人かの友人が「俺もやってみたい」と言うので、
アクアリウムデビューのお手伝いをさせて頂いた事が有ります。

設置初期は、初めて飼う熱帯魚の魅力と新鮮さに填り、
「キレイだねぇ~良かったねぇ~」と、アクア談義に花が咲きます。
その後、暫く経ってから「水槽どう?調子良い?」
と尋ねてみると、「あ・・・、うん。ボチボチね」
と、何だか煮え切らない返事が返ってくるんです。
そして、久しぶりに訪ねた友人宅に待っているのは・・・。












ドブ。



水槽崩壊を招いたきっかけは、ほんの些細な出来事なんです。

水槽設置後、アクアテンションインフレ期は、
換水なんて全く苦にもならず、コケ掃除も欠かさず
まるで我が子の様に水槽を愛でていたそうです。
各種添加剤を完備して、色んなアクアグッズに手を出し、
アクア雑誌を何種類も買い漁り、情報収集に余念がありません。

しかし、バブルとは崩壊するのが世の常です。

いつの日か、忙しい仕事にかまけて、
「明日で良っか・・・」と、換水を先延ばしするようになり、
「換水の時にやろう」と、コケ掃除を先延ばしするようになり、
知らず知らずの間に、一月、二月と放置され・・・(-ω-:)

こうなった水槽は、もう目も当てられません(T_T)

1.コケ掃除無精

2.換水無精

3.水槽汚い

4.テンションダウン


1~4を2~3ヶ月も繰り返せば、もう立派なドブの完成です。
そして、何故か私が水槽をバラすハメになり、器材はヤフオクへ。

そんな事が過去、何度か有りました。
だからこそ、友人がアクアを始めたいと言う時、
私から必ずクギを刺す事が有ります。

「定期換水とコケ掃除だけは必ずやってね。」と。

特に、「コケ掃除だけは忙しくても絶対!」と、
徹底的に執拗に、事ある度、クドイくらいにクギを刺しまくります。
やはり、過去アクア界を去っていった友人達を見ていると、
そのきっかけは「コケ掃除を怠った事」が大半です。

観賞魚たるもの、美しくあってこそナンボですよね?
水槽がコケって来ると、テンションも下降気味になり、
テンションの低下はモチベーションの低下に繋がり、
あれだけ心血注いでいた水槽が、最後は厄介者。

これは時に、男女の機微にも例えられるのではないでしょうか?

A美の憧れだったB先輩
ずっと片思いのままでも良かったんだけど、
思い切って思いの丈を伝えてみた。
すると、A美の思いは成就した。

暫くは夢の様な日々が続いた。
憧れだったB先輩が、今は自分の側にいる。
A美は、その喜びが永遠に続く物だと思っていた。

でも、きっかけは些細な事だった。
「お前、最近、寝る前に電話くれないよな?」
唐突に切り出すB先輩
「ごめんね、たまたまちょっと予定が有ってね。」
そうは言ってみたものの、
A美に、特別な予定なんて無かった。
ただ、何となく電話する気分じゃなかっただけ・・・。

しかし、一度狂い始めた歯車は、
大きな軋みとなり、やがては崩れ落ちるのです。

毎日だった電話が三日おきになり、
週末は友人との予定を優先させるようになり、
メールのやりとりも、必要最小限の用件だけ。
そして、挙げ句には互いの存在が疎ましくなり、
その関係に終止符を打つ。

「俺たち、一体何がダメだったんだろうな?」
「分かんない」

・・・あの時、A美が電話をしていたら、
もしかしたら2人の関係も、少し違っていたのかもしれません。





・・・とまあ、要するに、
「水槽も恋愛も甲斐性無しでは続かない」という事ですね(^^

ちなみに私は、どちらかというと面倒臭がりなんですが、
1回のめり込んだ事には、相当冷めにくい性格です。

なので、今までアクアライフで、換水を面倒臭いと思った事は、
未だかつて一度たりとも有りません。







・・・というのはもちろん大ウソですが。

ただ、水を換えないと気持ち悪いのは事実ですし、
やはり、換水後の綺麗な水槽見ながらむビールは格別です(^^

ところで、この換水の頻度というか量というか、
皆さんどうやって決めてみえますか?

我が家では、今現在は「60リットル/週」で、
一ヶ月で約200リットルちょいの水を換えています。

ちなみにこの、「1回60リットル」という量ですが、
たまたま近所のホムセンで売ってた一番デッカイ衣装ケースが、
60リットル弱の容積だった、というだけの理由です。

後日、90リットル作れるバケツを発見したのですが、
置き場所に著しく困るので、購入を諦めた過去も有ります。

一時、「120リットル/隔週」で換水してた事も有ったのですが、
魚の体色や動きを観察したり、NO3を計ってみても、
目に見えた差は無かったので、
比較的楽な今の換水スタイルに落ち着いています。
(NO3濃度が変わらないのは、豆腐のおかげ♪)

我が家では、キッチンから1.5mという環境に水槽が有るので、
水槽からシンクへダイレクトで排水したり、
キッチンに据えた衣装ケースで海水作って、
一気に水槽へ注ぎ込んだりも出来るので、
120リットルの水を換えても、小一時間で終わっちゃいます(^^

魚水槽ですから、新しく作る海水も、
PH+エアレーションで、20~30分撹拌して、
概ね白濁が無くなったら注いじゃいます(^^;
ホントは、1日くらい撹拌出来たら理想なんですけど・・・。

どんな趣味でも、少なからず面倒くさい側面は有ると思うのですが、
それを楽しんで出来る事が、長く続けられる秘訣なんでしょうね(^^



今日のベニゴンベ
08101101.jpg
「長々と書いて画像無しかよ・・・。」



おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

初心忘れるべからず

世間は相変わらず夏休みモード一色です(^^
普段は10名ほど居る、私が所属する係ですが、
金曜日に出勤してたのは・・・・私一人だけでしたヾ(*´∀`*)


開・店・休・業・!


このままショップ巡りとか始めても、絶対にバレないとは思いましたが、
良識の塊である私は、ネットのショップ巡りだけでやめときました。

偉くないですか?

え?偉くない?職場でネットサーフィンする事自体がナンセンス?
ああ、そうですか、そうなんですか。

・・・・、さて!そんな昨今ではありますが、
サブタンクとメインタンクを統合してから、かれこれ1年数ヶ月が経ちました。

今となっては、その面影すらもありませんが、
私、海水に転向してから今の水槽に引っ越すまでの間の約一年弱は、
むしろサンゴをメインでやっていたんですね(^^

SPSを将来に見据え、ソフト、LPSと詰め込むうち、
底砂と脱窒の相関、水流の重要性、照明の強弱、生物濾過の功罪、
など、本当に色々と学ぶ事が出来ました。

その後、水槽大型化に併せて、
夢だったタテキン飼育を実践するため、魚水槽への道を歩みます。

水槽の引っ越し時に「バクテリアが使い回せるから」などと、
安易な考えで底砂を使い回し、春の大白点祭りを経験しました。

この時、自分が水槽引っ越し時に行った所作のうち、
何がいけなかったのか?原因を調べるうち、病気の事も色々解りました。

そして、いよいよ無脊椎を休止し、魚水槽に走ってからは、
凶暴なヤッコや凶暴なハギの混泳に手を焼いたり、
無謀な混泳でてんやわんやになったり・・・etc。

マリンアクアリストなら、誰でもぶち当たるであろう壁にぶち当たり、
それをそれなりに乗り越えたり、逃げ出したりして、
飼える範囲内で、それなりに好きな魚も飼えるようになりました(^^
08081602.jpg

それでも、初めてマリンタンクを立ち上げた日の事、
あの日の感動は、今でもしっかり覚えてます。


磯の香りがする石ころ。

照明に照らされ、純白に輝く砂。

群れて整然と泳ぐ魚たち。

リズミカルにお尻を振って踊るエビ。

30リットル足らずの小さな水たまり。



それが、自宅に生まれた初めての海でした。
本当に、本当に小さな水たまり。
でもそれは、大きな感動を与えてくれる水たまりでした。

今とは全く飼育スタイルは違えど、
あの頃と今とは、脈々とつながっているんです。








そして









この夏









満を持して











新水槽立ち上げ!









そのコンセプトは









「原点回帰」です(^^










当時のタンクメイトはデバ5匹、カクレ2匹。
水槽サイズは30×30×40cmに外部濾過
パウダータイプの底砂を6cm程度敷き、ライブロックが約3kg。
これを、そのまま模してやろうと、こう考えました。

「思い立ったが吉日」とは、私のために有るようなことわざです。
友人と、「水槽を立ち上げようか?」
と話していた翌日には、既に器具の調達に走っていました(^^

濾過は、納戸で眠ってたエーハイムエコフィルターのSサイズ。
約2リットルの濾材が入りますが、
ここには、足かけ2年半熟成させたメインタンクの濾材を流用しました(^^

なので、魚は即日で放り込みましたヾ(*´∀`*)

今回チョイスしたのは、デバ5匹、カクレ2匹です。
全て、ベビーサイズの2cm±の個体でロリロリ(^^
これなら、コトコト煮込んだ濾材であれば、濾過は問題無いでしょう!

いずれ底砂に、LR由来のゴカイや横エビが沸き、
ある程度の還元濾過が期待出来る頃になったら、
簡単なソフトコーラルを入れてみようと思っています(^^
しかし今回、1年半ぶりくらいにLRを買いました(笑)
なんだか、とっても新鮮な気分になりましたよ(^^

小型水槽だった事も有って、2時間程度で立ち上げは終了です(^^

そして、そこに再現されたのは
2年半前と同じ、小さな小さな水たまりでしたヾ(*´∀`*)

ライブロックから湧き出る無脊椎を楽しんだり。
底砂に沸いたベントス達の働きに憂い憂いとしたり。
そんな素晴らしい海水ライフが待ち受けているんです(^^

ちなみに、今回の水槽立ち上げに関しては、
写真を撮り忘れてしまって、残念ながら写真が一切無いんです(T_T)

え?「完成写真くらい有るだろう?」って?
いえいえ、だって、「撮り忘れた」って言ってるじゃないですか!?
「だったら、今撮れば良いじゃん!?」ですって!?
いやいや、だからぁ・・・・・・













あっ!













そう言えば、言ってなかったかもしれませんが












この水槽を設置したのは















友人宅です( /_ _)/ドテッ

ちなみに、我が家には小型とは言えども、
新しい水槽を設置出来る余地は有りませんから(T_T)
(「物理的」にはありますが・・・。)

何にせよ、マリンアクアリストが身近に誕生したのは、
以上に喜ばしい事でした♪


今日のベニゴンベ
08081601.jpg
「ベニゴンベタンク・・・・。」





おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

修行・修行・修行・・・。

笹の葉さらさら♪軒端に揺れる~♪
と、全国的に七夕な本日ですが、
皆さまにおかれましては如何お過ごしでしょうか?

年に一度しか逢えないあの人には、逢う事は出来ましたか?
逢えなくても、電話口で、夜空に浮かぶ天の川を眺めて、
「ほら、天の川、見えてるだろ?」なんて囁きましたか?

さて、そんな私ですが、この週末は非常に過酷な日々を送っていました。

土曜日~日曜日にかけてはいよいよ帰宅出来ませんでした(T_T)
というのも・・・。

素肌を紫外線に晒して負荷をかける修行。
焼けた砂の上を素足で歩いて堪え忍ぶ修行。
海水に体を浸し、擦り傷が浸みるのに耐える修行。
寸前まで活きていた魚介類を胃に収め、良心の呵責に堪え忍ぶ修行。


しかも、これだけでは収まりませんでした。
その後は、山籠もりして、更なる精神鍛錬を行いました。

川の流れに身を投じ、自ら淡水浴をする修行。
水際ではしゃぐ我が子を見ながら、微笑ましい気分に浸る修行。
炙った牛、豚、鳥などを胃袋に収めて負担をかける修行
アルコールを含んだ液体を摂取し、更に胃袋に負担をかける修行。
冷たい風が吹き出る機械完備の山小屋で夜を明かす修行。


(昨年もこんな事言っていたような覚えが・・・)
と、こんな過酷な修行三昧な週末を過ごしていたからです!
そして今日はその中からひとつ、「磯修行レポート」の様子をお届けします(^^

過酷な修行の一環として訪れたのは、三重県は「三野瀬海岸」です。
08070701.jpg
海水浴場として興されるこの海岸ですが、
海岸の西外れには、タイドプール(のような場所)も有りました。
08070702.jpg
(ガキの頃は良く遊びに行ったもんでした(^^)

ただ、日差しは既に成夏のそれとは言え、
未だ梅雨明けやらぬ7月の上旬、海に足を入れると未だ
「ちべたい(*´∀`*)」と感じる水温(^^

これではもちろん、死滅回遊魚達には出会えないでしょう。
ただ、そもそもシーズン中でも、
三野瀬海岸で死滅回遊魚が見られるのか否かは不明ですが・・・。

とりあえず、死滅回遊魚の有無は別としても、海とか磯とか、
そんな物に心ときめくのはマリンアクアリストの性というもの。

「ホンヤドカリくらい居るのでは?」と淡い期待を込めて、
タイドプール(のような場所)へと歩を進めたのでした。

しかし、タイドプール(のような場所)までの道すがら、
歩きながら波打ち際を眺めるも、生物層は極めて薄いです。
たぶん、まだ水温が低いからだと思うのですが、
そんな事からも、さして期待もしていなかったのですが・・・。






「な、何だこれは!?」






一瞬、自分の目を疑いました。
確かに、車で数時間走れば本州サンゴの聖地「串本」です。
が、「その数時間」とは劇的な差で有って、
三重の、しかも私の実家から小一時間のところにこんな!?






何と、ミドリイシの群生を発見したのです!!






タイドプール(のような場所)へ向かう浅瀬が、
潮の加減で一部水上に顔を覗かせていました。
そして、我が目を疑いましたが・・・・。






やっぱりあれはどう見てもミドリイシ!






逸る気持ちを落ち着かせながら、それに歩み寄る私。
まさか!?こんな三重県の海水浴場にミドリイシが!?
色は全然綺麗じゃないけど、そんな事はどうでも良いんです!
初めて見る自然下で自生するミドリイシ。
08070704.jpg
それがまさか、こんな身近に存在していたとは!
一歩一歩、砂の上を歩を進め、手が触れられる距離にまで近づいて・・・。






そして、至近距離にて捕らえたそれは!!







08070705.jpg
カラスガイの群生でした(*´∀`*)

もぉ~~~、そりゃあ・・・ねぇ?
こんな所にミドリイシの群生なんて有るわけ無いっちゅーの!
ねぇ?
こんな所に群生してる位なら、もっと手軽に飼えるっちゅーもんですよ!

と、決して周囲の誰にも悟られていない胸の内だとわかりつつも、
何故か無性に恥ずかしい気分に駆られた土曜の午後でした。
あぁ、注ぐ太陽がまぶしいったらありゃしねぇぜ!

さて!そんなカラスイシの事はもう無かった事にして、
見据える先はタイドプール(のような場所)一点に!

そうそう、イシなんてね、居てもどうせ採れないし飼えないし、
私はそもそも、魚屋ですからね、魚屋!
別に、綺麗な魚が居なくても、
ギンポ系の、味の有る魚が居るかもしれませんよね♪
自分で採取した魚なら、地味な魚でも愛着が沸くってモンですよ(^^




が・・・。




近づいみて判ったのですが、カラスイシが群生していた浅瀬から
地続きだと思ってたタイドプール(のような場所)。
実は、幅、数メートルの深みをを隔てて位置しているではありませんか!


う~む・・・。


ただし、水深は1~2m程度。
そして、ほど良いピッチで海面から岩が頭を覗かせています。
岩の頭を踏みつつ、慎重に行けば十分渡りきれるレベルです。
(泳ぐつもり無かったので、海パンじゃなかった。)
08070703.jpg


「行くべきか否か・・・。」

考える事数十秒。

プランA
石組みの上ピョンピョン!

無事、タイドプール(のような場所)到着!

おお!あんな魚やこんな魚が!

浜で待つ家族・友人内でヒーローに!


プランB
石組みの上ピョンピョン!

足滑らしてツル、ドボン、バキ!

おお!あんな所打撲したり、こんな所骨折したり!

浜で待つ家族・友人内から大ひんしゅく!


プランC
時には勇気ある撤退も必要です。



う~む・・・・迷った。


ただ、一つだけ確実に言える事。
それは、プランBだけは絶対に避けねばならない。という事実です。

この日始まった「紀伊半島修行ツアー」
最初の目的地が、ここ三野瀬海岸だった訳で、
ここでプランBな展開になってしまうと、
今後に控える厳しい修行の全てが水泡に帰する事となるのです。







そして、傍らに目を配せば。
08070706.jpg
プランC決定!

と、結局、ホンヤドカリの一匹すら確認出来ず、
成果は「ぬか喜び」だけだった三野瀬海岸磯修行レポートでした。




今日のベニゴンベ
08070707.jpg
「ネットアクア史上、最低の磯レポートだな・・・。」


おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

ニートととっちゃん坊や

大型ヤッコ、特にポマカントスを幼魚から飼うと、
その変体っぷりを楽しむのも、醍醐味の一つだと思います(^^


「変態にも個人差が有る」


って言いますよね?
ええ、実際誰しも、変態的なリビドーってのは内包してて、
それの大小、はたまたそれを制止出来る理性の有無で有ったりだとか、
色んな要素によっt(*ε(#)☆○=(`∀´:)
(いい加減、自分でもしつこいと思えてきました。)


もとい。


「変体には個体差が有る」

って言いますよね?
実際そうだと思います。
DSCF5494.jpg
以前、我が家で飼ってたウズキンですが、
サイズ的には11~12cm程度だったと記憶しています。
これ、今飼ってるジェントルタテジマさんとほぼ同サイズなんです(^^
0805242.jpg
ショップで見ると、全然小さいのに完全にタテキンになってる個体とか、
かなり大きいのに、未だウズキン状態の個体とか。

これって、いったいどんな条件に左右されるんでしょうか?

とあるショップの店長は、
「穏やかな海で育った魚は成魚への変体が遅い」と言ってました。
要するに「外敵・ストレスの少ない環境下では変体が遅い」
という事ですよね?
でも、これって逆じゃないのかな?と私は思ってます。

そもそも幼魚模様って、何のために有るんでしょうか?

小型~中型ヤッコには、目玉みたいな幼魚斑が有りますよね?
(無いのもいますけど)
例えば、レモンピール、ロックビューティータイプ。
あれは、全身を目玉みたいに見せ、相手を威嚇するための幼魚斑でしょうか?
フレームとかニシキなんかの、ヒレにあるタイプは、
目立つ幼魚斑を、再生し易いヒレに設けて攻撃対象を向ける、
そのための幼魚斑なのかな?と思います。

大型ヤッコの場合もしかりで、
外敵に襲われやすい幼魚時代を如何に生き残るか?
そのカモフラージュのために有るのが幼魚模様ですよね(^^

要するに、幼魚斑や幼魚模様の目的は、
「外敵の目を欺き、如何に生き長らえるか」だと思います。

以前、水族館で「大きな未成魚」状態の大型ヤッコを見ました。
その水槽、かなりの密度で魚を詰め込んであって、
そういう意味ではストレス過多な環境であるとは思います。
ワヌケとロクセンでしたが、かなり大きなサイズなのに未成魚でした。

それと、我が家で飼ってるアデヤッコなんですが、
08061101.jpg
ショップでは、このサイズの未成魚は見た事ありません。
友人宅で飼ってるアデヤッコも変体が遅いそうで、
その水槽でもボスはタテキンで、
その他含めてアデヤッコはずっと順位が下だそうです。
つまり、これもストレスの多い環境って事ですよね?

そして、成魚になってからは目立たなきゃいけませんよね?
生物たるもの、子孫を残す事がその最優先事項なはずですから、
相方に見初めてもらうためにも、
とにかく目立って、既に成魚である事を主張しなくちゃいけません。

これは人間界でも同じ事が言えると思います。

男性がカッコイイ服を着て、ヘアスタイルをばっちり決めるのも、
女性が日々メイクして、綺麗な衣装で着飾るのも、
それこそ、男女が互いにアピールし合うのは、
動物として求め合う本能がそうさせているのではないでしょうか?

ただ、私はどっちかって言うとナチュラルメイクの方が好きですし、
更には積極的に自分をアピールするタイプではありまs(略)

そう考えると、「子孫を残す」という面では、
さっさと成魚模様に変体した方が有利なはずですし、
これって、生き物にとって最も優先されるべき本能ですよね?

ただ、その大前提として「生きている事」は必須条件ですから、
外敵が多く、ストレス過多な環境下では、
護身のため、少しでも長く幼魚模様をとどめておきたいが故、
成魚への変体が遅いんじゃないか?というのが私なりの仮説です(^^;

もちろん、それこそ本当に個体別の性格とか、
種類によっても違うと思いますし、
一概にそうとも言い切れないとは思いますが%%%。

「穏やかな海で育った魚は成魚への変体が遅い」
とおっしゃってた店長さんに、その心を問うてみたのですが、
「ゆったりした環境だから、急いで大人になる必要が無いから」
だろうとの事で、特に根拠は無いんだそうです。

世間の荒波に揉まれるのが怖くて、いつまでも大人に成りきれないニートか、
世間の荒波に揉まれる事無く、ゆるり育ったとっちゃん坊やか

大きな未成魚、どちらが正解なんでしょう?



今日のベニゴンベ
08061102.jpg
ベニ「ナチュラルメイクが好きらしいよ」
クイーン「どうでも良くね?」

おしまい。

テーマ : 海水魚 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。